お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

結婚祝いに胡蝶蘭を贈るときに押さえておきたいポイント!

さまざまなお祝いごとに使われることが多い胡蝶蘭。もちろん結婚祝いにも胡蝶蘭は最適なお花です。いざ結婚祝いに胡蝶蘭を贈るとなった場合、贈るタイミングや相場、選び方など、気になることがたくさんありませんか?お祝いの気持ちをしっかり伝えられるよう、押さえておきたいポイントをまとめています。

結婚祝いに胡蝶蘭を贈ることをおすすめする理由

ウエディング

胡蝶蘭は、その優美で気品のある見た目と、結婚祝いにぴったりの花言葉をたくさん持っています。 また、胡蝶蘭の花の特徴からも結婚祝いに向いているお花と言えるでしょう。

胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」、「純粋な愛」という花言葉を持っています。胡蝶蘭の花びらは、幸福を運んでくる蝶の姿に似ていますよね。 また、胡蝶蘭は色別でも花言葉があり、白い胡蝶蘭は「純粋」、「清純」、ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛します」という花言葉を持っています。

さらに、海外でも、「love(愛情)」、「beauty(美しさ)」、「luxury(豪華な)」「refinement(洗練された)」といった花言葉がつけられています。結婚祝いにぴったりの花言葉ですよね。 このような花言葉を持つ胡蝶蘭を結婚祝いに贈ることで、幸せを祈る気持ちがしっかり伝わるでしょう。

関連記事

2019.02.22

胡蝶蘭の花言葉はどんな意味 ?色別の意味や適したシーンもご紹介

胡蝶蘭の特徴

花言葉だけでなく胡蝶蘭の持っている特徴も、結婚祝いに胡蝶蘭を贈ることをおすすめする理由のひとつです。

花が咲いている期間が長い

胡蝶蘭の花は咲いている期間が1〜3ヶ月と長いため、贈ったあとも長く楽しんでいただけるお花です。 上手にお手入れすれば、翌年も花を咲かせてくれることがあるようです。新郎新婦の結婚生活も長く続きますようにという気持ちを込めて贈ることもできますね。

季節を問わず入手できる

胡蝶蘭はハウス栽培されているため、季節を問わず入手できます。結婚祝いに贈りたいお花があっても、季節によって手に入らないものもあるでしょう。胡蝶蘭は季節に左右されないので、いつでも結婚祝いに贈ることができるお花です。

結婚祝いで胡蝶蘭を贈るときのポイント

白の胡蝶蘭

胡蝶蘭が結婚祝いにぴったりであることは分かりましたが、いざ胡蝶蘭を贈るとなった場合に贈るタイミングや場所、贈り方などのポイントをご紹介します。

胡蝶蘭を贈るタイミング

胡蝶蘭を贈るタイミングは、結婚する二人のタイミングに合わせて贈るのが一番です。 まず大きく分けて、披露宴に招待されている場合とそうでない場合とでは、贈るタイミングは変えたほうが良いでしょう。

披露宴に招待されている場合

披露宴に招待されている場合でも、胡蝶蘭をお祝いとして贈る場合、挙式一週間前までに届くタイミングで贈るのが良いでしょう。 手渡しが一番良いですが、当日の手渡しはなかなか難しいですし、早いタイミングで届けます。

披露宴に招待されていない場合

披露宴に招待されていない場合は、当日、もしくは数日後の落ち着いたタイミングで届けるようにしましょう。 お祝いを贈る相手に気を使わせないことが大切です。

胡蝶蘭を贈る場所は?

次に、胡蝶蘭はどこに届けるのが良いのでしょうか。 贈る場所によって、贈るタイミングが異なったり、事前に確認しておいたほうが良いこともあります。

挙式会場に贈る

挙式会場や二次会会場、宿泊するホテルなどに贈る場合は当日に贈ります。ただ、芸能関係などの披露宴で大きなお花を贈ることはがありますが、一般的に結婚式に贈ることは少ないでしょう。

もし当日に贈る場合は、贈る会場側に事前に連絡しておきましょう。また、新郎新婦には、事前に会場の雰囲気や好みなどを聞いておけば、ふさわしい胡蝶蘭を選んで贈ることができます。

宿泊するホテルに贈る場合は、新郎新婦に胡蝶蘭を持ち帰ってもらう必要があるので、挙式後の新婚旅行のスケジュール等も確認しておいたほうが良いでしょう。

自宅に贈る

自宅に贈る場合は、挙式後の落ち着いたタイミングで新郎新婦の新居に贈ります。新婚旅行などに行く場合もあるので、事前に確認し、タイミングを見計らって贈るのが良いでしょう。 また、挙式後のタイミングが難しい場合は、挙式1週間前の早いタイミングで贈ることもひとつです。

ブーケとして贈りたい場合

親しい間柄では、胡蝶蘭をブーケとしてお祝いで贈りたい場合があるかもしれません。この場合は新婦さんとしっかり確認して贈ることが大切です。

結婚式にブーケは必需品であり、新婦さんの思い入れが詰まっているので勝手に贈ることはおすすめできません。新婦さんの好みや思い、挙式の雰囲気など、新婦さんと確認しながら一緒にブーケを作っていくことができれば、とても喜んでもらえるでしょう。

また、ブーケは挙式のプランに入っていることも多いため、その辺りもしっかり確認してください。

結婚祝いで贈る胡蝶蘭の相場

結婚祝いで贈る胡蝶蘭の相場は特に決まっていません。お祝いの気持ちと予算を大切にして胡蝶蘭を選びましょう。胡蝶蘭の値段は花の大きさと本数、グレードによって変わりますが、同じ条件では基本的に近しい価格帯になっています。

胡蝶蘭の花は割り切れる偶数ではなく、奇数の本数(本立て)を贈るようにしましょう。お祝いごとでは割り切れない奇数が縁起が良いとされることが多いです。そのため、胡蝶蘭の花も奇数が主流です。一般的には3本立ての胡蝶蘭が多く、より豪華にしたいときには5本立てを贈っても良いでしょう。

胡蝶蘭の値段や相場はこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

2019.03.04

胡蝶蘭の値段と相場を知ろう!シーン・大きさ・色別に比較

結婚祝いに適した胡蝶蘭

Happy Anniversary

さて、それではどのような胡蝶蘭が結婚祝いにふさわしいのでしょうか。特に決まりはないですが、結婚祝いとして自宅に贈る場合は、設置するスペースを考慮して、小さめの胡蝶蘭を選んでも良いでしょう。

また挙式会場に胡蝶蘭を贈る場合は少し大きめの胡蝶蘭を贈ることがオススメですが、会場のスペースや雰囲気等は事前に確認しておくことが大切です。 結婚祝いに胡蝶蘭を贈ることで、失礼になることは基本的にはありません。お祝いの気持ちが伝わることを第一に考えて、胡蝶蘭を選んでくださいね。

結婚祝いにおすすめの胡蝶蘭の色

鮮やかなブルーの胡蝶蘭

胡蝶蘭の花は白色やピンク色だけではなく、黄色や緑がかったものなどもあり、種類が豊富です。 結婚祝いにふさわしい胡蝶蘭の決まりは特に無いと説明しましたが、胡蝶蘭の色ごとに持つ花言葉に合わせて、結婚祝いの胡蝶蘭を選んでも良いでしょう。

白の胡蝶蘭の花言葉は「清純」、ピンクの花言葉は「あなたを愛します」です。 どちらも結婚する花嫁さんにはぴったりですが、贈りたい相手のイメージにあった花言葉の色の胡蝶蘭を選んでみてはいかがでしょうか。

また、最近ではヨーロッパで語り継がれている「サムシングフォー」のひとつ、「サムシングブルー」を結婚式に取り入れることが人気になっているようです。 「サムシングブルー」は人目につかないよう身につけるのが良いとされていますが、最近ではブーケやシューズに取り入れたりとさまざまです。この「サムシングブルー」にちなんで、ブルーの胡蝶蘭を結婚祝いに贈るのもお洒落ですね。

「サムシングフォー」とは

結婚式の時に次の4つのものを花嫁が身につけると幸せになれるといわれているおまじないです。

  1. サムシングオールド(なにか古いもの)
  2. サムシングニュー(なにか新しいもの)
  3. サムシングボロー(何か借りたもの)
  4. サムシングブルー(何か青いもの)

結婚祝いで贈る胡蝶蘭の立札

ギフトカード

結婚祝いで、特に挙式会場に胡蝶蘭を贈る場合の、お花に添付する立札の書き方をご紹介します。 基本的には、以下の内容を記入することがマナーです。

  1. お祝い文言
  2. 自分の名前(贈り主)
  3. 新郎新婦の名前
結婚祝いのお祝い文言例
  • 祝 結婚
  • 祝 ご結婚
  • 結婚祝
  • 結婚御祝
  • 結婚おめでとう

また、自宅に贈る小さめの胡蝶蘭には立札ではなくメッセージカードを添付するのが良いでしょう。 立札には文字数の関係で記載出来ない細やかなメッセージを記入できますが、メッセージカードの場合も木札に記載した最低限の内容(宛名、差出人)は忘れずに記入します。また、目上の人に対しては敬語や丁寧語でメッセージを記入しましょう。

結婚式でも使われる胡蝶蘭

ピンクの胡蝶蘭お祝いごとにたくさん使用される胡蝶蘭ですが、最近では結婚式でも使用されることが増えています

先にご紹介した通り、結婚式にぴったりの花言葉を持っていることや、上品かつ華やかな見た目が挙式会場や衣装、小物に合わせやすいことが理由ではないでしょうか。 結婚式のどのような場面で胡蝶蘭が使われているのかをご紹介します。

ブーケや髪飾りに

結婚式で胡蝶蘭を使用する場合、結婚式の必需品であるブーケに胡蝶蘭を使います。

ブーケの形は「キャスケードブーケ」や「ティアドロップブーケ」が胡蝶蘭の花枝を活かすことができるのでおすすめです。 和装の場合は「ボールブーケ」のアクセントに胡蝶蘭を使用するのも素敵ですね。

また、ブーケだけでなく髪飾りに使用する花嫁さんもいます。胡蝶蘭は和装の髪飾りに使用されることが多いそうですが、洋装にも合わせられるので、ドレスに合わせた色の胡蝶蘭を選んでみてくださいね。

受付やウェルカムボードにも

胡蝶蘭は挙式会場の受付やウェルカムボードにも使用できます。

胡蝶蘭は上品かつ華やかなお花なので、結婚式に来てくださったゲストが一番最初に目にする場所である受付にぴったりではないでしょうか。 華やかな受付で迎えられると気持ちも良いものですよね。

胡蝶蘭は花粉が少ないうえ、アレルギーも出にくいと言われているため、受付に生花を置くことでの花粉の飛沫やアレルギーが心配な場合も安心です。

また、ウェルカムボードに胡蝶蘭を使用することもできます。 手作りされることが多いウェルカムボードですが、胡蝶蘭を生花で使用したり、押し花にしたり、様々なデザインのウェルカムボードを作ることができます。造花の場合は、ウェルカムボードの作成キット等を利用すると良いでしょう。

まとめ

胡蝶蘭は結婚祝いにぴったりのお花ですね。お祝いする相手に合った素敵な胡蝶蘭を選んでみてくださいね。 二人の門出を祝福し、永遠の幸せを願って胡蝶蘭を贈りましょう。

胡蝶蘭を贈るなら、おすすめのフラワーショップはこちら

胡蝶蘭を送るなら実績のグリーンロードへ

法人ギフトを中心に、2,000社以上・21年の実績 胡蝶蘭を贈るならグリーンロード

株式会社グリーンロードなら、きめ細やかなサービスと高品質でボリュームのあるお花を、自信を持ってお届けします

お取引先の慶弔花に、最高級の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがですか?

関連する記事

こちらの商品も人気