お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物でお洒落な水栽培に挑戦。やり方とおすすめの植物

水のみで育てる水栽培は、土などで手を汚さず気軽に始められるのがメリットです。観葉植物や多肉植物、サボテンなど自分の好きな種類を育ててみましょう。水栽培の手順と失敗しないコツを紹介します。水栽培から土栽培への切り替え方法もチェックしましょう。

水栽培はどんな育て方?

植物の育て方にはさまざまなものがありますが、その1つが『水栽培』です。水栽培というとクロッカスやヒヤシンスなどの球根類を思い浮かべる人もいるでしょう。水栽培の特徴とハイドロカルチャーの違いなどを解説します。

土を使わず水で育てる

『水栽培』は、土を使わず水だけを使って植物を育てる方法です。

植物の成長には、水と土からの養分が必要ですが、ヒヤシンスやクロッカスなどの球根類は、球根内に養分を蓄えているため、水だけで育てられます。

また、根菜類のヘタやネギの根を水に浸けておくと根っこや葉が伸びてくるでしょう。『再生栽培(リボべジ)』といい、これも水栽培の一種です。

詳しくは後ほど説明しますが、実は乾燥に強いといわれるサボテンや多肉植物も水栽培ができます。観葉植物の中にも水栽培に適した品種があるので、土栽培が苦手という人は、積極的にトライしてみましょう。

ハイドロカルチャーとの違い

近年は土を使わない『ハイドロカルチャー』が人気です。ハイドロは『水』、カルチャーは『栽培』の意味があります。

水栽培もハイドロカルチャーも水を使う点は共通していますが、ハイドロカルチャーは『ハイドロボール』という人工のボールを土の代わりに使う栽培法で、純粋な水栽培とは少し意味合いが異なるでしょう。

そのため、水栽培と区別して『水耕栽培』と呼ばれることもあります。水栽培には適さない植物も、ハイドロボールを使えば上手く育つ場合もあり、水栽培と並ぶ人気の栽培法となっています。

水栽培はおすすめ?メリットをご紹介

水さえあればどこでもできる水栽培は、誰でも気軽にはじめられる人気の栽培法です。水栽培にはどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。

お世話が簡単

水栽培は小さなコップ1つあれば、いつでも気軽にはじめられます。スペースをとらず、土いじりで手が汚れる心配もありません。

土栽培の観葉植物で最も難しいのが『水やりのタイミング』ではないでしょうか。水のやりすぎや、やり忘れがあると弱ってしまいますが、水栽培はこまめに水を交換すればいいだけなので、お世話が楽です。

土栽培のように追肥や土の入れ替えに煩わされることがない上、根の状態が外からはっきり分かるので管理しやすいといえるでしょう。

どこに置いてもおしゃれ

球根・多肉植物・サボテン・ハーブなどは、どれも小型サイズなので、ガラスのコップや空き瓶、陶器の器など身近にある容器が使えます。水栽培の容器をちょっとおしゃれなものに変えるだけで、素敵なインテリアになるでしょう。

また、台所や窓際、棚の上など、どんなスペースにも置けるので、空間のアクセントにぴったりです。

虫の発生に悩まされない

観葉植物の鉢植えを室内に置いておくと、コバエなどの虫が発生することがあります。「虫が嫌いで植物が育てられない」という1人暮らしの女性は少なくないでしょう。

虫が発生する原因の1つが、有機肥料や腐葉土です。コバエなどの卵が産みつけられた土を使うと、部屋の中で羽化し、いつのまにか大量発生していたというケースもあるようです。

水栽培は基本的に水のみを使用するため、コバエなどのエサとなる養分がありません。ただし、水をこまめに取り換えない場合は例外です。

これだけは知っておこう

お世話が簡単で誰でも気軽にはじめられる水栽培は、一見、メリットばかりのように見えます。土がもたらすデメリットは減るものの、誤った方法で行うと失敗してしまうでしょう。

水栽培で必ず守りたいポイントを3つピックアップします。

高温、風通しに注意

水栽培の容器の置き場所は、直射日光が当たる場所、クーラーの熱風が直接当たる場所を避けましょう。水温が温かくなるとバクテリアや藻が繁殖しやすくなる上、葉焼け・乾燥などで植物が傷みます。

鉢物を育てるときと同じように、部屋の風通しはよくし、湿気によるカビや蒸れを防ぎましょう。

なお、球根の場合、発根するまでは暗くて涼しい場所に置くのがベストです。根も芽も伸びてきた時点で、日の当たる明るい場所に移動させます。

こまめに水を交換する

植物の根からはわずかながら有機物が流れ出ています。これらは、バクテリアの栄養源となり、水の交換を怠ると、バクテリアのエサがどんどん蓄積されるでしょう。

バクテリアが増えると有機物を分解する活動が活発になり、水中の酸素量が消費されます。濁ったドロドロの水に根を浸けておくことは、植物を呼吸困難にさせてしまうでしょう。

また、大きめの水槽や容器でまとめて栽培する場合、1つが腐りはじめると他の株にも菌が移っていきます。

こまめに水換えをし、常に新鮮な水と空気を供給するようにしましょう。

酸素が必要

前述した通り、植物の根は呼吸をしています。水を循環させる装置があれば、水中に十分な酸素が送りこめますが、そうでない場合は、根の一部を水中から出しておく必要があります。

根を水の中に完全に浸けてしまわず、上の数cmは空気に触れさせるようにしましょう。

水栽培できる、風水的にも良い観葉植物

風水は『気』の力を利用した環境学といわれています。観葉植物の選び方、置き方1つでより快適な環境がつくれるかもしれません。

風水的によい意味を持つ観葉植物の中でも、水栽培が可能なものを紹介します。

ポトス

インテリアグリーンの定番である『ポトス』は『永遠の富』『華やかな明るさ』という花言葉をもったサトイモ科エピプレムヌム属のつる性植物です。

風水では、丸みを帯びたハート型の葉は恋愛運や金運をアップさせるといわれています。支柱や壁をつたってどんどん成長する姿からは、ポジティブなエネルギーが感じられるでしょう。

空気清浄効果が見込める『エコプランツ』としても有名で、ベンゼンやトリクロロエチレンなどの有害物質を除去する効果も確認されています。

ポトスは生命力の強い植物で、茎を切り、水につけておくだけで根を生やします。土への植え替え・水栽培・ハイドロカルチャーのどの方法にも適しています。

パキラ

中南米原産のアオイ科パキラ属に分類される木本です。アジア諸国では『発財樹』とよばれ、富をもたらす風水グリーンとして重宝されています。日本でも、開店や開業祝いのギフトとして人気です。

『パキラ』の先の尖った葉からは、集中力を高め、邪気を払う強い気が出ているといわれます。多くの人が出入りする場所や集中力・気力を必要とする勉強部屋やオフィスに置くと効果が期待できるかもしれません。

パキラの枝を切り、水に入れておくと10日~2週間で根を出します。レースカーテンごしの明るい日陰で育て、大きくなってきたら鉢植えに植え替えるとよいでしょう。

アイビー

北アフリカ・ヨーロッパ・アジアなど幅広い地域に自生するウコギ科キヅタ属のつる性植物です。耐陰性・耐暑性・耐寒性に優れ、比較的どんな環境にも適応できるのが強みです。

ヨーロッパでは『アイビー』は魔除けと幸福の象徴とされ、家の壁やバルコニーに這わせる習慣がありました。風水においては、金運や恋愛運アップをサポートしてくれるといわれています。

生命力の強いアイビーは水栽培にも最適です。肥料を与えなくてもどんどん葉を茂らせていくので、部屋のあらゆる場所に飾れるでしょう。

室内の明るい場所に置き、こまめに水換えをするのが元気に育つポイントです。

ミリオンバンブー

耐陰性の強い『ミリオンバンブー』は、水栽培に最も適した植物の1つです。バンブーと名前がつきますが、イネ科の竹とは異なり、スズラン亜科ドラセナ属の常緑低木に分類されます。

ラッキーバンブー・ギンヨウセンネンボク・富貴竹などともよばれ、風水では開運をもたらす『幸福の木』として有名です。お店では小さなサイズで売られていますが、成長すると1~2mにもなります。

ミリオンバンブーの水栽培方法は簡単で、株から生えた脇芽を水に挿しておくだけです。直立するように石などを入れて固定するとよいでしょう。

熱帯アフリカ原産で湿潤な環境を好みますが直射日光は苦手なので、レースカーテンごしの明るい日陰がおすすめです。

こんな植物もOK

乾燥に強いといわれる多肉植物やサボテンも水栽培ができることを知っていますか?水が多いと腐れるイメージが強いですが、根腐れする原因は、実は別のところにあります。

多肉植物

『多肉植物』の多くは、乾燥した砂漠地帯が原産です。肉厚な葉や茎には水分が多く蓄えられており、1週間水やりをしなくても枯れることはありません。

土栽培をするときは、サボテンも多肉植物も水を控えめに与えるのが基本です。根腐れは、水そのものが原因なのではなく、湿った土で繁殖する雑菌や酸素不足に起因するところが大きいでしょう。

いつも新鮮な水がキープできれば、多肉植物は問題なく水栽培できます。土栽培の多肉植物を水栽培に切り替えるときは、根元から数mmを切り落とします。こうすることで、水栽培に適応した根が新たに生えてくるでしょう。

土栽培で根腐れしてしまったものでも、根元が元気であれば、水栽培で再生する可能性は高いです。

サボテン

多肉植物同様、『サボテン』も水栽培に適した観葉植物の1つです。こまめに水を取り替え、適切な環境で育てれば、根腐れなく水栽培ができるでしょう。

土栽培のサボテンを水栽培に切り替えるときは、根を綺麗に水洗いして半分くらいカットします。1~2日ほど乾燥させた後、水の入った容器にセットしましょう。このとき、根の先が少し水に入るくらいでOKです。

水栽培のやり方

水栽培に必要な道具と、さまざまな水栽培の方法を紹介します。基本は水と容器があればOKですが、よりイキイキと育てたい場合は肥料なども与えてみましょう。

容器は100均のガラス瓶でもOK

まずは、植物を育てるための容器を準備しましょう。

色・素材・形は問わず、100均のものでも構いませんが、多肉植物やサボテン、球根などを育てるときは、株が水没してしまわないようなサイズを選びましょう。根の成長具合が見たい場合はガラス製がおすすめです。

水を入れて挿すだけ

水栽培は容器に水を入れて植物を挿すだけです。しかし、土栽培から水栽培に切り替える場合は、根の土を落としたり、適切な長さにカットしたりして、水栽培に対応させる準備をしなければなりません。

市販には、水栽培に適した『水栽培用の苗』も販売されています。はじめての人は、水栽培用の苗や、水挿しで増やしたものを使うようにしましょう。

こちらの記事では水挿しの方法や、水挿しに向いている植物をご紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

2019.05.27

観葉植物を水挿しで育てるコツとは。簡単でおしゃれな増やし方

石で固定することも

ミリオンバンブーのように、直立した形が美しい植物は、石やビー玉、天然石などで固定することもできます。好みの位置にセットした後は、適度な量の水を注ぎ完成です。

石やビー玉は、ハイドロボールと違って通気性や保水性は持ち合わせていません。こまめに水を入れ替えたり、石を洗ったりして、フレッシュな状態を保ちましょう。

スポンジで種から育てる場合

水栽培ができるのは苗だけではありません。種から育てる場合は台所にあるスポンジを活用しましょう。スポンジには、種が発芽する『土壌』としての役割があります。

  1. スポンジを2.5cm角にカットし、十字の切り込みを入れる
  2. トレーにスポンジを敷き、ひたひたになるまで水を注ぐ
  3. スポンジの切り込みにピンセットで種を1つずつ入れる
  4. 種の上に湿らせたトイレットペーパーをかける

トイレットペーパーをのせる目的は、種とスポンジを密着させ、乾燥を防ぐためです。水に溶けないティッシュは、芽が出るのを妨げるので、必ず水に溶けるタイプを使ってください。

種の入ったトレイは日の当たらない場所に置き、双葉になったら日光のある場所へ移動させてください。本葉が出たら、大きな容器に植え替えましょう。

肥料を使う場合は液体のものを

水栽培で肥料を使う場合は『液体タイプ』を使いましょう。

液体肥料には、無機物肥料を化学的に加工した『化成肥料』と動物の死骸や糞などの自然素材を原料にした『有機肥料』があります。有機肥料は水が濁りやすいので、水栽培には『化成肥料』がおすすめです。

一般的に、肥料には植物の三大栄養素である窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)がバランスよく配合されています。

一方で『水栽培用の肥料』の場合、根を丈夫に育てるカリウムが多めに含まれている傾向があります。

水栽培から土での栽培に植え替えできるの?

種や苗がある程度の大きさになったら、土に植え替えをしたいと思う人もいるでしょう。

しかし、急な環境の変化は植物にとってストレスになります。せっかく育てた苗を枯らさないためには、以下の点に注意しましょう。

最初はハイドロボールなどで慣らそう

水栽培と土栽培で育てた根の基本構造は変わりませんが、栽培方法の違いは、枝根の発達に大きく関わってきます。

たとえば、土栽培の根は水を求めて地中に深く伸びていきますが、水栽培はその必要がありません。水栽培に適応している根を急に土の中に移植するよりは、ハイドロボールなどを使って徐々に鳴らしていくのが理想です。

ハイドロボールは粘土を高温で焼いた石で、表面には細かい空気穴が沢山空いています。通気性・保水性・保肥性に優れており、はじめての人でも扱いやすいです。

根が成長してパンパンになってきたら、土に植え替える準備をしましょう。

根を傷つけないよう注意

水栽培から土栽培、またはハイドロカルチャーに切り替えるときは、根を傷つけないように注意しなければなりません。

根腐れした部分や黒ずんでいる細い根はカットしても構いませんが、直根は、植物の生命線なのであまりいじらないようにしましょう。

植え替え時に傷がついてしまうと、土の中で水や養分が吸えなくなってしまうこともあるためです。特に土入れの際は、棒を使って隙間を埋めますが、強く押しすぎると根が折れてしまいます。

暖かい時期に行う

植え替えの時期は、真夏と真冬を避けた暖かい日がよいでしょう。気温が上がりはじめた4月中旬〜下旬、冬に入る前の9〜10月頃がおすすめです。

気温が低くなるにつれて植物の成長は緩慢になり、冬は『休眠期』に入ります。休眠期に植え替えをしてしまうと、根がしっかり張らなくなるのでくれぐれも注意してください。

まとめ

水栽培は、誰でもできる簡単な方法ですが、美しく健康に育てるにはいくつもの注意点とポイントがあります。特に『こまめな水換え』は忘れずに行いましょう。

アイビーやポトスなどのつる性植物は生命力が旺盛で、切った茎を水に挿しておくだけで根を生やします。初心者は水栽培に適した丈夫な観葉植物を選ぶとよいでしょう。

水栽培から土栽培、土栽培から水栽培に切り替えるときは、ストレスがかからない方法を考えるのがベターです。

関連する記事

こちらの商品も人気