お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

プリザーブドフラワーで人気の白い花は?種類や人気デザインのまとめ

豊富なカラーとデザインで人気のあるプリザーブドフラワーの中でも、白のアレンジメントはさまざまなシーンで使われることが多いです。白のアレンジメントの種類や贈られるシーン、人気があるデザインについてまとめました。

プリザーブドフラワーについて知ろう

花の美しさが長持ちするとあって、人気が出ているプリザーブドフラワーですが、プリザーブドフラワーとはどのようなものなのでしょうか。そして、どのような種類があり、どのくらい長持ちするものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

プリザーブドフラワーとは

枯れないお花といわれるプリザーブドフラワーは、生花のような鮮やかさがいつまでも長持ちすることで人気が出てきました。

プリザーブドフラワーの『プリザーブ』とは、英語で『保存する』という意味です。花の美しい状態がそのまま保存できるということで、その名がつけられました。

プリザーブドフラワーが誕生したのはヨーロッパです。綺麗な生花を長持ちさせる方法として開発された技術は、フラワーアレンジメントの可能性を広げました。今では海を渡った日本でも、人気の花材として愛好家が増えています。

種類や寿命

プリザーブドフラワーのアレンジメントでよく見かける花は、バラやアジサイ、カーネーションではないでしょうか。その他、デンファレやデルフィニューム、ピンポンマム、ガーベラ、ジャスミンなども人気があります。

プリザーブドフラワーで使われるグリーンには、レモンリーフ、ユーカリ、バラのリーフ、ワイヤープランツなどがあります。

プリザーブドフラワーは、湿気に弱いのが特徴です。湿気の少ないヨーロッパでは10年以上持つ場合もありますが、湿気の多い日本では約2~3年が美しく観賞できる期間といわれています。

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーは、道具と材料が揃っていれば、自分で作ることもできます。プリザーブドフラワーの加工法や、必要な道具と材料、加工手順についてまとめました。

どのような加工がされているのか

プリザーブドフラワーは、花が美しい状態で摘み取ることから始まります。

そして脱水と脱色です。摘み取った花をメタノール・エタノールなどの低級アルコールを主成分とする液に浸して、花の水分を脱きます

次に着色の工程です。色のついた不揮発性の有機溶剤を使って色をつけ、乾燥させます

これらの加工によって、ドライフラワーにはないみずみずしさと、鮮やかな色合いのあるプリザーブドフラワーが完成します。

自分で作る際に準備するもの

プリザーブドフラワーを自宅で手作りするには、以下のものを準備しましょう。

  • 花用のハサミ
  • 消毒用エタノール
  • 精製グリセリン
  • ゴム手袋
  • 万年筆やプリンターのインク
  • ピンセット
  • 蓋つきの密封容器
  • アルミホイル
  • 乾燥剤

消毒用のエタノールと精製グリセリンを使いますので、手がかぶれないようにゴム手袋があると良いでしょう。これらはドラッグストアで購入できます。

花の着色には、万年筆のインクやプリンターのインクが使えますが、絵の具は使えません

花を溶剤に入れる時にはピンセットを使いましょう。きれいに脱水、着色させるために、蓋つきの密封容器、落とし蓋としてアルミホイルを準備しましょう。

花を乾燥させるために、乾燥剤が必要です。お菓子の袋に入っているシリカゲルでも代用できます。

手順

茎を2~3cm残し、茎をカットします。茎を潰さないことと、断面が斜めになるよう切りましょう。その後、30分ほど水に挿しておきます。

花全体が浸かるよう、密封容器に消毒用エタノールを入れます。花が浮いたらアルミホイルで落とし蓋をして沈めましょう。容器の蓋も閉めて1日以上置きます。

グリセリン2に対し、水を1の割合で混ぜ、インクを数滴入れて容器に入れます。花の茎を容器に挿して、花が水を吸い上げる力で染色します。1日程度、直射日光の当たらない場所に置きましょう。

花が好みの色になったらキッチンペーパーなどで水気を拭き取り、乾燥剤を入れた密封容器に入れます。日陰に置いて2日ほど乾燥させれば完成です。

白のプリザーブドフラワーの種類

プリザーブドフラワーは、花に着色するため、どんな花でも白のプリザーブドフラワーにできます。

しかし、アレンジメントの中でも白の花材としてよく使われるのが、バラ、カーネーション、アジサイの3種類です。

それぞれの花材がどのように使われているのか、詳しく見ていきましょう。

バラ

バラはプリザーブドフラワーのアレンジメントによく使われる花です。白のバラは色の特徴から雪をイメージさせるため、クリスマスのリースアレンジにも使われます。

モミの木をベースとしたリースに、白いバラをあしらったアレンジメントは、うっすらと雪が積もり始めたホワイトクリスマスのイメージではないでしょうか。

また、白は涼しげな印象を与える色でもあります。籐のバスケットにホワイトベージュのバラがあしらわれたアレンジメントは、華やかさとナチュラルさが両立したアレンジメントです。

バラの周りを、グリーン系の葉っぱや花で囲めば、暑い夏にも爽やかなイメージを与えます。

カーネーション

カーネーションといえば、母の日に贈る花というイメージが強く、赤やピンクをイメージする人が多いのではないでしょうか。明るい色のイメージが強いカーネーションも、白系に加工することでお悔やみでも使われます

お悔やみの花といえば、菊やハスといった花を思い浮かべる人が多いと思いますが、特徴的な花びらのカーネーションがアレンジメントの中に入ると、ぐっと華やかな印象になります。

白のカーネーションとラベンダーカラーの菊、薄いグリーンのアジサイを合わせたフラワーアレンジメントなら、華やかな中にもしっとりとした趣きがあり、悲しみの場にもふさわしいでしょう。

アジサイ

アジサイは、花びらが小さいため、メインの花と花の間を埋める花として使われることも多いです。しかし、その可愛らしさを活かしたリースなら、アジサイだけでも素敵なアレンジメントになります。

ホワイト系のアジサイのリースなら、お部屋の壁に飾っても素敵ですし、テーブルのセンターに置くこともできます。

また、切れ目のないリースの形は、ウェディングにもぴったりです。ウエディングパーティのナフキンフラワーや、会場の飾りつけなどに使うのも良いでしょう。

白のプリザーブドフラワーがおすすめのシーン

白という色は、お祝いの席でもお悔やみの席でも使える万能カラーといえます。また白は、年齢や性別を問わず身につけてもマッチするカラーなので、どのような場合にプレゼントしても喜ばれることが多いギフトです。

白のプリザーブドフラワーがどのようなシーンで使われているのか、具体的に見ていきましょう。

お祝いとして

お祝いの白といえば、花嫁さんのウェディングドレスに代表されるように、結婚式によく使われる色です。

白のプリザーブドフラワーは、花嫁のブーケや髪飾り、披露宴会場を彩る飾りなどに用いられます。そのほか、結婚のお祝いとして、白のプリザーブドフラワーのアレンジメントをプレゼントする人も多いです。

また、白はこれからどのような色にでも染まるという意味から、就職や開店などのお祝いにも用いられます。

プレゼントとして

白といえば、雪をイメージする人も多いのではないでしょうか。白のプリザーブドフラワーの中には、雪や冬をイメージさせるようなアレンジメントもたくさんあります。

ローズ、ブルニア、アジサイといった花材をホワイト系でまとめ、雪の結晶にも似たダスティミラーを合わせたアレンジメントを飾れば、冬らしい季節感のあるお部屋になるでしょう。

また、白は学生の夏服などにもよく用いられるように、涼しさを印象付ける色でもあります。ホワイト系にグリーンやブルー系を合わせたアレンジメントなら、暑い時期に涼しさをプレゼントすることもできるでしょう。

白は、性別を問わず贈りやすい色なので、誕生日や節目の記念ギフトとしても喜ばれるかもしれません。

お供えとして

白はお悔やみの色としても用いられる色です。お悔やみの代表的な花といえば菊ではないでしょうか。プリザーブドフラワーのアレンジメントでも、白や黄色の菊が使われます

また、プリザーブドフラワーは色の豊富さから、これまではお悔やみに使われなかった花でも、白や薄紫に加工して、お悔やみのアレンジメントに使うことが増えました。

そして、プリザーブドフラワーは水やりなどのお手入れが不要で、その美しさを長く保てるのも特徴です。

高齢の方が遺された場合など、お供えの花のお手入れが難しいこともあります。お手入れがいらないプリザーブドフラワーをお供えとして贈るなら、遺族にも喜ばれるでしょう。

白のプリザーブドフラワーが選ばれる理由

白のプリザーブドフラワーが選ばれる理由は、白という色が贈るシーンを選ばず、年齢や性別を問わず贈りやすい色だからではないでしょうか。白のプリザーブドフラワーを贈っている人は、どのような理由で選んだのか、詳しく見ていきましょう。

始まりや出発を示す

白は何色にも染まらないことから浄化の色ともいわれます。白そのものが新しい始まりや出発をイメージさせるので、新しい生活を始め、再スタートを切るなどのシーンにふさわしい色です。

具体的には、就職や結婚、出産、引っ越しや、開店、開業、退職といった、これまでと生活が変わる節目の贈り物として、白のプリザーブドフラワーはプレゼントしやすいギフトです。

そんな出発や始まりの贈り物として白色のプリザーブドフラワーを贈る場合は、バラやアジサイ、ユリ、デンファレなどを使ったアレンジメントがおすすめです。

お祝いやお供えなど広く使える

白はお祝いの席にもお悔やみの席にも使われる色です。また、白はどのような色にも合わせやすいのが特徴です。

白だけのアレンジメントも素敵ですが、華やかなお祝いには、赤やピンク、オレンジなどの明るい色を合わせるのもおすすめです。逆に、お悔やみには紫やグレーなどのシックな色を組み合わせると、場の雰囲気にふさわしいアレンジメントになります。

そして、使う花材によってもアレンジメントの印象は変わります。相手のイメージに合わせた花材と、シーンに合わせたカラーの組み合わせで、さまざまなアレンジメントができるのも、白いプリザーブドフラワーの良さではないでしょうか。

白で人気のデザイン例

色だけでなく、さまざまなデザインがあるのもプリザーブドフラワーの魅力です。贈るほうとしては、どういったシーンで、どういったデザインのアレンジメントが使われているのかも気になるところですよね。

プリザーブドフラワーの中でも、どういったデザインが人気なのか、シーン別に詳しく見ていきましょう。

白いバラの花束

愛情表現で使われることが多いバラですが、白いバラの花言葉は、心からの尊敬、清純、純潔、恋の吐息、相思相愛ということもあり、男性から女性に贈ることが多いようです。

そんな素敵な花言葉を持つ白いバラが12本入った花束のアレンジメントは、プロポーズや結婚式はもちろん、日頃の感謝を込めて、結婚記念日にご主人から奥様へプレゼントするのも良いのではないでしょうか。

バラが12本入った花束は『ダズンローズ』とも呼ばれ、バラ1本1本に意味があり、それぞれに『感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠』という言葉が当てはまるとされています。

口で直接伝えるのはちょっと恥ずかしい気持ちも、バラにのせてなら伝えられるかもしれませんね。

白とグリーンのアレンジ

白に爽やかなグリーンをプラスしたアレンジメントを、テーブルや棚の上に飾るのはいかがでしょうか。クラシカルな印象の、シルバーの花器に入ったアレンジメントは、お部屋にある窓や壁紙の白やベージュといった色にもマッチします。

ホワイトのバラと、イエローグリーンのカーネーションを合わせれば、華やかさと爽やかさを与えてくれます。

花々の周りにグリーンのアイビーを添えれば、深い緑とその葉っぱの形から、柔らかなアレンジメントを程よく引き締めてくれるでしょう。

流れるようなワイヤープランツなどもプラスすれば、ナチュラルカラーのお部屋に爽やかさと華やかさを与えてくれるアレンジメントになります。

白と茶色を用いたカップアレンジ

白いプリザーブドフラワーとカップを使った、ホットミルクをイメージさせるようなアレンジメントもおすすめです。

茶色は生花では見つけにくい色ですが、プリザーブドフラワーなら表現できます。

白のガーベラをメインに、ベージュとこげ茶色のバラ、イエローグリーンのアジサイを添えて、シナモンスティックと一緒に白のマグカップに入れると、温かいシナモンミルクをイメージさせるアレンジメントになります。

白ダリアのアレンジ

白いダリアの花言葉は『豊かな愛情』なので、ウェディングブーケとして使われることが多い花材です。また、白いダリアには『感謝』という花言葉もあるので、お世話になっている人へ、感謝のしるしとして贈るのも良いでしょう。

贈る相手が女性なら、女性に人気の濃いピンクと淡いピンクのバラをメインに、白いダリアをアクセントにしたアレンジメントにするのはいかがでしょうか。お誕生日や母の日のギフトとしてもおすすめです。

プリザーブドフラワーの主な取り扱い店

プリザーブドフラワーは、花屋さんで置いてあるところが多いですが、オンラインでも購入できる代表的なお店を3つ紹介します。

GREEN ROAD

GREEN ROAD(グリーン・ロード)は、ポットに入ったアレンジメントなどを取り揃えています。

価格帯は1万円台が中心で、3,000円台から3万円台まであります。季節感を問わないアレンジメントが多いので、一年中飾っておけるのが特徴です。

1万円以下の商品には、ボックスタイプのプリザーブドフラワーも多くあります。歓送迎会のプレゼントなど、受け取った後に持ち運びが必要な場合にも安心して贈れるので、おすすめです。

GREEN ROAD

ihana DR Style

ihana DR Style(アイハナ・ディーアール・スタイル)は、ウェディング用のブーケやテーブルアレンジメントや、ギフト用のアレンジメントを豊富に販売しているショップです。

お問い合わせフォームから予算や用途、色などの希望を伝えて、オーダーメイドのアレンジメントを作ることもできます。

ihana DR Style

日比谷花壇

オンラインストアだけでなく、全国各地に実店舗を展開しているのが日比谷花壇です。

オンラインショップでは、季節に合わせたアレンジメントや、今日の人気ランキングがあるので、ランキングを元にアレンジメントを選んでみても良いでしょう。

また、ホームページには贈るシーン別におすすめのアレンジメントが載っているので、選ぶ時の参考になります。

日比谷花壇

まとめ

白のアレンジメントは贈るシーンを選ばず、老若男女に贈りやすいので、人気があります。また、白は他の色とも合わせやすいので、明るいアレンジ、シックなアレンジ、爽やかなアレンジと、さまざまなアレンジに使われます。

プレゼントする相手のイメージと用途に合わせて、白のプリザーブドフラワーを組み合わせたアレンジメントを贈ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事

こちらの商品も人気