お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

人気の観葉植物5つの育て方を解説。基本をおさえて長く楽しもう

観葉植物を部屋に置きたいと思っても、育て方がわからないので一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。観葉植物の育て方は、それほど難しいものではありません。コツを知れば、健康に育てられます。育て方の基本について見ていきましょう。

観葉植物の基本の育て方は?

基本的に室内で育ちやすい観葉植物は、お世話がしやすいことでも知られています。しかし、まったくお世話をせずに放っておくだけでは、当然弱ってしまうこともあります。

そこで、観葉植物を育てるうえで、押さえておくべきポイントにはどんなことがあるのかを見ていきましょう。

適度な水やりを覚える

観葉植物の水やりは、あげすぎても、あげなさすぎてもいけません。水やりをする目安として、『土の表面がカラカラに乾いたら水を与える』と言われています。

しかし、実際に鉢の土を見ても、それが乾いている状態なのかどうかを判別することは、はじめは難しいものです。

まずは、鉢底からあふれる程度の水やりをし、1週間程度置いておいておきましょう。種類にもよりますが、一般的な観葉植物は1週間程度水やりをせずに放置しても、枯れることはまずありません。

1週間たってから土の状態を再度確認してみると、水やり直後に黒っぽかった土が白っぽい茶色に変化します。これが土が乾いてきている証拠です。指で触ってみて、ぱらぱらと土が落ちてくるようなら、また水やりをしましょう。

日当たりや温度など環境の管理

観葉植物は室内で元気に育つ品種も多いですが、『植物』である以上は光が必要です。日光が不足すると、光合成ができず栄養を作り出せません。そうすると元気がなくなってきてしまい、そのうち枯れてしまうのです。

しかし、直射日光には注意しましょう。日差しの強い場所に置いておくと、葉の色が変わってしまう『葉焼け』を起こしてしまいます。直射日光を避けた、明るい日陰が理想的です。

また、観葉植物を管理するには、温度も重要です。原産地が高温多湿な熱帯のものが多いため、日本の夏の暑さにはある程度耐えられます。一方で、冬の寒さには弱い品種が多いようです。目安となる気温は15℃と覚えておくと良いでしょう。

風通しを良くする

健康に育てるポイントとして、『風通しを良くする』ということがあります。風通しを良くしたいタイミングは、とくに水やりをした後です。

風通しが良くない場所では、湿った土がなかなか乾きません。多湿になり根腐れの原因となってしまうこともあります。水やりをした直後だけでも、部屋に風を通して、観葉植物を外気に触れさせると良いでしょう。

また、小型や中型なら風通しの良い場所に移動させられますが、大型だと移動させるのがなかなか大変です。大型は日光の当てやすい窓際か、室内でも風通しの良い場所に置いてください。

観葉植物を枯らさないための選び方

観葉植物を枯らさない育て方についてわかったところで、次は枯らさない観葉植物の選び方を確認していきましょう。

気に入ったものを一目惚れのように購入するのも楽しいですが、じっくりと特性なども考えて購入すると、長く育てられます。愛着もわきますので、お世話がより楽しくなるでしょう。

置く場所から種類を選ぶ

観葉植物を元気に長く育てるには、どこに置くかを決めてから選ぶのも1つの方法です。置き場の環境をお店の人に相談したうえで、環境に合った観葉植物を選ぶのも良いかもしれません。

置き場所としてまず選びたいのは、日当たりの良い窓際です。窓際で広めのスペースを確保できたなら、大型観葉植物を選ぶことも可能でしょう。

しかし室内で、日光があまり当たらない場所に置きたいというケースもあります。その場合は、日陰に強い品種を選ぶようにします。

テーブルなどにしか置けないということであれば、大きくならない品種を選んでください。多肉植物や小さなサボテンなどが置きやすいでしょう。

丈夫で育てやすい種類を選ぶ

良い環境に置くスペースがないという場合は、丈夫で育てやすい品種を選ぶというのも1つの手です。なかには、比較的寒さや暗さに強い観葉植物もあります。シダ類のように少しの光でも元気に育つことのできる品種も存在するのです。

お世話がしやすい観葉植物とは、『耐陰性がある』『耐寒性がある』『適度な水やり』でも元気に育つことができる品種と言えます。そういった丈夫な品種を選べば、どんな環境でも枯らす可能性は低いでしょう。

モンステラの育て方

大胆に切れ込みが入った大きな葉が特徴の『モンステラ』は、空間をたちまちトロピカルムードにしてくれることで人気の観葉植物です。ハワイのアイコンとして、その葉が使われるのを目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

葉のインパクトが強いことから、シンプルモダンなテイストの部屋によく似合います。そんなモンステラの基本的な育て方について見ていきましょう。

暑さに強く寒さにはやや弱い

南米が原産のモンステラは、春から夏の暑い時期は元気に成長しますが、冬の寒さには弱いという特徴をもちます。屋外で育てている場合は、気温が15℃くらいになったら、室内に移動させましょう。

しかし、暖房で急に部屋の温度をあげるのは、急激な寒暖差が苦手な観葉植物にとってダメージになります。エアコンの風は、部屋を乾燥させてしまうことも多いため、温度管理と共に湿度管理もすると良いでしょう。

また、耐陰性があるため、あまり日光が当たらない場所でもたくましく育ちます。とはいえ、時折、日光に当てた方が大きく成長します。適度な日光浴がおすすめです。

水やりが簡単で育てやすい

モンステラは、比較的乾燥に強く、頻繁に水やりをしなくても育ちます。

春から秋の成長期では土の表面が乾燥したら、鉢底から水があふれるくらいにたっぷりと水を与えてください。冬は成長がゆるやかになるので、水やりの頻度を減らすようにします。

通常の水やりのほか『葉水』もすると良いでしょう。葉に水を吹きかける葉水は、葉をいきいきと元気にしてくれます。

乾燥に注意

乾燥に強い品種ですが、あまりにも乾燥しすぎると『ハダニ』という害虫が、葉の裏などに住み着いてしまう場合があります。真夏や暖房の効いた部屋など、乾燥しやすい環境に注意しましょう。

ハダニは水に弱いという特徴をもつため、霧吹きで水を吹きかけて退治できます。また、ピンセットで駆除するのもおすすめです。あまりにも数が多い場合は、殺虫剤を使いましょう。乾燥予防としては、葉水が有効です。

パキラの育て方

初めて観葉植物を育てる人にもぴったりの、丈夫で育てやすい品種が『パキラ』です。手のひらのような、美しい緑の葉のパキラは、金運アップの『発財樹』として風水的にも人気があります。

大きさも豊富で、大型のものからテーブルに飾れるものまであり、飾る場所を選ばないのも人気の理由でしょう。そんなパキラの育て方を、詳しくご紹介します。

日陰に強く初心者におすすめ

パキラは観葉植物のなかでも、とくに丈夫な品種として知られています。育てやすい理由として、日陰や寒さ、そして乾燥に強いという特徴をもつことが挙げられます。

耐陰性は強いですが、室内の日光があまり当たらない場所に置く場合は、できるだけ明るい日陰に置く機会を作りましょう。光合成を促せば、より健康に育ちます。

また、室内で育てていると、葉がグングンと伸びてきます。形を整えるために、切って葉の形を整える作業である『剪定』をするのがおすすめです。すぐに新しい芽が出てくれるので、あまり細かいことは気にせずに、剪定してしまって良いでしょう。

水やりの仕方は気温により調節を

パキラの水やりは、季節によって調整をするとより元気に成長します。春から秋の間は、鉢土が乾いてきたら鉢底からあふれるくらいの量を与える、というやり方で大丈夫です。

冬、10℃前後になると、パキラは水をあまり必要としなくなります。意識して水やりの頻度を減らしましょう。鉢土が乾燥してもすぐに水をあげずに、3日ほどたってからあげるくらいで管理します。

水やりの頻度が減ると、そのまま水やりを忘れてしまうケースが出てくるので、注意が必要です。冬場でも、必ず水やりをしてください。

ハイドロカルチャーで育てられる

丈夫で育てやすいパキラは、土植えの代わりに『ハイドロボール』で育てる『ハイドロカルチャー』という水栽培で育てられま

ハイドロカルチャーには、利点がたくさんあります。まず、無菌・無臭で清潔であることが挙げられます。つまり、虫がつきにくいのです。

また、ハイドロボールは水洗いで何度でも繰り返し使えて経済的です。見た目もすっきりとして、インテリア性が高いのも魅力の1つと言えます。

ポトスの育て方

『ポトス』も、誰もが1度は目にしたことがある定番の観葉植物です。初心者でも育てやすいのはもちろん、品種も豊富にあります。

美しい斑入りのもの、明るいライムグリーンの葉をもつものなど、自分好みの1鉢を探し出すのも楽しいでしょう。仕立て方も、ハンギングや支柱を立てて上に伸ばしていくなど、インテリアに合わせて飾れます。

そんなポトスの育て方を見ていきましょう。

直射日光を避ける

ポトスは、直射日光などの強い日差しには弱い特徴をもちます。耐陰性がある品種のため、窓際など日が当たりやすい場所よりは、室内でもあまり日の当たらない半日陰で育てると良いでしょう。

しかし、多くの観葉植物と同様、適度に日光が当たった方が元気に育ちます。小さい鉢であることが多いので、晴れた日の日中などは、積極的に窓際に置いてください。より元気にいきいきと成長します。

成長時期の水やり、肥料のあげ方

春から秋の成長時期と呼ばれる季節は、鉢底が乾燥したら、たっぷり水をあげるようにしましょう。一方で冬は、水やりの頻度を減らします。少し乾燥させ気味にすると、ポトスの樹液の濃度が高まり、さらに耐寒性を上げられるのです。

肥料は、基本的になくてもOKです。肥料を与えなくても、旺盛に育ちます。しかし、より大きく育てたいという場合は、春から秋の成長時期に与えるようにしましょう。

その際は、錠剤タイプを置く、または決められた濃度に希釈した液体肥料を、10日に1回の目安で与えます。

剪定で見た目のバランスを整えよう

すぐに葉が成長するポトスは、葉の形を整える『剪定』で、見た目のバランスを美しくするといいでしょう。剪定をする時期は、成長時期である春から秋がおすすめです。剪定をすると風通しも良くなります。

また、サトイモ科のポトスは、切ると樹液を出します。樹液にはあまり良くない成分が含まれているのです。直接手で触れてしまうと肌トラブルを起こしてしまうこともありますので、剪定の際は、ゴム手袋を欠かさないようにしてください。

コーヒーの木の育て方

深いグリーンのみずみずしい葉が特徴の『コーヒーの木』は、コーヒーの原材料となる『コーヒーの実』をつける観葉植物です。実がつくということは、花も咲かせます。コーヒーの木の花は、可憐な白い花で、甘く良い香りを漂わせます。

花も実も楽しめる、育て甲斐のある観葉植物と言っても良いでしょう。ここでは、コーヒーの木の育て方について詳しく見ていきます。

明るい場所に置こう

コーヒーの木は日光を好みますが、直射日光は苦手です。強い日差しの刺激を受けると葉焼けを起こしてしまいますので、適度に遮光するようにします。レースのカーテン越しの明るい日陰なら、問題なく育つでしょう。

室内ではなく、ベランダなどの屋外で育てるときは、遮光ネットを用意します。春や秋の柔らかな日差しなら、屋外の方が元気に育つかもしれません。ベランダを爽やかに彩ってくれるでしょう。

暖かい時期は水をたっぷりあげる

アフリカからマダガスカル周辺が原産のコーヒーの木は、春から秋の成長期では、土の表面が乾燥したタイミングでたっぷりと水を与えましょう。

寒さに弱いので、気温が15℃前後を切ってくると成長がゆるやかになります。そうなったら、水やりの回数を減らします。

葉にホコリが積もりやすいので、葉水をしたらティッシュペーパーでふき取りましょう。屋外に置く場合は虫がつきやすいので、予防のためにも葉水は欠かさないようにします。

植え替えの時期は?

コーヒーの木は成長スピードが比較的速いので、その分、根も育ちます。すると、『根詰まり』を起こしやすくなるのです。葉が茶色になったら、根詰まりのサインです。暖かい季節に、植え替えをしましょう。

冬場の植え替えは、株にダメージを与えかねないので、次の春を待ちます。植え替えるときは、一回り大きめの植木鉢に移してください。一回り大きくなると、余裕をもって、根が成長できるのです。

カポックの育て方

『カポック』は、別名『シェフレラ』でも流通しています。放射状に広がる、丸みを帯びたみずみずしい葉が魅力です。日本では古くから育てやすい観葉植物として知られています。

緑一色のカポックだけでなく、鮮やかな黄色い斑入りの『ホンコン・ハッピーイエロー』という品種も流通しているようです。白い壁に映えそうな、インパクトのある姿をしています。

ここでは、魅力あふれるカポックの育て方を見ていきましょう。

日当たりの良い場所でグングン育つ

カポックも、日当たりの良い環境を好む観葉植物です。耐陰性はありますが、柔らかな日光を浴びると元気に育ちます。可能であれば、時折、遮光しながら外に出すのも良いでしょう。

注意点は、直射日光です。前述した『ホンコン・ハッピーイエロー』のような斑入りタイプは、1色のものよりも直射日光に弱いので、葉焼けを起こす可能性があります。

屋外に出すよりも、レースのカーテン越しの明るい日陰に置いた方が安心でしょう。タイプごとに、日光と向き合うのも観葉植物を育てるうえでは大切です。

葉水が大切

春から夏の成長時期はたっぷりと水やりをしてください。基本の水やりをすれば、枯れることはありません。このとき、受け皿に溜まった水はしっかり捨てましょう。根腐れや、病害虫の発生原因になるからです。

冬場は、水やりの頻度を控えめにします。カポックは葉を多くつけるので、病害虫予防の『葉水』をしてあげましょう。乾燥対策にもなるので、積極的に行ってください。

成長が早いため植え替えや剪定が必要

カポックは、まっすぐ上に成長するので、何年かすると全体のバランスが悪くなる場合があります。その場合は、形を整えるために枝や葉の剪定をしましょう。剪定によって風通しが良くなり、病害虫からカポックを守れます。

暖かい室内であれば、冬場の剪定でも大丈夫です。しかし、成長時期である春から秋に剪定をする方が、すぐに新しい芽が生えてきやすいと言われています。

また、カポックは同じ鉢で1〜2年育てたら、新しい鉢へ植え替えましょう。そのまま何年も植えておくと、根詰まりを起こし、やがて枯れてしまいます。

まとめ

観葉植物を選ぶときは、見た目や大きさが大切ですが、環境にあった育てやすい品種のものを選ぶようにすると、長くその姿を楽しめます。

観葉植物を育てるのに、特別なことは必要ありません。基本的なことをしっかり守れば、いつまでも元気に育ってくれます。

人気の観葉植物の育て方をご紹介しましたが、『日当たり』『水やり』『植え替え』など、共通項が多くありました。どの植物も、基本の育て方を守れば元気に育つということがおわかりいただけたでしょう。

関連する記事

こちらの商品も人気