プリザーブドフラワーをホワイトデーに。花言葉や人気デザインを紹介

ホワイトデーのギフトには、生花の華やかさやみずみずしさが長く楽しめる、プリザーブドフラワーを贈ってみませんか。ガラスドームやリースなどのお洒落なアレンジで相手の心をつかみましょう。花言葉に想いを込めるのも素敵です。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは、色あせないギフトとしてはもちろんファッション、アクセサリー、インテリアなど幅広い場面で使われています。『枯れない魔法の花』の秘密は、生花に特殊加工をほどこしている点にあります。

特殊加工された花のこと

プリザーブド(preserved)という英語には、『保存する』という意味があります。

生花をつみとり水分を抜いた後、染料と特殊な液体を吸わせて加工したもので、花の形状と鮮やかな色彩を長期間保てるのが特徴です。

1991年にフランスのヴェルモンド社がこの保存技術の特許を取得して以来、日本でも多くのフローリストがアレンジメントに活用するようになりました。

保管状態がよければ10年ほどもつ場合もあるため、プリザーブドフラワーは大切な日の贈り物や、メモリアルギフトとして購入されることも少なくありません。

特徴

ドライフラワーや造花とは異なり、プリザーブドフラワーは、生花のみずみずしさや繊細さがとどめられています。

1週間ほどで花びらが散ってしまう生花も、プリザーブドフラワーにすれば2~3年は美しさを保ち続けるでしょう。保存状態がよい場合は10年ほどもつ場合もあります。

もとの色を抜いてから染料を吸わせるので、自然界にない色や複雑な色味が自在に表現できるのがメリットです。

水やりなどのお世話は不要で、花粉も出ないため、花粉アレルギーの人へのプレゼントやお見舞いにも最適でしょう。

ただし、湿気と直射日光には弱いので、ケースに入れて湿度が低い日の当たらない場所に置くのが理想です。

プリザーブドフラワーの種類

プリザーブドフラワーは生花に比べ、花材の種類が限られています。加工時に使用する特殊な保存液や複雑な技術が適さない花もあるためです。

アレンジをつくるときは、使える花材を把握してからデザインを考えましょう。

主な花材

プリザーブドフラワーの主な花材には、バラ・アジサイ・カーネーション・ガーベラ・菊・蘭などが挙げられます。

なかでも、つぼみ・五分咲き・満開まで、さまざまな形とサイズが揃う『バラ』はプリザーブドフラワーに適した人気の花材です。アレンジメントの主役になるため、どのメーカーでもさまざまなバリエーションを揃えています。

小さい花が集まった『アジサイ』は小分けにして使え、花材の間を埋めるのにも活用されます。ふんわりとしたイメージのアレンジを作るときには欠かせません。

また、お供え用やメモリアルギフトでは、ピンポンマムやスプレーマム、小菊などの『菊』が多く使われます。

定番のブーケや多彩なアレンジメントも

プリザーブドフラワーは、リース・ボックス・バスケット・フォトフレームなど、多種多様な土台や容器を使い、生花以上に多彩なアレンジが楽しめるのが魅力でしょう。

ガラスの小さなジュエリーボックスに花を詰めるなど、生花ではできないような飾り方も可能になります。

また、結婚式のブーケをプリザーブドフラワーにすれば、式が終わった後も長く飾れるので、思い出に浸ることができるでしょう。

ホワイトデーにおすすめの花

プリザーブドフラワーはホワイトデーのお返しに最適です。相手が本命である場合と、友人や同僚、家族などの場合によって、花の持つイメージ性や花言葉などを上手く使い分けて、相手への想いをさりげなく伝えましょう。

バラ

数ある花の中でも、バラは特別な想いを伝えるのに最高の花です。色によって花言葉が異なり、赤は『愛しています』『熱烈な恋』、白は『心からの尊敬』、黄色は『友情』『献身』などの意味があります。

また、1本は『あなたしかいない』、2本は『この世界で2人だけ』、3本は『愛しています』、4本は『死ぬまで気持ちは変わらない』、5本は『あなたに出会えてよかった』という意味になるので、本数に想いを込めてみるのもよいでしょう。

ガーベラ

ガーベラは花束やブーケはもちろん、1本でも存在感がある花です。元気で明るい印象を与えるため、愛の告白だけでなく、友人や上司、家族へのプレゼントにも最適でしょう。

ガーベラも色ごとに花言葉が違います。ピンクは『感謝』、白は『希望』、赤は『燃える神秘の愛』、黄色は『究極美(愛)』です。バラやカスミソウなど、他の花との相性もよいので、華やかなアレンジが楽しめるでしょう。

マーガレット

黄色い花芯と細い花びらが特徴的なマーガレットは、強い主張がなく、可憐で可愛らしい印象のある花です。

定番の白いマーガレットは『秘めた愛』という花言葉を持つため、ずっと好きだった人に告白するのにぴったりでしょう。ピンクは『真実の愛』、黄色は『美しい容姿』という意味があります。

マーガレットは本数が少ないとやや寂しく見えてしまうため、他の花材を添えて華やかに見せるか、単体で使うときは、本数を多くするのがおすすめです。

また、ホワイトデーのお返しにバラの花を贈るのはちょっと気が引けるという場合は、マーガレットをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ホワイトデーのお返しとして人気のデザイン

プリザーブドフラワーはすぐに傷んでしまう生花と違って、色々なパッケージングが楽しめます。ホワイトデーのお返しとして人気のデザインを集めました。

ガラスドーム

丸いガラスドームは、プリザーブドフラワーをより美しく魅せてくれるデザインの1つです。ころんとしたキュートな印象は、相手のハートをギュッとつかむでしょう。

また、ほこりや湿気、風などから花材が守られ、美しさが長持ちするという点がメリットです。形はシンプルな丸いドーム型だけでなく、ベル型になっているタイプなどもあります。

大きさや形で雰囲気が変わるので、相手の好みや置くスペースを考えて選びましょう。

リース

始まりも終わりもないリング状のリースは『永遠』の意味を持ちます。『途切れることのない幸せ』を願い、結婚祝いや記念日などによく用いられるモチーフです。大切な恋人や家族、友人に贈るのにはぴったりですね。

リースは選ぶ花材によって、ナチュラルな雰囲気にも、華やかかイメージにもなります。華やかに仕上げたいときはバラやアジサイを、ナチュラルにしたいときはハーブや観葉植物を加えるとよいでしょう。

フォトフレーム

フォトフレーム型は、額の中に写真ではなくプリザーブドフラワーを入れるスタイルで、持ち運びやすく、飾りやすいのがメリットです。ほこりや湿気を防いで、劣化を防ぐことにもなります。

写真やメッセージを入れられるものや、時計が付いたもの、ボックスのように奥行があるフレームタイプなど、バリエーションはさまざまです。

フォトフレームは本来思い出の写真を入れるものなので、大切な友人や恋人、夫婦など関係性が深い人へ、写真とともに贈るのはいかがでしょうか。

まとめ

「生花はすぐに枯れてしまうし、造花では味気ない」と悩む人は、ホワイトデーにプリザーブドフラワーを贈ってみましょう。アレンジやパッケージの幅が広がり、他の人との差をつけることができます。

プリザーブドフラワーは長く美しい状態を保つので、特別な人に贈りたいですね。花言葉とともに、メッセージも添えるとよいでしょう。

関連する記事

こちらの商品も人気