法事のお供え花に胡蝶蘭を。ふさわしい理由と選び方、マナーまで

お祝いのお花に選ばれることが多い胡蝶蘭ですが、法事のお供え花として胡蝶蘭を贈る方も増えているそうです。胡蝶蘭が法事のお供え花にふさわしい理由、お花の選び方、マナーをまとめました。

胡蝶蘭は法事に贈るお花としても選ばれています

白い胡蝶蘭

胡蝶蘭は、法事の際のお供え花としても選ばれています。法事とは、仏教で故人の冥福を祈るための儀式のことをいいます。なぜ、法事のお供え花に胡蝶蘭が選ばれているのでしょうか。

胡蝶蘭が法事のお花にふさわしい理由

胡蝶蘭が法事のお供え花にふさわしい理由は以下の通りです。

ふさわしい4つの理由
  • 季節を問わず入手できること
  • 香りや花粉が少ないこと
  • 花持ちが良いこと
  • お手入れが簡単でご遺族の負担が少ないこと

この4つはお供え花の定番である菊の花にも共通していえることですが、上記に加えて、胡蝶蘭の豪華かつ上品で高級感のある花姿がお供え花として選ばれている理由です。

喪中はがきや挨拶状にも胡蝶蘭が使われています

胡蝶蘭は弔事にもふさわしいお花として、喪中はがきや、香典返しなどの挨拶状のデザインにも使われています。

法事にはどんな胡蝶蘭を贈れば良いの?

お供え花としての胡蝶蘭

胡蝶蘭の特徴や花姿が、法事のお供え花にふさわしいことがわかりました。具体的にどのような胡蝶蘭を選ぶべきなのでしょうか。

色と大きさ

法事のお供え花は、四十九日以前と以後で選ぶお花の色に違いがあります。一般的に四十九日が過ぎるまでは白い色のお花四十九日が過ぎた後は、淡い色合いのお花や故人が好きだった色のお花を選ぶのも良いとされています。

そのため、四十九日以前に贈る胡蝶蘭は白を選ぶとよいでしょう。

四十九日以降に贈る場合、淡い色の胡蝶蘭を選ぶのも良いでしょう。

お花の大きさは、贈る場所やご遺族の負担にならないようなサイズのものを選びましょう。

ラッピング

お供え花として贈る胡蝶蘭のラッピングは、派手な色は避けましょう。ほとんどのお店で、白や淡い紫などのお供え用ラッピングが用意されているので、こちらを指定すると間違いないでしょう。亡くなってから数年経っている法事の場合は、もう少し明るい色や、故人が好きだった色のラッピングを選んでも良いそうです。

鉢植えよりもアレンジを

胡蝶蘭を法事のお供え花として贈るとき、鉢植えの胡蝶蘭は避けたほうが良い場合があります。仏教では「鉢植えの中の肥料=不浄なもの」として、お供えに鉢植えはタブーという考え方もあるようです。仏教で信仰の深い方には、鉢植えはマナー違反と受け取られる可能性があります。そのため、法事のお供え花として胡蝶蘭を贈る場合は鉢植えではなく、アレンジメントやブーケ、スタンド花など、切り花として贈るほうが無難かもしれません。もし、鉢植えの胡蝶蘭を贈りたい場合は、事前に確認してから贈るようにしましょう。

法事に胡蝶蘭を贈るときのマナー

胡蝶蘭を贈るマナー

法事に胡蝶蘭を贈る際、気をつけておきたいマナーがあります。到着日はいつにすれば良いのか、メッセージカードや立札は必要か、相場はどれくらいか、などご遺族に失礼のないように手配しましょう。

前日までに届ける

法事の当日はお寺やお墓に出かけていたりする可能性があるため、自宅に贈る場合は前日までに届くように手配しましょう。法事を行うお寺に胡蝶蘭を届ける場合も法事の前日、または当日であっても法事の時間前には届くようにしてください。事前にお寺に連絡しておくと良いでしょう。自宅に贈る場合の宛名は喪主の方を記載し、お寺に贈る場合は、送付先住所に〇〇寺気付、宛名に〇〇様と喪主の方の名前を書きましょう。

メッセージカードや立札を添える

自宅に胡蝶蘭を届ける場合はメッセージカードが使われ、故人を偲ぶ思い出の一文を書き添えることが多いそうです。お寺に届ける場合は立札を付けると良いでしょう。立札の表書きは「供」や「御供」とし、贈り主のみ記載します。故人や親族の名前は記載しません。会社の社員の一同で贈る場合は、贈り主の記載を「〇〇株式会社社員一同」などと記載します。

法事に贈る胡蝶蘭の相場

法事に贈る胡蝶蘭の相場は15,000円〜30,000円で、故人とご家族との関係によって変わってきます。

法事に贈る胡蝶蘭の相場
  • 友人・知人 → 10,000円~15,000円
  • 家族・親戚 → 10,000円~30,000円
  • 一般的な取引先 → 10,000円~20,000円
  • 重要な取引先 → 20,000円~30,000円

まとめ

胡蝶蘭が法事のお供え花としても選ばれている理由、選び方、マナーをご紹介しました。お供え花はご遺族の心を慰め、故人のご冥福を祈る意味を持ち、大切な役割を持っています。高級感のある美しい胡蝶蘭を贈ることで、ご遺族の気持ちをいたわると同時に、故人に感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。胡蝶蘭を法事のお供え花として贈る際にはご遺族に失礼のないよう、胡蝶蘭の色や大きさ、贈る時期、相場など、マナーに気をつけて贈るようにしてくださいね。

胡蝶蘭を贈るなら、おすすめのフラワーショップはこちら

胡蝶蘭を送るなら実績のグリーンロードへ

法人ギフトを中心に、2,000社以上・21年の実績 胡蝶蘭を贈るならグリーンロード

株式会社グリーンロードなら、きめ細やかなサービスと高品質でボリュームのあるお花を、自信を持ってお届けします

お取引先の慶弔花に、最高級の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがですか?

関連する記事

こちらの商品も人気