胡蝶蘭を注文するには?何日前までに?など手順をまとめて解説

お取引先のお祝いごと、ご友人への贈り物など様々な慶弔事で購入される胡蝶蘭。いざ胡蝶蘭を注文するとなったときには、いつ、どこで、どのように、いつまでに?など気になることがたくさんありますよね。この記事では胡蝶蘭を注文する手順や注意点をまとめて解説します。

胡蝶蘭を注文する手順

フラワーショップ

多くの人にとって胡蝶蘭を購入する機会・経験は多くないですよね。しかもいざ購入するのは、大切なお取引先やご友人への贈り物という失敗できない場面が多いはずです。そんな人が安心して胡蝶蘭を注文できるように丁寧に解説していきます。

ただ、まず次の章では多くの人が気になる「何日前までに頼めばよいの?」という疑問にお答えしたいと思います。

何日前までに注文すればいい?

ギフトラッピング

多くの人が胡蝶蘭を注文するときに最も気になるのは「何日前までに胡蝶蘭を注文すればいいの?」ということではないでしょうか?それは胡蝶蘭を注文するシーンが贈り物の場面で、特定の日時が決まっているお祝いごとであればその場その場所にちょうど見頃のお花を届ける必要があるからですよね。

ここではみなさんの疑問に答えるために「胡蝶蘭を届けるベストなタイミングはいつか」「そのタイミングに届けるためにはいつまでに注文すればよいか」という2点を解説します。

胡蝶蘭を届けるベストなタイミングは?

お祝いごとに贈り物として胡蝶蘭を届ける場合のベストなタイミングはいつでしょうか。これはお祝いごとの種類によって異なります

胡蝶蘭を届けるベストなタイミング
  • 式典やイベントなど催し物があるお祝いごとの場合は前日までに
  • 記念日など催し物が無い場合は1週間前~当日午前中に
  • 開店祝いの場合はできれば前日、当日なら午前中に

上記のように「催し物が行われるかどうか」がポイントです。催し物がある場合は、事前にお届けすることで忙しい当日に受け取りをしていただく手間を掛けることがありません

催し物が無い場合は、記念日の直前にお届けすればよいのですが、当日になる場合は午前中に届くようにしましょう。そうすると記念日当日にできるだけ長くお花を楽しんでいただくことができます。

また、開店祝いの場合は、直前まで開店準備を行っている場合があるので、あまり早く届けてしまうと置き場所などで手間を掛けてしまうことがあります。できるだけ開店日の前日か、当日だとしても午前中に届けましょう。お祝いごとの種類に適したベストなタイミングで素敵な胡蝶蘭が送られてくると、マナーを押さえたスマートな印象を持っていただけますね。

何日前までに胡蝶蘭を注文すればよいか

届けたいベストなタイミングに届けるには、届けたい日の1週間前までに注文することをおすすめします。非常に希少な色の胡蝶蘭や、特殊な加工を施すなどの場合を除き、1週間以上前の注文であれば確実にお花をお届けすることができます。

前日や当日の注文の場合は、届けたいタイミングでお花が届けられないことや、在庫の都合で選べる胡蝶蘭の選択肢が限られる場合があります。落ち着いてお相手のことを考えながら胡蝶蘭を選びたい方は、できるだけ早めの注文を心がけましょう。

お急ぎの場合はネットショップがおすすめ

オンラインショッピング

とは言っても今すぐ胡蝶蘭を注文しなきゃいけなくなった!という場合もありますよね。お店によっては、翌日や当日にお届けする即日・当日配達というサービスを提供していることもあります。

また、即日・当日配達サービスを利用する場合は、お店に行く時間も惜しい場合が多いはずです。そんな時は、即日・当日配達に対応しているネットショップでの注文がおすすめです。

ただし多くのお店では、対応できる配達地域が限られていたり、通常とは別途料金が追加でかかったりする場合がありますので、お店ごとのサービス内容をよく確認した上で利用するようにしましょう。こちらでご紹介したお店では、一部地域に対応していませんが、在庫があれば当日の配達、16時までのご注文なら翌日の配達に無料で対応しています。

胡蝶蘭の注文の手順

ギフトカード

ここからは胡蝶蘭を注文する際の流れをご紹介します。基本的にはインターネット上のフラワーショップでの注文について取り扱いたいと思います。通販には慣れているよ、という方でもお花の贈り物に慣れている方は少ないかも知れませんので丁寧に解説していきます。

まず、胡蝶蘭を注文する手順についてポイントを紹介します。詳しくは個別に解説しますのでここでは大まかな流れをつかみましょう。

胡蝶蘭を注文する手順
  1. 胡蝶蘭を選ぶ
  2. 必要な情報の入力(送り主・お届け先など)
  3. 札やメッセージの選択・記入(贈り物の場合)
  4. 注文内容の確認
  5. 注文確定と決済

こうして見るとかんたんですね。一つひとつ解説していきます。

胡蝶蘭を選ぶ

まずは注文したい胡蝶蘭を選びましょう。胡蝶蘭といえば、お祝いごとのシーンで贈られることが多く、葬儀などお悔やみのにもシーンにも用いられますね。自分のシーンに合った胡蝶蘭の選び方はご存知でしょうか?

特に贈り物となると、本数・色・贈り方など意外と知らないマナーが存在するものです。以下の記事ではシーンや条件に合った胡蝶蘭の選び方をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

2019.02.22

これだけは気をつけたい。胡蝶蘭を贈るときの「マナー」と「タブー」

関連記事

2019.02.23

絶対に喜ばれる胡蝶蘭の選び方!完全ガイド

関連記事

2019.02.22

胡蝶蘭の徹底比較!本数・色・シーン別に価格や相場をご紹介

必要情報の入力

自分の用途にあった胡蝶蘭を選ぶことができたら、ネットショップで買い物かご・カートに追加して注文画面に移りましょう。次は注文に必要な情報の入力です。

多くのネットショップでは、ご注文者であるあなたの情報、送り主の情報、お届け先の情報の3つを求められるはずです。わざわざ注文者の情報と送り主の情報を分けて入力するのは、送り主の情報が胡蝶蘭に付ける木札やメッセージカードに使用されるからです。

また多くの場合、お花に添える木札やメッセージカードの内容を入力します。お名前や住所、メッセージの文言に間違いが無いか、一つひとつ確認しながら入力していきましょう。この時に落ち着いて入力できるよう、準備しておくべき情報については別の章でまとめてご紹介しています。

注文内容の確認

必要情報の入力が完了したら、注文内容の確認画面に移ります。先ほど入力した情報があっているかどうかを確認するわけですが、特に重要な以下の情報は念入りに確認しましょう。

念入りに確認すべき情報
  • 買い物かごに入った胡蝶蘭の種類、色、点数
  • 送り主、お届け先の方の氏名、漢字
  • お届け先の住所
  • 配送希望日時
  • メッセージや立て札の表記

どうしても入力した情報の大半になってしまいますが、贈り物は一回切りのものですから手間を惜しまず確認しましょう

注文確定と決済

注文内容の確認ができたら、注文の確定と決済に移ります。支払い方法については、クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い、代金引換、請求書払いなどが存在します。お店によって対応している支払い方法が異なりますのでご注意ください。

多くの場合、「確認メール」と「注文確定メール」(クレジットカード以外は支払い後)が送られてきますので、メールの内容が入力したものと相違ないかも念のため確認しておきましょう。以上でご注文完了です。後は素敵なお花が届くのを待つだけですね。

ネットショップによっては、注文後に実際に納品されたお花の写真を送ってくれるお店もあります。贈り物のお花なので、実物の姿を確認できると安心ですね。

FAXや電話注文ができることも

ネットショップであってもお店によってはFAXや電話での注文を受け付けている場合があります。インターネットに不慣れな方でFAXや電話の方が使いやすい方には嬉しいサービスです。お急ぎの場合などは、店員さんと直接話して希望を伝えられるので安心ですね。

また、電話の場合インターネットでの注文締切よりも遅い時間まで対応していることもあります。どうしてもこのお店で、できるだけ早く注文をしたい!という場合は、電話すると注文を受けてくれるかもしれませんね。

事前登録可能なお店や2回目以降入力不要なお店も

いざというときにすぐに注文ができるように、ご自身の情報や送り主情報、お届け先情報を事前に登録できるショップを利用する手もありますね。また、多くのショップは注文時に会員登録ができ2回目以降の入力はIDとパスワードのみでよい場合もあります。

こうしたネットショップの便利さはぜひ活用して、スムーズな注文を行いましょう。

注文時に準備しておく情報まとめ

PCを使う女性

ここまでで紹介した手順からも分かるように、贈り物として胡蝶蘭を贈る場合には多くの情報が必要です。いざとなったときに、お急ぎのときに困らないように、注文時に準備しておくべき情報をおまとめしました。

送り主の情報

まずは胡蝶蘭の注文に必要となる送り主の情報です。

送り主の情報
  • (法人の場合)会社名
  • (法人の場合)部署、役職
  • 氏名
  • 住所、郵便番号
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • お花の用途 (●●祝い、供花など)
  • お届けする日時

ほとんどは通販を注文する際の基本的な情報ですね。ちなみにお花の用途の情報が必要なのは、用途に応じて適切な立て札・メッセージをご用意するためです。ショップによっては用途の情報に応じて、不要なフォーム項目を飛ばしてくれるようなシステムを組んで、ご注文される方の手間を減らしていることもあります。

また、お届け日時については午前か、午後かなどの大まかな指定は行えることが多いです。13時〜14時などの細かな指定はお店によっては対応していなかったり、別途料金がかかる場合があるので、ショップの情報をよく確認しましょう。

多くのショップでは、「注文者の情報」と「送り主の情報」をそれぞれ求められます。「送り主の情報」をもとに立て札やメッセージが用意されますので、ご自身は注文のみで送り主が別の方の場合は、入力しているのが「注文者の情報」か「送り主の情報」かに注意するようにしましょう。

お届け先の情報

次はお届け先の情報です。項目としては送り主とほぼ同じです。

お届け先の情報
  • (法人の場合)会社名
  • (法人の場合)部署、役職
  • 氏名
  • 住所、郵便番号
  • 電話番号

間違った場所に届いたり、お相手の名前を間違えたりしてしまったら大変です。この情報は立て札やメッセージカードの作成にも使われます。住所に間違いがないか、お相手の会社名や氏名の漢字に間違いがないかは、特によく確認しましょう。また、お届け先の電話番号が求められる場合がありま。これは、お届け先の場所が分からなかったり、住所が誤っていたりしたときに、配送業者からのお問い合わせ先になることがあります。

立て札やメッセージカード

続いて立て札やメッセージカードです。お祝い花の良いところは、素敵なお花だけでなくそこに添えられる立て札やメッセージから、送り主の思いが伝わるところですよね。その分、内容に誤字脱字や表現の間違いがないかはよく確認されたほうがよいでしょう。

また、ネットショップの注文フォームはセキュリティの都合上、数分〜数十分間のうちに入力を完了しないと、最初からやり直さなければいけない場合が多いです。注文時にメッセージ文面を考えているうちに入力し直しとなってしまわないよう、事前に手書きやテキストエディターなどで作成しておくとよいでしょう。

決済方法

最後に大事なのが決済方法です。ネットショップの場合、多くはクレジットカード決済に対応しています。いざ入力というタイミングで手元に置けるよう、事前にクレジットカードを準備しておくとよいでしょう。クレジットカードを利用される機会が少ない方は、クレジットカードの有効期限が切れていないかなどにも注意が必要です。

まとめ

この記事では、胡蝶蘭を注文する手順、注意点、よくある疑問について解説しました。手順を理解し注文で手間取らなければ、胡蝶蘭のお花選びやお相手へのメッセージなどを考えることに集中できますね。素敵なお花を届けられるようにこの記事を参考に胡蝶蘭を注文してみてください。

胡蝶蘭を贈るなら、おすすめのフラワーショップはこちら

胡蝶蘭を送るなら実績のグリーンロードへ

法人ギフトを中心に、2,000社以上・21年の実績 胡蝶蘭を贈るならグリーンロード

株式会社グリーンロードなら、きめ細やかなサービスと高品質でボリュームのあるお花を、自信を持ってお届けします

お取引先の慶弔花に、最高級の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがですか?

関連する記事

こちらの商品も人気

with Hana 公式Facebook

with Hana 公式Instagram

@withhana.jp