美しい生花を加工するプリザーブドフラワーとは?特徴や作り方を紹介

最近よく耳にするプリザーブドフラワーとは、どのような特徴があって人気なのでしょうか。枯れない花といわれる理由は何なのでしょう。プリザーブドフラワーの作り方から保存方法、おすすめの店紹介まで、さまざまな角度でまとめました。

枯れない花?プリザーブドフラワーとは何か

プリザーブドフラワーとは、長く保存できるように加工された花のことです。生花を安全な薬品溶液に浸して、水分と色素を抜き取り、あらたに着色をほどこして乾燥させたものです。

素材が生花なので、『枯れない花』ともいえます。ただし、永遠に同じ状態ではなく、ゆっくりではありますが劣化していくのは否めません。

水やりなどの手入れは必要ありませんので、さまざまな機会に差し上げるギフトにも重宝されています。

プリザーブとは英語で保存するという意味

プリザーブドフラワーとは聞きなれないと覚えにくい言葉かもしれません。『プリザーブド』(preserved)は英語で『保存された』という意味で、プリザーブドフラワーとは『保存された花』となります。

約2~5年は美しいままで楽しめますが、維持に少しだけ手間をかけると5年以上保存することも可能です。

ただし、生花よりも値段は高め

生花と比較すると、プリザーブドフラワーは値段が高めになります。生花よりも高価になる理由の1つは、加工する『技術料』が上乗せされることです。

珍しい種類の花や、大きい花などは加工が難しいので、より高くなる傾向があります。小ぶりなもので3000円程度、スタンダードな花束くらいのボリュームでは5000円程度が一般的です。

ウェディングでのブーケなどは花数が多く、素材となる生花もベストに近い高品質なものを選ぶので、数万円かかることもあります。

造花やドライフラワーとの違い

観賞用などに使う花には、生花のほかに造花やドライフラワーがあります。どのような点が違うのか見ていきましょう。

造花は本物の花に似せて作られたもの

造花は文字どおり、人工的に造られた花です。価格は大変『幅広く』、100円均一ショップで買えるものから精巧で生花のように見える高額なものまであります。

造花は、さまざまな種類の『布地』から作られるので、いわば偽物ですが、プリザーブドフラワーは本物の『生花』から作られる点が大きな違いです。

また、『花の種類』については、造花のほうが豊富といえます。プリザーブドフラワーの場合、花の種類によっては加工に不向きなものもありますが、造花は人工物ですので、あらゆる花を作ることができるからです。

ドライフラワーとの違いは見た目と寿命

ドライフラワーは、プリザーブドフラワーと同じ生花から作られますが『見た目』と『寿命』が異なります。

ドライフラワーの見た目は、かさかさと『乾いた感じ』で色も鮮やかではありません。一方、プリザーブドフラワーは生花のようなみずみずしさと鮮やかな色を保てます。

ドライフラワーは湿気の少ないところに飾っておけば長く持ちますが、完成時のままを維持するとなると3カ月~半年ほどが限度です。プリザーブドフラワーの場合はもっと長く、2~5年は維持できます。

簡単手作り、プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーは自宅で簡単に手作りできます。簡単に作れる方法を以下に説明しますので、ぜひ挑戦してみてください。

必要な材料

  • 花材
  • ブリザーブドフラワーA液(脱水・脱色用)
  • ブリザーブドフラワーB液(着色用)

B液は、作りたい色数分が必要で、混ぜて色を作ることもできます。これらの溶液は、花材販売店などで入手可能です。

1本でA ・B液の働きをする専用液もありますが、ここでは、過程がわかりやすいように2種類の溶液を使って説明します。

A液の代わりに『エタノール』、B液代わりに『グリセリン』と『インク』を使って代用も可能です。エタノールやグリセリンは薬局で入手可能です。

加工のための道具としては、以下のものを用意しましょう。

  • 花ばさみ
  • 花の数料分の密閉容器
  • ピンセット
  • アルミホイル
  • ゴム手袋
  • キッチンペーパーや乾燥用のネットなど

作り方の流れ

  1. 花の茎を2~3cm残してカットし、最低でも30分ほど水につけ吸水させる
  2. A液を入れた容器に沈めて蓋をする
  3. 半日を目途にA液が黄色っぽくなったら、花を取りだす
  4. B液の容器に沈めて蓋をする
  5. 約1日以上、日陰に放置する
  6. 花を取りだしてA液に戻し、30秒から1分浸けてすすぐ
  7. キッチンペーパーなどで水気を拭いてから乾燥させる

液体から花を引き上げる時には、すでに花は乾いた状態ですのでピンセットなどを使い、取扱いに注意してください。液に沈める時に浮きあがってきてしまう場合は、アルミホイルなどで『落とし蓋』をしましょう。

なお、エタノールやグリセリンを使う場合は、浸水時間が長く必要です。

上手に乾燥させるコツは?

上手に乾燥させるには、『自然乾燥』がおすすめです。時間はかかりますが、花がくずれたり壊れたりすることが少なくなります。

コツは『茎を下方』にして、花が咲いているのと同じ状態で乾燥させることです。普通に置くと倒れてしまいますので、立てて乾燥させるような工夫が必要です。

ネットなどを箱に渡して取りつける、紙箱などに穴をあけて刺して立たせるなどして2~3週間、日陰で乾かします。

ほかにも、シリカゲルを入れた容器に花を埋めて2日ほど乾かす方法も可能です。湿度の高い場合は、半日ほど自然乾燥させた後にドライヤーの弱冷風や食器乾燥機を使って乾かしましょう。

プリザーブドフラワーに使う花の選び方

ブリザーブドフラワーを作るときには、加工しやすい花とそうでない花があります。加工しやすい花の特徴と、おすすめの花を紹介します。

加工しやすい花の特徴

加工しやすい花の特徴は、以下のとおりです。

  • 新鮮な状態で6~7分咲きのもの
  • 花びらが厚く散りにくい
  • 花びらの枚数が多い
  • 花やガクに傷がない
  • 大きすぎない

全体的に花びらがしっかりしていて、取れにくいような状態のものが向いています。花びらが薄いと切れやすくなり、枚数が少ないと取れやすくなるので加工が難しいです。

また、大きい花は着色が均一にならず、むらが出やすくなります。慣れてきてから挑戦するのがおすすめです。

満開以上の花だと、作業中に花びらが散りやすい状態になります。6~7分咲きのものを選びましょう。

プリザーブドフラワーにおすすめの花

ここからは具体的に、プリザーブドフラワーに向いているおすすめの花の紹介です。

バラ

バラは、プリザーブドフラワーの代名詞ともいえるほど有名です。プリザーブドフラワーを研究・開発する際に使われた花でもあります。バラの花の豪華さや美しさを保存できたからこそ、プリザーブドフラワーの人気が世界中に広まったのでしょう。

バラは花びらが『多く』、重なり方が独特で美しいという特徴があります。花びらが『肉厚』でガクから取れにくいのも、よく使われる理由です。

花の形もいろいろありますので、さまざまなバリエーションでのアレンジを楽しめます。また、自然界にはない『水色』や『青』に染めたバラも魅力的です。

カーネーション

カーネーションは、花びらが『厚く』、数も『多い』ので、プリザーブドフラワー向きの花です。フラワーショップには在庫があることが多く、新鮮なものを選びやすくなっています

花の形の特性上、中心部分がきつく締まった状態なので、溶液が浸透しにくいのが難点ですが、浸け置き時間を長くすれば、問題なく綺麗にできあがるでしょう。

母の日のプレゼントには定番の花ですが、カーネーションをメインにするだけでなく、さまざまな花と合わせるとにぎやかで楽しい雰囲気になります。

ガーベラ

ガーベラは、花びらが外に開き、大きめで存在感があるので、アレンジに使用すると明るく華やいだ印象になります。花びらがしっかりしていて『肉厚』なので、作りやすい花です。

ガーベラは、定番の『一重』のものも可愛らしいですが、花びらがダリアのような『八重』のものを使うと豪華な印象になります。

ピンクやオレンジ、黄色の暖色系を多く見かけますが、白1色で統一して作るアレンジも非常におしゃれです。

あじさい

あじさいの花びらに見える部分は、じつはガクなので、しっかりとした『厚み』があります。

あじさいのなかでも向き不向きがあり、梅雨時に咲くものは水分が多いため不向きです。梅雨の後から咲き始める『アナベル』や『ガクアジサイ』『秋色あじさい』などが向いている種類になります。

アレンジのわき役として添えられることが多い花ですが、リースやトピアリーなどにすると、そのはかないイメージと繊細さが際立ち、主役にもなれる花です。

プリザーブドフラワーの保存法とお手入れ法

プリザーブドフラワーは、水やりや枯れた葉などを取り除く必要もなく手入れがほとんどいらない花です。しかし、維持に少しだけ気をつければ、より長く美しい状態が続きます。

どんな場所に飾るのが向いていて、どのようなことを心がけるとよいのでしょうか?

高温多湿の場所には置かない

プリザーブドフラワーは、『高温多湿』が苦手です。着色料は湿気にとても弱く、花びらが透けるなどの変色を起こしたり、着色液が染み出たりすることもあります。

日本の梅雨時期や夏場は湿度が80%以上と非常に高くなることもあり、25℃以上の高温にも向かないので、特にそれらの時期には注意が必要です。

まず、プリザーブドフラワーを置く場所を考えましょう。風呂場に続く洗面所やキッチン・トイレは湿度が高くなりがちです。狭い玄関の場合、傘や靴などについた水分が影響することもあります。

1番よい方法は『クリアケース』などに入れて風通しのよい涼しい場所を選び、シリカゲルなどの乾燥材を入れ定期的に取り替える方法です。

直射日光、強い光は色あせやひび割れの原因

高温多湿のほかには、『直射日光』やスッポトライトなどの『強い光』にも弱く、色あせやひび割れの原因になります。

南向きのリビングに置く場合には、陰になって空気がこもらない場所を選んで飾りましょう。また、強いスポットライトも苦手なので、直接光が当たらない場所に移動させたほうが長持ちします。

ホコリがついたら風で飛ばす

クリアケースの保管は、いかにも『飾りもの』のようで好まない人もいらっしゃるでしょう。しかし、ケースを使用しないと時間の経過とともに『ホコリ』がつきやすくなります。

ホコリは、付着してしまう前に『風で飛ばす』のがおすすめです。『ヘアドライヤー』の弱冷風で遠くから風を当てましょう。パソコンや精密機器の掃除に用いる『ブロアー』もよいですね。

ほかにも、柔らかなブラシや、乾いた柔らかな布で1つずつのパーツを丁寧に掃除するなどの方法もあります。

大切な人にプリザーブドフラワーを贈ろう

プリザーブドフラワーは、贈り物に適しています。誕生日をはじめとした記念日や、お祝いごと、お見舞いやお返しなど、さまざまなシチュエーションで使うことが可能です。

ギフトとしての人気の理由は、どこにあるのでしょうか。

水やりの必要がない

生花を飾りたいけれど、忙しくて『水やり』や取り替えがストレスになってしまう人にはぴったりなギフトです。手入れは苦手という人や、高齢者への贈り物にも向いています。

生花のように見えるのに手間がかからない美しい花は、贈り物として喜ばれるでしょう。

花粉がないので安心

プリザーブドフラワーは、その製作過程で花粉や香りが飛んでしまいますので、花粉アレルギーを持っている人や、花の香りが苦手な人にも安心して差し上げられます。

また、花粉で服を汚す心配がないのも嬉しい点ですね。

相手の好みに合わせてアレンジ可能

生花では吸水が必要なので、茎の先端が水に浸かっているか、水分を吸い上げる状態にする工夫が必要です。プリザーブドフラワーは吸水の必要がないため、さまざまな小物と組み合わせられます。

例えば、花を箱にぎっしりと詰めた『ボックスアレンジ』や、壁掛けにする『フレームタイプ』はユニークな見栄えです。『バスケット』や『ガラスドーム』、ゴージャスな『バラ一輪』もおしゃれですね。

ウェディングのお祝いなどには、片面が写真フレームになっているものや『ウェディングのケーキ』を摸したアレンジもおすすめです。

このようにアレンジの『選択肢が広い』ので、相手の好みに合わせて選びやすくなります。

プリザーブドフラワーを通販できる人気店

プリザーブドフラワーは、街にあるフラワーショップでも購入できますが、生花がメインの店が多く、さほど多くの在庫が置けないところが多いようです。

何軒も足で回るのは大変な手間になります。そのため、たくさんの商品が揃っており比較もしやすい通販で購入するのがおすすめです。

詳細な説明や多くの画像で紹介してくれるので選びやすいでしょう。おすすめの通販ショップを3つ紹介します。

グリーンロード

『グリーンロード』(GREEN ROAD)は、法人との契約実績を2000社以上持ち、品質の高さときめの細かいサービスが自慢の会社で、プリザーブドフラワーは『通販をメイン』に展開しています。

無料の会員登録をしてギフト用に購入した場合には、届けた商品画像を確認できるサービスがあるので安心ですね。

新鮮で質のよい生花を取り扱っているので、プリザーブドフラワーの花材もクオリティの高いものが揃っているのが魅力です。

色合わせや色のトーンがとても美しく、価格も5000円台から選べます。バラのアレンジがメインです。

グリーンロード

日比谷花壇

『日比谷花壇』の前身は、1872年に東京葛飾で創業され、第二次大戦後に東京の復興計画の一部として、都知事より日比谷公園への出店を要請されたのが始まりです。

一流のフラワーショップで、花のクオリティには定評があります。

プリザーブドフラワーは色とりどりのバラが中心です。ディズニーやハローキティのキャラクターとのコラボ商品なども揃っており、贈る相手の幅広い好みに対応できますね。

無料登録のメンバー会員には、メンバーだけの優待企画の案内や、スマホアプリでポイントを貯めると店舗で花と交換できるなどの嬉しい特典もあります。

日比谷花壇

ベルビーフルール

『ベルビーフルール』は、プリザーブドフラワー専門の通販ショップです。花の種類が多く、デザインもバラエティに富んでいます

お店の始まりは、ウェディングに装飾花を依頼されてプリザーブドフラワーで作成し、ゲストの持ち帰りにしたところ大評判になり、スタートしたとのことです。

洋風・和風のプリザーブドフラワーや、スイーツとのカップリング製品、リースやスワッグなども揃っています。

ベルビーフルールの1番人気は、『セミオーダー・アレンジ』です。デザイナーと相談しながら作るので、贈りたい人にぴったりのアレンジができあがります。

ベルビーフルール

まとめ

花のある生活は、思いのほか心を和ませ癒してくれるものです。プリザーブドフラワーは、さまざまなシーンで使えるので、花の利用方法は今後ますます広がっていくでしょう。

自宅用のインテリアをはじめ、記念日やお祝いのプレゼントなどにも最適です。ぜひ、プリザーブドフラワーの世界に触れてみてください。

関連する記事

こちらの商品も人気