プリザーブドフラワーは優しいピンクが人気。女性への贈り物にも最適

今まで花を贈るシーンでは生花が普通でしたが、今はプリザーブドフラワーを選ぶことも一般的になってきています。なかでも優しいピンク色のプリザーブドフラワーは、女性へのギフト向きです。作り方や、人気の秘密についてまとめました。

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドは英語で『Preserved』と書き、『保存された』という意味です。長い間保存できる花といえばドライフラワーもありますが、どこが違うのでしょうか。

ドライフラワーとの違い

ドライフラワーは、生花から水分を取り去るため彩度が抑えられて、やわらかなトーンの色になります。

花や葉の部分がちぢれることもあり、全体に落ち着いた感じで、アンティークのような風合いです。

一方プリザーブドフラワーは、生花のような美しい形を保っています。本物の花から作る点は同じですが、ドライフラワーよりも色が鮮やかです。

プリザーブドフラワーの魅力

プリザーブドフラワーは、今から約30年前にヨーロッパで誕生し、あっという間に世界中で人気となりました。

1番の特徴は世話する手間がほとんどなく、生花のようなみずみずしさがあり、『長く楽しめる』点です。太陽の光も必要なく、生花を飾れないような場所にもインテリアとして使うことができます。

着色によって、生花には無いようなカラーバリエーションを楽しめるのも魅力です。

加工の過程で生花の花粉を取り除くため、花粉アレルギーがある人にもOKですし、お見舞いなどのギフトにも喜ばれています。

軽いので、ウェディングのブーケに利用することも多くなりました。プリザーブドフラワーが生まれたことで花の利用法がぐっと広がったといえるでしょう。

ピンク系のプリザーブドフラワーの魅力

ピンク系の花は、多くの女性に好まれる色です。プリザーブドフラワーに使われる代表的な色でもあります。

プリザーブドフラワーは、人工的にピンク色が作れるので、明るさやトーン、グラデーションなどが自分の思い描いたピンクの色合いにできるのも魅力です。

優しく柔らかな気持ちになれる

ピンクは、優しく柔らかで、穏やかなイメージがあります。『可憐』『綺麗』『可愛らしい』『華やぎ』といった言葉がぴったりですね。また『幸福感』を象徴する色でもあります。

このようなイメージを持つピンクのプリザーブドフラワーを部屋に飾れば、部屋が優しい幸福な雰囲気になるでしょう。

心も体も若々しい気分に

ピンクは、女性の心身共に『若返り』を感じさせる色ともいわれています。明るいピンクはリラックス効果があり、自律神経の乱れを整え、美肌にも貢献するという話もあります。

ピンクのプリザーブドフラワーによって、心も体も若々しい気分を味わえるでしょう。

女性へのギフトに最適なカラー

ピンク色は可愛い感じがするので、若い女性だけの色というイメージがあるかもしれません。しかし、明度や彩度を変化させると、優しい明るいピンクとは違う雰囲気も演出可能です。

明るいピンクは、甘過ぎない『ペールピンク』やシックな『ローズピンク』になり、ダークなピンクなら、『ワインカラ―』に近くなります。年齢やシーンに合わせた色合いが作れるのも嬉しい点です。

女性が『還暦祝い』にもらう花で、1番の人気色はピンク色という調査結果もあります。ピンク色のギフトは、若者だけでなくあらゆる年代の女性に喜ばれる色です。

自分で作るならこんな花材がおすすめ

プリザーブドフラワーを自分で作ってみたいという人に、おすすめの花の種類を紹介します。

バラ

バラは華やかで、花のなかの女王ともいえる存在です。また、花びらが多く外れにくいため、プリザーブドフラワーに向いている花といえるでしょう。

ピンク色のプリザーブドフラワーのバラは、大変人気があります。花言葉は『温かい心』や『愛情』です。また、自然界に存在しないバラの色に染めることもできます。

バラにはさまざまな種類や咲き方があり、バリエーションが多いのも特徴です。花の中心部が高くなった『高芯咲き』や、球形に近い『ポンポン咲き』、横から見るとティーカップの形に見える『カップ咲き』などがあります。

一言でバラといっても花の種類や咲き方により雰囲気も異なり、アレンジのパターンも様々です。

カーネーション

カーネーションは、プリザーブドフラワーへの加工が比較的簡単で、失敗の少ない花です。ピンク色のカーネーションの花言葉には『女性の愛』や『美しいしぐさ』などがあります。

バラほどの強い存在感がなく、優しくて女性的なイメージがあり、細かくちぢれたフリルのような形が可憐です。

カーネーションと言えば、母の日を思い浮かべる人も多いでしょう。『母の日のプレゼント』に、枯れないカーネーションのプリザーブドフラワーは、とても人気があります。

あじさい

あじさいもプリザーブドフラワーにしやすい花で、様々なアレンジメントに使用されています。ピンク色のあじさいの花言葉は『元気な女性』です。

プリザーブドフラワーに向くあじさいの種類は、梅雨の終わり頃から咲き始めるものです。梅雨の時期のあじさいは水分が多いため、プリザーブドフラワーには向いていないとされています。

代表的なプリザーブドフラワー向きのあじさいとしては、『アナベル』『ピラミッドあじさい』『柏葉あじさい』などが挙げられます。

これらは、アレンジの主役級になれるあじさいで、花が丈夫で華やかな雰囲気が魅力です。1種類だけでアレンジする場合は、リースやボール状にすると独特の美しさを感じられるでしょう。

ピンクのプリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーは薬品を使うので、難しそうと感じるかもしれません。最初は、少々失敗しても、コツをつかめば綺麗に作れるようになります。

具体的な手順は、溶液を使って花を『脱水・脱色』し、そのあと『着色』して乾燥させるというものです。着色にはインクや色付きの溶液を使います。

インクを混ぜてオリジナルの色を作ることもできます。早速、ピンク色のプリザーブドフラワーの作り方を見ていきましょう。

はじめに材料と道具を用意する

必要な材料は以下のとおりです。

  • 花材
  • 消毒用エタノール
  • 精製グリセリン
  • マゼンタなどの赤やピンク系のインク
  • シリカゲルなどの乾燥剤

消毒用エタノールや精製グリセリンは薬局で入手可能です。道具類としては、以下のようなものをそろえましょう。

  • 花用のはさみ
  • ピンセット
  • 花材の数量分の密閉できる容器
  • アルミホイル
  • ゴム手袋
  • 新聞紙やキッチンペーパーなど

まず茎を切り、30分ほど水に挿しておく

アレンジしやすい2~3cmの長さまで、茎を切ります。水を吸い上げやすいように、『斜め』の断面にカットしてください。

水の中でカットすると茎に空気が入りにくく、吸い上げがうまくいきます。そのあと、『30分』ほど水に浸けて、よく吸水させてください。

エタノールに漬けて脱水、脱色をする

エタノールを容器に入れ、花材全体を浸けます。花が浮いてくるようならアルミホイルで落とし蓋をしてから、蓋をしめて約1日放置しましょう。これまでが脱水と脱色の行程です。

この段階で花はパリっと乾燥していますので、取り出す時など、花を傷つけないように気をつけましょう。

グリセリン溶液で着色し、乾燥させる

次に、着色用の溶液を作ります。別の容器に、グリセリン2と水1の割合で混ぜ、マゼンタ色のインクを数滴落としてから、電子レンジで、『人肌より低い』くらいの温度まで温めましょう。

そこに脱水・脱色をした花の茎を浸けて、日陰に置き、色の濃さを見ながら約1日置きます。花が倒れないように、大きめの『ネット』などを使って挿すと良いでしょう。この時も浮き上がるようでしたらアルミホイルを使ってください。

着色が終了したら花材を取り出し、キッチンペーパーなどで水気を取ってください。『シリカゲル』を入れた容器に花材を入れ、2日ほど乾燥させれば完成です。

自分でアレンジにも挑戦してみよう

自分で作ったプリザーブドフラワーをアレンジしてみませんか?花材は専門店でも購入できますので、自分で染めなくても、オリジナルのアレンジが作成可能です。アレンジ法やコツを紹介します。

おしゃれで初心者向けのボックスアレンジ

『ボックスアレンジ』とは、箱にプリザーブドフラワーを詰めるアレンジ方法です。この方法は初心者の方でも、比較的簡単にできるでしょう。

まず、花の取扱いに気をつけながら、箱の裏に花を仮置きして、配置を考えます。次に、箱の底に『吸水性フォーム』(オアシス)をセットしてください。

プリザーブドフラワーは茎の部分が短いので、ワイヤーを使ってオアシスに指しやすく加工する『ワイヤリング』をします。

花の下の少し膨らんだ部分にワイヤーを水平に2本、十字になるように貫通させ、下側に折り曲げます。

2本のうち1本のワイヤーをらせん状に巻きつけたら『ワイヤリング』の完了です。隙間が開かないようにぎっしりと、オアシスにバランスよく刺してアレンジしましょう。

ピンクのあじさいをナチュラルなリースに

花びらが多いピンクのあじさいを『リース』にすると、優しくナチュラルな雰囲気にできあがります。初心者の方は、大きめの花びらを使い、リース土台は小さめの直径15cmくらいが作りやすい大きさです。

リース台に壁掛け用のフックになるワイヤーを取りつけます。あじさいの花を1個単位(花びら部分4枚ほど)に分け、『グルーガン』で土台の蔓の間に差し込むように、のり付けしていきましょう。

花びらが大きいものは茎部分をカットし、小~中くらいのものは茎を約1cm残して切り落とします。長めにカットし、のり付けしながら調整するとよいでしょう。

中くらいの花びらで外側を1周、埋めていきます。内側は小さい花びらを使い、中央部分には中くらいから大きめの花をのり付けして、できあがりです。

上手なアレンジのコツは主役を決めること

素敵なアレンジメントを作るには、コツを把握していると成功しやすくなります。重要なポイントは『主役を決める』ことです。

いろいろな花を使って華やかにしたい、どの花も好きでメインを決めにくいなどの場合もあります。しかし、アレンジを成功させるためには、メリハリがあり、主役と脇役がはっきりしているデザインをするのがコツです。

主役にする花は、小さなものをたくさん集めるより、大ぶりな花を選んだほうが、全体のメリハリがついて形が作りやすくなります。

色の組み合わせによって変わるイメージ

花の色の組み合わせ方によっても、雰囲気やイメージが変わります。ここではピンクのプリザーブドフラワーにほかの色を合わせた場合、どんなイメージになるのかを紹介していきます。

ピンクの花をメインにすると、ピンク色の持つ『優しさ』や『華やかさ』『可憐さ』などのイメージが前面に押し出されます。

そこに別の色を組み合わせると、ピンクの持つイメージに、ほかの色のイメージもミックスされて、より素敵な『ハーモニー』が生まれるのです。

ピンクに水色や紫を合わせる

『ピンク × 水色』の組み合わせは、優しくて爽やかな印象になります。『ピンク × 紫』にすると、女性らしい大人の華やかさが演出できるでしょう。

水色と紫、両方の色を合わせると、エレガントで、爽やかさのなかにも大人っぽさが現れます。非常におしゃれな組み合わせで、好感度が高いアレンジになりますね。

濃淡のピンクのバラにレッドを合わせる

『濃淡のピンク × レッド』の組み合わせは、同じ色の仲間同士なので、まとまり感が出ます。

ピンクの濃淡のバラは、まとまりがある中にも華やかさを感じさせる組み合わせです。そこに情熱的なレッドを合わせると、『華やかで上品』な感じや、『情熱的』な印象を与えることができます。

『ディープレッド × ピンクの濃淡』の組み合わせなら、年配の女性などに贈ると喜ばれそうなイメージなります。活力を感じさせると同時に品格があり、おめでたいイベントや還暦祝いなどに向いている組み合わせです。

上手くいかない時は通販で買うのもおすすめ

手作りのプリザーブドフラワーは、慣れてくれば簡単に作れますし、市販のものを購入するより安く済みます。しかし、作ってみて上手くいかない時や、時間がない時には通販を利用するとよいでしょう。

はなどんやアソシエ

『はなどんやアソシエ(associe)』は、プリザーブドフラワーはもちろん、ほかにもさまざまな花材を扱う通販ショップです。

プリザーブドフラワーを染める時間はないけれど、アレンジは自分でしたいという人に向いています。花のパーツを、1つから購入可能で、アソートになっているものもあります。

定番のバラやあじさいをはじめ、自分ではなかなか制作が難しいカサブランカなども扱っています。

プリザーブドフラワーの花材だけでも4,000点以上の取り扱いがあり、ギフト用などの完成品も豊富な品揃えです。

はなどんやアソシエ

グリーンロード

『グリーンロード(GREEN ROAD)』は、オフィスなどへの観葉植物のレンタルと法人用の花ギフトの販売から始まった会社で、通販も運営しています。

アレンジメントを作るための花材の販売はなく、『完成品』を購入できるお店です。

生花の取扱いが本業のため、新鮮で品質の良い花が大量に手に入り、そこからクオリティの高いおしゃれなプリザーブドフラワーが作られます。

ボックスフラワーをはじめ花器やバスケットへのアレンジなど、クオリティの高いアレンジメントは大切な人に贈りたいと思わせる美しさです。

グリーンロード

美しさを長く保つためのポイント

プリザーブドフラワーは、生花に比べ長期間楽しむことができますが、より長く美しさを保つポイントを紹介します。

高温多湿と直射日光は避ける

プリザーブドフラワーは造花ではなく、生きている花を加工した本物の花です。環境にもよりますが、最初の美しいままの形での保存は『2~5年』くらいが限度となります。

プリザーブドフラワーは、『高温多湿』と『直射日光』が苦手です。日本は、特に梅雨や夏に高温多湿になります。プリザーブドフラワーの染料は、高温や湿度に弱く、キッチン、トイレ、風呂場横の洗面所などは避けましょう。

また、強い照明の光やエアコンの風が強く当たると、花がひび割れたり、色あせたりする原因になりますので注意してください。

長持ちさせる方法は、『クリアケース』に入れて保管することです。ホコリの心配もなく、接触による損傷からも守られます。

時々ドライヤーの冷風でホコリを払って

プリザーブドフラワーをいただいた時、クリアケースに入っていることが多いですよね。そのまま飾ればダメージも少ないのですが、ケースから取り出して、身近で楽しみたいという人もいるのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーは、ケースに入れないとホコリなどで汚れてしまい、美しさを保てなくなることもあります。そういった場合は、風でホコリを払うことを心掛けてください。

高温を避けるために『ドライヤーの冷風』を利用しましょう。近すぎると、欠けたり崩れたりすることもあります。遠くから優しく風をあてて、強さを加減しましょう。

まとめ

プリザーブドフラワーは、ウェディングやバースデー、記念日、お見舞いと多くの機会に利用できます。

生花同様にインパクトがあり、生花以上に長持ちする花がプリザーブドフラワーです。もらった時の思い出も、そのまま花と一緒に保存できます。

ピンク色のプリザーブドフラワーは女性へのギフトに最適で、幅広い年齢層に喜ばれるでしょう。

関連する記事

こちらの商品も人気