お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物で人気の大型品種3選。今すぐ置きたくなる魅力的な特徴とは

観葉植物は、部屋に飾るだけで癒し効果を得られるアイテムとして人気です。なかでも、大型サイズの観葉植物は、存在感があり部屋のシンボルツリーとして好まれています。人気の大型観葉植物について、魅力や特徴をチェックしていきしょう。

大型の観葉植物はメリットがいっぱい

観葉植物には、置くだけで得られるさまざまなメリットがあります。例えば、飾るだけで存在感のある、素敵なインテリアになるでしょう。また、緑色には見ているとリラックスできる効果もあります。

さらに、マイナスイオン放出や葉の蒸散による空気のリフレッシュ効果にも注目です。大型観葉植物には、葉が大きいものもありますので、より高い蒸散効果や、リフレッシュ効果も望めます。

そして、大型観葉植物は、手入れが簡単な種類が多いというのも魅力の1つです。手間が少ないうえ、スタイリッシュな種類も多く、インテリア性も高くなるでしょう。

サイズはどれくらい?

一般的に、大型の観葉植物は高さが120cm以上のものを指します。1つ部屋に置くだけでも、存在感を放つでしょう。

人間の背丈ほどの大きさがある大型観葉植物は、シンボルツリーとしてインテリアのアクセントにするのがおすすめです。存在感があり目を惹くので、おしゃれな空間を作りたい方は、100cm以上の大きめの観葉植物を飾ってみてください。

飾り方はいろいろ

大型観葉植物は、部屋の中でのバランスを考えて配置すれば、センスの良いインテリアになります。

部屋の角や壁の余白を埋めるように置く、テレビボードなどの大きな家具の横に置くようにすると、部屋になじみやすいでしょう。気になる部分を隠すなど、おしゃれなパーテーションとしても活用できます。

また、大型観葉植物は、『固め置き』というテクニックを使って飾るのもおすすめです。固め置きは、大型・中型・小型の鉢を1カ所にまとめて置く飾り方のことを言います。

高さのある大型観葉植物の隣には、中型で横に広がって成長する幅広の種類を置きましょう。そして、真ん中に小型の観葉植物を置いてバランスを整えるのが魅力的な配置の基本です。

室内向けの育てやすい観葉植物はこちらの記事でご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

2019.05.28

観葉植物で人気の室内向け品種6選。育てやすさ抜群で優雅な見た目

縁起が良く人気 パキラ

観葉植物のなかでもポピュラーな『パキラ』は、大型サイズのものも人気があります。パキラは『発財樹』と呼ばれ、金運アップに効果のある観葉植物として有名です。

パキラを生産して財を築いたという言い伝えがあることから、パキラは商売繁盛にも良いとされています。開店祝いなどに、縁起のいい贈り物として選ばれることが多い観葉植物の1つです。

特徴的な幹でおしゃれ

パキラは、絡み合うように編み込まれた幹が印象的な植物です。しかし、大型のパキラには幹が真っ直ぐに伸びているものや、途中で曲がっている独特な幹のものなど、さまざまな種類があります。

大型サイズのパキラを購入する際は、幹の部分に注目して好みに合うものを選んでみると良いでしょう。

編み込んだ幹は上品な印象、真っ直ぐな幹はシンプルなインテリアに、曲がった個性的な幹は部屋のおしゃれなアクセントに最適です。

日光が当たる場所でよく育つ

パキラは、生命力が強く、丈夫で育てやすい観葉植物です。日光を好む種類のため、日当たりの良い窓の近くなどに置いてあげると良いでしょう。

日陰にもある程度は耐えられる種類ですが、レースカーテン越しの日差しでも良いので、日光に当てた方が元気に育ちます。

インパクト大で人気 モンステラ

大型サイズの『モンステラ』はインパクトがあり、1つ飾るだけで部屋の雰囲気をおしゃれに変えてくれます。モンステラの大きな葉は、原産地では1mを超える大きさのものもあり、印象的な形が魅力です。

インテリアグリーンとして人気の高い種類なので、おしゃれな空間を演出したい人にぴったりです。

印象的な葉がリゾート感を醸し出す

モンステラは、トロピカルムード満点の観葉植物です。リゾートホテルのような雰囲気や、南国風のインテリアに良く似合います。

南国風のインテリアに合わせるのはもちろん、モダン調のインテリアに合わせて飾れば、部屋のおしゃれ感が一気にアップするでしょう。

丈夫さが魅力

モンステラは丈夫で育てやすいところも、人気の理由です。モンステラの葉の印象的な切れ込みや穴は、スコールや強い風など、亜熱帯の厳しい天候から葉を守るために進化してできたと言われています。

高温多湿や乾燥にも強く、生命力があって丈夫な観葉植物なので、園芸初心者にも育てやすいでしょう。

爽やかで人気 エバーフレッシュ

『エバーフレッシュ』は、部屋のテイストを問わず、飾りやすい観葉植物として人気があります。姿も特徴的で、小さな葉が集まって大きな1枚の葉を形成している観葉植物です。

繊細な葉のシルエットが爽やかで、涼し気な印象を与えるため、大型観葉植物でも圧迫感が少ないと言えるでしょう。

癒し効果抜群

エバーフレッシュはネムノキの仲間で、夜になると葉を閉じるという不思議な特徴がある植物です。これは『就眠運動』といい、水分の蒸発を防ぐための習性と言われています。

夜になると眠るように葉を閉じるのが生きているようでかわいらしく、昼と夜で異なる表情を見せてくれるところが癒されると人気です。

水やりの仕方が重要

エバーフレッシュの葉が昼に閉じていると、それは水切れのサインです。水を好む種類なので、水やりは土の表面が乾いたら必ずしましょう。水分をたっぷりあげることが重要なポイントです。

冬は休眠期に入ります。他の季節の水やりとは違い、土が乾いてから2~3日後に水をあげるのが目安です。

ここまで大型の観葉植物をご紹介してきましたが、次の記事では目的別におすすめの観葉植物をご紹介しています。もっとたくさんの種類が知りたい、という方はぜひチェックしてください。

関連記事

2019.05.28

観葉植物で人気の種類は?目的別に魅力的なグリーンを紹介

まとめ

「大型の観葉植物は、部屋に飾るのが難しいのでは?」と心配する人もいるかもしれません。しかし、大型観葉植物は育てやすく、手間がかからないものが多いので、初心者でも気軽に育てられます。

おしゃれな観葉植物が多くありますので、今回ご紹介した大型観葉植物をチェックして、ぜひ部屋に飾ってみてください。

関連する記事

こちらの商品も人気