プリザーブドフラワーがもつ意味は。美しく生き続ける花の伝えること

プリザーブドフラワーは生花のような質感があり、世話いらずで長く楽しめるのが特徴です。花の色による心理効果やシチュエーション別の選び方、贈り方、花言葉などについて紹介していきます。贈り物にする際に参考にしていただければ幸いです。

プリザーブドフラワーにはどんな意味が?

プリザーブドフラワーは生花を特殊溶液に浸して加工した花のことで、主に鑑賞用に使われます。まず、プリザーブドフラワーという言葉の意味について考察していきましょう。

保存された花を表す

プリザーブドとは『preserved』とつづる英語です。『保存された・貯蔵された』などの意味があります。

プリザーブドフラワーは『preserved flower』と書き、『保存された花』という意味です。海外では、preserveという単語は、加工して作る、長期間保存できる食べ物にも使われます。

たとえば、果肉入りの苺ジャムを『strawberry preserves』と呼び、ピクルスなどの漬物類も保存食の1つとして『preserves』と呼ばれます。

ジャムや漬物とプリザーブドフラワーは、『保存された』ものという意味では共通していますね。

ブリザードフラワーとアイスフラワー

プリザーブドという言葉は、あまり日本人にはなじみがなく、『ブリザードフラワー』と呼ぶ人もいます。

ブリザード(blizzard)とは、猛吹雪のことです。吹雪のなかで凍りついた状態を連想し、プリザードフラワーは、凍らせた花だと思う人もいます。しかし、ブリザードフラワーという花は存在しません

凍らせた花に近いものには、『アイスフラワー』という加工花があります。こちらは、超低温で凍らせ、植物の持つ水分を気体にするフリーズドライで作られるので、アイスフラワーという呼称です。

着色はしないので、生花に近い状態の花や葉の色が楽しめますが、プリザーブドフラワー以上に繊細で、通常は紫外線をカットしたケースなどに入れて鑑賞します。

よく同じものと思われる『ドライフラワー』との違いはこちらの記事でご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

関連記事

2019.03.26

美しい生花を加工するプリザーブドフラワーとは?特徴や作り方を紹介

プリザーブドフラワーとはどんなもの?

ここからは、プリザーブドフラワーとはどんなものなのか、その特徴を紹介していきます。

枯れない花

プリザーブドフラワーは、特殊な溶液を使って花を『脱水・脱色』させたものに、違う薬品で『着色』して乾かすことで完成します。

生花のようなみずみずしい質感を保ちながら、『枯れない』花がプリザーブドフラワーです。

生花は、水やりなどの世話が必要ですが、プリザーブドフラワーは、世話いらずです。維持に少し気をつければ、2~5年ほどは美しい状態で楽しむことができます。

また加工の過程で、花粉や香りを取りのぞくため、花粉アレルギーの人や花の強い香りが苦手な人にも安心して楽しんでもらうことが可能です。

多彩なカラーと豊富なアレンジ

プリザーブドフラワーは着色料で色づけするので、思いどおりの色を『多彩に作れること』が魅力です。今まで見たことのない花の色を、生花と見間違うような質感で体験できるのは、新鮮な驚きでしょう。

プリザーブドフラワーをボックスにたくさん詰めて、絵画のような色づかいにすることも可能です。

また生花よりもバリエーション豊かなアレンジを楽しめます。生花よりも軽量なので、ウェディングのブーケにアレンジしたり、花器やバスケットなどに入れてアレンジしたり、さまざまな使い方ができます。

プリザーブドフラワーの色ごとの意味は?

花にはさまざまな色があり、雰囲気やイメージも異なります。色には心理的な効果や意味があるので、知っているとプレゼントする時などに役立つでしょう。

ここからは、プリザーブドフラワーを選ぶ際に参考になる、色ごとの意味などを紹介していきます。

色がもたらす心理的効果

色は大きく分けて、暖色・寒色・中性色に分類されます。

『暖色』とは、あたたかみを感じさせる色で、赤・ピンク・オレンジ・黄色などの色です。『寒色』とは、青系の色で、涼しいイメージや、爽やかな印象を与えます。『中性色』とは、紫や緑などで、暖色でも寒色でもない色です。

それぞれの色の心理効果を、くわしく見てみましょう。

赤・ピンク・オレンジ・黄色などの暖色

『赤』は活気や情熱を感じさせる色です。華やかでインパクトがあり、縁起のいい色です。年齢・性別に関係なく、お祝いごと向きで、特に還暦祝いに最適です。

『ピンク』は優しさや上品さが感じられる色で、女性にプレゼントすると喜ばれるでしょう。柔らかなピンクは清楚で癒し系、鮮やかなものは華やかでエレガント系です。

『オレンジ』は親しみやすく陽気さがあり、活力を与えます。お祝いごと全般や、お見舞いにも使える色です。インテリアにも馴染みやすく、空間がぱっと明るくなります。

『黄色』は希望や快活といったイメージがあり、躍動感を感じさせる色です。太陽がほほえんでいるような温かさがあり、お祝いごと全般に向いています

青・水色などの寒色

『青』はさわやかで涼しげなイメージがあり、誠実感、信頼感を感じさせる色です。静的なイメージですが、花に使うとソフトで華やぐ雰囲気を作れます。

『水色』は青よりも明るいイメージで、空などを連想させ、開放的な印象を与えます。沈静色でもあるので、見る人をリラックスさせる効果も期待できる色です。

紫・緑の中性色

『紫』は優雅さのある色です。薄い紫は、気品とはかなさを感じさせます。高級感や大人の雰囲気を出したいときにおすすめの色です。

『緑』は癒し、安らぎ、調和といったイメージを与えます。緑と白などを組み合わせたフラワーアレンジメントを部屋に飾れば、落ち着いた雰囲気になるでしょう。

イベントシーンでプレゼントする意味は?

さまざまなイベントで花を贈ることがありますが、どんな意味をこめればよいのでしょうか。

結婚式や開業など、その人の節目になるイベントに花を送る場合に込めるべき意味について解説します。

結婚式には枯れない花に想いを重ねて

結婚祝いにプリザーブドフラワーはたいへん向いています。生花のように開花のタイミングや吸水を気にせずにプレゼントができて、贈られた側も長く楽しむことができるからです。

差し上げるタイミングとして、式当日は避けたほうがよいでしょう。式より前の日程か、新しい暮らしが始まってから渡すことをおすすめします。

「ご結婚おめでとう」の気持ちにぴったりな、バラなどの『華やかな花』を選びましょう。

花の形が蝶に似ていることから幸福が飛んでくるとされる『胡蝶蘭』、青い物を身につけると幸せになれるという『サムシングブルー』として青系の花もよいですね。

開店祝いには長い繁栄の願いを込めて

開店祝いに花を贈るのは、活気づけになり、華やかな雰囲気を作れるので、贈られた人も喜んでくれるでしょう。贈る花は、プリザーブドフラワーがおすすめです。

贈るタイミングは、忙しい開店当日より、少し前に贈ることをおすすめします。『祝開店』などの言葉とともに、自分の氏名などを入れた『立札』を添えることが一般的です。

立札をつけると社交辞令のように感じる人は、手描きのカードもつけて、「商売が長らく繁栄するよう」願いを込めて贈りましょう。

商売開業には、『白の胡蝶蘭』が人気です。蘭は豪華で、白は凛とした美しさを感じさせます。蘭の生花は、育成が難しいといわれていますが、プリザーブドフラワーならその心配はありません。

また、ゴールドはお金をイメージさせるので、ゴールドに近い『オレンジや黄色』の花を贈るのもよいですね。

記念日にプレゼントする意味は?

では、身近な人の記念日に花を贈る場合には、どんな意味を込めたらよいのでしょうか?誕生日と、母の日の場合について解説します。

誕生日には出会えたことの喜びを

誕生日には、その人と出会えたことの喜びを花にこめて、その人の『好きな花』や『好きな色』のアレンジメントを贈りましょう。

また、花言葉に注目して贈るのも一味違った演出になります。たとえば白バラの花言葉は『相思相愛』、忘れな草やライラックの花言葉は『友情』です。

『365日の誕生花・花言葉』を参考にするのもおすすめです。1年間のサイクルで1日ごとに決まった花と花言葉がありますので、そこから誕生日に該当する花を選んでみてはいかがでしょうか。

贈りたい花の花材がない時には、『月ごと』の誕生花を選ぶのもよい方法ですね。

母の日には感謝と愛情を

母の日には感謝と愛情を込めて『母への愛』という花言葉をもつ赤のカーネーションが定番ギフトです。

小ぶりのドーム型アレンジやフレーム入りのプリザーブドフラワーを使えば、手入れも必要なく場所を取らずに飾れます。

母の日は毎年やってきますので、赤のカーネーションだけでなく、お母さまの好きな色や花のほか、バラやチューリップ、あじさいなどもおすすめです。

毎年、ボックスアレンジやフレームアレンジなどを贈り、数年分をコレクションして飾れるようにするのも楽しいでしょう。

最初のプリザ バラが持つ意味とは?

プリザーブドフラワーは今から、30年ほど前にヨーロッパで誕生しました。開発当初からメインに製作されており、現在も生産量が多く人気を誇っているのが、バラの花です。

バラの花には、色ごとにたくさんの花言葉があります。

多くの花言葉をもつ特別な花

バラは、色によって花言葉が異なり、多くの花言葉を持っている特別な花といえます。主なバラの花言葉を、色別に紹介します。

  • 赤:情熱、愛情、美
  • 白:純潔、純粋、尊敬
  • ピンク:幸福、温かい心、上品
  • オレンジ:絆、信頼、幸多かれ
  • 紫:気品、誇り、尊敬
  • 黄:平和、友情、嫉妬

このような花言葉の違いを理解して、相手や状況に合わせたバラの色を使い分けてみてください。

不可能の象徴、青いバラの持つ特別な意味

長い間、生花では青いバラを作ることはできませんでした。そのため、青いバラの花言葉は『不可能』でした。

ところが、2002年に日本で青いバラが誕生します。これは、青い花から遺伝子を取り出し、バラになじむよう品種改良を重ねて開発したものです。

不可能といわれてきたものに挑戦し、ついに成功したというエピソードから、青いバラの花言葉は『不可能』から『夢は叶う』に変わりました

現段階では、生花の青バラは薄い紫に近い色で、鮮やかな青い色ではありません。『真っ青なバラ』はプリザーブドフラワーなら作ることが可能で、お店で簡単に手に入ります

こちらの記事ではもっと詳しく花言葉についてご紹介しています。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

2019.03.26

プリザーブドフラワーの花言葉は?永遠に色褪せない想いを込めて

まとめ

花をプレゼントする場合には、目的やシチュエーションに合わせてプリザーブドフラワーを使ってみてください。

花言葉や由来を知らせるカードをつければ、なお一層、もらった人の笑顔も輝くことでしょう。

関連する記事

こちらの商品も人気