お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

胡蝶蘭を送ろう!タイミングや選び方を知って素敵なフラワーギフトを

お祝い事の贈りものに欠かせない胡蝶蘭。シチュエーション別に胡蝶蘭を送るタイミングや選び方があることを知っていますか?また花持ちが良く品のある白い胡蝶蘭は、最近では菊に代わってお悔やみの場面でも送られることが増えてきました。お祝い・お悔やみの場面それぞれについて、胡蝶蘭を送るタイミングや選び方、選ばれる理由などについて見ていきましょう。

胡蝶蘭はなぜお祝い事に送られるの?

ピンクの胡蝶蘭

開店したばかりのお店や、新しい会社のオフィスなどで胡蝶蘭が飾ってあるのをご覧になったことがありませんか?胡蝶蘭は美しいお花であるということ以外にも、お祝いのギフトとして選ばれる理由があるお花です。なぜ胡蝶蘭がお祝い事で送られることが多いのか、ご説明します。

胡蝶蘭の花言葉や花持ちの良さがお祝いにピッタリ

胡蝶蘭がお祝いに選ばれる理由として、まずは花言葉があげられるでしょう。胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」です。お店や会社に幸せが飛んできて、これからも繁盛しますようにという気持ちを込めて送ることができますから、お祝いにピッタリですよね! 花言葉だけでなく、花持ちがよいこともお祝いのギフトとして選ばれる理由といえるでしょう。胡蝶蘭はきれいなお花を1カ月以上も咲かせてくれます。開店や開業時にはたくさんのお客様がいらっしゃるでしょうから、華やかさを演出してくれる胡蝶蘭はきっと喜んでいただけることと思います。

関連記事

2019.02.22

胡蝶蘭の花言葉はどんな意味 ?色別の意味や適したシーンもご紹介

ビジネスで胡蝶蘭を送る意味

ビジネスで胡蝶蘭を送る場合、豪華な見た目や花言葉だけでなく、送られる側、送った側それぞれにもメリットがあると言われています。 まず送られた側としては、胡蝶蘭を多く飾ることで会社の交流関係が広いことをアピールできるという点です。多くの胡蝶蘭が飾ってあると、ご来社されたお客様も「お付き合いが多い会社さんなんだな。」と思われるかもしれませんね。 送る側としては、胡蝶蘭につける立て札に自社の名前を入れることで、ご来社されたお客様にアピールができるという点です。胡蝶蘭を送る際はお祝いの気持ちが一番大切ですが、副次的な効果として自社名のアピールができるということもあるかもしれませんね。

関連記事

2019.02.28

今すぐ贈りたい!法人として胡蝶蘭を贈るときに知っておきたいこと

お祝い別 胡蝶蘭の選び方

カラフルな胡蝶蘭

それでは、どのようなお祝いの時にどのような胡蝶蘭をお送りすると喜んでいただけるでしょうか?予算や相場、胡蝶蘭のサイズを考えていきましょう。

まずは予算を決めよう 相場はどれくらい?

お祝いの相場を法人で送る場合、個人で送る場合に分けてみてみましょう。

法人ギフトのシーン別予算

開業、上場、設立記念:25,000〜50,000円 開店:10,000〜30,000円 イベント、催し物:15,000〜30,000円 昇進、就任祝い:20,000〜50,000円 移転、増床祝い:20,000〜30,000円

個人的なギフトのシーン別予算

開業、上場、設立記念:5,000〜10,000円 開店:5,000〜15,000円 出産、お見舞い、快気祝い:3,000〜10,000円 昇進、就任:5,000〜10,000円 誕生日、退職:3,000〜5,000円

予算感はお考えのものと合っているでしょうか?あくまで相場ですので、お送りするお相手との関係性や、次にご紹介する胡蝶蘭の大きさなども加味して選んでみてくださいね。

関連記事

2019.02.22

胡蝶蘭の徹底比較!本数・色・シーン別に価格や相場をご紹介

相手先の設置場所を考えた胡蝶蘭のサイズを選ぼう

予算を考えつつ、お送り先の設置場所を考えてみましょう。お祝いですので大きくて立派な胡蝶蘭を送りたいというお気持ちはわかるのですが、お店やオフィスに対して胡蝶蘭が大きすぎると場所を多くとってしまうということも事実です。よほどサプライズでお送りしたい場合を除き、胡蝶蘭を置いていただく場所がどれくらいの広さか確認してから胡蝶蘭をお送りした方が、喜んでいただけるでしょう。

胡蝶蘭のサイズは大きく三種類あります。こちらを参考に検討してみましょう。

大輪

お花の大きさ:約11cm〜15cm以上 高さ:約80~100cm 横幅:約60~80cm 豪華な見栄えの胡蝶蘭です。広い設置スペースがある場合にお送りしましょう。

中輪(ミディ)

お花の大きさ:約3cm〜6cm 高さ:約60~80cm 横幅:約40~60cm 飾りやすいサイズの胡蝶蘭としてビジネスシーン、個人のお祝い両方に人気のお花です。

小輪(マイクロ)

お花の大きさ:約2cm〜4cm スペースを取りにくく、比較的コンパクトなお店やオフィスへのお祝いに選ばれることが多いようです。

開業・開店祝いなどの場合の選び方

白色の大輪3本立ての胡蝶蘭が人気のようです。白色は清潔感があり、送り先を選びません。

最近では白色以外にも、送り先の雰囲気を考慮して黄色や紫色も選ばれるようです。

また、赤リップと呼ばれる、白いお花で中心部分が赤くなっているお色も、紅白の配色がおめでたいと人気のようです。

重要なお取引先にはワンランク上の5本立てにして、特別感を演出することもできます。

昇進・就任お祝いの場合

こちらも開業・開店祝い同様に白色の大輪3本立てが人気のようです。

同じ方に複数回、昇進、就任のお祝いを送る場合は、前回お送りしたものを参考に、役職が上がる場合や社長への就任などの際は少しグレードを上げたものをお送りすると、より喜んでいただけるでしょう。

結婚や母の日などの場合

女性に送るということで、黄色やピンクなど華やかな色が人気です。

お相手のことをイメージして、温かみのあるお色を選んでみてはいかがでしょうか?個人のおうちに飾ることを想定して、かわいらしいお花の小輪の胡蝶蘭が選ばれることが多いようです。

引っ越し・新築祝いなどの場合

新築祝いなどの場合、定番カラーは白色ですが、黄色やピンクなど淡いお色も人気です。赤色は火事を連想させるものとされていますので、ラッピングなどは赤色は避けましょう。おうちに飾ることを考えて中輪、または小輪の胡蝶蘭はいかがでしょうか?

敬老や長寿のお祝いの場合

長寿祝いには年齢ごとのテーマカラーがあります。お送りする方のお好みの色を選ぶことも一つですが、テーマカラーを選んでみるという粋な演出はいかがですか?

  • 還暦(60歳) 赤色
  • 古希(70歳) 紫色
  • 喜寿(77歳) 紫色
  • 傘寿(80歳) 黄・金茶色
  • 米寿(88歳) 黄・金茶色
  • 卆寿(90歳) 紫色
  • 白寿(99歳) 白色
  • 百寿(100歳) 白色

お悔やみのシーンにも使われる胡蝶蘭

白い胡蝶蘭

お祝い事に送るイメージの強い胡蝶蘭ですが、最近ではお悔やみのシーンでも使われることが増えてきました。どうして胡蝶蘭がお悔やみに選ばれるのか、お悔やみの際はどのような胡蝶蘭を送ればよいのかご紹介します。

お別れの花に選ばれる胡蝶蘭

優美なお花ぶりの胡蝶蘭は、飾ることでご遺族や参列者の心を癒やすとされています。悲しいお別れのセレモニーでも、お花があることで少し気持ちが明るくなりますよね。胡蝶蘭は1カ月ほど花持ちがしますから、お葬式の後のご自宅の仏壇などでも飾ることができ、ご遺族を励まし続けてくれます。こうしたことから、胡蝶蘭はお別れの花として選ばれることが増えてきました。

お葬式に胡蝶蘭を送る意味

姿や花持ちだけでなく、胡蝶蘭の花言葉には「純粋な愛」という意味があります。ご家族を亡くされたばかりのご遺族が胡蝶蘭の花言葉を知った際には、送り主の気遣いにきっと心が癒されることでしょう。このように、花言葉からもお葬式に送るお花として使われることが多くなってきたようです。

胡蝶蘭の送り先、お悔やみの場合は自宅もアリ

お悔やみの場合、お花はお葬式会場に送ることが多いと思われますが、ご自宅に送ることもできます。なぜなら、お葬式にはご宗派や地域によってさまざまな慣習があり、その慣習やお葬式のコンセプトによっては胡蝶蘭が場にそぐわない可能性があるからです。お葬式会場に胡蝶蘭をお送りしてよいかは、葬儀会社またはお葬式会場の担当者に確認しましょう。もし会場へは送らない方が良いとなった場合は、枕花としてお通夜の前日にご自宅にお送りしたり、お葬式の後からお骨をお墓に入れるまでの後飾りとしてご自宅に送るようにしましょう。

お悔やみの胡蝶蘭の選び方

お悔やみの際、四十九日までは白上がりと呼ばれ、白色のお花が基本となります。故人が生前好きだった色を送る場合もあるようですが、ご遺族がどのように思われるかは難しいところがありますので、白色を選ぶと無難といえるでしょう。四十九日よりあとは、黄色や淡いピンクなど徐々に色のある胡蝶蘭を送ります。ラッピングは派手な色は避け、紫など落ち着いた色を選ばれる方が多いようです。立て札には「供 〇〇」と自分の名前を書きます。

胡蝶蘭を送る日って?タイミングを知ろう!

胡蝶蘭_生花

お祝いの場合もお悔やみの場合も、胡蝶蘭を送るタイミングが重要です。お相手にお気持ちがちゃんと届くように、いつ送れば良いか確認していきましょう。

胡蝶蘭を送るタイミングは相手の都合を考えて

基本となりますが、胡蝶蘭を送る際はお相手のご都合がよい時を選んで送りましょう。これから、シーン別に送るタイミングをご紹介しますが、それがすべてではありません。いつ頃なら受け取っていただきやすいか、事前にお伺いできるといいですね。

開業・開店祝いなどの場合

開業・開店の2日前~前日につくように準備しましょう。開業・開店当日の午前中に送ることでお花はベストな状態でお届けできますが、忙しいことが想定されますので、前日までに送るのがよいといえるでしょう。

昇進・就任お祝いなどの場合

昇進や就任の後、仏滅以外の日に送りましょう。上場企業などは昇進や就任前に発表があるので、事前に送ることもできますが、前役職者の方も在任中となりますので、秘書の方などに確認してから送るなど配慮が必要です。

結婚や母の日、長寿など個人的なお祝いの場合

記念日やお誕生日の数日前~当日にお送りしましょう。長寿のお祝いなどはご本人のお気持ちを重んじてお祝いすることが大切ですので、事前に胡蝶蘭をお送りすることを伝えたほうが良い場合もあります。

引っ越し・移転・新築祝いなどの場合

当日、または前日までに送りましょう。移転で記念式典などがある場合は、会場宛に式典の前日までに送りましょう。

お悔やみの場合

初七日から四十九日に送るのが一般的です。お通夜の前に飾る枕花として送ることも問題ありませんが、あまりに早すぎるとご遺族の方に、亡くなるのを待っていた、という印象を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。

胡蝶蘭はいつ注文すれば良い?

注文について

お祝いにもお悔やみにも送れる胡蝶蘭ですが、「お祝いの準備をすっかり忘れていた!」、「急なご不幸があった。」といったように、すぐに送りたいときもありますよね。胡蝶蘭はいつ注文すれば間に合うでしょうか?

注文は前日までが確実

お急ぎの場合は、前日までに注文すると希望の配送日に間に合う場合が多いようです。とはいえ、事前に準備ができるに越したことはありませんので、早めの準備を心がけましょう。

夕方の注文でも当日配送OKのところも

ネットショップの中では、夕方の注文でも当日配送ができるなど、即日配送ができるお店もあるようです。お急ぎの場合は「胡蝶蘭 即日配送」などで検索してみるとよいでしょう。

まとめ

お祝いやお悔やみで胡蝶蘭を送るタイミングはご理解いただけたでしょうか?タイミングを逸してしまうと、お祝いやお悔やみのお気持ちをうまくお届けできないこともあります。早め早めの準備を心がけて、お相手に喜んでいただける胡蝶蘭をお送りしましょう。

胡蝶蘭を贈るなら、おすすめのフラワーショップはこちら

胡蝶蘭を送るなら実績のグリーンロードへ

法人ギフトを中心に、2,000社以上・21年の実績 胡蝶蘭を贈るならグリーンロード

株式会社グリーンロードなら、きめ細やかなサービスと高品質でボリュームのあるお花を、自信を持ってお届けします

お取引先の慶弔花に、最高級の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがですか?

関連する記事

こちらの商品も人気