お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

胡蝶蘭が喜ぶ植え替えとは!はじめてでもかんたん。

お祝いなどで贈ることの多い胡蝶蘭。花が全部落ちてしまった、葉が枯れてしまった、、、もう捨てどき?いえ、捨てるのは待ってください。鉢植えの胡蝶蘭は10年単位、ながければ50年も楽しめる植物なんです。どうなったら植え替えるの?の見極めポイントから植え替えの方法、植え替え後のお世話の仕方までぜんぶおつたえします!

植え替えのやり方完全ガイド!みきわめ編

葉のチェック

切り花ではなく、鉢植えの胡蝶蘭をおもちでしたら「植え替え」をすることで長く楽しめます。

では胡蝶蘭がどうなったら「植え替えどき?」なのでしょうか。花が減ったら?葉が落ちたら??

こうなったら植え替え!見極めるポイント

見てほしいポイントは2つです。

1.花が咲き終わった寄せ植え(3本立ち・5本立ち)

3本立ち、5本立ちの鉢植えの胡蝶蘭をお持ちで、花が咲き終わったら植え替えをしましょう。

小さな鉢にずっといれておくと、根が苦しくなってしまいます。寄せ植えは一株ずつ分けてあげると胡蝶蘭も過ごしやすくなります。

2.植え替えを2年以上していないこと

長く楽しみたいからと言って、頻繁に植え替えをしてしまうと根っこが傷ついてしまう可能性があります。ですので鉢植えの胡蝶蘭でも2年に一度を目安として行いましょう。特に水苔などの植え込み材が腐ってしまう場合もあるので2年おきに植え替えてあげると根の状態も健康的に保て長持ちできますよ!

とはいえ、病気のときは別です。病気になったらすぐに植え替えをしてあげてくださいね。

いつやるの?植え替えに最適な季節

植え替えに最適な季節は春、月でいうと4月がベストです

4月にできなかった!もう過ぎてる!という場合、遅くても6月くらいまでに行うことをおすすめしますよ。胡蝶蘭は熱帯地域生まれのため寒さに弱いので冬はさけてあげるとよいでしょう。

根腐れをしていたら・・・すぐに植え替え!

病気のときは別ですよ、と伝えさせていただきましたがよくあるのが「根腐れ」です。根腐れとは「根が傷んでしまい腐ってしまう」こと。症状としては葉がシワシワになったり元気が無いなと思ったら根腐れを疑ってください。

これは大切にしたいと思ってくれてるがゆえの「お水や肥料のやりすぎ」が原因となります。見分け方としてはまずは葉の状態を確認してシワシワだな、元気が無いなと思ったら茎など他の状態も見てあげてください。

根腐れしてることがわかったら、すぐに傷んでる根を取り除いてすぐに植え替えをしましょうね。

植え替えのやり方完全ガイド!必要なもの編

土と若芽

胡蝶蘭をお祝いや自宅用でもらったことがはじめてで、植え替えということばもはじめて知った。必要なのはわかったけど何からはじめていいのか・・・という方も多いのではないでしょうか。

それでは順番に植え替えに必要なものから見ていきましょう!

用土(ようど)を選ぼう

前提として知っておいてほしいことが胡蝶蘭は着生(ちゃくせい)植物です。着生植物とは土壌に根をおろさず、樹や岩盤に根を張り生活・成長します。そのため根に触れたところから性質がつくられていきます。そのため用土の選定がまず大事になります。

それでは用土を選びましょう。まずご自身の胡蝶蘭の用土が何かを確認してください。一般的に多いのは「バーク」か「水苔」です。基本的には同じ用土で植え替えをすることがおすすめされていますね。上手にそだててあげるために、それぞれの用土がどんな種類であるかを知っておくと良いでしょう!

バーク

「バーク」とは樹の皮(チップ)のことです。本来の胡蝶蘭の生態としては、樹に着生して生きているため環境として最も近しいです。水はけもよいため根腐れしにくく、肥料の吸収もいい、植物の成長に大事なPH値も胡蝶蘭に最適!バークで育てた胡蝶蘭は水苔よりもよく育つというケースもあるようで、最近盛んになってきています。主にニュージーランド産が多いですね。バークの種類によって水やりのペースなど変わることがあるようなので購入した先で確認するほうがよいでしょう。

水苔で栽培されていた胡蝶蘭をバークに変えても大丈夫のようです。

水苔

水苔とは湿地によく生育している苔のこと。葉に水を貯めることができるので高い保水力があるのが特徴です。

胡蝶蘭の用土としては20年以上も実績があり最も普及しています。そのため育成や植え替えについていろんな方法が確立しています。通気性、吸水性、保水性のバランスがとてもよく長年愛用されてきました。苔のためとてもやわらかいので根を傷めないという良さもあります。根腐れをしないようにだけ気をつけてくださいね。よく流通しているので手に入りやすいと思いますよ。

土はいらないの?

はい、いりません。普通は土壌に生息する植物が多いので土に埋めかえを考える方もいらっしゃいますが先に述べたとおりの理由から土に植え替えるのはNGなので気をつけてください。

他にも2種類ほどありますがあまり一般的ではないようです。

ベラボン:ヤシの実でできたチップのことです。水苔ほど保水力は高くなく腐りやすいため流通しなくなった時期もありました。いまでは改良も進んでおり以前より腐りにくく手入れしやすくなったともいわれています。保温性には優れていて寒い時期に根を守ってくれる良さもありますよ。

炭:根腐れおこしにくく、根にも優しい。ただ、お手入れが難しくプロではない一般の方では肥料の管理などやりきれないでしょう。

ベラボンと炭についてはあまり一般的ではないので植え替え方法のご説明はありません。

鉢を選ぼう

次は鉢を選びましょう。用土にあわせて最適な鉢を選んでくださいね。

鉢は小さめがおすすめで、胡蝶蘭のサイズ次第にはなりますが4〜5号鉢が目安です。寄せ植えの場合は一株ごとに鉢を分けてあげてください。そのため、株の数だけ鉢を用意しましょう。

バークの場合

ポリポットがよいでしょう。ポリポットとは柔らかいビニール製のポットのことをいいます。ポリポットは保湿性が高いため乾燥しやすいバークとの相性がとても良いんです!水分をそんなに必要としないとはいえカピカピになってしまっては困るのでお手入れの管理もしやすくなりますね。

水苔の場合

素焼き鉢。必ず新品のものを買ってくださいね。水苔と素焼き鉢の相性がいい理由とはなんでしょうか。胡蝶蘭の根は鉢に接したときに鉢から水分や肥料をもらうことができます。吸収した根から内部の水苔に移動し、継続的に供給されるようになります。そして余分な水分は鉢の外壁から蒸発していくため水苔には素焼き鉢を推奨されています。

最近ではカラフルな鉢もたくさんありますので、ぜひお気に入りの鉢を選んで楽しんでくださいね。

ハサミの処理

切り口からバイキンが入らないよう、しっかりと消毒した新しいハサミを用意してあげてくださいね。ハサミの処理をしないだけで病気になりやすくなったりしますので、ちょっと手間をかけてあげることが大事ですよ。もちろん処理をする手も同じように消毒してからが良いでしょう。

肥料は必要?

はい、肥料も用意してください。バークの場合、植え替えのときに固形肥料を用意しておくと良いでしょう。植え替え後のお世話のときには液体肥料が一般的です。

植え替えのやり方完全ガイド!下準備編

胡蝶蘭の手入れ

必要なものは準備できましたか?それでは早速胡蝶蘭と向かい合いましょう!

支柱がある場合は、支柱を外して置きましょう。

花芽を切ろう

まずは花芽を切り、取り除きます。じっくり楽しみたい方は根本から切りましょう。

次はポリポットや素焼き鉢から株を取り出します。

根を傷めないように気をつけて

胡蝶蘭は根が鉢に張り付いていることが多いです。無理やり剥がすと根を痛めてしまう原因になりますので、植え替えのまえにしっかり水をあげておいて根に水を吸わせて柔らかくしておいてください。

続いて古い用土を丁寧に取り除きます。ここで、傷んでる根があったらしっかり取り除きましょう。このとき使ったハサミはその都度消毒をするほうが良いでしょう。病気が移ってしまう可能性があるためです。

黄色くなっている葉(寿命を迎えた葉)は優しくつまむだけで取り除けますので外しておきましょう。根に絡みついている用土もありますので丁寧にほぐしてとってあげてくださいね。

さあ、ここでは健康な根だけになった状態です。

植え替えのやり方完全ガイド!実作業編

植え替え

いよいよ新しい鉢への植え替えです。難しいことはありません。またきれいな胡蝶蘭が咲くことをイメージしながら優しく丁寧にうつしてあげましょう。

バークの場合

1.バークをひとつかみ、ポリポット鉢にいれます

2.続いて固形肥料をポリポット鉢にいれます

3.そのうえにまたバークをひとつかみいれます

ここでは肥料が直接胡蝶蘭の根に触れないよう気をつけてください。根を痛めてしまうからです。

4.胡蝶蘭の株を中心部にいれる

5.周りにバークを敷き詰める

胡蝶蘭の株と根の間にバークをたくさん敷き詰めてあげてください。粘土ベラや、身近なものですと割り箸などでトントンと押すようにいれてあげるのもいいでしょう。ただし、根をきずつけないよう気をつけてあげてくださいね。

6.ポリポットを鉢にいれ倒れないようにして完成!

水苔の場合

1.水分をたっぷり含ませた水苔を用意する

2.水分をたっぷり含んだ水苔を健康な根に巻きつける。

3.鉢に入れるときにやっとはいる!と思うほどにたくさん巻き付けてあげましょう

4.両手で水苔を押し込みます

5.鉢の上部から2〜3cmのところまで水苔がはいったら完成!

他に気をつけること

少し手間ですが、使用するたびにハサミは消毒しましょう。特に根腐れした根を切り落とすときは面倒でも都度行うことがきれいに育つ秘訣です。せっかく植え替えをしたのにここで病気になってしまったらもったいないですよね。

そして、植え替えたらすぐに水やり・・・と思いがちですがそこはちょっとまって!発根を促すためにもすぐの水やりは厳禁ですよ!それではここで、植え替え後の胡蝶蘭のお世話について知っておいてほしいことをまとめますね。

植え替え後の胡蝶蘭、最適なお世話とは?

水やり

水をすぐにあげなくて大丈夫かなと不安になりますよね。でもこの我慢が大事です。胡蝶蘭を育てる上で最も大事な「水やり」です。しっかり植え替え後のお世話について確認してくださいね

初めての水やりのタイミング!いちばんだいじ

バークの場合

1.植え替え後7日は水をあげないでください 2.その後は7日に一度コップ一杯程度の水(200ml)を目安にあげてください 3.水をあげたらほとんどの水が受け皿に流れてしまっていても大丈夫です。十分な水分は吸収されています。受け皿の水は放置せずに捨てるようにしましょう

水苔の場合

1.植え替え後15〜20日は水をあげないでください 2.その後は10日に一度コップ一杯程度の水(200ml)を目安にあげてください 3.水をあげたらほとんどの水が受け皿に流れてしまっていても大丈夫です。十分な水分は吸収されています。受け皿の水は放置せずに捨てるようにしましょう

ただし、季節によって少し頻度が変わる場合もあります。基本的な頻度は目安としてもらって定期的に植え込み材の乾燥状況を確認してもらうことが間違いありません!

気温の高い夏は成長の時期。植え込み材が乾燥してたら水やりをしてあげてください。

また気温の低い冬はおやすみの時期。乾燥するまで少し水やりを控えても大丈夫ですよ。

ここまできたらあとは今まで育ててきたことを気をつけるだけですね。覚えてますか?

その後の最適な環境とは

外で育てられないわけではないですが、できるだけ室内で育ててあげてください

そして暑さに強く寒さに弱い胡蝶蘭です。

寒い季節でも15℃以上は保ちましょう。そして暑い季節は35℃以上になったら注意してください。

肥料は必要?

肥料は植え替え後一ヶ月はあげなくて大丈夫です。一ヶ月後になったら液体肥料を上げてみましょう。その際、水分は一緒に与える必要はありません。次回の水やりのタイミングは同じく植え込み材が乾燥したらあげるようにしましょうね。

あくまで書いてあることは目安です。生育環境や品種、サイズによって異なりますのでしっかり胡蝶蘭の状況を見てあげながら適切に手入れをしてあげてくださいね。

そもそも胡蝶蘭はなぜこんなに長寿なの?

オレンジの胡蝶蘭

長寿の所以

胡蝶蘭の花は1ヶ月以上、長いと3ヶ月は楽しめるお花といわれています。植え替えを繰り返せば10年単位で楽しめるお花なんです。

それではなぜこんなに長寿なのでしょうか。それは胡蝶蘭がうまれそだった環境です。胡蝶蘭は東南アジアなどの暖かい地域に生まれました。水分や養分を必要としない着生植物で、木々から差し込む木漏れ日から光合成ができるくらい生命力が強いんです!

関連記事

2019.01.20

胡蝶蘭の寿命知ってる?長く楽しむための2つのこと

基本的な胡蝶蘭のお手入れ法

胡蝶蘭の鉢植え

それでは植え替え後をしっかり楽しむために胡蝶蘭の基本的なお手入れを振り返ってみましょう。

胡蝶蘭が花が散っても枯れたりしません。病気にかかったり根腐れをしたりしなければ長く楽しめます。そのためには大事なことはふたつだけ直射日光に気をつけることと水やりです。

最適な置き場所

胡蝶蘭が喜ぶのは、直射日光が当たらず風通しのいい場所です。生まれ育った環境に近しいところを植物は好みます。またある程度、湿度がある場所も良いでしょう。

家の中ですと、たとえば

ここにタイトル

キッチンなどの水回り テレビ台などの家電製品の近く レースのカーテン越しの窓辺。ただし夏は遮光性の高いカーテンにする

直射日光にあたると「葉焼け」をしてしまい変色します。

また、室外もだめではありませんが、室内のほうが環境も整えやすいので最適です。もしどうしても外ということであれば少し日光がはいるくらいの日陰で風通しのいいところ、害虫におかされにくいところで少し高さのある台の上などがよいでしょう。ただし、冬は室内にいれてあげてくださいね。

水やりには気をつけて

たっぷりのお水を毎日あげる必要はありません。水やりの目安は「植え込み材が乾いたら」を意識してください。定期的に指先で植え込み材を押して確認してあげると良いでしょう。

一般的には10日に一度を目安とされますが、季節や胡蝶蘭の品種、大きさ、室内・外環境にもよって異なるので一概に伝えられないところです。2,3日に一度胡蝶蘭の植え込み材を触ってみてあげて乾燥状態をしってあげると良いでしょう。

お水をあげすぎると「根腐れ」をしてしまい、胡蝶蘭が枯れてしまう原因のひとつになりますので注意してあげてくださいね。

植え替えで長く胡蝶蘭を楽しんでくださいね

いかがでしたでしょうか。お悩みや疑問は解決されましたか。もし、それでも新しい胡蝶蘭を買いたい!こういうお世話について相談できるお店で買いたい!などありましたら実店舗があり長く胡蝶蘭を販売しているお花屋さんがおすすめですよ!

胡蝶蘭を贈るなら、おすすめのフラワーショップはこちら

胡蝶蘭を送るなら実績のグリーンロードへ

法人ギフトを中心に、2,000社以上・21年の実績 胡蝶蘭を贈るならグリーンロード

株式会社グリーンロードなら、きめ細やかなサービスと高品質でボリュームのあるお花を、自信を持ってお届けします

お取引先の慶弔花に、最高級の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがですか?

関連する記事

こちらの商品も人気