お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物でおすすめの小さい種類は?育てやすくおしゃれなものを紹介

観葉植物には、部屋のアクセントになる大きなものから手のひらサイズの小鉢まで、さまざまなサイズがあります。今回の記事では、卓上や棚に飾れるようなコンパクトサイズで、おすすめの観葉植物を紹介します。育て方などもチェックしていきましょう。

小さい観葉植物の楽しみ方

小さい観葉植物は大きなサイズと比べると、気軽に試しやすいという利点があります。価格も手頃で、最近は100円ショップで買えるものもあるのです。

小さいとはいえ、空間に癒しを与えてくれる効果は期待できます。まずはテーブルや棚の上など、置きやすい場所で気軽に楽しんでみましょう。

置きたい場所にぴったりなサイズを選ぶ

観葉植物を置きたい場所を決めたら、そのサイズに合う種類の観葉植物を探してみましょう。植木鉢の大きさは、『号』で表されます。1号は約3cmなので、1号鉢は直径が3cmの鉢ということです。

これを基準にするとより選びやすくなります。なかでも、ミニ鉢と呼ばれる1号鉢、2号鉢、3号鉢は小ぶりなサイズで飾る場所を選びません

1号鉢、2号鉢は、小さい多肉植物やサボテン1株が植えられていることが多いようです。少しサイズの大きな直径9cmの3号鉢では、小さな観葉植物が1株植えられていることもあります。

こちらの記事では、玄関・リビングなどにどのような観植物を置くのがおすすめかご紹介しています。風水的な意味もご紹介していますのでぜひチェックしてくださいね。

関連記事

2019.05.28

観葉植物を置くなら何がおすすめ?場所別や大きさ別などご紹介

大きい観葉植物を飾りたい!というかたはこちらの記事がおすすめです。

関連記事

2019.05.28

観葉植物でおすすめの大型品種。オフィスやおしゃれな部屋に最適

ハイドロカルチャーで育てる

『ハイドロ』とは、ギリシャ語で『水』の意味があり、『ハイドロカルチャー』とは、土を使わずに植物を育てる水耕栽培のことを指します。

ハイドロカルチャーは、土の代わりにハイドロボールという石を使います。小さな観葉植物のなかには、これで育てられる品種も多くあるのです。

また、土と違い無菌・清潔であることから、病気や害虫が寄りつきにくいという利点があります。匂いがない点も室内で育てやすい理由の1つです。

透明な容器であれば水の残量が見えるため、水不足や根腐れの心配もありません。ハイドロボールは、水で洗って何度も使いまわせるので経済的です。

カラーサンドでアレンジ

小さな観葉植物やサボテンなどの多肉植物では、土の代わりに『カラーサンド』と呼ばれる、色つきの砂でも栽培できます。カラーサンドとは、ゼオライトを細かく砕いた粒に色をつけたものです。100円ショップでも販売しています。

適度な保湿力があり、土よりも扱いやすいという利点があります。さらに、無臭・無菌ですので、清潔で衛生的なのも扱いやすいポイントです。何通りものカラーリングが楽しめるデザイン性の高さから、インテリアとして人気があります。

カラーサンドで栽培されている観葉植物を購入することもできますが、自分で模様を描きながらアレンジするのもおすすめです。

初心者におすすめの小さい観葉植物

初めて小さい観葉植物を育てる人のなかには、「小さいとすぐ枯れてしまうかも?」と心配になる人もいるのではないでしょうか。そこで、初心者でも育てやすい、コンパクトサイズの観葉植物の種類をご紹介します。

パキラ

『パキラ』は初心者向けの観葉植物として、根強い人気の観葉植物です。長めの楕円形で先端が少し尖った葉は、ツヤツヤとした光沢があります。置くだけで空間にみずみずしさを与えてくれるでしょう。

春から夏の間は、窓際などのよく日の当たる室内や、屋外のよく日当たりの良い場所に置いて育てます。直射日光や強い日差しだと葉焼けがすることもあるため、注意が必要です。

水やりは、春から夏の間は土の表面が乾燥してきたら、鉢底から水が漏れるくらいにたっぷりとあげて管理します。冬場は少し控えめな水やりを意識すると長持ちするでしょう。

肥料については、鉢の大きさに応じた分量の固形肥料を土の上に置くだけでOKです。お世話が簡単なことから、観葉植物初心者にはぴったりの品種と言えます。

サンスベリア・ハニー

『サンスベリア』は、尖った葉が勢いよく土から伸びる姿が印象的な観葉植物です。そのなかでも、小ぶりで育てやすいのが『サンスベリア・ハニー』です。

最大の特徴である鋭く尖った葉は、風水では邪気を追い払い、悪い気を浄化する作用があると言われています。そのため、玄関先に置くのもおすすめです。

丈夫な植物ですので頻繁な水やりを必要とせず、初心者でもいきいきと育てられます。逆に水をあげすぎると根腐れを起こしてしまうので、放っておくぐらいの方が成長します。あまり大きくなることもないので、置くスペースには困りません。

シェフレラ

『シェフレラ』は、手のひらを広げたような形がかわいらしい、人気の品種です。熱帯から温帯に自生する植物で、種類によっては樹高が12mと大きく成長するものもあります。

耐陰性が強いので、室内で育てても大丈夫です。しかし、暗すぎると葉の勢いが弱々しくなってきます。そうなった場合は、レースカーテン越しの窓際に移動させましょう。適度に日光に当てるようにすると、葉を元気に保てます。

水やりは、土の表面が乾いたら与えるという、基本的なことさえ守っていれば元気に育つでしょう。

肥料については、春から秋の生育期に緩効性の液体肥料を、2カ月に1回程度与えてください。冬も暖かい部屋で育てるのであれば、肥料を必要とする場合があります。

水やり頻度が少なめの小さい観葉植物

水やりを忘れると、すぐに枯れてしまいそうな印象のコンパクトな観葉植物ですが、実は乾燥に強い種類もあるのです。水やりを忘れても、元気でいられる観葉植物なら安心して育てられるでしょう。

ここでは、水やりの頻度が少なめの、小さい観葉植物の種類を見ていきます。

ディスキディア

『ディスキディア』は、ぷっくりとした多肉質な葉をつるにたくさん茂らせる、見た目がかわいい観葉植物です。『カンガルーポケット』の別名でも知られています。

乾燥にも強く水やりの頻度が低いことから、家を空けがちで頻繁に水やりができない人でもお世話しやすい品種です。その反面、過湿には弱いので、水を与えすぎないように注意しましょう。

寒い環境には弱いので、日本の冬の寒さには耐えることができずに、枯れてしまうこともあります。1年草だと割り切って育ててもいいかもしれません。

アロエ・ベラ

『アロエ・ベラ』は、肉厚な葉が印象的な観葉植物です。生薬や食用としても利用されているため、『アロエ』と聞けばわかる人も多いでしょう。葉を切ってみると、白っぽい果肉を見られます。

アロエ・ベラは多肉植物ですで、水やりの手間がかからず、-2℃の低温にも耐えられるほど丈夫な種類です。また、ホルムアルデヒドやベンゼンを浄化する作用があるため、空気清浄効果の高い観葉植物とも言われています。

日陰でも置ける小さい観葉植物

小さな観葉植物は室内のコーナーに置くのも素敵です。その場合、日当たりがあまりよくないという場所であることも考えられます。

そこで日陰でも置ける小さい観葉植物の種類について見ていきましょう。

アイビー

『アイビー』は、つる性の植物で、ハンギングプランツにぴったりです。耐陰性が強いので、トイレや浴室、玄関など日が入りづらい場所でも安心して飾れます。暑さ寒さ、乾燥にも強く、余程のことでないと枯れる心配もありません。

種類によって葉の色の濃さが違い、斑入りのものもありますので、置く場所の雰囲気やイメージに合わせて選ぶ楽しみもあります。どこに置いてもどんどん成長するつるを活かして、壁に吊るすアレンジも魅力的です。

アグラオネマ

『アグラオネマ』は、まるで迷彩模様のような柄の葉がスタイリッシュでユニークな観葉植物です。種類により柄や色づきがさまざまなので、お気に入りを探す楽しさがあります。

直射日光と寒さには弱いですが、冬場でも暖かい室内であれば枯れずに育てられます。印象的な見た目から、インテリアとしても活用できる品種です。

アジアンタム

『アジアンタム』は、小さなグリーンの葉っぱが青々と茂った姿が美しく、見ているだけで涼しげです。

繊細な姿からも想像できるように寒さには弱いですが、暑さや多湿には強いため、風通しがあまりよくないトイレや浴室でも育てられます

ひと味違う、おしゃれな小さい観葉植物

小さいけれど、大きい観葉植物に負けない存在感のある、おしゃれな観葉植物の種類を見ていきましょう。

ヒメモンステラ

『ヒメモンステラ』は、モンステラのなかでもコンパクトな種類の植物です。ぐんぐん大きくなっていくモンステラと違い、成長スピードが緩やかなため、気軽に取り入れられます。

サイズは小さくてもモンステラと同様に丈夫ですので、比較的簡単に育てられます。初心者でも安心してお世話できるでしょう。

テーブルヤシ

『テーブルヤシ』は、卓上サイズながらも南国ムード満点のルックスが人気です。明るい場所で元気に育ちますが、暗い場所でも問題なく育ちます。

涼やかな葉が印象的なテーブルヤシですが、冬は暖房などで乾燥した空間に置いておくと、自慢の葉にハダニが発生してしまいます。ハダニ予防のためにも、葉水を積極的にするなどのケアを心がけましょう。

ミリオンバンブー

『ミリオンバンブー』は、スタイリッシュな樹形と明るい葉が印象的な観葉植物です。ハイドロカルチャーで育てられるので、手軽にインテリアに取り入れられます。器次第で、和風にもアジアンテイストにも馴染むでしょう。

ちなみに、『バンブー』とありますが、ミリオンバンブーは竹ではありません。姿が似ていることからその名がつきましたが、本当の名前は『ドラセナ・サンデリアーナ』です。

まとめ

大きなサイズのものと比べると、手軽に取り入れやすいコンパクトサイズの観葉植物は、グリーン初心者におすすめです。ハイドロカルチャーやカラーサンドでも育てられ、手入れも簡単なため、長くそのかわいらしい姿を楽しめます。

日陰でも元気に育つ品種も多いので、トイレや浴室など日の当たらない場所でも飾れます。ちょっとしたインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

こちらの商品も人気