お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

プリザーブドフラワーのプレゼントは意味も大事?主な花の意味を紹介

枯れない魔法の花として知られるプリザーブドフラワーは、大切な日のギフトにぴったりです。しかし、花は色や本数で意味が変わるため相手の誤解をまねかない配慮も必要でしょう。プリザーブドフラワーの人気花材についてもピックアップしています。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは1991年、フランスのヴェルモント社により開発されました。枯れない特殊性と豊富なカラーが注目され、アレンジメントやギフト、ファッションにも幅広く用いられています。

保存という意味の特殊加工された花材

プリザーブドフラワーは『プリザーブド加工』とよばれる特殊な保存加工がほどこされた花を指します。生花を摘み取り、花の水分や色素を抜いてから、特殊な液体と染料を染み込ませて乾燥させます

ドライフラワーと混同されがちですが、見た目は生花に限りなく近く、ドライ特有の硬さやカサカサした触感はありません。保存状態に考慮すれば、数年は鮮やかなまま飾ることができるでしょう。

花を贈ることの意味

花を贈るシチュエーションは、誕生日や記念日、プロポーズなど『特別な日』が多いのではないでしょうか。また、相手への感謝を伝えるために花を贈る人もいます。

このように、花を贈る意味は人それぞれですが、多くの人は花の美しさや花言葉に自分の想いを託します。また、花のエネルギーは人をポジティブな気持ちにし、癒しや安らぎを与えてくれるでしょう。

1週間ほどで枯れてしまう生花に寂しさを感じる人、いつまでも色褪せない気持ちを伝えたい人はプリザーブドフラワーを贈ってみてはいかがでしょうか。

プリザーブドフラワーの特徴や種類

プリザーブドフラワーは、生花に比べると花材の種類は少なめですが、自分の好きな色にアレンジできるメリットもあります。プリザーブドフラワーの特徴や種類を確認しておきましょう。

プリザーブドフラワーの特徴

生花でもドライフラワーでもないプリザーブドフラワーには、以下のような特徴があります。

  • 生花のようにみずみずしく色鮮やか
  • 水やり・手入れ不要で長く保存できる
  • 自然界にない色味の再現が可能

プリザーブドフラワーは、生花と見間違えてしまうほどのみずみずしさと柔らかな触感を持っています。

加工過程で本来の花の色を抜いてしまうので花の色が褪せないばかりか、レインボーカラーやブルーのローズなど、自然界にない絶妙な色付けも可能です。

湿気や直射日光に弱いので、保管時は除湿材を入れた箱やガラスのケースに入れるとよいでしょう。湿度の低い環境では数年~10年ほど状態を保つ場合もあります。

主な花材の種類

花の種類は多種多様ですが、プリザーブド加工に適した花材や人気の花材というものがあります。

加工しやすいのは、花びらに厚みがありしっかりしているバラ・カーネーション・トルコキキョウ・ガーベラなどです。特に、バラは人気の高い代表的な花材でもあり、つぼみから満開の状態まで、開き方にもバリエーションがあります。

また、小さな花が多数集まったアジサイも活用度の高い花材で、主役にも脇役にもアレンジできるのが魅力です。

そのほか、丸い形が可愛らしいピンポンポンマムや、スプレーマムは、お供え用のプリザーブドフラワーによく利用されます。

花がもつ意味や花言葉

プリザーブドフラワーの代表的な花材であるバラ・アジサイ・カーネーションの花言葉や花の持つ意味を紹介します。

贈る相手にとっては誤解をまねく恐れがあるため、色や本数には気をつけましょう。

バラ

バレンタインやプロポーズなど、男性が女性に想いを伝えるのに最適な花です。バラ全体の花言葉は『愛』や『美』ですが、色によって意味合いが異なります。

  • 赤:情熱・愛情・熱烈な恋・あなたを愛します・私を射止めて
  • ピンク:しとやか・上品・感銘・温かい心・幸福・感謝
  • 白:純潔・無邪気・深い尊敬・相思相愛・恋をするには若い
  • 黄色:友情・献身
  • 青:神の祝福・奇跡・夢がかなう・一目ぼれ

1本は『あなたしかいない』、2本は『この世界は2人だけ』、3本は『愛しています』、4本は『愛は死ぬまで変わらない』、5本は『出会えてよかった』という意味を持ちます。

アジサイ

アジサイは、グラデーションと繊細な小花が美しい6月の代表花です。『移り気』『浮気』『無常』という花言葉があるため、かつては結婚式で避けられるケースがありました。

しかし、小さな花が集まったアジサイは『家族団らん』をイメージさせ、6月の代表的な花であることから、近年はウェディングブーケの花材にもなっています。色ごとに違った意味を持っている点にも注目しましょう。

  • ピンク~赤紫色:元気な女性
  • 白:寛容
  • 青~青紫色:辛抱強い愛情・高慢・あなたは美しいが冷淡だ

カーネーション

カーネーションはキリスト教において、イエスの処刑後に聖母マリアの涙のあとから生えたという伝承があります。

もとは『哀れな心』という受難の象徴でしたが、アメリカで『母の日』が普及した後は『母の愛』という花言葉が一般的になりました。

実はカーネーションは、国や地域によって花言葉や象徴が違います。色によっても違った意味を持つため、贈る相手を考慮したほうがよいでしょう。ここでは日本における一般的な色の意味を紹介します。

  • 赤:母の愛
  • ピンク:熱愛・美しいしぐさ・女性の愛
  • 白:亡くなった母への愛・純粋な愛
  • 紫:誇り・気品
  • 黄色:軽蔑

特に、白と黄色のカーネーションをプレゼントとして贈る際は、相手の誤解をまねかないよう言葉を添えたほうがよいでしょう。

こちらの記事では、プリザーブドフラワーのお手入れ方法についてもご紹介しています。プレゼントで贈る時に、お手入れ方法も一緒に伝えると喜ばれますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

2019.05.29

プリザーブドフラワーはプレゼントに最適。人気の理由と選び方

まとめ

生花にこそ魅力があるという人もいますが、相手への想いが強いほど「枯れないで欲しい」という気持ちも大きくなるものです。

プリザーブドフラワーは、ケーキや絵画に見立るなど自由なデザインが可能なので、世界に1つだけのアレンジで相手を驚かせてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

こちらの商品も人気