お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

フラワーアレンジメントの基本とは?お花など植物の魅力に触れよう

フラワーアレンジメントは、手軽に贈れるギフトとして人気です。素敵な花選びには、アレンジの基礎知識が役立ちます。フラワーアレンジメントについて、花の選び方から基本のスタイルまで解説しているので、参考にして花を選んでみましょう。

フラワーアレンジメントとは

『フラワーアレンジメント』は、器に吸水性のスポンジを入れ、そこに花を生けたものです。花を生けるという点では『生け花』と似ています。違いはどこにあるのでしょうか?

また、フラワーアレンジメントの資格には何があるのでしょうか?

生け花との違い

『フラワーアレンジメント』と『生け花』の最も大きな違いは、『飾る場所』です。

床の間飾りとして発展してきた生け花は、基本的に床の間に飾ります。一方、フラワーアレンジメントは、飾る場所を問いません。壁際・テーブル・窓辺、さまざまな場所にぴったりのデザインがあるのです。

生け花は格式の高いイメージがあり、フラワーアレンジメントは手軽な印象を受けるのはそのためです。お祝いやプレゼントに、「場所を問わず気軽に飾れる花を贈りたい」というときに、フラワーアレンジメントはぴったりなのです。

フラワーアレンジメントと生け花の違いは諸説あります。ほかにも、生け花は『花の個性』を活かし、フラワーアレンジメントは『花を調和させる』といった考え方もありますし、両者に違いはないという考え方もあるのです。

フラワーアレンジメントの資格

フラワーアレンジメントの資格として代表的な『フラワーアレンジメントデザイナー』と『飾花インストラスクター』を紹介します。フラワーアレンジメントを仕事にしたい・もっと極めたいと思ったときにチャレンジするとよいでしょう。

『フラワーアレンジメントデザイナー』は、フラワーアレンジメントの知識と技術を持っていて、シーンに合わせたアレンジができる人に与えられる資格です。フラワー業界はもちろん、インテリア業界にも役立ちます。

『飾花インストラクター』は、花や花器・アレンジメントの作り方などの知識や、アレンジメント作りに必要な技術を習得した人が取得できる資格です。講師やフラワーコーディネーターなどを目指す人におすすめです。

フラワーアレンジメントの学び方

フラワーアレンジメントを学ぶとき、手軽なのは独学です。しかし、道具や花材を揃えなければならず、教室に通う方が簡単ということもあるでしょう。

最近ではオンライン講座も人気です。本格的に学ぶなら留学を検討するのもよいでしょう。それぞれの学び方を紹介します。

気軽に始められる独学

フラワーアレンジメントの学び方で最もハードルが低いのが『独学』です。

作ってみたいフラワーアレンジメントが決まったら、そのスタイルの作り方を解説している動画や本を探します。選んだ動画や本に合わせた道具・花材を集めたら、実際に制作してみましょう。

独学は簡単に始められますが、デメリットもあります。花材を揃えるのが大変だったり、わからないところがなかなか解決できなかったりするのです。

動画や本で使っているのと全く同じ花材を探すのは大変です。代わりのものを使おうと思っても、最初はどれが代わりになるかさえわからないケースもあります。

また、動画や本では思うように質問できません。そのため、不明瞭な部分がそのままになったり自己流になったりしてしまい、解決できない可能性があるのです。

フラワーアレンジメント教室 オンライン講座

独学のデメリットを解消したいなら、教室に通ったりオンライン講座を利用したりするのがおすすめです。教室なら花材は教材として用意されています。

また、教室でもオンライン講座でも、講師に質問できますし、手元などのわかりにくいところもじっくり教えてもらえます

教室では、講師が直接指導し、丁寧なアドバイスがもらえます。そのため、初めてのフラワーアレンジメント作りだったとしても、素敵な作品ができるのです。

また、オンライン講座であれば、費用を抑えて指導を受けられます。道具や材料は自分で揃えますが、選び方のコツなど情報を得られるのもポイントです。

まずは体験レッスンを受ける方法も

フラワーアレンジメントの教室に通うとき、まずは体験レッスンに参加するとよいでしょう。教室の雰囲気や、指導の仕方がわかれば、安心して始められます。

体験レッスンは、1時間ほどで作れる簡単なアレンジメントなどがあります。小さめのアレンジなら体験レッスンは3,000円ほどで受講できますし、お得な体験プランを設けている教室もあるので、チェックしてみましょう。

英語も学べるフラワーアレンジメント留学

フラワーアレンジメントが盛んな国へ留学し、語学学校に通いながらフラワーアレンジメントを学ぶ、という選択肢もあります。フラワーアレンジメントとともに英語を学べば、その後のキャリアに活かすことも可能です。

フラワーアレンジメントの初心者であれば、語学学校に通いつつフラワーアレンジメントのレッスンを受けるのがよいでしょう。短期間の留学でも可能なので、時間や予算に余裕がない場合にもおすすめです。

ある程度の知識と経験を積んだ人であれば、語学学校に通いながらインターンとして実践経験を積むのもおすすめです。第一線で活躍しているフローリストたちに直接指導してもらえるため、その後の仕事につなげやすくなる魅力があります。

ニューヨーク、パリなど

フラワーアレンジメントの留学先には、ニューヨークやパリがあります。学びたいスタイルによって場所を選ぶとよいでしょう。

ニューヨークは、最先端のものが集まる街です。それは花も同じで、いろいろな花が集まります。また、アートの街でもあるので、フラワーアレンジメントをアートと捉えてさまざまな表現を追求するなら、ニューヨークがよいでしょう。

花の都パリも、留学先として人気です。フレンチスタイルのフラワーアレンジメントを学びたいなら、パリへ留学してみましょう。

フラワーショップで実践を通しながら学ぶプログラムが用意されている場所もあるので、より実践に近い形で学びたい人にぴったりです。

フラワーアレンジメントの基本の道具

フラワーアレンジメントを作るときには、専用の道具を用意します。はさみやスポンジといった道具の特徴を知り、正しく扱いましょう。

お花やグリーンをカットする花はさみ

『はさみ』は、フラワーアレンジメントで最もよく使う道具です。花の茎を切るのはもちろん、ワイヤーやラッピング資材を切るのにもはさみを使うからです。そのため、はさみは用途ごとに下記のように使い分けるといいでしょう。

  • 花用:専用の切れ味のよいもの
  • 枝用:花用はさみでは切れない、かたい枝を切る
  • ワイヤー用:ワイヤーが切れる機能つきの花はさみでも可能
  • ラッピング用:文房具のはさみ

はじめのころに使用する『はさみ』は、100均に売っているもので構いません。まずは安く買えるもので試し、もっと本格的なはさみを使いたいと思いはじめたら、買い替えるとよいでしょう。

吸水スポンジのオアシス

フラワーアレンジメントを作るとき、『オアシス』は必要不可欠です。花を生ける土台になるオアシスがなければ、フラワーアレンジメントは作れません。

オアシスを使うとき、まずはカットします。使う花器に合わせてぴったりの大きさにしましょう。しっかり水を吸わせれば、花を生ける準備は完成です。

オアシスは基本的に使い捨てです。しかし、あまり傷んでいないようであれば再利用も可能です。オアシスを再利用するには、乾燥しないように水につけた状態で冷蔵庫保存しましょう。

お花の形は大きく4つに分けられる

フラワーアレンジメントに使う花は、大きく4種類に分けられます。それぞれの花の特徴を知り、フラワーアレンジメント作りに活かしましょう。

主役になるマスフラワー

フラワーアレンジメントの主役になる花を『マスフラワー』といいます。

マスには、集まりという意味があることからもわかる通り、マスフラワーはたくさんの花弁でできている花のことです。丸い形をしているマスフラワーは、アレンジ全体のボリューム感を出してくれます。

代表的なマスフラワーには、バラ・カーネーション・ガーベラ・ラナンキュラス・ダリア・アネモネなどがあります。

個性ある形のフォームフラワー

『フォームフラワー』は、フラワーアレンジメントの中心になる特徴ある花のことです。フォーカルポイントという、目を引く場所を作るときに使います。

フォームフラワーは、花弁が1枚でも欠けると原型を留めません。例えば、カトレア・コチョウラン・カサブランカ・カラー・チューリップなどが、フォームフラワーとて使用されます。

バランスを整えるフィラーフラワー

『フィラーフラワー』は、フラワーアレンジメントの隙間を埋めて全体をまとめる役割をする花です。1つの茎からたくさん枝分かれし、それぞれの枝に小花がたくさんついています。

フィラーフラワーとして代表的なものに、カスミソウ・スターチス・クジャクソウ・ブルーファンタジアなどがあります。

構成の要となるラインフラワー

『ラインフラワー』は、フラワーアレンジメントのアウトライン・高さ・幅を決める役割をします。アレンジの骨格となる大切な花です。

ラインフラワーは、その名の通り茎のライン状に花が咲いています。また、穂に花がつくものもラインフラワーです。例えば、グラジオラス・リンドウ・デルフィニューム・スイートピーなどがあります。

アレンジメントの前に

フラワーアレンジメントを作る前に、道具や花材の準備をしなければいけません。花の選び方や準備の仕方・オアシスの下準備について知り、フラワーアレンジメント作りがスムーズにできるようにしましょう。

お花の選び方を知る

花を選ぶときに大切なのは、色のバランスを考えることです。アレンジ全体のバランスを取るためには、下記の順番で花を選びます。

  1. メインの花を決める:存在感のある華やかな花を選ぶ
  2. サブの花を決める:主役の反対色を選ぶ
  3. 奥行を出す花を決める:メイン・サブそれぞれと同系色の花を選ぶ
  4. 白い花を決める:明るさを出すための白い花を選ぶ
  5. ダークカラーの花やグリーンを決める:全体を引き締める

フラワーアレンジメントをおしゃれに仕上げるには、メインの花だけでなく、ダークカラーの花やグリーンが重要です。どのくらいの分量を選ぶのが最適か、全体を見ながら選ぶ習慣を身につけましょう。

お花の準備の仕方

色合わせを考えて選んだ花は、水揚げをして下準備しておきます。水揚げは、花のすみずみまで水を行き渡らせることです。きちんと水揚げすることで、花の寿命が延び、美しいフラワーアレンジメントを長く楽しめます。

水揚げをよくするために、花は買ってきたらすぐ水切りしましょう。状態の悪い切り口からは水がうまく吸えません。

その結果、花や葉からどんどん水分が蒸発して乾燥してしまいます。水切りすることで、切り口から十分な水を吸えるようになるのです。

水切りのポイントは2つあります。水の中で切ることと、切れ味のよいはさみを使うことです。水中で切ることで、水の通り道である導管に空気が入るのを防ぎます。また、切れ味のよいはさみで切ることで、導管がつぶれるのを防ぐのです。

オアシスの準備方法

オアシスの準備の手順は下記の通りです。

  1. 器の大きさに合わせカットする
  2. たっぷりの水で吸水させる
  3. 器にセットする

オアシスには、カットしやすいようにラインが書かれています。そのため、ラインを利用すればきれいにカットできます。角も忘れずに落としましょう。角を落とすことで、花を挿せる場所が増えるからです。

オアシスに吸水させるときには、自然に水を吸いこむのを待ちます。無理に水に沈めたり、水の量が少なめだったりした場合、中心部分に空気が残り、花が枯れる原因となってしまいかねません。

たっぷり水を吸ったオアシスを器にセットすれば、下準備の完成です。

フラワーアレンジメント 基本の形

フラワーアレンジメントにはたくさんのスタイルがあります。飾る場所・贈る相手・使う花によって、ベストなスタイルがあるのです。ここでは、基本のスタイルを紹介します。

テーブルに飾りやすい形

テーブルに置くフラワーアレンジメントは、360度どこから見ても花の魅力がわかるものがよいでしょう。例えば、『シンプルラウンド』『オールラウンド』『フレンチスタイル』などです。

『シンプルラウンド』は、フラワーアレンジメントの基本形です。少ない花でかわいらしく生けられるスタイルなので、初心者にも向いています。小さめのアレンジなので、テーブルに飾っても邪魔になりません。

『オールラウンド』はどの角度から見ても花が美しく見えるデザインです。そのため、みんなで囲むテーブルにぴったりのアレンジといえます。

また、『フレンチスタイル』は、花とグリーンの調和を目指すスタイルです。ナチュラルな雰囲気は、カフェにもおすすめのおしゃれさです。

高さのある形

高さのあるフラワーアレンジは、空間をダイナミックに演出できます。代表的なスタイルに『トライアンギュラー』『パラレル』があります。

『トライアンギュラー』は、三角形をイメージして構成します。高さと三角形の鋭利なイメージで、シャープさを表現できるスタイルです。おしゃれなフラワーアレンジメントにするには、焦点の位置を正しく取りましょう。

『パラレル』は、縦に伸びる平行ラインを2本以上作るアレンジメントです。生け花のような格式の高い印象を受けるスタイルは、和の花器ともよく合います。花器や小物使いで、季節感を演出するのも素敵です。

お祝いギフトにぴったりな形

お祝いに贈るフラワーアレンジメントは、ちょっと個性的で豪華なスタイルを取り入れましょう。『ホガース』『オーバル』『クレッセント』『ラジエーション』などのスタイルがおすすめです。

『ホガース』はS字型のアレンジメントで、ホガースという画家のサインにちなんで名づけられました。流れるような曲線が優美なフラワーアレンジメントです。

『オーバル』は楕円形のアレンジメントです。ギフトらしい華やかさにするには、花の種類を多く使います。

『クレッセント』は三日月型のアレンジメントです。上の先端より下の先端にボリュームを持たせると、美しいバランスに仕上がります。

『ラジエーション』は扇状のアレンジメントです。ラインフラワーで放射状のスタイルを強調します。

グリーンを上手く使いこなそう

フラワーアレンジメントはグリーンの使い方が大切です。効果的にグリーンを使うことで、動きを出したり、変化をつけたり、ポイントにしたりできます。代表的なグリーンの種類と使い方のポイントを知り、グリーンを活用しましょう。

スチールグラス、ベアグラスで動きを出す

すっと細長い葉が特徴のグリーンに、『スチールグラス』と『ベアグラス』があります。スチールグラスの方が細く、断面が三角のような形です。ベアグラスは平たい葉をしています。

スチールグラスの特徴は、ピンとしたかたい葉です。曲げてもすぐに元に戻るくらいかたいので、高さを出すアレンジにも向いています。また、細い葉を数本まとめて編む、といった使い方も可能です。

ベアグラスの特徴は、柔らかさです。自在に曲げられるので、くるくる巻いて使いたいときに便利なグリーンといえます。

アレカヤシ、モンステラで爽やかにまとめる

特徴的な葉で、南国風の爽やかさを演出できるのが『アレカヤシ』『モンステラ』です。存在感たっぷりの葉っぱは、1枚入るだけでアレンジ全体の雰囲気を大きく変えてくれます

アレカヤシは、大きなフラワーアレンジメントにおすすめの葉っぱです。使うときには、大きさの調整をします。下の方についている葉を、ちょうどよいところまで取っておきましょう。

モンステラは、夏のアレンジメントに欠かせない葉っぱです。アジアンテイストのフラワーアレンジメントを作るときによく合います。

巻く、編むなどして使う

グリーンはそのまま使うだけではなく、巻いたり編んだりできます。ちょっとした工夫で、表現の幅が広がり、さまざまなアレンジメントを作れるのです。

グリーンを巻くときには、葉の表面を外側に向けます。くるくると巻いたら、葉の繊維に対して斜めにホチキスで留めましょう。巻きのきつさや、葉先を出すか出さないかなどで、雰囲気を変えることも可能です。

グリーンは編むこともできます。細い葉なら束にして三つ編みにしたり、幅のある葉なら互い違いに編んで織物のようにしたり、カゴ細工のように格子状にすることも可能です。

実物を入れて雰囲気の変化を楽しもう

フラワーアレンジメントに実物を入れるのも、雰囲気に変化をつけられるのでおすすめです。人気の実物を紹介します。

涼し気なスグリ

『スグリ』はみずみずしい赤が特徴の実物です。初夏から出回るスグリを使えば、夏のフラワーアレンジメントを、涼し気に演出できます。

6月上旬頃までは若々しいグリーンの実で出荷され、赤い実が出回るのはそれ以降です。

大人っぽいブラックパール

『ブラックパール』は、黒く艶のある実が特徴的な観賞用トウガラシです。6~11月に出回り、熟すほど黒く光沢が出てきます。

フラワーアレンジメント全体をキリっと引き締めるのにもよいですし、大人っぽい雰囲気にまとめるのにも役立つ実物です。

可愛らしく彩るヒペリカム

『ヒペリカム』は1年中出回っている実物で、色やサイズのバリエーションが多いのが特徴です。実の色には、茶・ピンク・グリーン・イエローなどがあります。サイズも小粒から大粒までさまざまです。

そのため、フラワーアレンジメントの雰囲気に合わせて、可愛らしいヒペリカムを選べます。秋には紅葉しているものもあるので、季節感の演出にも取り入れられるでしょう。

アレンジメントを飾る花器の選び方

アレンジメントの雰囲気は、『花器』によっても変わります。そのため、イメージにぴったりの花器を選びましょう。身近な器を使うのも素敵です。

イメージから素材やデザインを選ぼう

フラワーアレンジメントを作るときには、まず全体の雰囲気をイメージします。そして、そのイメージに合った花器を選ぶようにしましょう。

涼し気なアレンジにするならガラスの花器・温かみのあるアレンジにするなら陶器の花器、という具合です。花器の素材で迷ったときには、陶器を選ぶと、どんなシーンにも比較的合いやすくなります。

また、フラワーアレンジメントのスタイルによっても、最適な花器は違います。垂れ下がるようなデザインなら高さのある花器がよいですし、茎を切った花を使うなら浅めの花器が、広がるようなデザインなら口の広い花器がよいでしょう。

アンティーク風のカゴなど

アンティーク風のカゴを花器として使うのもおすすめです。自然な色合いのバスケットなら、ナチュラル感のあるフラワーアレンジメントにぴったりです。

太めの枝で編んであるしっかりしたバスケットは、重厚感もあり、贈り物にも最適です。

カップなど身近なものを使っても

花器は専用のものを揃える必要はありません。身近な器を使っても素敵なフラワーアレンジメントが作れるのです。

例えばティーカップなら、テーブルに飾るのにぴったりのアレンジが作れます。小さめのサイズなので、日常的に飾りやすいのも魅力です。使う花に合った色・柄のカップを選ぶとよいでしょう。

基本のラウンドの形の作り方

フラワーアレンジメントの基本スタイル『ラウンド』の作り方を解説します。基本のフラワーアレンジメントの作り方を知り、アレンジ作りにチャレンジしてみましょう。

ベースとなるお花をオアシスに挿していく

フラワーアレンジメントの土台になる『5本の花』を選んでオアシスに挿します。5本の中で1番大きくきれいな花を、真ん中に上を向けて挿しましょう。その後、残りの4本を、テーブルに水平になるようにオアシスの四方に1本ずつ挿します。

次以降の工程では、ベースの花の間を埋めるように花を挿していきます。そのため、5本の花はアレンジメント作りのガイドとなります。

グリーンでオアシスを隠す

ベースの花の間にグリーンを挿し、オアシスを隠します。くるくるとまわしながら、バランスよくグリーンを挿していきましょう。

メインのお花を挿す

オアシスが見えなくなったら、フラワーアレンジメントの主役になる花を4本挿します。フォーカルポイントという、視線を集める役割をする花です。

どこから見ても丸くなるように挿すときれいなアレンジに仕上がります。そのため、横からだけではなく、視点を変えて上からもアレンジを眺め、全体のバランスを確認しましょう。

フィラーフラワーで埋めてバランス調整

最後に、フィラーフラワーで隙間を埋めます。小花を散りばめることで、全体をまとめるのです。

基本のラウンドは、360度どこから見ても美しく仕上げる必要があります。そのため、一方向からだけではなく、全方向からのバランスを確認し、まわしながら挿しましょう。

こんなアレンジメントも人気

フラワーアレンジメントには、さまざまな形があります。トレンド感のあるアレンジや、ボリューム感たっぷりで華やかなアレンジなど、いろいろなスタイルに挑戦しましょう。

ギフトにぴったりなボックス

『フラワーボックス』は、トレンド感のあるスタイルが人気のフラワーアレンジメントです。ボックスにリボンをかければ、特別なギフトにもぴったりでしょう。そのままどこにでも飾れる手軽さも人気の理由です。

フラワーボックスは、作りやすさも魅力といえます。花を垂直に挿してボックスに敷き詰めていくだけなので、難しいテクニックがいらないのです。花が1番きれいに見える向きで挿せばいいので、誰でも簡単にフラワーギフトが作れます。

華やかなリース

『リース』は、特別なギフトにおすすめです。リースは円になっていますが、その形から、永遠を意味する幸福のお守りにもなっています。そのため、親しい人の幸せを願って贈るギフトにぴったりです。

花をたっぷり使ったリースは、見た目の華やかさも抜群です。壁にかけて飾れば空間全体を贅沢に演出してくれますし、テーブルにキャンドルなど小物と一緒に飾っても素敵に仕上がります。

プリザーブドフラワーアレンジの基本の道具

フラワーアレンジメントに使う花は、生花だけではありません。『プリザーブドフラワー』という特殊な技術で加工された枯れない花も、花材として人気です。ここでは、プリザーブドフラワーのアレンジに使う道具を紹介します。

ワイヤー

プリザーブドフラワーのアレンジに『ワイヤー』は欠かせません。茎の無いプリザーブドフラワーを挿すために、茎の代わりに使うのです。

ワイヤーを使った代表的なテクニックは、『U字ツイスティング』です。ワイヤーをU字に曲げ、Uの部分を花にあてて左手で固定します。茎と2本出ているうちの1本のワイヤーに、もう1本のワイヤーを2~3回巻き付ければ完成です。

ワイヤーには、色や太さなど種類があります。ず最初に1束買うのなら、裸ワイヤーの#26がおすすめです。買い足すときには、緑・茶・白のワイヤーがあると、花の種類によって使いわけできます。

フローラルテープ

『フローラルテープ』は、ワイヤーに巻きつけて茎に見立てるのに使います。花の根本部分に太目に巻き、下にいくほど細くなるように巻くと、自然な茎に見えるのです。

弱粘着性のテープで、引っ張りながら巻き付けると貼りつく性質を持っています。ワイヤー同様たくさんの色がありますが、まず1つ買うならブラウンがおすすめです。

プリザーブドフラワーアレンジのやり方

『プリザーブドフラワーアレンジ』は、ポイントを押さえることで美しい作品に仕上げられます。基本のアレンジとリース作りの手順を紹介します。

着色した樹脂粘土をベースにすると綺麗

プリザーブドフラワーアレンジを作るとき、まずは器の中央に土台を作ります。ピンホルダーを貼り、そこに樹脂粘土をかぶせるように設置するのです。樹脂粘土は、使用する花の色に合わせて着色しておきます。

生花のアレンジでは、オアシスに花やグリーンを挿します。プリザーブドフラワーの場合には、土台に設置した樹脂粘土がオアシスの役割です。ワイヤーで補強したプリザーブドフラワーやグリーンを挿していきます。

最後に、バランスを見ながらメインの花を挿せば、プリザーブドフラワーアレンジの完成です。

グルーガンで簡単リース作り

プリザーブドフラワーのリースは、グルーガンで接着しながら貼りつけていくだけなので、簡単に作れます。リースの土台に、グルーガンをつけたプリザーブドフラワーを挿していくのです。

ポイントは、平面になるよう意識することです。上から見たときだけでなく、横から見たときにもきれいな平面になっていると、美しいリースに仕上がります。

まとめ

『フラワーアレンジメント』は、場所を問わずどこにでも飾れます。そのため、普段は花を飾らない人にも気軽に贈れるのが特徴です。

もちろん自分で作ることも可能です。動画や教室・オンライン講座で学び、フラワーアレンジメント作りにチャレンジするのもよいでしょう。

また、フラワーアレンジメントの基礎を知ることで、より素敵なフラワーギフト選びに役立てられます。色合わせ・スタイル・花の種類・花器など、フラワーアレンジメントの知識を参考に、ギフトや自宅用のアレンジを選んでみましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気