お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物をはじめて育てる方へ。上手な育て方と種類別おすすめ10選

観葉植物は、置くだけで空間に彩りを与えます。この記事では、置きたいけれど育て方がわからないという人に向けて、必要な知識をまとめました。さらに、初心者でも上手に育てられるおすすめの観葉植物10選もご紹介します。

観葉植物とは

そもそも観葉植物とは、数ある植物の中でどんなものを指すのでしょうか。観葉植物は、室内での鑑賞用として、花ではなく『葉』を楽しむのに適している種類の植物と定義されています。

基本的には室内での鑑賞が目的の植物のため、乾燥に強く直射日光に当たらない場所でも育つ品種とも言えます。

自宅インテリアや贈り物としても人気

スタイリッシュな観葉植物は、部屋のインテリアとして人気です。加えて、お店の開店祝いや新築祝い、誕生日プレゼントなどの贈り物としても喜ばれています。

喜ばれる理由の1つに、お世話が簡単なことが挙げられます。他の植物に比べて、水やりなどの手間が少ないのです。さらに、インテリアとしてだけでなく、『植物を育てる楽しみ』を見出せるという魅力も、人気の理由と言えるでしょう。

また、観葉植物には、花と同じように『花言葉』があります。伝えたいメッセージを込めて贈るのも、素敵なギフトになるでしょう。

観葉植物の基本の育て方を学ぼう

観葉植物は、『日当たり』『水やり』『風通し』に気を配れば、すくすくと元気に育ちます。

ただし、それぞれには気をつけるべきポイントがあります。こちらでは、適切なケアの仕方について説明します。

日当たりは品種に合わせて

植物といえば、日当たりのいいところに置いておけばいいと思いがちですが、一概にそうとも言い切れません。日光を好む種類もあれば、直射日光に弱い種類もあるのです。

その性質によって、置くのに適した場所に違いがあるため、観葉植物の特徴をよく知っておく必要があります。

一般的な観葉植物は、レースのカーテン越しの窓際のような『直射日光の当たらない明るい場所』を好みます。強い直射日光に当たり続けると、『葉焼け』といって葉の色が変わってしまうこともあるのです。

逆に、部屋の照明だけの環境では、日陰に強い観葉植物でも元気に育ちません。そのため、観葉植物の特性に合わせて、日光に当たる時間や場所を調整するのが大切です。

水やりは土が乾いてから与える

観葉植物は、基本的に乾燥に強い品種が多いので、毎日水をあげる必要はありません。そこが、お世話が簡単である理由とも言えます。それでは、どんなタイミングで水やりをすると良いのでしょうか?

その答えは、『土の表面が乾き始めたとき』です。目で見たり触れてみたりして『土が乾いている』と感じたら、たっぷりと水をあげましょう。

水やりの適量は、『鉢の底から少しだけ水が滴るくらい』が目安です。鉢底から水があふれて、受け皿に水が溜まっている状態は与えすぎです。受け皿にたまった水はすぐに捨てましょう。水を与えすぎてしまうと根が呼吸できず、やがて腐ってしまうので注意しましょう。

また、葉水と言って霧吹きを使って葉に直接水をスプレーすると、みずみずしい葉が育ち、病害虫を防ぐ効果もあります。その際に、茎や幹にも霧吹きすると良いでしょう。

風通しを良くする

どんなに明るくても、閉め切った部屋などで空気が滞留する場所では、観葉植物の元気はなくなってしまいます。観葉植物を置く場所は適度に換気をし、風を通すようにしましょう。

風通しの良さは、日当たりや水やりと比べて忘れられがちなポイントです。そのため、意識して頭に置いておくと良いでしょう。こまめに換気をし空気の入れ替えをすることで、病害虫の予防にもなり、観葉植物が元気に育ちます。

観葉植物を元気に保つための肥料の与え方

観葉植物はお世話があまり必要ではないため、肥料を頻繁に与える必要はありません。とはいえ、観葉植物は生きものです。大きく育てていくためには、適切な量の肥料が必要となってきます。

その場合、ただやみくもに肥料を与えればいいというわけではありません。 ここでは、肥料を与える際に気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

肥料の三大要素

肥料には、次のような「三大要素」があります。

  • 窒素(N)…タンパク質を作り、葉や茎を育てます。不足すると、葉落ちしたり茎の伸びが悪くなったりします
  • リン酸(P)…植物の細胞質の成分になり、花や実を育てます。不足すると、観葉植物がやせ細ってきます
  • カリウム(K)…植物全体の成長に大きな役割のある成分で、根や茎を育てます。不足すると、病害虫に侵食されやすくなります

肥料のパッケージには、この『N』と『P』と『K』の数値が記載されています。3つの成分比率が同じものは栄養バランスに優れた肥料と言え、室内で育てる観葉植物に適しているのです。

観葉植物の状態を観察し、買う際にどれが適切なのかを店員に相談するのもおすすめです。

肥料の種類

肥料には、『有機肥料』と『無機肥料』があります。

有機肥料は、簡単に言うと『臭いのある』肥料です。天然成分である油かすや鶏糞などから作られています。虫が発生しやすく管理が難しいので、室内の観葉植物には不向きでしょう。

無機肥料は、植物の成長に必要とされる先述の窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)を、化学的に合成したものです。無臭で速効性に優れているので、室内の観葉植物にも向いています。

無機肥料は、固形・液体・粉末の3タイプです。固形タイプはゆっくりと浸透し、放置してもある程度の持続効果が期待できます。

一方で、液体タイプや水に溶かす粉末タイプは速効性があるのが特徴です。しかし、効果が短いため、こまめに与える必要があります。

与える上での注意点

肥料は、どんなときに与えてあげると良いのでしょうか?肥料を与えるタイミングや、与える際の注意点を見ていきましょう。

肥料を与えすぎる

早く観葉植物を大きくしたいからといって、肥料をたくさん与えるのはNGです。

肥料の量が多すぎると、根が肥料を吸収しきれず、土からの水分では足りなくなってしまいます。根の水分がどんどん奪われてしまうのです。そうなると、観葉植物全体の水分が失われていき、結果、枯れてしまうことに繋がります。

肥料は必ず適量を守り、適したタイミングで与えるようにましょう。

混ぜて使用しない

効果がありそうという目的でも、別の肥料同士を掛け合わせて相乗効果を狙うのはやめましょう。肥料には基本的に化学物質が含まれているため、違うものが掛け合わさると化学反応を起こす場合があり、とても危険です。

弱った観葉植物には逆効果

見るからに観葉植物の元気がない場合、肥料を与えたくなってしまいます。ですが、逆効果となる場合も多いので、注意が必要です。まずは、観葉植物の元気がない原因を考える必要があります。

育つのに必要な要素である『日当たり』『水やり』『風通し』が適切に行われているか、まずは見直しましょう。日光不足や水分不足が原因の場合は、肥料で過剰に栄養を与えすぎると、水分バランスが崩れきちんと栄養を吸収できなくなります。

元気がない原因がわからない場合は、購入した店舗に連絡し観葉植物の状態を相談することで、適切なアドバイスをもらえることがあります。

肥料を与えるタイミングは?

多くの観葉植物の休眠時期は冬です。休眠時期には、水分や栄養をほとんど吸収しなくなります。寒くなったら、肥料を与えるのは控えましょう。

上記は季節としての大きなタイミングですが、さらに肥料を与える細かいタイミングがあります。

追肥のタイミング

観葉植物の栄養補給には、植え替えなどで事前に与える「元肥」と、その育ちに応じて必要な栄養を追加で与える「追肥」の2つがあります。追肥のタイミングは、肥料の種類によって異なります。

固形タイプの場合は、観葉植物の育成がはじまる春先から2カ月に1回のペースで、土の上に置きましょう。秋になったら、固形肥料を取り除きます

液体タイプや水に溶かす粉末タイプの場合は、栄養を必要とする夏がメインです。2週間に1、2回のペースで水やりの際に肥料を与えると、元気に育つでしょう。秋になったら、規定の濃度を半分ほどに薄め、2週間に1回など、少しペースダウンして与えます。

ただし、この頻度はあくまでも目安です。実際に与える際は、肥料本体に記載されている使い方を参照し、規定量を与えるようにしましょう。

観葉植物が枯れる原因と対処方法

お手入れが楽な観葉植物ですが、それをいいことについ放置しすぎてしまい、気づいたら枯れていた…というケースもあるようです。こうならないためにも、枯れてしまう原因を知っておき、普段から対策をしておきましょう。

乾燥によって枯れる

水やりの回数があまりにも少なかったり、1度の水やりの量が少なすぎたりすると、観葉植物は乾燥して、最終的には枯れてしまいます。土の部分に少し触れてみて乾いていると感じたら、その都度たっぷりと水をあげましょう。

上述したように、水やりの適量は、『鉢の底から少し水があふれてくるくらい』です。頻度や量は、置かれている環境や観葉植物の種類、季節によっても異なります。

まだリズムがつかめない置いたばかりのうちは、特に土の湿り具合を気にかけておくと良いでしょう。慣れてくると、どれくらいの頻度で水をあげるといいのかがわかってきます。水やりだけでなく、葉に霧吹きで水をあげる「葉水」もしておきましょう。

また、エアコンの風にも気をつけ必要があります。空気の乾燥しすぎや温度差が、枯れる原因となることもあるのです。冬場は特に注意しましょう。

日光が不足している

観葉植物は室内で育てるのに適しているとはいえ、あくまで『植物』です。いくら明るくても室内の照明では、光合成ができず生きていけません。

日光に当たらないと次第にやせ細っていき、最終的には枯れてしまいます。必ず窓際に置き、日光が当たる場所で育てましょう。

直射日光を浴びている

日光に当てるのは大切ですが、直接日光を浴びすぎると『葉焼け』を起こし、最終的には枯れてしまいます。葉焼けとは、強すぎる直射日光によって葉が枯れてしまうことです。

室内でも直接日の当たる場所では葉焼けが起こる可能性があります。特に、夏場の日差しが強い日は、意識的にレースカーテンやすりガラス越しなど、直射日光が遮られる環境に置きましょう。

根が腐る、つまっている

受け皿の水が多すぎて観葉植物が吸水しきれず、ずっと溜まった状態が続くと、鉢の中が湿った状態が続き、根が腐ってしまいます。

そのまま放置すると最終的には枯れてしまうので、定期的に受け皿をチェックし、水が溜まっていたらすぐに捨てましょう

根づまりは、根が成長しすぎて鉢いっぱいになってしまう状態のことです。水はけが悪かったり、鉢の底から根が飛び出ていたりしたら、根づまりの可能性があります。そうなると水や栄養が不足し、枯れてしまうのです。

根づまりを引き起こさないためには、一回り大きな鉢への植え替えをしましょう。植え替えについては、詳しく後述します。

カビ・害虫が発生している

観葉植物には、土壌にカビが生えたり、害虫がついたりすることもあります。主なもので、「灰色かび病」や「すす病」です。

「灰色かび病」は、湿度が高いと発生しやすいので、風通しを良くすることが大切と言えます。

「すす病」はカビの一種で、ハダニやカイガラムシがつくと発生しやすくなる病気です。風通しのいい場所に置き、霧吹きで葉に水を定期的に与えてあげることで、このような病害虫を予防することができます。

残念ながら枯れてしまった場合は処分が必要です。こちらの記事にまとめていますので、ご一読ください。

関連記事

2019.05.27

観葉植物が枯れた原因とは?よくある5つのケースの対策をご紹介

寒い冬はどのように管理する?

観葉植物は、季節によって水やりの量やタイミング、温度管理などが変わってきます。特に観葉植物は、暖かい地域で育つのものが多いので、寒さが苦手な品種も多いです。

冬の間に枯らさないようにするための、管理のポイントを見ていきましょう。

水の与えすぎに注意

気温が低くなるにつれて、土が乾きづらくなります。根の活動も鈍くなるので、あまり水を吸わなくなるのです。そのため、土に水分がありすぎると根腐れの原因となります。水の与えすぎには注意しましょう。

冬は夏に比べると、水をあげる頻度は低くて良いと言えます。ただし、水分が足りない状態でも枯れてしまうので、土の湿り具合を、日頃からよく観察することが大切です。

温度管理は大切

観葉植物は、比較的寒さに強い品種が多くあります。とはいえ、外や窓際などは冬に冷え込むこともありますので、小さい観葉植物であれば、部屋の中央などに移動させるのも寒さ対策の1つです。

このとき、暖房の風に気をつける必要があります。風が乾燥の原因となったり、温度差がありすぎたりするのは、観葉植物にとって良い環境ではありません。冷え込みすぎない室内で、温度の変化があまりない状態で育ててあげるのが良いでしょう。

冬でも日光は必要不可欠

冬場はどうしても、部屋に日の入る時間が短くなります。しかし、観葉植物が生きていくためには、日光は必要不可欠です。

気温が冷え込む早朝や晩を避け、日がのぼっている時間帯は、積極的に窓際に置いて日光を浴びさせてあげるようにしましょう。

観葉植物に必要な植え替え作業

観葉植物を購入し、そのまま数年置いておくという人も多いのではないでしょうか?しかし、大きく育てるには、定期的に植え替えをしてあげることが有効です。種類にもよりますが、1~2年に1回ほどの頻度で植え替えが必要となってきます。

植え替えに適したタイミングは?

植え替えをすべきタイミングなのかどうか、なかなか判断が難しいと考える方も多いかもしれません。植え替えのタイミングを見極めるポイントがあります。

ポイントは鉢底です。穴から根が出てきてしまっているような状態は、根がつまって水や栄養を吸収できなくなっているサインと言えます。一回り大きな鉢に植え替えをするべきタイミングです。

また、水やりをしていても水を吸い込まない場合も、植え替えのタイミングと考えられます。土が固くなっているのが原因なので、生育環境のリセットをしてあげましょう。

これらの状態が見られないとしても、2~3年そのままの状態であれば、植え替えすることが望ましいです。環境をリセットすることで、観葉植物が水分や影響を適切に吸収できるようになり、よりすくすくと育っていきます。

植え替えは土と鉢が重要

植え替えの際に重要となってくるのが、『土』と『鉢』です。

土は、必ず未使用のものを使います。市販されている観葉植物専用のものが使用しやすいです。種類が色々とあるので迷うかもしれませんが、今までの土と同じものであると、観葉植物にとって負担が少なくすみます。

鉢は、今までのものより一回りから二回り大きいものを用意しましょう。ただし、大きすぎるものはNGです。根に適切に栄養を行き届けることができなくなります。

観葉植物の大きさに合わせて、少しずつ鉢のサイズをアップさせながら、大きく成長させるのが上手に育てるポイントです。

正しい植え替え方法

難しそうな植え替えですが、正しい手順を知るとそれほど難しくないことがわかるでしょう。以下の順番で、植え替えをしていきます。

  1. 水やりを控えて、土を乾燥させた状態にします
  2. 株元を持って、古い鉢から根を抜きます
  3. 根についた土を手でほぐし、落とします。土が固い場合は無理に落とさなくてもOKです。根の先端が痛んでいる場合は、ハサミでカットしましょう
  4. 新しい鉢に『鉢底ネット』『軽石』の順に敷きます。量の目安は、鉢の深さの1/5〜1/6程度です。その上に土を1/3〜1/2ほどまで入れます
  5. 苗を鉢の中心に置きし、土を足します。このとき、根元が鉢の縁から3〜4cm下にくるよう高さを調整しましょう。肥料は観葉植物用の土に含まれているので不要です。隙間なく土を入れて固定します

伸びてきた葉や枝の剪定方法

剪定とは、伸びすぎた葉や枝を切り落として、見た目を整える作業です。観葉植物を長く育てていく上で、正しい方法での剪定は重要なポイントと言えます。

その理由は、ぎっしりと生い茂った葉や枝を剪定すると風通しが良くなり、病害虫を防いでくれるからです。養分が必要な場所に行きわたりやすくなり、成長しやすくなります。

ただし、剪定が不向きな品種もあるので、剪定するべきか品種の特徴を確認しておきましょう。

剪定に適した時期

春から夏にかけての、観葉植物自体が成長する季節に行いましょう。この時期に行うことで、新芽に栄養が行きやすくなり、成長を促します。冬に剪定すると、新芽が出てこなくなってしまう場合がありますので、避けた方が安心です。

また、枝を切る場合は切り口から雑菌や害虫が入りやすいので、晴れて乾燥した日に行いましょう。

剪定方法と注意すること

剪定する場所は、そこまで難しく考える必要はありません。伸びすぎている部分をカットしていきます。

ただし、気をつけたい箇所があります。幹や枝の途中で小さく膨れている「成長点」です。ここは残しつつ、成長点の少し上を切るようにしましょう。

また、園芸用の手袋を使うなどして、清潔な手で行うことも大切です。ハサミは園芸専用のものを使い、火であぶるなどして消毒してから行いましょう。不衛生なハサミの使用は、切り口から雑菌が入ってしまう原因になります。

剪定後はケアが必要

剪定を終えたら、切り口に『癒合剤』を塗ります。癒合剤は、園芸コーナーなどで購入可能です。処置しておくと細菌が入りにくくなり、乾燥を防ぎます。

その後は日光に当てて、新芽の成長を促しましょう。このときに、直射日光に当てすぎないように注意することも重要です。

ココがポイント、観葉植物の選び方

観葉植物を育てるにあたり知っておくべき知識を一通り学んだら、実際にどんな観葉植物を部屋に置くか考えていきましょう。

数ある品種の中から、どんなものを選ぶかは、もちろん見た目の好みが第一です。ですが、置く場所の環境に適しているものを選ぶことで、長く元気に育てられます。

置く場所を決める

まず、観葉植物を育てる上で重要なのは、『どこに置くか』ということです。観葉植物はさまざまな場所で楽しめます。そのため、はじめに置き場所を決めてから品種を選ぶのも選び方の1つです。

例えば、リビングや寝室、そして玄関やトイレが置く場所に挙げられます。前者に比べると後者の方が日当たりが良くない傾向があるでしょう。そうしたとき、より耐陰性の優れた品種を選んだ方が育てやすいです。

日頃の管理のしやすさも考えて、置く場所に適した特徴を持つ品種を選びましょう

大きくなることも考えて

買ったときの状態だけでなく、大きく成長することを見越した置き場所選びも大切です。

観葉植物は、上に向かって成長する種類と、下に向かって成長する種類の2つがあります。成長のスピードなども種類によって異なるので、販売店で相談しながら判断すると良いでしょう。

日当たりを確認

置きたい観葉植物を決めている場合、それが置く場所に適しているかも大切です。

置きたい観葉植物があまり耐陰性が高くないタイプなのに、日当たりが良くない場所に置くと枯れてしまうこともあります。そういった品種の場合には、常に日光が入る場所を確保してあげた方が良いでしょう。

また、小型観葉植物などを窓から離れた場所にインテリアとして置きたい場合は、週に3~4日ほど日光の当たる場所へ移動させましょう。1回につき5時間以上日光浴をさせるなどの工夫をすることで、元気に育てられます。

飾り方は色々、スペースを有効に使おう

大型のものを部屋に置くスペースがないという場合でも、観葉植物を楽しむことはできます。ここでは色々な飾り方のバリエーションを見ていきましょう。

天井から吊り下げる

最近、インテリアとしても人気の飾り方に、天井からフックで鉢を吊り下げる『ハンギングプランター』があります。

おしゃれな雰囲気と丈夫さが両立している麻ひもなどを用いると、空間を素敵に演出できるでしょう。天井から吊り下げるので、軽くて小型の観葉植物が向いています。ただし、落下すると危険なので、十分に補強してから吊るすようにしましょう。

壁にかけるのもあり

コンパクトで軽い種類であれば、壁にかけるのも素敵です。フックや押しピンで、ハンギングできるツールを固定して、壁にかけることができます。土や水を常に必要としない『エアープランツ』などがぴったりです。

初心者でも簡単、育てやすい観葉植物

観葉植物の中でも、お世話が楽なものが初心者向けと言えます。どのような種類のものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

ポトス

ポトスはサトイモ科のつる性植物で、生命力が強く、ぐんぐんとつるが伸び、みずみずしい葉を多くつけます。つるが伸びてきたら切って土や水に挿しておくだけでどんどん成長し、簡単に増やせるのも特徴です。

乾燥に強いので、水やりを忘れていても、すぐに枯れることはありません

シェフレラ

シェフレラは『カポック』の別名でも知られています。『枯らすほうが難しい』と言われるほど、丈夫で育てやすい品種です。

シェフレラは乾燥や日陰、寒さにも強いので、窓際に限らず室内のどのような場所でも、あまり手をかけずに育てることができます。ちなみに、『カポック』と呼ぶのは日本だけで、『カポック』という植物は別に存在しているのです。

ドラセナ

ドラセナは『幸福の木』として親しまれ、日陰であっても、多少の明るさがあれば育ちます。とはいえ、週3〜4日は窓際などに移動させ、日光浴をしてあげるだけで、よりみずみずしく育てられます。

ガジュマル

ガジュマルはユニークな幹のビジュアルで、『多幸(たこう)の樹』とも呼ばれています。その縁起の良さから、贈り物としても人気のある品種です。育てやすくぐんぐん成長するので、しかるべきタイミングで植え替えをしてあげましょう。

気軽に置ける、おすすめの小型観葉植物

棚やコーナーテーブルに置いて、気軽にインテリアの雰囲気を変えられるのが、小型の観葉植物です。価格帯も手頃なものが多いので、何個も置けるのも魅力と言えます。

アイビー

アイビーは暑さにも寒さにも比較的強いことで知られています。小型なので、置き場所を選ばず、日光に当てやすいのも育てやすい理由の1つです。

肥料を与えなくても育ちますが、肥料をあげると葉がよりイキイキとするので、タイミングを見て与えましょう。

シュガーバイン

シュガーバインは比較的、耐陰性が高めです。そこまで置き場所や管理に神経質にならなくても、元気に育ってくれます。剪定したシュガーバインを水に挿しておくと根を出すので、増やして育てることも可能です。

インテリアに最適、おすすめの中型観葉植物

スペースを要さない中型観葉植物も、最近では人気があります。中型とはいえ、部屋に置くとかなりの存在感を発揮し、部屋全体を癒しの空間に仕上げてくれるでしょう。

サンスベリア

サンスベリアは、多肉質の厚い葉で人気の観葉植物です。縞模様が美しい種類もあります。

乾燥や暑さには強いですが、耐陰性はないため、できるだけ窓際で育てるのがおすすめです。存在感がありつつも横に葉が広がることなく場所を取らないので、飾る場所を選びません

オーガスタ

オーガスタは、リゾート感あふれる南国風の雰囲気を醸し出してくれるのが魅力です。葉の面積が大きいので蒸散作用があり、加湿の役割もしてくれます。

しばらく水を与えなくても元気でいられるほど乾燥に強いので、そこまでこまめに水やりをしなくても成長するのも人気のポイントです。日当たりのいい場所を好むので、窓際に置くとすくすく育ちます。

存在感抜群、おすすめの大型観葉植物

「せっかく観葉植物を導入するのであれば、大きいものを置きたい」という人も多いかもしれません。大きいと管理が難しいイメージがありますが、その中でも比較的管理がしやすい品種を紹介します。

フェニックスロベレニー

フェニックスロベレニーは、南国のムードたっぷりなビジュアルが人気の観葉植物です。スタイリッシュな見た目から、置くだけで部屋の雰囲気をガラリと明るく変えてくれます。

耐陰性があるため、室内の薄暗い場所でもそこまで気にせず育てられるのも嬉しいポイントです。

ユッカ

ユッカは、別名『青年の木』とも呼ばれています。太い幹と上向きの葉が特徴です。寒さや乾燥に強く、2〜3℃の場所でも枯れることなく育ちます。株がやせ細ってしまわないように、年間を通して積極的に直射日光に当てましょう。

まとめ

観葉植物を育てるにあたっては、『日当たり』『水やり』『風通し』の3つが基本です。観葉植物にはそれぞれの特性にあった置き場所や育て方があります。お世話をする際は、品種ごとの特徴を押さえることが重要です。

また、枯れる要因を知っておけば、適切に対応することができます。観葉植物は基本的には『お世話が楽』と言われているので、いずれのポイントも難しいことではありません。

実際に品種を選ぶ際には、見た目の好みはもちろん大切です。ただし、初めて育てるのであれば、育てやすい種類を選ぶことで長く大きく育てられます。お世話のポイントを押さえて、気軽に観葉植物を楽しみましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気