お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物につく白い虫の種類を解説。駆除の仕方と予防方法もご紹介

観葉植物に白い虫がついているのを発見したら、まずはその正体を見極めることが大切です。そして早急に駆除して、再びつかないよう予防しましょう。観葉植物につきやすい白い虫の種類と駆除の仕方、そして予防方法について詳しく解説します。

観葉植物の育成中によくある悩み

比較的育てやすいと言われる観葉植物ですが、それでも悩みは出てくるものです。そのなかで最も多いのが、『水の与え方』と『害虫の発生』ではないでしょうか。

まずは、水の与え方について解説します。正しい水やりのペースや水の量をご紹介するので、今のやり方が合っているかチェックしてみてください。

水の与え方

観葉植物への水やりに関して、「理想的な水やりのペースは?」「1回に与える水の量は?」という疑問が多くあります。水の与え方を間違えると観葉植物は弱って枯れてしまうので、とても大切な問題です。

まず、水の与え過ぎはカビや根腐れの原因になります。枯れることを心配して、こまめに与え過ぎないよう注意しましょう。

水やりのタイミングは、土が白っぽい茶色になり、触るとパラパラした状態になったときです。土が完全に乾燥していることを確認したうえで、葉に張りがなく下を向いている状態なら、水を欲しているサインです。

たっぷり与えよう

1回に与える水の量は、鉢の下から水が出るくらいが目安です。土全体に水が行き渡るようたっぷり与えましょう。

水やりには、土の中に溜まったガスを排出する効果もあります。不要なガスが溜まったままの状態は、土の中の環境を悪くしてしまうのです。土の中を新鮮に保つためにも、1回に与える水の量は多めを意識してください。

害虫の発生

害虫の発生は、頭を悩ませる問題です。特に室内で観葉植物を育てている場合、部屋に虫がいると思うとゾッとしてしまうでしょう。

見た目はもちろん、害虫によって観葉植物が枯れてしまう可能性もあります。こまめに害虫チェックをすると同時に、見つけたらすぐに駆除することが重要です。

害虫がつきやすい場所は、『葉の裏』『葉や枝の付け根』『新芽』『鉢の裏』が挙げられます。また、葉に穴があいていたり、受け皿に水が溜まっていたりする場合も要注意です。

害虫を発生させないためには、『無機用土や無機肥料を使う』『こまめに葉水を与える』『受け皿の水は捨てる』『風通しの良い場所に置く』というポイントを意識してください。

コナカイガラムシの特徴

観葉植物につきやすい虫『コナカイガラムシ』は、半翅目(はんしもく)コナカイガラムシ科に属する白い虫です。

『カイガラムシ』の仲間ですが、成虫になると殻に覆われるカイガラムシとは違い、ほこりのようにフワフワした白いものに覆われます。体長1.5〜3mmと小さいですが、その見た目から存在感は十分です。

一見ゴミのような小さくて白い虫

一見するとゴミのようにも見えるので、すぐには虫と認識できないかもしれません。小さいので軽視しがちですが、コナカイガラムシは観葉植物に被害を与える『害虫』です。

さらに、繁殖力が高く、放置すると周りの観葉植物まで被害が広がってしまう危険があります。そのため、早急に発見して駆除することが大切です。

他の虫とは違う、コナカイガラムシならではの特徴を探ってみましょう。

特徴的な分泌物をチェック

コナカイガラムシかどうかを見極めるには、白い綿がついている部分を触ってみることです。ベトベトして粘り気があれば、コナカイガラムシで間違いないでしょう。

コナカイガラムシの分泌物は特徴的なので、触ればすぐに分かります。目で見てチェックするだけでなく、少しでも気になったら手で触ってチェックしてみてください。ゴム手袋などを着用すれば、虫が苦手な方でも簡単にできます。

このベトベトした分泌物により、観葉植物に『すす病』という2次的被害をもたらす可能性があります。被害を拡大させないためにも、コナカイガラムシの駆除・予防が欠かせません。

コナカイガラムシが発生する原因は?

一般的に、コナカイガラムシは風に乗って、どこからか飛ばされてくると言われています。わずかな風でも簡単に飛ばされるので、1度室内に入り込むと次から次へと移動しながら繁殖する恐れがあります。

コナカイガラムシを1匹でも見つけたら、その周りの観葉植物にもいると心得ておいた方が良いでしょう。そして、徹底的に駆除する必要があります。

コナカイガラムシの対策

では、コナカイガラムシを発見した場合、どのように駆除すれば良いのでしょうか。その方法はいくつかありますが、効果のある3つの方法をご紹介します。そのときの状況に合わせて方法を選ぶと良いでしょう。

まずは、コナカイガラムシの数が少ない場合の駆除方法について解説します。

少ない場合は手作業で取り除く

コナカイガラムシの数が少ない場合は、1匹1匹手作業で取り除く方法がおすすめです。体が小さい虫なので、先の細いピンセットや竹串などを使うと取り除きやすいでしょう。

死骸から幼虫が生まれる可能性があるので、死骸もしっかり処理します。取り除いたコナカイガラムシは、袋に入れて封をした状態で捨てるようにしましょう。取り除くときは、くれぐれも観葉植物を傷つけないよう注意してください。

さらに、葉や枝が白くなっている場合は、丁寧に拭き取ります。白い部分が残っていると、再発の原因になるからです。

多い場合は高圧の水で除去

コナカイガラムシの数が多い場合は、手作業では追いつきません。高圧の水を使って、効率的に駆除しましょう。コナカイガラムシ本体はもちろん、葉や枝についた分泌物やほこりもきれいに落とせます。

高圧洗浄ができないときは、観葉植物をお風呂場に移動させ、40℃くらいに設定したシャワーをかけましょう。卵も死滅させられるので、再発を防ぐ効果があります。

シャワーで落としきれない部分は、濡れティッシュや歯ブラシなどで拭き取ると、きれいになります。『徹底した駆除』を心がけることがポイントです。

薬剤を使って駆除

薬剤を使って駆除する場合、コナカイガラムシの幼虫が発生しやすい5〜7月の時期を狙います。幼虫の時点だと、薬剤の効果が出やすいからです。

発見時期が冬の場合は、越冬中の成虫にも効果がある薬剤を使用しましょう。1〜2週間の間隔で散布すると、高い効果が期待できます。

コナカイガラムシが多発するときは、薬剤を使う前に多発する枝のみ切除した方が良いでしょう。切除した枝は、しっかり封をして捨ててください。

トビムシの特徴と対策

観葉植物の土の表面を飛び跳ねている虫がいたら、それは『トビムシ』の可能性が高いです。2mm前後の小さな虫で、湿った環境を好みます。

トビムシは土壌の分解を促す益虫として知られて、観葉植物に害を与えるわけではありません。しかし多くの場合、数匹ではなく大量発生するので不快感を与えます。

特に室内に置いてある観葉植物なら、いくら益虫とは言え早急に対処したくなるものです。まずは、トビムシの見分け方から見ていきましょう。

白や黒など色はさまざまで見分けにくい

トビムシの色は、白色とは限りません。他にも、黒色・緑色・紅色などのトビムシがいるので、最初は見分けるのが難しいでしょう。

有機物を好むので、腐葉土や堆肥などを使用している場合、発生しやすいようです。またトビムシは1匹いれば、ほぼ確実に他にも発生していると言われています。見つけた場合は、周辺の植物もチェックしてみましょう。

名前の通り、土の表面を飛ぶ特徴がある

トビムシは、その名の通り土の表面をピョンピョン飛び跳ねる習性があります。ジメジメした湿気の多い場所を好むので、特に梅雨の時期は大量発生しやすいです。

コナカイガラムシ同様、繁殖力が高いので、見つけたらすぐに駆除することをおすすめします。さらに再発しないよう、予防策をとることも大切です。

キンチョールで対処

トビムシは、家庭用殺虫剤『キンチョール』を使って対処できます。発生したトビムシに向かって噴射するのはもちろん、土や鉢にも吹きかけましょう。この方法が、最も手っ取り早く駆除できます。

さらにトビムシの予防には、『観葉植物を風通しの良い場所に置く』『受け皿の水はこまめに捨てる』『有機肥料は控える』ことがポイントです。

腐った木材もトビムシの発生源になりやすいので、木製の鉢に入れている場合は腐らないよう注意してください。

  • 商品名:キンチョール ハエ・蚊殺虫剤スプレー
  • 価格:489円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コナジラミの特徴と対策

発生すると厄介なのが『コナジラミ』という害虫です。凄まじい繁殖力をもっているので、1度発生すると大量のコナジラミが観葉植物の周りを飛び回ることになります。

コナジラミの種類は1,550以上と言われますが、なかでも観葉植物につきやすいのはタバココナジラミ・オンシツコナジラミ・ミカンコナジラミです。どのコナジラミも活動時期には変わりがなく、春〜秋の温かい時期に発生しやすくなります。

新葉には成虫と卵、次葉には幼虫、次々葉には蛹と順序良く寄生する傾向があります。成虫は2mm程の白いハエのような見た目なので、分かりやすいでしょう。

すす病、ウイルスなど被害を及ぼす害虫

コナジラミは、『すす病』の原因にもなります。すす病とは、植物にすす病菌が繁殖して発症する病気です。

すす病という名前の通り、発症するとすすに覆われたような状態になります。コナジラミの活動時期と同じ、暖かい季節に発症する確率が高いです。

また、コナジラミはウイルスを運んできてしまうことがあります。そのため、被害が拡大しやすいのです。見つけた場合は、すぐに駆除しましょう。

汁を吸って葉を変色させる

コナジラミは、葉の裏側に住み着いて汁を吸います。その結果、葉の葉緑素が抜けて、色が白っぽく変色するのです。

観葉植物はどんどん弱くなり、最悪の場合枯れてしまいます。被害を進行させないよう、早期発見・早期駆除が重要です。葉の見た目が少しでも変化した場合は、コナジラミを疑ってみましょう。

薬剤や粘着トラップで駆除

殺虫スプレーなどの薬剤を使って除去する場合、成虫には効いても卵には効かないというケースがあります。そのため、1度で済まさず繰り返し散布するのが重要です。

また、粘着トラップという方法もあります。害虫駆除用に作られた粘着板を置いて、コナジラミを誘い出して捕まえるのです。害虫が好む色に着色されているので誘引効果は高く、1度に大量捕獲できるのがメリットです。

コナジラミは、夜になると葉の先端付近の裏側に集まって動かなくなる習性があります。このタイミングを狙うと、効率的に駆除できるでしょう。

害虫がつきにくい環境とは

害虫は1度駆除しても、その後しっかり予防しておかなければ、再発する可能性は十分にあります。そのため、日頃から『害虫がつきにくい環境』を整えておくことが大切です。

予防のキーワードは『清潔な環境』と『風通しの良い場所』です。まずは、清潔な環境について詳しく解説します。

清潔な環境

観葉植物に虫がつくのは、そこが虫にとって居心地の良い環境だからです。つまり、虫を寄せ付けないためには、その環境を改善すれば良いということになります。

ポイントは、『葉と土』です。葉にゴミやほこりがついていたらきれいに拭き取り、枯れ葉は早めに除去しましょう。そして、腐葉土や有機肥料は虫の発生源になるので、土の表面には無機質の土を使い、肥料は化学肥料がおすすめです。

また、日陰を好む観葉植物でも、たまには日光浴をさせると良いでしょう。光合成が促されて葉がいきいきとするうえ、虫がつきにくくなります。

受け皿の水に注意

水が溜まった受け皿は、『チョウバエ』など害虫の発生源になります。水やりをした後、受け皿に残った水は必ず捨てるようにしましょう。

また、受け皿についた水垢もしっかり拭き取ることで、より高い予防効果が期待できます。大きな観葉植物で受け皿を動かせない場合は、長めのスポイトなどで吸い取ると良いでしょう。

風通しの良い場所

害虫は、ジメジメとした湿気の多い場所を好みます。そのため、観葉植物は風通しの良い場所に置いた方が、虫はつきにくくなります

時々日光に当てて、土を乾燥させるのも良いでしょう。枝葉が茂っている場合は、剪定すると風通しが良くなります。

また、梅雨の時期は湿気が多くなるので要注意です。晴れた日に窓を開けて換気するなど、工夫するようにしましょう。

こんな対策方法もある

観葉植物に白い虫がつかないようにするには、他にも対策があります。どれも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

まずは、撒くだけでOKの予防剤について解説します。最初に撒いておくだけで、長期的に害虫を防げるので、手間いらずのうれしいアイテムです。

撒くだけでOKの予防剤を使う

『アースガーデン スターガード粒剤器具セット 150g』は、害虫を長期的に予防できる殺虫剤です。アブラムシ類やコナジラミ類を予防する場合は、成育期に撒く必要があります。

この商品に含まれる薬剤は、葉や根から浸透して植物全体に移行する働きがあるので、葉の裏に住み着きやすいアブラムシやコナジラミにも効果が期待できます。

ワンプッシュで1g散布できるよう設計されているため、園芸初心者でも安心して使えるでしょう。手を汚さずに済むのもメリットの1つです。

ハイドロカルチャーを活用

『ハイドロカルチャー』は、水耕栽培の一種です。通常の土の代わりに、粘土を高温で焼き上げて発砲させた石『ハイドロボール』を使って栽培する方法です。

ハイドロボールは害虫や病気を寄せ付けず、室内を清潔に保てます。洗って何度も使えるので、経済的にも環境的にも申し分ありません。

さらに土に比べて軽いので鉢を移動させやすく、高齢者にも人気です。また、大型の観葉植物も栽培しやすいことから近年注目を集めています。

油かすなど有機肥料は避ける

観葉植物の土の表面に有機肥料を敷き詰めておくと、虫がつきやすくなります。多くの害虫は、有機物を好むからです。

なかでも『油かす』の使用は、おすすめしません。油かすとは、アブラナ科の植物の種から油を抽出した後に残るかすのことです。

土壌の微生物を増やして、土をふかふかにしてくれる効果は高いものの、有機質由来の肥料なので虫を寄せ付ける可能性があります。油かすを使用して、大量のコバエが発生したというケースは少なくありません。

まとめ

観葉植物につく白い虫の正体は、『コナカイガラムシ』『トビムシ』『コナジラミ』の可能性が高いです。それぞれの特徴と駆除方法について解説したので、種類を見極めてすぐに対策をとりましょう。

観葉植物の周りに虫を発見した場合は、そのまま放置せず早期に対処することがポイントです。被害を最小限に抑えられれば、観葉植物は枯れずに復活してくれるかもしれません。

『虫のつかない環境を整えること』『虫がつきにくい対策をとること』を心がけて、緑のあるライフスタイルを存分に楽しんでください。

関連する記事

こちらの商品も人気