プリザーブドフラワーの紫はどんなときに使う?種類やおすすめシーン

プリザーブドフラワーはたくさんのカラーや種類があります。紫色のプリザーブドフラワーは、どんなときに選ばれるのでしょうか。紫色のプリザーブドフラワーの特徴や、贈ると喜んでもらえるおすすめのシーンなどをまとめました。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーの原料は、生の植物です。生花のような見た目が長持ちすることから、人気を集めています。プリザーブドフラワーの特徴や、加工方法などをチェックしましょう。

プリザーブドフラワーの意味

『プリザーブ』(preserve)には保存するという意味があります。生の植物の美しさがそのまま保存されたような、生き生きとした見た目を保っていることから名付けられた名前です。

多種多様な植物がプリザーブドフラワーに加工され、フラワーアレンジメント・芸術品・アクセサリーなどに利用されています。

1990年代にフランスで誕生して以来、世界各国のメーカーでプリザーブドフラワーが作られるようになりました。加工技術が進化し、次々と新しいプリザーブドフラワーが生み出されています。

色や鮮度を残す技術や加工

プリザーブドフラワーは鮮やかな色をしているだけでなく、生花のような柔らかさも保っています。花の美しい姿を長期間保存するためには、いくつかの手順が必要です。

プリザーブドフラワーとドライフラワーは、同じ生の植物を原料にしていることが特徴ですが、作業工程はまったく違います。

ドライフラワーは採取した植物を乾燥させて作ることに対し、プリザーブドフラワーを作る工程はもっと複雑です。見頃を迎えた花や葉を用意し、独自の方法で加工していきます。

プリザーブドフラワーは化学薬品を使って植物を脱水・脱色させた後、柔らかさを保つための特殊な液体や染料を入れます。その後、排水し乾燥させて完成です。

鮮度が保てる期間や種類

プリザーブドフラワーはきれいな状態が長持ちする花ですが、永久に美しさが変わらないわけではありません。

湿度が高い日本では、2~3年程度が寿命といわれています。しかし条件がよければ10年近く美しい状態で飾ることも可能です。

さまざまな種類の花をプリザーブドフラワーにすることが可能で、たとえばバラやカーネーション、アジサイといった花のほか、アイビーやワイヤープランツなどのグリーンの素材(プリザーブドグリーン)もあります。

主な使い方の例

プリザーブドフラワーは様々なアレンジに使用されています。どのように使用されているのか、チェックしましょう。

ギフトセット

プリザーブドフラワーがお菓子やお酒とセットになったギフトセットは、感謝を伝えたい人への贈り物におすすめのアイテムです。

食べ物や飲み物だけでなく、写真立てやフレグランスといった雑貨とプリザーブドフラワーがセットになっているアイテムも多くあります。

フラワーショップの中には、有名店のギフトとコラボしたプリザーブドフラワーを展開しているお店もあります。母の日・父の日・敬老の日・記念日などの贈り物の利用におすすめです。

ケーキ

プリザーブドフラワーを使ってケーキに見立てたアレンジは、華やかな雰囲気が魅力です。印象的な贈り物をしたい人に、うってつけではないでしょうか。

白いプリザーブドフラワーをホイップクリームに見立て、シナモンスティックやベリーピックなどで飾った本物のケーキのようなアレンジメントもあります。

本物のスイーツのように、デザート皿やケーキスタンドの上に飾るなど、様々なディスプレイ方法を楽しむことができるでしょう。

ボックス

ボックス入りのプリザーブドフラワーは高級感があります。プリザーブドフラワーと、ボックスのデザインとの調和を楽しめるでしょう。箱を開いた状態で飾ったり、閉じて収納したりできます。

1輪のバラを使ったコンパクトサイズから、さまざまな種類のプリザーブドフラワーを詰めこんで豪華に仕上げたタイプまで、デザインのバリエーションが幅広いのが魅力です。

箱を開くとメロディが流れだす、オルゴールタイプのロマンチックなアレンジメントもあります。思い出の音楽を選んで、サプライズのような演出をしてみてはいかがでしょうか。

紫のプリザーブドフラワーの種類

紫のプリザーブドフラワーにはさまざまな種類があります。紫のプリザーブドフラワーは、近くにある色によって雰囲気が変わるのが特徴です。紫のプリザーブドフラワーの種類をチェックしましょう。

バラ

紫のバラには『気品』『尊敬』などの花言葉があります。上品なだけでなく、ミステリアスな雰囲気を持ちあわせているのも魅力です。1本でも存在感があるため、アレンジメントの主役としてよく使われていますね。

こだわりを持ったプリザーブドフラワーメーカーの中には、収穫したバラをそのまま使用せず、いったん花びらを取り外してゴージャスに見えるように開き具合を調整して仕上げているところもあります。

大ぶりの紫のバラを使用したプリザーブドフラワーのアレンジは、ゴージャスさの中にも凛とした気品が感じられるのも魅力です。

カーネーション

ふんわりした花びらが幾重にも重なったカーネーションは、優しいイメージと柔らかさを味わうことができる花材です。アレンジメントでは、メインとしてだけではなく、他の花を引き立てるためにも使われます。

カーネーションのプリザーブドフラワーをメインに使用したアレンジメントは、母の日の贈り物に最適です。長期間色あせないカーネーションのプレゼントは、笑顔を運んでくれるでしょう。

紫のカーネーションには、赤に近い紫からピンクに近いラベンダーカラーまで、さまざまな色味の紫が使用されています。贈りたい相手のイメージに合わせた色のカーネーションを選びましょう。

アジサイ

紫の花と聞いて、アジサイを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。紫のアジサイは、生花でもよく見かける花材です。

プリザーブドフラワーは現実にはない花の色を表現できる一方で、ナチュラルな花の色味も表現でき、アジサイ本来の紫色に近い色味のプリザーブドフラワーも生産されています。

アジサイのプリザーブドフラワーは、洋風だけでなく和風のアレンジに使用されることも多いです。小さな花びらの細かさを生かし、メインの花の隙間を埋めるように使われることもあります。

リースやトピアリー仕立てなど、多様なデザインに使用されることが多く、幅広いアレンジを楽しめるでしょう。

紫のプリザーブドフラワーが選ばれる理由

紫のプリザーブドフラワーは、さまざまなシーンで活用できます。色が持つ意味を知ったうえで、贈り物選びに役立てましょう。紫色の特徴や、紫のプリザーブドフラワーが選ばれる理由を紹介します。

高貴さを示す色

現代のように合成染料がなかった時代には、紫色を作りだすために大変な手間と時間が必要だったため、とても高価な色として知られていました。

聖徳太子が定めた冠位十二階で、紫が最上位を示す色だったことからも、その希少価値がわかります。

紫色が貴重だったのは、日本だけではありません。西洋でも紫色を生み出すために大きな労力が必要だったため、やはり相当に裕福な人しか身につけることができませんでした。

多くの文化圏で紫色の価値が高かったことから、高貴なカラーとしてのイメージが定着したと考えられています。

年配の人に送りやすい

紫は年配の人へのお祝いや贈り物にもってこいなカラーです。上品で落ち着いた雰囲気が感じられるため、年配の人でも受け入れやすいカラーだといえます。

紫のプリザーブドフラワーを使ったアレンジメントの中には、年齢を重ねた人への贈り物として作られているものも多いです。

紫のプリザーブドフラワーはたくさんの種類があるため、贈りたいシーンや相手の雰囲気に合ったものがきっと見つかるでしょう。

紫のプリザーブドフラワーがおすすめのシーン

色によって人に与えるイメージが異なるため、シーンに合ったカラーを選ぶことが重要です。

紫のプリザーブドフラワーは、どんなお祝いに使用することが望ましいのでしょうか。おすすめのシーンを紹介します。

お祝い

日本や中国には、長寿のお祝いのカラーがあることをご存知ですか。昔から『古希』や『喜寿』のお祝いとして、紫のものを贈る風習があります。古希は70歳、喜寿は77歳のお祝いです。

人生の節目となる記念の日のお祝いには、すぐになくなるものよりも、プリザーブドフラワーのように形が残るものを贈りましょう。

紫のプリザーブドフラワーを使用したアレンジメントは、古希や喜寿のお祝いにぴったりです。水や肥料をやる必要がなく、飾りたい場所に置くだけでよいため、年配の人でも持て余すことはなさそうですね。

贈り物

紫のプリザーブドフラワーを使用したアイテムは、フラワーアレンジメント以外にもたくさんあります。たとえば、プリザーブドフラワーをあしらった時計や写真立てです。

ちょっとした贈り物やお礼の品、退職祝いなどに使うことができます。華やかなだけでなく実用性のあるアイテムは、男性への贈り物にもおすすめです。

お供え

紫のプリザーブドフラワーを使用したフラワーアレンジメントは、お仏壇に飾るお供えとして使うこともできます。法要や命日などに贈れば、きっと喜んでもらえるでしょう。

お供えに使いやすいプリザーブドフラワーは、菊・カーネーション・蘭などです。紫の花をメインにしたアレンジの上品な雰囲気はご仏前にマッチします。

花瓶に入ったタイプからガラス瓶に入ったものまで、多種多様なデザインがあります。お仏壇に飾りやすい、スマートなデザインのものを選ぶとよいでしょう。

紫色の人気デザイン例

紫のプリザーブドフラワーを使用したアレンジメントは、デザインの種類が豊富です。生花よりも幅広いデザインがあるため、どれを選んだらよいか悩んでしまう人も多いでしょう。

紫色のプリザーブドフラワーをメインに使用したアレンジメントの中から、贈り物やお祝いにおすすめのデザイン例を紹介します。

ドーム

ガラス製やアクリル製のドーム型容器を使用したアレンジメントは、プリザーブドフラワーの美しさを長持ちさせると同時に見栄えの良さも兼ね備えています。普段の管理が簡単なところも魅力です。

プリザーブドフラワーの美しさを保つには、葉や花弁の表面に付着したホコリを、定期的に取り去る必要があります。

ドーム型のケースに入ったまま鑑賞することができるデザインを選べば、プリザーブドフラワーを空気中のホコリから守ることができます。

紫色のプリザーブドフラワーの美しさを堪能しながら、美しさを長く楽しんでもらいたいときに贈りましょう。

フォトフレーム

フォトフレームにプリザーブドフラワーがデザインされたアイテムは、花と写真の両方を楽しむことができるところが魅力です。

見開きタイプのフォトフレームや、ボックスのフタにフレームが使われているものなど、豊富なデザインがあります。デザイン性と実用性を兼ね備えたアイテムを探している人におすすめです。

結婚祝い・ご出産祝い・母の日・父の日・敬老の日など、幅広い用途に使えます。女性向けの贈り物には淡い紫や明るい紫、男性向けには深みのあるシックな紫を選ぶとよいでしょう。

ピアノ

プリザーブドフラワーは様々なオブジェと組み合わせることができます。

たとえば、ピアノ型の小物入れにプリザーブドフラワーをあしらったデザインなどです。複雑なオブジェと組み合わせて、インテリア性の高さをアップできるでしょう。

ブラックのピアノと紫のプリザーブドフラワーの組み合わせは、シックで大人っぽい雰囲気が感じられます。ピアノ好きな人や、音楽を愛する人に贈りましょう。

ピアノ以外にも、ハイヒール型の容器を使ったアレンジメントなどもあります。贈る相手の好みに合わせて選べば、きっと喜んでもらえますよ。

紫陽花のプリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーは、自宅で手作りすることもできます。ただし、精度の高いプリザーブドフラワーを作れるようになるまでには、何度も挑戦して熟練度をアップさせることが必要です。

自分でプリザーブドフラワーを作ってみたい人向けに、アジサイを使ったプリザーブドフラワーの作り方を紹介します。

準備するもの

準備するものは以下のとおりです。

  • 新鮮なアジサイ
  • 剪定用ハサミ
  • ピンセット
  • 加工液
  • フタ付きの空き瓶やタッパー2個
  • キッチンペーパー
  • 乾燥剤(シリカゲル)

加工液は、生の植物を『脱水するための液体』と『着色液』の2種類がセットになっているものを選びましょう。

1種類の加工液で両方を行うことができるタイプもありますが、アジサイのような薄い花びらには2種類のタイプがおすすめです。

市販の加工液を使用しない場合は、消毒用エタノール・精製用グリセリン・インクを用意しましょう。インクはプリンター用の補充インクや、万年筆用のインクが使えます。

作り方の手順

ハサミでアジサイの房を、アレンジがしやすい大きさにカットします。カットしたアジサイの茎を30分ほど水につけ、新鮮な状態を維持しましょう。

次に、密閉容器に消毒用エタノールを入れます。アジサイ全体が浸るようにしましょう。浮いてきてしまう場合は、アルミホイルを使って落し蓋をすると効果的です。1日以上浸したら取り出します。

グリセリンとインクを2対1の割合で混ぜて着色液を作り、その中にアジサイを浸し、1日程度放置しましょう。好みの色に染まったらアジサイを取り出し、キッチンペーパーで優しく水気をふき取ります。

その後、密閉容器に乾燥剤とアジサイを一緒に入れ、日陰で2~3日かけて乾燥させたら完成です。

長持ちさせるには

プリザーブドフラワーの花は枯れることはありません。しかし、管理を怠ると劣化していきます。管理の方法が悪いと、虫に食われたりカビが生えたりして観賞価値がさがってしまうため、注意が必要です。

プリザーブドフラワーは乾燥や湿度に弱いため、強い日光が当たる場所や湿度が高い場所にプリザーブドフラワーを置くのは避けましょう。劣化スピードが速くなり、花の寿命が短くなる原因になります。

ボックスやドーム型の入れ物を利用して、プリザーブドフラワーが外気に触れるのを防ぐのもよい方法です。長持ちさせるためには花に直接傷みの原因を与えないようにしましょう。

まとめ

紫色のプリザーブドフラワーを使用したアレンジメントには、たくさんの種類があります。

落ち着きがあり、上品な印象の紫色のプリザーブドフラワーは、年配の人に喜んでもらいやすい贈り物です。贈る相手や、用途に合ったデザインを選びましょう。

また手作りのプリザーブドフラワーを使えば、より好みのデザインに近いアレンジメントができあがります。時間がある人は、自分でプリザーブドフラワー作りに挑戦するのもよいでしょう。

関連する記事

こちらの商品も人気