観葉植物の水やりは夜でも平気?季節ごとの適切な時間帯とは

観葉植物を育てるうえで、特に気を配らなくてはいけないのが植物への水やりです。水やりは、適切な量の水分を、最適なタイミングであげることが重要だと言われています。今回は、夜の水やりや季節ごとの水やりのポイントについてご紹介します。

水やりはタイミングが重要

植物の水やりは、それぞれの季節に合わせて最適なタイミングですることが大切です。観葉植物を健やかに育てるために、正しい水やりのタイミングを知り、しっかりと時間帯や水分量の調節をしましょう。

基本的には同じ時間帯で

観葉植物を美しく丈夫に育てるには、いつも同じ時間帯に水やりをすると良いでしょう。水やりの時間帯にばらつきがあると、観葉植物にストレスがかかると言われています。

植物はストレスがかかると、元気に育たない可能性が出てくるのです。負担をかけないためにも、時間帯は決めておいた方が安心でしょう。基本的に水やりをする時間帯は、太陽が出て気温が高くなる朝がおすすめです。

季節によって時間や量を調節

水やりは、1年中いつも同じタイミングですればいいというわけではありません。季節ごとの気温差や日光条件の違いが、植物の成長に影響を与えることから、季節によって変えていく必要があるのです。

また、水やりをする時間帯だけではなく、与える水分の量も季節によって調節しましょう。季節によっては水やりの回数を増やすこともあります。

夏場の観葉植物への水やり

気温が高くなる夏場は水不足になりやすく、観葉植物の水やりに特に気を使う季節です。夏は、日中の気温が30℃を超えることも珍しくないので、植物に与えた水も蒸発しやすいと言われています。

ここでは、夏場の水やりのコツについて見ていきましょう。

早朝か夜がおすすめ

夏場の水やりは、まだ気温が上がりきっていない早朝か、日が落ちて気温が下がってきた夕方以降にするようにしましょう。温度が高い日であれば、早朝と夜の2回、水やりをするのもおすすめです。

気温が高い日中に水を与えてしまうと、あっという間に水分が蒸発してしまい、植物が枯れる原因になってしまいます。蒸発した水分は熱されて葉を傷める原因にもなりますので、夏の水やりは涼しい時間帯に行うようにしてください。

日中に与えると根が蒸れやすい

夏の気温が高い日中に水を与えてしまうと、土の表面の水分が蒸発してしまうだけでなく、与えた水分が鉢の中で熱されて土が蒸れてしまいます。

土が蒸れると根も蒸れてしまい、根が傷む原因になります。最悪の場合は、枯れてしまいますので、日中の水やりは控えた方が安全です。

冬場の観葉植物への水やり

冬は気温が下がり、観葉植物の成長もゆっくりになります。そのため水やりも、ほかの季節とやり方を変える必要が出てくるのです。夏同様、コツを覚えておきましょう。

水やりの回数を減らす

気温が下がって冷え込む冬場の水やりは、水を与える頻度を少なくします。冬は観葉植物の成長が止まり、水を吸収する力も落ちるため、土の表面が乾いて1~2日経ってから水やりをしましょう。

また、与える水分量も控えてしまう人がいますが、これは間違いです。冬場であっても、水やりをするときは鉢の底から水が出てくる程度、たっぷりと与えるようにしてください。

気温が上がった時間帯に与える

冬は、気温が上がってきた日中に水を与えるようにしましょう。ほかの季節と同じように、比較的早めの朝に水やりをすると、水が凍る可能性が出てくるのです。水分によって土が凍り、鉢の中の根が傷む原因になります。

また、植物の成長が止まる休眠期間である冬は、根腐れを起こしやすい季節です。鉢底から出るくらいたっぷり水分を与えるのはほかの季節と変わりませんが、受け皿に水が溜まったままにならないように気を付けてください。

冬の葉水は夜にしてもいい?

観葉植物の水やりには、葉に霧吹きなどで水を吹きかける『葉水』も含まれます。葉水は、観葉植物の葉を美しく保つだけでなく、害虫の予防にもなるのです。冬場は乾燥しやすいので、葉水で湿度を保つこともできます。

しかし、観葉植物には、寒さに弱い種類もあります。早朝や夜間の気温は日中に比べて冷え込むので、葉水で与えた水で葉を傷めてしまいかねません。水やり同様、葉水も日中の気温が高めのうちにしておいた方が安心です。

まとめ

観葉植物の水やりは、季節によって最適な時間帯や頻度が変わります。気温や植物の生育状態も関わってきますので、それぞれの季節に合わせて水やりをするようにしましょう。

基本的には、夏場は基本の低い早朝や夕方以降、冬場は暖かい日中に水やりを行うのがおすすめです。いずれの場合も、水は鉢の底からあふれるくらいたっぷり与えます。

水やりのタイミングを間違うと根腐れや葉焼けの原因となり、大切な観葉植物を枯らしてしまうことにもつながります。健康に育てるためにも、水やりの時間帯や頻度は守るようにしてください。

関連する記事

こちらの商品も人気