お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物のコバエの予防と駆除。虫嫌いでも簡単にできる方法は?

観葉植物の周りを飛び回るコバエは主に2種類です。土の中に卵を産みつけている場合もあるので、薬を使って徹底的に駆除しましょう。虫嫌いでも直接手を汚さずに殺虫できる方法や、虫のつきにくい観葉植物を紹介します。

観葉植物に発生しやすいコバエとは

『コバエ』は、数ミリの小さなハエの総称で、実際はたくさんの種類があります。日本国内には約260種類のコバエがいるといわれており、発生場所や好物も違います。

観葉植物に発生するコバエは主に『キノコバエ』と『チョウバエ』の2種類です。

土の真菌を好むキノコバエ

キノコバエは1~2mmほどの黒っぽい体色を持ったハエで、鉢の周りで見かけるのは『クロバネキノコバエ』という種類がほとんどでしょう。

観葉植物に使用されている有機用土や有機肥料、キノコなどの真菌類、植物の養分などをエサにしています

観葉植物の土の中に卵を産みつけるので、土の中から発生しますが、体が細く小さいので、網戸の隙間を通って外から侵入するケースもあるようです。

繁殖力が高く、1度に数百個の卵を産卵し、2~4週間後に成虫になります。羽化して数日後には、また大量の卵を産みつけるので、早めの駆除が必要です。

ヘドロを好むチョウバエ

『チョウバエ』は体長4~5mmほどで、黒っぽい体色をしています。羽が蛾や蝶のように丸みを帯び、体に毛が生えているのが特徴です。

日本には約60種類のチョウバエがいますが、家庭で見かけるのは『オオチョウバエ』と『ホシチョウバエ』がほとんどでしょう。

沼地や湿地などの湿り気のある場所を好み、通常は藻類をエサにしていますが、家の中に侵入すると、台所・お風呂・排水溝・下水管など、あらゆるところで大発生します。

チョウバエは、ヘドロや汚物のある場所はもちろん、石鹸のカスや皮脂などの油汚れも大好物です。観葉植物の場合、受け皿の溜まり水に集まる可能性があります。

ゴキブリでも寄り付かないような場所に生息するため、『最後の害虫』とよばれますが、伝染病を媒介する危険性はないようです。

コバエが発生してしまったときは?

観葉植物の周りにコバエを見つけたら、原因を突き止め、早めに除去しましょう。コバエは放っておくとどんどん繁殖し、数が増えていきます。

原因を知ろう

上記でも説明したように、観葉植物の周りにいるコバエは『キノコバエ』か『チョウバエ』です。どちらのコバエが発生しているかを確認し、発生源を突き留めなければなりません。

有機肥料を多めに与えていないかや、土がじめじめしていないか、受け皿にドロドロした溜まり水が入っていないかなどをチェックしてみてください。家の別のところから発生している可能性もあります。

キノコバエは、外からも進入してくるので、網戸に殺虫剤をスプレーしておくと安心でしょう。

飛んでいるコバエを掃除機で吸う

鉢の周りにたかっているコバエは、掃除機で一気に吸ってしまいましょう。吸い取った後は、掃除機のダッシュボックスを密封して捨てれば、手を汚さなくともコバエが退治できます。

くれぐれも、コバエを吸った掃除機を放置しないよう注意しましょう。掃除機のダッシュボックスの中に卵を産みつけ、羽化した途端に、掃除機の中から大量発生することがあります。

表面の土を替える

『キノコバエ』は、腐葉土や有機肥料に含まれる糞や菌をエサにして成長します。土の中から急にコバエが発生した場合は、もともと土の中に卵が産みつけられていた可能性を疑いましょう。

コバエは、表面から2~3cmの深さに卵を産みつけるので、この部分の土を全て取り除き、無機質の『赤玉土』を足します

後ほど詳しく説明しますが、赤玉土には、チョウバエのエサとなる養分が含まれていないため、発生を食い止めることができるのです。

また、土が常にじめじめしている状態であれば、土全部を入れ替えることも考えましょう。

薬剤や駆除グッズを使う

表面上はコバエがいなくなったように見えても、土の深いところや鉢の底に卵や幼虫が残っているかもしれません。仕上げには、薬剤や駆除グッズを使って幼虫や卵を一掃しましょう。

ハエとり棒でコバエを捕獲

掃除機で吸い取り切れなかったコバエは『ハエとり棒』が役に立ちます。ハエとり棒には、ハエが好む色とにおいが付けられており、止まり木を探して飛んでいたハエは、引き寄せられるように集まります。

棒の表面には超強力粘着剤がついているので、止まったコバエは逃げられません。ハエとり棒の効果は約3カ月間持続するので、コストパフォーマンスも良好です。

なお、粘着剤の主成分はチューインガムと同じ基材の『ポリイソブチレン』が使用されています。ハエを捕獲する働きのみで、殺虫効果はありません。

  • 商品名:アース製薬/ ハエとり棒 1個
  • 価格:308円(税込み)
  • amazon:商品ページ

卵や幼虫にはオルトラン粒剤

オルトラン粒剤は、土にばらまくだけで、さまざまな害虫を殺虫できる万能な殺虫剤です。

コバエだけでなく、アブラムシなどの吸汁性害虫やヨトウムシ、アオムシなどの食害性害虫にも効果があり、家庭用園芸の必需品ともいえるでしょう。

オルトラン粒剤は、高い浸透移行性により薬剤が広範囲に浸透するのが特徴です。土の中の卵や幼虫が死滅するのはもちろんですが、植物が薬剤を根から吸収するので、その葉を食した害虫も死滅します。

薬剤の中では、最も効果が見込める1本といえるでしょう。

  • 商品名:住友化学園芸 /GFオルトラン粒剤 200g
  • 価格:1,168円(税込み)
  • amazon:商品ページ

幼虫に効く殺虫剤 業務用コバエジェット

コバエジェットは噴射式の殺虫剤で、成虫と幼虫の両方に効き目があります。使い方は、幼虫の発生場所に5~10秒スプレーするだけなので、手を汚すこともありません。

排水溝・配管・浄化槽など、チョウバエの幼虫が湧きやすい狭い場所には、付属のノズルを付けて集中噴射を行いましょう。

こうした殺虫剤は、成虫や幼虫に効き、卵には効き目がないことがほとんどなので、コバエに卵を産ませないための予防対策として使うとよいでしょう。

  • 商品名:コバエジェット 450ml 業務用殺虫剤
  • 価格:2,592円(税込み)
  • amazon:商品ページ

鉢を水没させる

観葉植物に着いたコバエを一気に死滅させる方法としては、殺虫剤を使用するほかに、鉢ごと水につけてコバエを窒息死させる方法があります。

飛んでいるコバエは逃げてしまう可能性がありますが、土の中や鉢の縁にいる『幼虫』に対してはある程度の効果が見込めるでしょう。

鉢より大きいバケツを用意

鉢ごと水に浸けるため、鉢よりも大きめのバケツかたらいを1つ用意します。そこに水を張り、鉢全体を水に沈めましょう

このとき、勢いよく沈めてしまうと、土までが浮かび上がってきてしまうので、注意しながらゆっくり沈めます。

水に浮いたコバエを捕獲

しばらく水に浸けておくと、土の中の卵やコバエの幼虫が浮き上がってくるので、用意しておいた網ですくいとってください。コバエの卵は1mmに満たない大きさなので、分かりにくいかもしれません。

すくいとった卵や幼虫は新聞紙に包み、さらにビニール袋に入れて捨てましょう。

鉢を水没させてコバエをとるのは昔からよくある方法です。完全に死滅させられるとは限らないため、殺虫剤などを併用するとよいでしょう。

簡単にできるコバエ対策は?

せっかく幼虫や卵が駆除できても、発生する要因が残っていれば、コバエは繁殖し続けます。コバエが好む環境を作らないためには、何をすればよいのでしょうか?簡単にできる4つの対策を紹介します。

水やりの回数を見直す

観葉植物の水やりの回数は適切でしょうか?チョウバエは、腐食した植物や湿った土を好み、1度に100個以上の卵を産みつけます。

水やりの回数が多すぎると、土の表面が常に湿った状態になるので、チョウバエの繁殖には格好でしょう。

水やりの基本は『土の表面が完全に乾いてからたっぷりと与える』です。土の表面が白っぽくなり、指で触っても土がつかなくなったときに与えてください。

特に冬場はなかなか土が乾かないので、月に数回の水やりで十分なこともあります。

受け皿の水をためない

水やりをすると、鉢の底から水が溢れ出してきます。受け皿に溜った水を放置しておくと、根が呼吸できなくなるだけでなく、チョウバエが集まる原因にもなります。

チョウバエは、ヘドロや水あかを好み、湿り気のある薄暗い場所に卵を産みつけます。水やりのたびに受け皿の水をしっかり捨てて、鉢底や鉢を乾かすようにしましょう。

定期的に受け皿をきれいに洗浄して、水あかがつかないようにするのも大切です。

土や肥料の種類に注意

植物の成長には栄養たっぷりの土を使いたいところです。しかし、キノコバエは腐葉土や有機肥料を好むため、有機肥料の含まれていない土や無機土に替えてみることをおすすめします。

たとえば『赤玉土』は肥料分を含まず、通気性・保水性・保肥性に優れています

赤玉土のみで植物を育てるのは不可能ではありませんが、養分を必要とする観葉植物も多いため、土の表面に厚めに敷き詰めて使うのがよいでしょう。

また、『ハイドロカルチャー』に適した観葉植物を選び、室内に土を持ち込まないという手もあります。

肥料を与えるときは、有機肥料ではなく『化成肥料』を選んでください。有機肥料も化成肥料も植物の栄養という点では、効果は同じです。

木酢液を使う

『木酢液』は炭焼き時などに生じる煙の成分を抽出したもので、木材由来の有機酸が含まれています。殺菌能力が高いため、コバエやほかの害虫の発生を防いでくれるでしょう。

ただし、原液のまま使用すると、虫だけでなく植物までに影響を与えてしまいます。観葉植物に使用するときは、必ず300~1,000倍に希釈し、霧吹きに入れて葉面などに散布してください。

木酢液は農薬代わりにも使われる強い成分なので、ペットや子どもの手が届かない場所で保管しましょう。

さまざまなトラブル対策方法

観葉植物に寄ってくるのは、コバエだけとは限りません。害虫やカビも大きな悩みの種ではないでしょうか?観葉植物のトラブルを減らす対策方法を紹介します。

キンチョールで害虫を駆除

観葉植物をベランダや窓際で育てていると、ときに『害虫』が発生します。主な害虫としては、アリ・アブラムシ・ダニなどが挙げられるでしょう。また、受け皿の溜水には、蚊が集まってくることもあります。

そんなときは、身近にある『キンチョール』を使ってみましょう。キンチョールには『ピレスロイド』という殺虫成分が配合されており、ハエ・アリ・ゴキブリ・ノミ・ナンキンムシ・ダニなどに効き目があります。

もちろん、殺虫できない害虫もいますが、ピレスロイドには害虫を寄せつけない『忌避効果』や『追い出し効果』があるので、使って損はないでしょう。

  • 商品名:キンチョール ハエ・蚊殺虫剤スプレー 450ml
  • 価格:489円(税込み)
  • amazon:商品ページ

アルコールスプレーでカビ対策

水のやりすぎや風通しの悪さが続くと、土や鉢に『カビ』が発生します。水やりの回数を見直し、こまめな換気を心がけると同時に、アルコールスプレーでカビを防止しましょう。

使用するのは薬局にある『無水エタノール(エタノール成分99%以上)』です。無水エタノールと水を8:2ぐらいに調節し、霧吹きに入れましょう。

手の除菌などに使える『消毒用エタノール(水分20%を配合)』でも効果は同じです。

鉢の消毒を行う前に、まずは鉢に付着したカビを布などで落とします。その後、鉢全体にアルコールをスプレーしましょう。

  • 商品名:健栄制約/無水エタノールP 500ml
  • 価格:970円(税込み)
  • amazon:商品ページ

虫がつきにくい観葉植物を選ぶ

上記では、虫やコバエを駆除する方法を紹介してきましたが、観葉植物そのものを『虫がつきにくいもの』に替えてしまうのも1つの手です。

たとえばコバエや蚊は湿り気のある場所が好きなので、あまり水やりを必要としない乾燥に強い観葉植物を選ぶのもよいでしょう。

空気を浄化するサンスベリア

虫が発生しにくい観葉植物の代表格といえば『サンスベリア』です。

NASAは空気清浄効果のある植物を50種類選出し『エコプラント』と名付けましたが、中でもサンスベリアはダントツの浄化能力を持っています。

加えて、やや乾燥気味の環境を好むため、適切な環境で育てれば、カビもコバエも発生しにくいでしょう。

先の尖った剣のような葉は肉厚で、土の中から勢いよく生えているのが特徴です。耐陰性もありますが日光を好むので、窓際などの明るい場所に置きましょう。

乾燥に強いサボテン

サボテンは砂漠地帯に生息する植物の総称です。種類は豊富で、球状で表面に棘のある『金晃丸』や平たい茎が特徴の『白桃扇』などはサボテンの代表格でしょう。

サボテンの多くは、葉や茎に水を貯蔵した『多肉植物』で、乾燥に強い性質をもっています。逆に、乾燥気味に育てたほうが丈夫に育ち、こまめな水やりは根腐れの原因になるのです。

水やりは、土が乾いたらあげるのが基本で、生育期の5~9月は土が乾いてから2~3日後に与えます。冬は1カ月に1~2回を目安にしましょう。

他の観葉植物に比べ、極めて水やりの頻度が少ないので、コバエやカビが発生する状況がつくられにくいといえます。

ハーブをインテリアグリーンとして楽しむ

『ハーブ』は昔から保存料・調味料・薬・防虫などに活用されてきた歴史があります。中には虫が嫌いな香りを発する品種があり、虫よけ代わりに栽培する人も少なくありません。

ハーブと一般的な観葉植物は用途が若干異なります。インテリアグリーンとして楽しむ場合は、室内で育てられる耐陰性があるかもチェックしましょう。

コバエが嫌う香りのペパーミント

コバエが嫌うハーブの代表格が『ペパーミント』です。ペパーミントはシソ科ハッカ属の多年草で、清涼感のあるメントールの香りが特徴です。ヨーロッパ大陸などが主な原産地で、昔からお茶や保存料、薬用に用いられてきた歴史があります。

香りの主成分である『メントール』は、コバエや蚊・ゴキブリ・アリが苦手な成分です。ペパーミントの鉢植え周辺には害虫が寄りつかなくなるので、他の観葉植物を守ることもできるでしょう。

ペパーミントは繁殖力が雑草並みに強く、葉をどんどん茂らせます。室内で育てるときは、水の入ったコップに入れて水耕栽培をするのもよいでしょう。

葉はハーブティーにしたり、お風呂に入れたりして活用できます。

虫除けに、レモングラス

イネ科オガルカヤ属の多年草で、南インド・スリランカ・東南アジアなどの温暖な地域に自生します。レモンに似たフルーティーで清涼感のある香りがするため、東南アジアでは香辛料として活用されています。

『レモングラス」には虫が嫌う『シトラール』という芳香成分が含まれています。これは、レモンなどの柑橘類に含まれる精油と同じ成分で、人間にとってはリラックスできる香りです。

ポプリなどにして室内に吊るせば、芳香と虫よけの両方の効果が期待できるでしょう。

レモングラスは暖かく日当たりのよい場所を好み、冬の寒さが苦手です。室内で育てるときは、温度管理に気をつけ、葉が茂ってきたら、風通しをよくするための剪定をしましょう。

まとめ

コバエは、飛んでいるものだけを駆除して終わりではありません。土の中や鉢の隅などには、卵や幼虫が潜んでいます。薬剤散布は駆除に役立ちますが、まずは、なぜ発生したかの原因を突き止めましょう。

特に、湿った土の中は、雑菌の温床です。カビや虫が発生したら、土ごと入れ替えるのが好ましいでしょう。

関連する記事

こちらの商品も人気