お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物に白カビが発生。知っておきたい原因や対処方法とは

比較的簡単に育てられることで人気を集めている観葉植物ですが、注意しないと枯れてしまう原因の1つに、白カビが挙げられます。今回は、観葉植物に白カビが発生する原因や、万が一発生してしまった際の対処方法について紹介します。

観葉植物に白カビが生えやすい環境とは

「せっかく大切に育てていた観葉植物に、カビが生えてしまった」という状況は、決して珍しいことではありません。きちんと育てていたはずなのに、カビが発生してしまうのはなぜなのでしょうか?

ここからは、観葉植物に白カビが生えやすい環境について説明していきます。

風通しが悪い場所

観葉植物にカビが発生してしまう原因として1番に挙げられるのが、観葉植物の『設置場所』でしょう。観葉植物が置かれている場所が、窓がない部屋や、風通しが良くない日陰など、通気性が悪い場合はかなり危険です。

通気性が悪いと、鉢の中に湿気が溜まってしまい、白カビが発生しやすくなってしまいます。風通しの良い屋外に置く、定期的に窓を開けて換気をするなどの必要があるのです。

日が入らない場所

白カビは、紫外線を嫌う性質があると言われています。そのため、白カビは、日当たりが悪い場所を好むのです。

実は、観葉植物も直射日光を浴びるのを好まない品種が多くあります。明るい日陰や半日陰に置くケースも多いでしょう。そうなると、どうしてもカビが好む環境になってしまいます。

直射日光を避けつつ、風通しが良い場所に置くなどして、土が常に湿っている状況は避けるようにしてください。

暖かい場所

前述したように、カビは湿気を含むところで発生します。本来、冬場は乾燥するのでカビは発生しづらいのですが、土が湿気を帯び、暖房で暖かい状態であれば、たちまち白カビが発生します。

カビが好む条件が整ってしまうと、カビは1年中発生する可能性があるのです。

育て方によっても白カビの原因に

カビが発生しやすい環境について説明してきました。そのほかにも、観葉植物の育て方によってカビが発生しやすい環境を作ってしまうケースがあります。

観葉植物に白カビが発生しないようにするには、どのように育てればいいのでしょうか。いくつかの注意点を紹介するので、チェックしてみましょう。

水のやりすぎによる根腐れ

観葉植物に白カビが発生してしまう育て方の1つに、『水やりによる根腐れ』が挙げられます。『根腐れ』とは、観葉植物の根が腐ってしまった状態のことです。

根腐れの原因はいくつかありますが、主に考えられるのが『水のやりすぎ』です。水を与えすぎてしまうと土の中の酸素が不足し、植物が窒息している状態になってしまいます。根が腐敗すると、そこに白カビが発生するのです。

誤った水やりを続けていると、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

水はけの悪い土や植木鉢を使っていた

観葉植物が植わっている土の水分が多すぎると、多湿状態になり白カビが発生してしまいます。土の配合を間違え、水はけの悪い土を使っていることが原因の場合が多いです。

また、プラスチック製の植木鉢や底部に穴が開いていない植木鉢は、通気性に欠けます。土の水はけは悪くないはずなのに多湿気味という場合は、通気性に優れた素焼きの植木鉢に植え替えるのも1つのアイデアです。

有機肥料の配合、肥料のやりすぎ

観葉植物には、元気に育てるための肥料が存在します。しかし、元気な状態を保つために与えた肥料が、カビの発生原因になってしまうこともあるのです。

有機肥料とは、鳥の糞や魚の骨の粉など、天然の成分でできた肥料のことを言います。このような肥料には養分が豊富に含まれているため、植物の吸収量を超える肥料を与えてしまうと、逆にカビにとってのご馳走になってしまうという仕組みです。

肥料にも与える際の適量やタイミングがあるため、与え過ぎには注意しましょう。

白いカビの病気 うどんこ病

土に発生するだけでなく、白カビは観葉植物の葉に発生することもあります。葉っぱに『白い粉のようなもの』が発生している場合は、うどんこ病を疑いましょう。

うどんこ病は、植物がかかる病気の中でもよく知られている病気です。うどんこ病とは、どのような病気でどんな特徴があるのでしょうか。うどんこ病の詳細について紹介していきます。

白い粉のようなものが発生する

観葉植物がうどんこ病を発症してしまったときの判断の1つとして、見た目から判断する方法があります。葉に白い斑点ができていたり、葉や茎にも白い粉のようなものが広がっていたりする場合は『うどんこ病』にかかっている可能性が高いです。

この白い粉のようなものがうどん粉に似ていることから、『うどんこ病』という名前が付けられました。観葉植物がうどんこ病にかかってしまうと、若い枝や葉っぱが変形してしまい、成長を邪魔してしまいます。

糸状菌の特徴

うどんこ病は、『糸状菌』によって引き起こされる病気です。糸状菌とは、糸状の菌糸(きんし)で生活する微生物で、いわゆる『カビ』です。糸状菌は湿気のあるところを好み、日光を嫌い、風による飛散で感染経路を広げていきます。

糸状菌はどんどん繁殖を続けていきますので、観葉植物をいくつも育てている人は注意が必要です。1つでもうどんこ病を発生してしまったら、早急に対処をしなければなりません。

カビが発生したときの対処方法

ここまで、観葉植物に白カビが発生してしまう原因や、白カビによって発症する病気の特徴について紹介してきました。次に、観葉植物に白カビが発生してしまったときのための対処法を紹介していきます。

うどんこ病やカビに悩まされているのであれば、ぜひ参考にしてください。

うどんこ病には重曹スプレー

観葉植物がうどんこ病に感染してしまったときの対処法として、有効とされているのが『重曹スプレー』です。重曹スプレーは、農薬を使いたくない人におすすめの対処法で、アルカリ性の重曹が病気の原因となる菌を死滅させる効果があります。

作り方は簡単です。重曹1gに対し、水を500~1,000mlの割合でよく混ぜます。それをスプレー容器に入れて使用しましょう。重曹スプレーをうどんこ病が発症している部分に吹きかけて対処しますが、重曹の濃度には注意が必要です。

重曹の濃度が濃すぎると、植物が固くなったり、形が変化してしまったりする可能性があります。植物が枯れてしまう最悪のケースもあり得るので、重曹の濃度には十分に気を配って使用しましょう。

土をアルコールで消毒

観葉植物を育てている土にカビが繁殖してしまったときは、『アルコール』を使ってカビを消毒します。市販されている『台所用アルコールスプレー』でも効果があるので、手軽にチャレンジできる方法です。

まず、カビの繁殖した土の表面を植木鉢から取り除き、新聞紙などを敷き、その上に土を広げます。そこに、アルコールスプレーを満遍なく吹きかけましょう。しっかりと土を日光に当てて乾かしたら、アルコール消毒は完了です。

ここまでする時間がない場合は、カビの生えた部分に直接アルコールを吹きかけるだけでも効果を得られます。そのような場合は、植物に直接アルコールがかからないように注意してください。

葉っぱの白い物体はカビではない可能性も

ここまで、観葉植物に繁殖する白カビについて紹介してきましたが、実は、葉っぱに付着している白い物体が白カビではない可能性もあります。そのため、ここまで紹介してきた対処方法を白カビだと思って実践しても、効果がない場合があるのです。

白カビでないのであれば、一体どのような現象なのでしょうか。白カビ以外の白い物体について紹介していきます。

白い綿や粉をつけるコナカイガラムシ

観葉植物の葉っぱや茎に付着している白カビ以外の物体は、『コナカイガラムシ』と呼ばれる害虫の可能性があります。コナカイガラムシは、植物の枝や茎、葉っぱに付着して汁を吸うことで生きているのです。

そのため、コナカイガラムシの被害が進むと、観葉植物の枝が枯れてきてしまい、最後には植物自体が死んでしまいます。

また、コナカイガラムシには、殻を被ったように動かないものや脚を使って移動するものなど多くの種類がいます。繁殖した際には白カビかどうかの区別をしっかりして対処するようにしましょう。

少ない場合は水で流す

観葉植物を死に至らしめてしまうコナカイガラムシにも、対処法があります。

コナカイガラムシが繁殖する『発生期』は4〜10月とされていて、この時期に幼虫が成長して数を増やすのです。コナカイガラムシを除去する退治期も、発生期に合わせた4〜10月が良いとされています。

コナカイガラムシは水に弱いため、数が少ない場合は水で流しましょう。これが最も、観葉植物に負担が少ない対処方法だとされています。

キンチョール、オルトランDXなど薬剤を使う

コナカイガラムシが、水で流せないほど大量に発生してしまった場合は、『キンチョール』や『オルトランDX』などの薬剤の使用を検討します。

成虫のコナカイガラムシは防除が困難な害虫ですが、幼虫は薬剤に弱いという特性があります。そのため、5~7月の抵抗力の弱いふ化直後に、定期的に薬剤を散布しましょう。

まとめ

観葉植物を育てるのは難しいことではありません。しかし、白カビの発生は、観葉植物を育てるうえ起こりやすい現象で、ささいなことで大繁殖する場合もあるのです。まずは発生させないよう、観葉植物の置き場所や環境に気を配りましょう。

もしも白カビやうどんこ病が発生してしまった場合でも、今回紹介した方法で対処できます。手間のかかる方法ではないので、きちんと対処すれば被害を最小限に防ぐことが可能です。

また、白カビだと思っていたらコナカイガラムシが原因のこともあります。その場合でも、水で洗い流したり薬剤を使用したりすれば対処できるのです。大切な観葉植物を、カビや害虫からしっかりと守ってあげましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気