お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物で人気の種類は?目的別に魅力的なグリーンを紹介

初心者でも育てられる手のかからないものや、花や実をつけるものなど、観葉植物で人気の種類を目的別に紹介します。1人で運べない大型の観葉植物を購入する場合は、人気店のネット通販を積極的に活用してみましょう。

観葉植物を選ぶときのポイント

形状の好みや風水的な意味など、観葉植物を選ぶポイントはいくつもありますが、必ずおさえておきたいのが、『置く場所』『サイズ』です。

『大きく育ちすぎてスペースがない』と悩まないように、購入時は成長時の大きさも考えておきましょう。

置きたい場所の日当たりは?

多くの観葉植物は亜熱帯や熱帯のジャングルを原産地とし、ある程度の耐陰性を持つものがほとんどです。しかし、室内だけで育てる場合は、レースカーテン越しの明るい日陰や半日陰でも問題なく育つ耐陰性が高いものを選びましょう。

また、寒さに弱い品種も多いので、冬場の温度・湿度管理がしっかりできるかどうか、住まいと観葉植物との相性も考える必要があります。

置けるサイズをしっかりチェック

置く場所が決まったら、どのくらいのサイズの鉢を買うかを確認しましょう。鉢や鉢カバーのサイズは『号』で表示されており、『1号の口径= 3cm』が基準です。好みにもよりますが、観葉植物は3~9号サイズが主流と考えましょう。

3~4号は、口径が9~12cmで卓上や棚に飾る程度の小型の観葉植物に適しています。5~6号は、インテリアにすると見栄えがあり、贈り物にも適したちょうどよいサイズでしょう。

家のシンボルツリーにする場合は、7号以上の大きめサイズを選ぶのがおすすめです。

成長が早い観葉植物は数年に1度の植え替えが必要になります。一般的にいう『一回り大きな鉢』は、元の鉢より約1号(=3cm)大きな鉢にするという意味です。

室内で育てやすい観葉植物人気ランキング

ベランダや庭がない場合は、室内でもすくすくと育つ耐陰性の高い観葉植物がベストです。

レースカーテン越しの明るく温かい日陰が好ましいですが、あまり日が当たらない場所に置く場合は、時々日光浴をしてあげるとよいでしょう。

第1位 シェフレラ

数ある観葉植物の中でも特に育てやすいのがシェフレラです。ウコギ科シェフレラ属に分類され、日本では『カポック』とも呼ばれています。

台湾や中国南部の比較的暖かい地域が原産で、ツヤのある丸い葉を掌状に茂らせる姿からは生命力が感じられるでしょう。

シェフレラは丈夫で育てやすい植物なので、毎日の手入れは不要です。土が乾いたらたっぷりの水を与え、生育期は追肥して成長をサポートしましょう。

寒さや暑さに強く比較的どんな環境でも育ちますが、できれば日当たりのよい場所が理想です。東京より南の地域であれば、屋外でも越冬できるでしょう。

第2位 モンステラ

モンステラは熱帯アメリカやハワイが原産の、サトイモ科の観葉植物です。切れ目のある大きな葉が特徴的で、部屋のイメージをがらりと変える魅力があります。

葉の裏には『水孔(すいこう)』があり、早朝にみずみずしい雫を滴らせている姿も印象的でしょう。

耐陰性があり乾燥にも強く、育て方の基本は明るい室内で定期的に水やりをすることです。春から秋は屋外でも育てられますが、直射日光による葉焼けには十分注意しましょう。冬は5℃を下回らない温かい部屋で管理するのがおすすめです。

第3位 パキラ

パキラはアオイ科パキラ属に分類される中南米原産の木本で、ツヤのある掌状の葉と太い幹が特徴です。

樹勢があり、枝がさまざまな方向に伸びていくので、部屋の広さに合わせて剪定するとよいでしょう。室内で育てる場合は、日当たりのよい場所や明るい日陰を好みます。

乾燥に強いため、水やりは土が乾いてきたらあげる程度でOKです。ただし、耐寒性はほとんどなく、5℃を下回ると葉が落ちることがあるので、冬はできるだけ暖かい環境で育てましょう。

第4位 ポトス

ポトスは日本で最も流通している観葉植物の1つで、初心者でも育てやすいことで有名です。サトイモ科エピプレムヌム属の亜熱帯・熱帯原産で、他の木や岩上によじ登るように成長します。

室内で育てるときは、つる性を活かし、プラントハンガーやヘゴ板などを使うとよいでしょう。つるを上に向かって成長させると葉が大きくなり、下に垂らすと小さくなる性質を持っています。

ポトスは暑さに強く耐陰性もあり、真っ暗な部屋でなければ、基本的にどこに置いても問題はありません。しかし冬の寒さが苦手なので、8℃を下回らない部屋で育てるのがよいでしょう。直射日光による葉焼けにも注意してください。

第5位 テーブルヤシ

テーブルヤシは、テーブルや棚などに置ける小型のヤシで、成長が遅く、スペースを取りにくいのがメリットです。

中南米原産のため、水はけがよく温かい場所を好みます。レースカーテン越しの明るい日陰またはベランダに置き、冬は10℃を下回ったら寒さ対策をとりましょう。

ミニサイズの可愛らしいテーブルヤシですが、大きく成長させたい場合は、春から秋にかけての生育期に追肥をします。2~3年に1回植え替えをするのが理想でしょう。

甘い香りで人気の観葉植物

グリーンを目で楽しむだけでなく、花や実が持つ香りや味が楽しめる観葉植物を紹介します。花が咲くと、部屋中がよい香りに包まれるでしょう。

コーヒーの木

コーヒーの木は、中南米の農園で栽培されるイメージがありますが、観葉植物としても人気が高く、上手に育てればお部屋でコーヒーの実が収穫できるかもしれません。

コーヒーの木は発芽から数年後に白い花を咲かせます。甘くて爽やかな香りはまるでジャスミンのようで、部屋中がよい香りに包まれるでしょう。

花が散った後は、コーヒーチェリーという赤い実をつけます。実の中にはコーヒー豆の原料となる種が入っており、種を覆う果肉も食べられるのです。1粒で2度美味しい植物といえるでしょう。

コーヒーの木は日当たりのよい場所を好むので、春から秋にかけては屋外で育てたほうが丈夫に育ちます。生命力が旺盛なので、植え替えは必須です。

シルクジャスミン

ミカン科ゲッキツ属の常緑小高木の柑橘類で、葉には絹のような光沢がありジャスミンに似た花を咲かせることから『シルクジャスミン』と名付けられました。夏の夜、柑橘系の強い香りを放つのも大きな特徴でしょう。

日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性や耐寒性もあるので、室内での生育も可能です。ただし、2~4mほどの高さに成長するため、5~8月の生育期にはこまめな剪定が必要です。

成長すると鉢のサイズも窮屈になるので、1~2年に1回は植え替えをしましょう。

縁起の良い花言葉で人気の観葉植物

幸福や開運など、縁起のよい花言葉や風水的意味を持つ観葉植物を紹介します。部屋のインテリアはもちろん、開業や引越し祝いなどのギフトにも最適でしょう。

カネノナルキ

カネノナルキは、ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物で、正式名は『ポルツラケア』です。昔、販売業者が頂芽に5円玉を通して販売したことから『金のなる木』や『成金草』という名称が広まったといわれています。

厚みのある葉には金属的なツヤがあり、秋から冬にかけては白い小さな花を開花させせるのです。

カネノナルキというと、金運にばかり注目されがちですが、『幸運を招く』という素敵な花言葉を持っているので、大切な人へのプレゼントにも最適でしょう。

耐暑性・耐寒性があり、乾燥にも強いため、多忙な1人暮らしの男性にもおすすめです。

ユッカ

『ユッカ』とは、リュウゼツラン科イトラン属に分類され、太い幹に剣状の鋭い刃が放射状に生える独特の形をしています。『青年の木』とも呼ばれているのです。

風水では、鋭い葉の先から強い陽の気を発しているとされ、活力を生み出し、邪気を払う象徴として重宝されています。集中力やパワーを要する職場や書斎、玄関などのインテリアにぴったりでしょう。

花言葉は『勇壮』『雄大』で、尖った葉を茂らせるユッカそのものを表しているようです。開業・開業・新築祝いなど、成長や発展を願う場面でプレゼントすると喜ばれます。

ミリオンバンブー

スズラン亜科ドラセナ属に分類される常緑低木で和名を『銀葉千年木』といいます。万年竹・ラッキーバンブー・富貴竹などともよばれますが、イネ科の竹とは似て非なるものです。

ミリオンバンブーは上に向かって真っすぐに伸びる性質があるため、風水では陽の気を持つ縁起物と見なされています。お店では数本が束状にまとめられていることが多く、プレゼントにするなら、3本や5本などの奇数にするのがよいでしょう。

花言葉は『幸福』『開運』で、開店・開業・引越し・誕生日など、開運を願うあらゆるシチュエーションにおすすめです。

美しい花が咲く人気の観葉植物

観葉植物というと、葉の色や形状を重視する人が多いですが、中には美しい花を咲かせるものがあり、空間に明るさや華やかさをもたらしてくれます。花束を贈るかわりに、花の咲く観葉植物をプレゼントするのもよいでしょう。

アンスリウム

エキゾチックな南国の雰囲気を持つアンスリウムは、仏炎苞(ぶつえんほう)という長い苞を持ち、その中に肉穂花序の小さな花を咲かせます。花びらのように赤く色づく部分は、実は花ではなく葉の一部なのです。

また、開花時期が長いことでも知られ、葉が増えると次々と花を咲かせていきます。しかし、夏の暑い時期には咲かない傾向があるので、春と秋が開花のメインになるでしょう。

熱帯原産のアンスリウムは湿潤な環境を好みます。適度な水やりに加え、春から秋は霧吹きで水を与えましょう。耐寒性が低いため、室内の温度は10℃以上が理想です。

スパティフィラム

サトイモ科スパティフィラム属の総称で、中央アメリカ・南アメリカなどの森林湿地帯に自生しています。

白や紫などの鮮やかな仏炎苞を持ち、花軸に多数の花を咲かせます。開花時期は5~10月と長く、条件がよければ1年中開花することもあるようです。花を楽しんだ後は、早めに花首をカットすると、他の花に栄養がいきわたるでしょう。

スパティフィラムは日当たりを好み、寒い場所が苦手です。直射日光を避けた10℃以上の環境で育て、1年に1回の植え替えをしましょう。

小さくてキュートな人気の観葉植物

小型の観葉植物は、テーブルや本棚などの空きスペースでも気軽に育てられ、部屋のちょっとしたアクセントになるでしょう。種類によっては寄せ植えも楽しめます。

シュガーバイン

ブドウ科パルテノキッスス属に分類される常緑つる性植物で、掌状の小さな葉と繊細なつるを持っているのです。葉の裏に白い樹液をつけるのが特徴で、まれにピンク色の丸い花を咲かせます。

インテリアとして飾るときは、棚などの少し高い場所から、つるを垂らすようにするとおしゃれです。白い陶器や自然素材のバスケットとの相性がよく、部屋を可愛らしい印象にしてくれるでしょう。降霜の季節以外は屋外でも育てられます。

サンスベリア・ハニー

サンスベリアというと、直立した平たい剣状の葉を思い浮かべる方も多いでしょう。サンスベリア・ハニーは、サンスベリアの中でも特に小柄なタイプで、葉がロゼット状に広がっているのが特徴です。

縦に長くならないので、飾り棚や空きスペースに置いても邪魔にならないでしょう。デスクの上に置けば、リラックス効果やマイナスイオン効果も期待できそうです。

室内でも問題なく育てられますが、日光を好む品種のため、時々ひなたぼっこをさせてあげると株が健康になります。冬は5℃以下にならないよう、寒さ対策を考えましょう。

ハートカズラ

ガガイモ科セロペギア属に分類されるつる性の植物で、南アフリカ・熱帯アジアなどの温かい地域に生息しています。ハート型の小さな葉を沢山付けることから『ラブチェーン』という別名があり、風水では恋愛成就のモチーフとして有名です。

インテリアとして飾るときは、吊り下げたり、垂らしたり、横に這わせたりするのがおすすめで、他の多肉植物との寄せ植えも楽しめます。

注意したいのが水やりと日当たり条件です。風通しの悪さや過湿は根腐れ・カビの原因になるため、やや乾燥気味で育ててください。直射日光を避けた日当たりのよい場所に置きましょう。

ダイナミックで人気の大型観葉植物

大型サイズというと、鉢植えの7号以上が一般的です。生命力が旺盛でしっかりとした根を張るものは、1~2年ごとの植え替えが必要になるでしょう。大型の観葉植物は、家の象徴である『シンボルツリー』にもなるため、じっくりと選びたいところです。

大きい観葉植物は人気店の通販がベスト

1人で運搬するのが難しい大型の観葉植物は、通販を活用するのがベストと言えます。

通販は配送料が高くつくと思われがちですが、仲介が入らない産地直送の通販の場合、実店舗よりもお手頃価格で手に入ることが多く、新鮮で種類も豊富です。

掲載画像でイメージしやすい

『通販は実物が見られない』と不安に思う人も少なくないはずです。しかし、ほとんどのサイトでは、実物の写真を掲載しており、中にはインテリアと合わせたコーディネート例なども提案しています。

観葉植物は生きているので、掲載時と配送時の状況は多少変わってくるかもしれません。しかし、実績のある通販はカスタマーサービスがしっかりしているので、質問や不安点にもきちんと答えてくれるでしょう。

ギフトの場合は、贈り先への配送後、贈り主に写真で商品画像を送信するサービスを導入しているお店もあります。

オーガスタ

輝かしい未来』という素敵な花言葉を持ったオーガスタは、バナナに似た大きな葉が特徴的です。葉が大きい分、蒸散作用が高く、天然の加湿器の役割も果たしてくれるでしょう。

室内用の観葉植物の場合、高さは120cm前後まで成長しますが、野生では10mを超すケースもあります。

乾燥に強いため、1週間水やりを忘れたくらいでは枯れることはありません。太陽の柔らかな日差しを好むので、明るいリビングや窓際に置くのがよいでしょう。部屋の雰囲気が一気に南国リゾート風になります。

根詰まりを防ぐためにも、数年に1度は植え替えをしましょう。

アレカヤシ

和名を『コガネタケヤシ』といい、沖縄などの温暖な地域ではホテルや公共施設の前、または街路樹として植えられることが多いようです。

鋭く細かい羽状の葉と竹のように真っすぐな茎が特徴的で、エントランスなどに飾るとトロピカルな雰囲気が楽しめます。

原産地のマダガスカルでは、背丈が10~20mにも育ちますが、観葉植物で最も多いのは150cm前後のものでしょう。室内では明るい日陰か半日陰に置き、直射日光と寒さを避けるようにしてください。

まとめ

観葉植物を購入する際は、サイズや日当たり条件を考慮し、植物にとっても住人にとっても居心地のよい環境をつくることが大切です。

卓上に飾れる小型タイプやシンボルツリーになる大型タイプ、花や実が楽しめるものなど、多種多様な品種があるので、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気