お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

プリザーブドフラワーはプレゼントに最適。人気の理由と選び方

プレゼントとして人気のあるプリザーブドフラワーですが、そもそもプリザーブドフラワーとは何なのか分からない方も少なくないでしょう。そこで、今回はプリザーブドフラワーの特徴や、プレゼントに最適な理由や選び方などをご紹介します。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーの『プリザーブド』とは『保存された』という意味があります。つまりプリザーブドフラワーは『生花のように保存できる特殊加工された花』という意味です。

花が一番美しいときに色素を抜き、保存できるように加工してから色を再度入れるため、さまざまな色の花が楽しめることも特徴の1つでしょう。

ドライフラワーとの違いは?

プリザーブドフラワーは『ドライフラワー』の一種です。枯れないお花という特徴から、一般的なドライフラワーと度々混同されますが、大きな違いは加工の工程にあります。

一般的なドライフラワーは、吊るして乾燥させ、長く楽しめるようにした花です。一方、プリザーブドフラワーは、生花を脱水して色を抜き、特殊な保存液(着色液)を染み込ませて作ります。ドライフラワーとは違い、乾燥させる工程はありません。

そのため、ドライフラワーとは違い、生花と同じ感触で、色鮮やかなまま長く楽しむことができます

「ドライフラワーのカサカサとした感触や褪せた色が苦手だけれど、生花を育てるのも面倒…」という方には、生花に近い感触かつ鮮やかな色合いのまま、長期保存が可能なプリザーブドフラワーがおすすめです。

プレゼントにおすすめな理由4つ

プリザーブドフラワーは、プレゼントにも最適です。プリザーブドフラワーがなぜプレゼントによいのか、理由を4つご紹介します。

生花より長く楽しめる

プリザーブドフラワーは、保存方法さえしっかりしていれば約5〜10年ほど、保存環境が悪くても約1〜2年ほどもつと言われています。

生花と同じような感触かつ色合いを長く楽しめることが、プリザーブドフラワーの最大の特徴でしょう。

水やりなどの手間がかからない

ブリザーブドフラワーは、特殊な加工が施されているため、生花と違って水やりをする必要がありません

生花にはない手入れ方法もありますが、水やりほど頻繁にする必要もないため、手間はほとんどかからないでしょう。

花粉がないのでアレルギーなどの心配もなし

プリザーブドフラワーは、生花と同じような感触かつ色合いを持ちますが、ドライフラワーに近いものです。

そのため、花粉が付いたり舞ったりすることもありません

「お花を贈りたいけど、相手が花粉症なので贈れない」「お見舞いに贈りたいけど病院で生花が禁止されている」とお悩みの方にもおすすめです。

お見舞いで贈るときのマナーについてはこちらの記事でご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

2019.05.29

プリザーブドフラワーはお見舞いにも最適。贈る時のマナーなどを解説

女性だけでなく、男性にも喜ばれる

最近は、昇進祝いや誕生日、父の日などにお花を贈る方も増えています。しかし「男性にお花を贈っても喜ばれないのではないか?」とためらう方も少なくありません。

しかし、お花を貰ったことのある男性の約7割が「嬉しい」という感想を持つようなので、その心配は必要ないでしょう。

プリザーブドフラワーは、青や緑、黒などの男性が好むようなカラーバリエーションも豊富です。こうした生花にはない色合いが、男性に人気な理由の1つでしょう。

男性は花の贈り物をどう思っている?100人の男性に本音を聞いてみた | プリザーブドフラワーのはな物語

プレゼント用プリザーブドフラワーの選び方

いざプレゼント用にプリザードフラワーを贈ろうと考えても、さまざまな色やデザイン、器の種類が豊富なため、どのようなものが良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、プレゼント用として贈るための、プリザーブドフラワーの選び方をご紹介します。

贈る目的と用途を考える

プリザーブドフラワーには、さまざまなデザインのものがあります。生花を贈るときと同じように、プリザーブドフラワーも贈る目的や用途をふまえてデザインを選ばなければなりません。

お祝い用に贈るにもかかわらず、質素なデザインを選んでしまったり、反対にお供え用の仏花として贈るものに、華美なデザインを選ぶのは避けましょう。

どのような目的で贈るのか、もらった相手がどのように使うのかを考えて選ぶことが大切です。

カラーは相手の好みに合わせる

プリザーブドフラワーは、色が豊富にあります。そのため、生花と違い相手の好みにあった色を選ぶことが可能です。お花を贈る時は「相手が喜ぶこと」が重要になります。

相手が普段どのような色合いを好むか、相手の家の雰囲気に合うかなどを考えながら選ぶのも、プリザーブドフラワーを贈る醍醐味の1つではないでしょうか。

器の種類で選ぶ

プリザーブドフラワーはブーケになっているものもありますが、生花と違って器に入っているものもあります。

箱の中に入っているものから、ガラスや陶器などの器に入っているもの、フォトフレームや時計などと一体型になっているものまで、デザインも豊富です。

「子どもがいるご家庭だから割れ物は避けたい」「出先で渡したいから持ち帰りやすいものが良い」などの希望がある方も多いでしょう。そういった方は、器の種類から選んでみるのも良いかもしれません。

プリザーブドフラワーのお手入れ方法も確認

プリザードフラワーは決して「永遠に枯れないお花」ではありません。上述した通り、お手入れ次第では長持ちしますが、お手入れを怠ると色落ちし、花びらが散ってしまいます。

プリザードフラワーを綺麗なまま長持ちさせるためにも、お手入れ方法を確認し、プレゼントとして贈る際は説明書を付けるようにしましょう。

高温多湿と直射日光を避ける

プリザーブドフラワーは、特殊な液を染み込ませてから色素を入れています。そのため、高温多湿な場所に飾ったり直射日光に当てたりすると、色落ちや液だれ、鮮度が落ちるなどの不調が起こりやすくなるのです。

最適な湿度は30〜50%、温度は18〜22℃と言われているため、できるだけ乾燥した日陰に飾ると長く楽しむことができるでしょう。湿度管理が難しい場合は、シリカゲルなどの乾燥剤を器内に入れておくこともおすすめです。

また、風通しの良いところに飾っておくことでより長持ちするでしょう。

埃が付いたらブラシなどで優しく払う

プリザーブドフラワーを飾っているとどうしても付いてしまうのが埃です。しかし、お花だからと水などで洗い流してしまうと色素が流れてしまい、衣服や家具に色移りしてしまいます。

埃が付いた場合は、お化粧用のブラシや埃はたきなどの柔らかい毛のもので、優しく払って落としましょう

プリザードフラワーは、大変デリケートです。毛が硬いもので払ったり強い力で払ってしまうと、花びらが落ちてしまうこともあります。必ず優しく払うよう注意してください。

また、指で払うと皮脂や汗で花びらが痛んでしまうため、できるだけ触らないようにしましょう。

大切な人には手作りを、東京のフラワー教室

「プリザーブドフラワーを買って贈るのも良いけど、できることなら手作りを贈りたい」という方もいるでしょう。

実は、プリザーブドフラワーの作り方を教えてくれる、フラワー教室があるのです。そこで、東京で通えるプリザードフラワーのフラワー教室をご紹介します。

渋谷区 フラワーマリアージュ

体験コースから資格取得のためのコースまで、全7種類の幅広いレッスンがあり、レッスン料も3,000〜1万5,000円とお手頃です。

全てのコースが花材込みの料金設定で、手ぶらで通えるのもポイントでしょう。レッスン以外にも、ブライダル用のプリザーブドフラワーの作成もしており、ヘッドドレスやブーケなど様々なデザインから選べます。

日比谷線恵比寿駅の5番出口から徒歩5分、JR山手線恵比寿駅の東口恵比寿スカイウウォークから徒歩8分と通いやすいのも、おすすめな理由のひとつです。

  • 店舗名:フラワーマリアージュ
  • 住所:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-16-12 東ビル202
  • 電話番号:03-6303-1892
  • 受付時間:9:00~20:00(土日祝可)
  • 公式HP

墨田区 Hexen Haus

フラワーアレンジメントの初心者から上級者向けのレッスンがあり、自分の実力に合わせたコースを選べることが特徴で、コースの併用も可能です。

レッスン料は、花材込みで月1回5,000〜8,000円と手頃で、コース併用の場合は1000円の割引があります。また、レッスン日の変更が可能であり、欠席した場合でも花材や資材を自宅まで配送してもらうことも可能です。

そのため、残業が多く定期的に通えないという方や、仕事が忙しく急な予定が入りがちという方も安心して通うことができるでしょう。

JR総武線錦糸町駅の北口から徒歩3分、東京メトロ半蔵門線錦糸町駅の北口から徒歩3分と通いやすい場所にあります。

  • 店舗名: Hexen Haus
  • 住所:〒130-0013東京都墨田区錦糸2-14-7 ヘクセンハウスビル6F
  • 電話番号:03-5610-5011
  • 公式HP

港区 BouquetToss

田町駅から徒歩9分、三田駅から徒歩11分、芝浦ふ頭駅から9分に位置しているフラワー教室です。体験コースのレッスン料は3,000〜5,000円と「試しに1回だけレッスンを受けたい」という方に手頃な価格ではないでしょうか。

また、他にもベーシックコースやステップアップコース、ディプロマコース、マスターコースなど実力に合わせたコースがあります。じっくりとプリザーブドフラワーについて学ぶこともできるでしょう。

忙しい方には短期集中コースもあり、短い期間で基礎を学ぶだけでなく、実力をつけることも可能です。

また、駐車場もあるため車で通うこともできます。

  • 店舗名:BouquetToss
  • 住所:〒108-0023 番号東京都港区芝浦4-20-2
  • 電話番号:080-2291-1777
  • 営業時間:平日11:00~21:00 土日祝 12:00~20:00
  • 公式HP

ここまでフラワー教室のご紹介をしましたが、自宅でもプリザーブドフラワーを作ることはできます!こちらの記事で作り方をご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

2019.05.28

生花の美しさを保つプリザーブドフラワー。特徴と人気の理由を紹介

まとめ

プリザーブドフラワーは、色鮮やかかつ生花のように柔らかい感触で長持ちします。そのため、生花とドライフラワーのいいとこどりで、プレゼントとして贈るお花に最適です。

お手入れもそれほど手間がかからず、プレゼントでなく自宅に飾ったり、自身の結婚式のためにブーケやヘッドドレスとして購入したりするのも良いでしょう。

また、自身で作れるようになれば、プリザードフラワーの楽しみ方も格段に広がるはずです。新しい趣味として、プリザードフラワーを始めてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

こちらの商品も人気