お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物を引っ越し祝いでもらったら?育て方と風水を用いた置き場所

観葉植物は、引っ越し祝いをはじめとするギフトに人気のアイテムです。しかし、せっかくもらったのに育て方がわからなかったり、どこに飾るといいのか迷ったりすることもあります。そこで、観葉植物の育て方や置き場所について見ていきましょう。

まずは観葉植物について知ろう

『葉を見て楽しむ植物』が、観葉植物の大まかな定義でしょう。「これとこれは観葉植物です」という明確な区切りは存在していないようです。

観葉植物として流通している品種を見ると、多くは熱帯・亜熱帯を原産とする植物です。原種を品種改良し、観賞用に作られたものが『観葉植物』として流通しています。

また、観賞するのは室内であるケースも多いことから、観葉植物とされる植物の特徴として、耐陰性に優れている点が挙げられます。『熱帯原産で耐陰性に優れ、室内でも育てやすい植物』が観葉植物だとも考えられるでしょう。

サボテンや多肉植物も同じ観葉植物

観葉植物と聞いてまず連想されるのは、葉の色や形が印象的である植物です。そのほかに『サボテン』や『多肉植物』なども、同じく室内で観賞用として楽しむ植物であることから、観葉植物と定義されることが多いようです。

また、花が咲く、実がなる観葉植物もあります。一口に観葉植物と言っても、種類はさまざまであることを覚えておきましょう。

観葉植物は引っ越し祝いとして人気

観葉植物は、置くだけで空間をみずみずしいものにし、癒しを与えてくれます。そういったことから、引っ越し祝いをはじめとする、さまざまな贈り物として人気を集めているのです。

一般的なプレゼントと一線を画す特徴として『育てる楽しみ』を味わえることがあります。水やりなどのお世話を適切にすることで、長く育てて変化を見つけ、成長を楽しめるのも人気の理由です。

観葉植物を贈りたいと言われたら?

お祝い事の贈り物として人気の観葉植物は、引っ越しの際に贈りたいと言われることもあるでしょう。もし、知り合いから引っ越し祝いとして観葉植物を贈りたいと連絡を受けたら、まずは観葉植物を飾るスペースを考えます。

遠慮してきちんと伝えられず、置くスペースがないのに大きな観葉植物を贈られ、行き場のないギフトになってしまったら、贈ってくれた人に失礼です。

スペースがない場合は、「小さめの観葉植物がいい」とリクエストすると、贈る側は選びやすくなります。

置くスペースを確保できるのであれば、お言葉に甘えて大きな観葉植物をリクエストするのも良いかもしれません。どのような雰囲気のインテリアかを伝えると、空間に似合う観葉植物を相手が選びやすくなります。

観葉植物の基本の育て方

室内でも育てやすい観葉植物ですが、適切なお世話をしなければ枯れてしまいます。もらった観葉植物を枯らさないよう、きちんとお世話しましょう。

お世話は、決して難しいものではありません。観葉植物を育てるにあたり、基本的に気をつけるべきことを見ていきましょう。

日当たり条件は品種によって異なる

室内で育てられると言っても、観葉植物は光合成が必要な植物ですので、太陽の光が必要不可欠です。しかし、直射日光に当たると葉焼けを起こしてしまう場合もあります。

観葉植物の品種によってどのくらい日光を浴びるのがいいか、加減が異なります。いただいた観葉植物の特性を知り、必要に応じて置き場所を移動するなどの対策も必要でしょう。

また、多くの観葉植物は、レースカーテン越しなどの直接日光の当たらない明るい日陰を好みます。この環境であれば、元気に育ってくれるでしょう。

水やりは土が乾燥してから

観葉植物のお世話で重要なのが、水やりのタイミングです。水やりのベストタイミングを見計らうには、土の状態をチェックすることが大切と言えます。植木鉢の土が完全に乾いたら水やりのサインです。

水やりの量の目安は、『鉢の底から水が流れ出てくるくらい』です。たっぷりと新しい水を与えることは、土の中に溜まった古い空気を押し出し、新鮮な空気に入れ替えるという役割もあります。

受け皿に水が溜まったままにすると、『根腐れ』の原因になってしまうので、水やり後は必ず溜まった水を捨てるようにしましょう。

高温には強いが、低温には弱い

観葉植物はもともと熱帯地域に自生しているものが多いため、気温が高いほどよく育ちます。一般的に気温が15℃以上ある環境だと、元気に育つと言われています。

一方で低温には弱く、気温が10℃を下回ると、葉がしおれはじめるなど、株に元気がなくなる場合が多いのです。

室内に置く観葉植物は寒さにさらされることはありませんが、冬場の朝晩の窓際などは急激に冷え込みます。室温でも10℃以下になる場合は、窓から遠い暖かい場所に移動させましょう。

肥料を与えるタイミング

基本的には、水のみでも観葉植物は育ちます。しかし、さらに元気に大きく育てたい場合は、肥料を与えてください。

春から夏の間は、2カ月に1度、置き型の緩効性肥料を与えます。必要に応じて、薄めた速効性のある液体肥料も与えましょう。

秋、冬は気温が下がり休眠期に入るので、肥料は与えないほうが安全です。栄養を吸い上げる力が弱まっていますので、根を傷めてしまうからです。

また、注意したいのが、肥料の与えすぎです。土の中の肥料濃度が高くなり、根から栄養を吸収できなくなる『肥料焼け』を引き起こします。肥料焼けは枯れてしまう原因になりますので、規定量を守って与えてください。

葉の色が悪くなったり、枯れたりする原因は

観葉植物を育てていると、葉のみずみずしい色がくすんできたり、葉が枯れて落ちてしまったりすることを経験するかもしれません。

そういった場合は、原因としてどのようなことが考えられるのでしょうか。

日光が不足している

葉の色が変わるのは、日光が足りない可能性があります。耐陰性に優れる観葉植物であっても、日光を浴びないと葉色が悪くなったり、葉が小さくなったりします。光合成ができていないので、栄養が作れないからです。

葉の色が悪くなってきたら、直射日光を避け、レースカーテン越しの窓際など、明るい場所に移動させることが有効です。まんべんなく日光を浴びられるよう、鉢を回すのも忘れずに行いましょう。

葉焼けしている

夏場に多く見られるのが、葉が焼けてしまったような色に変色する『葉焼け』です。葉焼けは、直射日光が当たりすぎたことにより起こる、火傷のようなものです。その場合は、直射日光から光をある程度遮れる場所に移動しましょう。

ただし、完全に遮光すると今度は太陽の光が少なくなり、弱々しい姿になってしまいます。葉色が落ちたときと同様に、明るい日陰に置いて、ダメージを回復させましょう。

乾燥している

観葉植物が乾燥してしまう原因の1つに、水やりが不足しているということが考えられます。水やりをする頻度や1回の水やり量を見直しましょう。

もう1つは、観葉植物のまわりの空気が乾燥していることが考えられます。適度な水やりをしても、空気が乾燥していては葉の元気がなくなる場合があります。エアコンの風が直接当たる場所も注意が必要です。

乾燥しがちな冬場は、とくに観葉植物の置かれた場所の加湿に気をつけると良いでしょう。葉に水を与える『葉水』で、株全体を潤すのも有効です。

根腐れ、根づまりが起きている

風通しの良い環境に置いてあげることも重要です。風通しが悪いと、虫が発生したり『根腐れ』を起こしたりすることもあります。根腐れを起こした根は、栄養を吸い上げられません。

根腐れのほかに注意したいのが、根づまりです。観葉植物が成長しすぎて、根が鉢底の穴から出てきてしまっている状態は要注意です。

根が張りすぎてしまうと土の養分を吸収できず、さらに酸素不足で窒息状態になり、枯れてしまうことがあります。こうなったら、植え替えをしましょう。

定期的に、根づまりを起こす環境になっていないか、鉢底をチェックしてください。

カビや害虫が発生している

観葉植物の葉が成長すると風通しが悪くなりやすく、カビや害虫が発生する原因となります。葉が白くなったり斑点ができたりするのは、このためです。

カビや害虫を防ぐには、生い茂った葉を適度に剪定するのが効果的です。剪定は、余分な葉や枝を切り落とし、見た目を整える作業のことを言います。風通しが良くなり、カビや害虫を防げるのです。

風水で運気アップ、置き場所別アドバイス

観葉植物を住空間に取り入れることは、風水的に良いとされています。置く方角や場所を少し変えるだけで、より風水的に運気が上がる場合があります。

どのような場所に置けば運気アップが期待できるのかを見ていきましょう。

葉の形と伸びる向きにも意味がある

細く尖った葉は、やる気やアイデアにつながる強く鋭い気を発生させると言われています。玄関や洗面所、仕事場などの人があまり集まらない場所に置くと良いでしょう。

一方で、丸い形の葉は、心をおだやかにしてくれるため、リビングやダイニングなどの人が集まる場所に向いています。

また、葉が上向きに生えている観葉植物には『陽』の気があり、人を元気づけるそうです。玄関やキッチンなど、アクティブな場所にぴったりです。

そして、葉が下向きに生えている観葉植物には『陰』の気があり、リラックスさせる効果があります。リビングや寝室などに最適でしょう。

玄関

風水的に、玄関は全体的な運気を決定づける重要な場所とされています。運気を上げるとされる観葉植物を玄関に置くことは、良い気をたくさん呼び込むそうです。その場合、家の中から見て左側に観葉植物を置くと、さらなる運気アップが見込めます。

金運アップをのぞむならパキラ、魔除けや厄除けをのぞむならサンスベリアなどがおすすめです。また、玄関が明るい雰囲気だと運気が上がるとも言われているため、鉢や鉢カバーは明るめのカラーを選ぶと良いでしょう。

リビング

リビングにテレビを置く家庭が多いと思いますが、テレビは風水的にはマイナスの気があるとされています。マイナスの気を浄化するのに、自然のパワーをもっている観葉植物が役立ちます

また、家族が集まるリビングは、家族の運気をつかさどる重要な場所です。ペペロミオイデスなどの丸い形の葉をもつ観葉植物を置くのも良いでしょう。

リビングには大きな窓がある家庭も多いので、環境的にも観葉植物を育てやすいと場所です。

寝室

風水的に、寝室はパワーを充電する場所とされ、観葉植物を寝室に置くと、安眠効果が得られると言われています。エネルギーをチャージできるため仕事運アップにもつながるそうです。

寝室はリラックスできる空間にすることが良いとされています。モンステラやアジアンタムなど、葉先が下を向いているような安定をもたらすタイプの観葉植物を置くと良いでしょう。

また引っ越しすることになったらどうるす?

引っ越しは1回だけとは限りません。以前にいただいた観葉植物と共に引っ越すこともあり得ます。引っ越しに際して、観葉植物はどのように扱えば良いのでしょうか。

観葉植物の梱包や運搬について、さらに引っ越しを控えた場合の水やりなどのケアについても見ていきます。

観葉植物の梱包方法

小型・中型の観葉植物の場合は、自分でも梱包可能です。ビニールで覆い、段ボールに入れます。そして、動かないよう緩衝材を詰めます。生き物なので、可能であれば封を開けておいたほうが良いでしょう。

早々と梱包してしまうと、蒸れてしまい株に悪影響を及ぼします。できれば直前に梱包するようにしてください。

大型のものは、引っ越し業者に相談するのが一番です。独自の梱包に対応してくれる業者もあれば、そのまま運ぶという業者もあります。どちらの対応をしてもらえるかについてもあらかじめ確認しておきましょう。

水やりは引っ越し2日前くらいから控える

基本的には、引っ越しの2日間前くらいから水やりを控えるようにしてください。運搬の直前で水やりをすると、鉢底から水が滴り落ちてくる可能性も考えられます。

運搬する人の迷惑になったり、ほかの荷物に影響を及ぼす可能性もあったりしますので、気をつけたいポイントです。

運送NGの引っ越し業者もあるので注意

観葉植物の運搬を受け付けてくれない業者もあります。訪問見積もりがなく当日の引っ越しをお願いする場合などは、観葉植物を運ぶことを申し込み時に伝えておきましょう。

また、どこの業者も運搬してくれない場合は、自家用車で運ぶなどの手段も考えます。助手席の足元に置き、斜めに倒し、固定して運搬するのがベターです。小型の自動車で積み込むのが難しい場合、軽トラックなどをレンタルする必要があります。

引っ越し先にもっていかず処分したい場合は?

さまざまな理由で、観葉植物を次の引っ越し先にもっていけないという事態も考えられます。この場合、残念ですが処分するのが妥当です。

ここでは、適切な処分方法について詳しく見ていきます。

観葉植物本体の処分方法は大きく分けて2つ

引っ越し先にどうしてももっていけない場合、処分方法は2つ挙げられます。1つは、『引き取り』、もう1つは『廃棄処分』です。

まずは、周囲の人たちに、事情を話して引き取ってもらえないか打診してみましょう。希少価値のあるものなら、オークションで次の引き取り手を探すのも良いアイデアです。

手を尽くしても見つからない場合は、廃棄処分をしましょう。観葉植物は、コンパクトに切断すれば、可燃ゴミとして処分できます。

かわいそうだからと山などに植えたり、放置したりするのは違法になりかねません。自治体のルールにしたがって正しい処分をしてください。

土の処分方法

土を不燃ゴミとして処分できるという自治体もあるようですが、ゴミとして回収をしていないという自治体も多いようです。勝手に、空き地などに土を捨てると不法投棄になりますので、必ず自治体に確認しましょう。

また、ホームセンターや造園業者が回収サービスをしている場合もありますので、近くで受けられるサービスを探し、相談してみるのも1つの手です。

鉢やプランターは自治体のゴミ分別ルールで

鉢やプランターの処分は、どうやって分別するのかわからないという人もいるでしょう。プラスチックの場合、リサイクルゴミまたは可燃ゴミとして処分することが多く、陶器の場合には不燃ゴミとして処分する自治体が多いようです。

陶器の鉢を細かく割って、『割れ物』として可燃ゴミに出せる場合もあるので、鉢プランターを処分するときは、必ず自治体に問い合せてください。

まとめ

観葉植物は、空間に癒しをもたらしてくれます。基本的な育て方を覚えておくだけで、より長く成長を楽しめます。ギフトとしてもらったら、ポイントを押さえて、ていねいに育ててみましょう。

また、どうしても次の引っ越し先に観葉植物をもっていけない場合は、適切に処分しなければいけません。処分に際しては、業者や自治体に方法を確認し、きちんと処分しましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気