お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

スタンド花を贈るときの注意点。色の選び方やマナーとは

開店祝いや公演祝いに欠かせないスタンド花ですが、実際に贈るにあたってどのような点に気をつければよいのでしょうか?色の選び方や基本的なマナーなど、スタンド花を贈る時に気をつけたいポイントを幅広く紹介します。

スタンド花の贈り方

さまざまなお祝いやお悔みのシーンで用いられるスタンド花ですが、その贈り方まで知っているという人は意外に少ないのではないでしょうか。

スタンド花をスムーズに注文できるように、選び方や配送日の目安、贈る際のマナーなどを紹介します。

作成から配送までをオーダー

スタンド花はフラワーショップで常に販売されている商品ではなく、基本的には注文を受けてから制作するアフターオーダー式の商品です。

また、配送日については注文者が指定するのが一般的なので、贈る相手やお店の都合について、事前にしっかり把握しておくようにしましょう。

なお、注文日の目安は配達日の1週間ほど前になります。花の種類やデザインなどの要望を受けてもらいやすくなるほか、会場への搬入の確認も余裕をもって行えるため、なるべく早めに注文するようにしましょう。

いつ頃までに届けばOK?

スタンド花の配送についてですが、開店や開業、リニューアルで贈る場合には当日に届けるのが目安となります。

また、公演祝いで贈るときには、開演時刻の3~4時間前の配送が一般的です。ただし前日の搬入を希望する会場もあるので、あらかじめ主催者に確認するとよいでしょう。

なお、スタンド花はお祝い事を後から知った場合でも贈ることができます。その場合は1週間以内を目標に、なるべく早めに届けるようにしましょう。

用意されたデザインから選ぶのが一般的

スタンド花は、注文する人が好みのお花を選ぶのではなく、カタログやネットショップに掲載されているデザインから選ぶのが一般的です。また、実店舗の店員さんにデザインを任せる場合もあります。

おまかせの場合もイメージを伝えておこう

デザインをおまかせする場合、表現したいイメージや花の種類、どのシーンで用いるかを詳しく伝えるようにしましょう。

イメージについては『とにかく豪華に』『明るい雰囲気で』『落ち着いた色合い』など、ざっくりしたもので構いません。

花の種類については『バラで高級感を与えたい』『たくさんの百合で清廉なイメージをプラスしたい』など、メインにしたい花、組み合わせたい花をあらかじめ決めておくとよいでしょう。

また、どのシーンに用いるかを伝えることで、店員さんがより適切な色・大きさ・花の種類を選びやすくなります。

スタンド花の主な利用シーンと値段は?

スタンド花はどんなシーンで用いられることが多いのでしょうか?主な利用シーンと目安となる価格帯を紹介します。

開店祝い

開店祝いに贈るスタンド花は、道行く人々へオープンを伝える効果的な宣伝広告となります。

価格帯については家族や親戚に贈るなら1~2万円、友人や知人なら5,000円~1万円、ビジネス関係なら1~3万円のスタンド花を用意するようにしましょう。

なお、開店祝いのスタンド花には火事や赤字を連想させる色合いはタブーとなります。華やかでいきいきとした色合いは構いませんが、炎や赤字をイメージさせる真っ赤な花を使用するのはNGです。

また、縁起のよい花を取り入れるのも喜ばれます。例えば、『幸せが飛んでくる』と言われる胡蝶蘭、 『祝福』を意味するポインセチア、『門出』を意味するスイートピー、『希望』との花言葉を持つガーベラなどです。

周年祝い

周年祝いのスタンド花は、会社や店を続けてこられたことに対する感謝の気持ちを表すとともに、益々の繁盛と発展を祈念するものです。

親族や特に親しい友人に贈る場合は5,000円~1万円、知り合いや店のお客様には4,000~7,000円程度が相場となります。

また、ビジネス関係の場合は取引の規模に応じて1万~2万円のスタンド花を用意しましょう。なお、周年イベントなどがある場合には15,000円以上のスタンド花が望ましいと言えます。

ライブ、舞台など公演祝い

スタンド花はライブや舞台などの公演祝いにも定番の贈り物です。少し前までは業界関係者の間のみで贈られるものでしたが、近年は一般のファンがスタンド花を贈ることも珍しくなくなりました。

ポピュラーな1段タイプのスタンド花で、相場は15,000円ほどです。

また、取引先などビジネス関係の相手に贈る場合は、見栄えを重視した2万円台のものがおすすめです。大きなパーティーや公演に用いるなら、3万円以上するより豪華な見た目のスタンド花を選ぶとよいでしょう。

慶事に贈るスタンド花

スタンド花をおめでたい慶事に贈る際は、どんなことに気をつければよいのでしょうか。色合いや文言のマナーについて解説いたします。

華やかな色を選ぶ

慶事に贈るスタンド花は、なるべく華やかな色合いで大きいサイズのものを選びましょう。特に、お店や事務所のオープン記念で贈る場合、存在感のある大きなスタンド花が並ぶことで、周りの人により華やかなイメージを与えることができます。

予算が高いほどボリュームが出て色の幅も広がるので、お世話になった人へ贈る場合や存在感をアピールしたい場合には、より高価なスタンド花を選ぶことをおすすめします。

コーポレートカラーを取り入れる

贈るお店や会社のコーポレートカラーを取り入れるのも大切な心がけです。コーポレートカラーはお店や会社の理念やコンセプトを体現したものなので、特に開店祝いや上場祝いなどでスタンド花を贈る場合にはとても喜ばれます

お花屋さんへデザインを依頼する際に、お店のイメージやコンセプト、テーマーカラーやロゴの色合いなどをしっかり伝えておきましょう。

立札にお祝いの文言を入れる

慶事の際にスタンド花を注文する時には、一緒にお祝いの文言を入れる立札も準備しましょう。贈る相手に失礼にならないよう、『祝 ご開店』や『祝 新装開店』、『ご開店おめでとうございます』など、用途に合せてお祝い文言を入れるのが一般的です。

また、あまりに長い文言ではスタンド花がごちゃついてしまうので、全体がスッキリとする簡潔な文言を選ぶようにしましょう。

なお、慶事の際には『依頼主の名前』『お祝文言』の2項目を記載するのが基本ですが、さらに加えて『お届け先の名前』を入れる場合もあります

お届け先の名前は、入れても入れなくても失礼に当たることはありませんが、開店祝い・就任祝い・出演祝い・結婚式などに贈る場合には、記載した方がより喜ばれることでしょう。

弔事に贈るスタンド花

ご通夜や告別式を自宅ではなく斎場やホールで執り行う場合には、お供え花を用いた『供花スタンド』を贈るのが一般的です。

ただし、通夜から葬儀の時期には葬儀社や斎場がお花を用意するため、スタンド花を贈るのは避けた方がよいでしょう。通常は葬儀後から初七日までの時期、もしくは初七日から四十九日の時期に贈ることになります。

ここでは突然の訃報にもしっかりマナーを守って花を贈れるよう、供花スタンドに適した色合いや立札の文言を解説いたします。

ユリやキクなど白と緑色でまとめる

供花スタンドの色合いは、白と緑でまとめるのが一般的です。よく用いられる花の種類としては、ユリやキク・アイリス・カーネーション・デルフィニウムなどがあります。

なお、ご遺族の気分を和らげるためにピンク系の花を用いるケースもありますが、他のご家族の気持ちもありますので、なるべく淡い色合いの花を選ぶとよいでしょう。

上品な色を差し色にすることも

近年では、供花スタンドに上品な差し色を入れるケースも増えてきました。故人の好きだった花を差し色に入れることもありますが、基本的には白と相性のよい紫や淡い青色が好まれています。

立札にお悔やみの文言を入れる

供花スタンドに立札をつける場合は、故人や遺族の名前は伏せ、贈り主だけの名前を記載します。立札の一番上に『供』や『御供』と記載し、その下に会社名や氏名を記載しましょう。

なお、連名で贈る場合には立札がごちゃついてしまわないよう、札1枚につき2~3名までに留めるのがマナーです。それ以上の多人数で贈る場合には名前の羅列を避け、『○○一同』と記載するようにしましょう。

スタンドの種類はさまざま

一口にスタンド花と言っても、花を飾るスタンドの種類は多種多様です。弔事にはベーシックな4本足のスタンドが基本ですが、慶事にはシーンに合わせてさまざまなデザインのスタンドから選ばなくてはなりません。

ここでは慶事に用いられるスタンドの中から、特に代表的なデザインを紹介します。

立派なアイアンスタンド

立派な見た目が人気のアイアンスタンドは、アート性の高いものからスタイリッシュなものまで、幅広いデザインが揃っています。ネコ足や丸みを帯びた曲線を取り入れたデザインも多く、エレガントな雰囲気を求める人にもピッタリです。

アイアンスタンドは出演祝いから公演祝い、開店祝いなど、幅広い慶事のシーンで用いられています。

目立つコーンスタンド

コーンスタンドは、文字通りアイスのコーンをイメージさせるデザインです。上部に向かうにつれて広がっていく逆三角形のデザインは、スタイリッシュでよく目立ちます。

特に大切な人へ贈る場合や、たくさんのスタンド花が並ぶ中で他の人と差別化をはかりたい場合におすすめです。全体的に可愛らしさが強調されたスタンドなので、お店や会社でもひときわ存在感を発揮してくれます。

籠やバルーンを使ったおしゃれなスタンド

落ち着きのある籐のスタンド花や、バルーンを使ったボリュームのあるスタンド花も多くのシーンで用いられています。バーの開店祝いなど、よりおしゃれな見た目のスタンド花を贈りたい時におすすめです。

また、バルーンや小物でアレンジされた独創的なスタンド花は、コンサート会場や舞台にお花を贈りたいファンからも好評を集めています。

お気に入りの声優さんやバンドにスタンド花を贈りたい人は、トレードカラーやバンドの楽曲の世界観を表したデザインを依頼してみてはいかがでしょうか。

スタンド花を購入する前に要チェック

スタンド花は存在感ある大きいサイズの贈り物なので、実際に購入する際にはいくつか確認すべきポイントがあります。

せっかくの贈り物が相手の負担になってしまわないように、ここでは特に重要な3つの確認ポイントを紹介します。

搬入できるサイズか

まずは、会場に搬入できるサイズかどうかを確認しましょう。

特に、複合施設やショッピングモールに持ち込む場合には、ビルの管理者への確認が必須の場合があります。『オープンの前日〇時まで』『サイズは〇cm以内』など、細かい規定が設けられているところもあるので、注意が必要です。

また、小さめの店舗にとってスタンド花はかなりの場所を取るので、サプライズで贈るのではなく、お店側にあらかじめ許可を貰っておくことをおすすめします。

公演祝いで贈る場合には『スタンド花を設置できるかどうか』を確認しましょう。ロビーや廊下が狭いなどの理由により、スタンド花を置くのが難しいことがあるからです。

なお、会場から『楽屋花』という希望があった場合には、スタンド花は設置できません。小さめの鉢植えや通常のアレンジメントなどを贈るようにしましょう。

スタンドを回収してもらえるか

スタンド花の注文先を選ぶ際には、スタンドの回収サービスがしっかり完備されているかどうかを確認しましょう。

特に、公演祝いで贈る場合には、公演後に会場からスタンド花を全て撤去する必要があります。また、花は時間とともに萎びれてしまうため、開店祝いで贈る場合にも回収サービスがあった方が便利です。

送り先への負担を考慮するなら、スタンド花の設置から回収まで行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。無料でスタンド花を回収してくれる業者も多くあります。

1週間以上前に注文を

スタンド花は、通常のアレンジメントよりも多くの制作時間を必要とするため、注文からお届けまでの期間が短いと思うような作品に仕上がらないことがあります。

花の種類やデザイン、色味など、たくさんの要望を叶えてもらうためには、1週間以上前の注文が望ましいと言えます。また、時期によって花の入荷状況も異なってくるので、使ってほしい花がある場合も1週間前には注文しておきたいところです。

なお、日にちに余裕があれば、お届け先や会場の都合も確認できるため、よりスムーズに届けてもらうことができます。

スタンド花をオーダーできるショップ2選

最後に、スタンド花をオーダーできるフラワーショップを紹介します。東日本は東京から、西日本は大阪からそれぞれ1店舗ずつ厳選しました。

東京 満足のボリューム GREEN ROAD

『GREEN ROAD(グリーンロード)』は、東京都文京区にショップを構えるお花屋さんです。グリーンレンタルと花ギフトをメインに、観葉植物や生花のアレンジ、胡蝶蘭や花束など、さまざまな種類のお花の商品を取り揃えています。

スタンド花の種類も充実で、ボリュームいっぱいの商品が1万円台からリーズナブルに購入可能です。また、オーダーメイドも10万円台から対応してくれるので、より希望に近いスタンド花を手に入れることもできます。

また、2,000社以上の法人へのグリーンレンタルや花ギフトの実績があり、ネットショッピングのシステムも充実です。東京だけでなく幅広いエリアから注文することができ、条件を満たせば翌日配送にも対応してくれます。

そのほか、立札・メッセージサービスを無料で提供しているところも好ポイントです。

  • 店舗名:GREEN ROAD
  • 住所:東京都文京区根津1-26-5-104
  • 電話番号:03-3824-5291
  • 受付時間:9:30~19:00
  • 式HP

大阪 格安でトップクラスの実績 biotop

『biotop(ビオトープ)』は、大阪市内に4つのショップを展開しているお花屋さんです。高品質・低価格を目指した地域密着型のお店で、当日配送や市内無料配達にも対応してくれます。

また、大量仕入れと配達効率化によりコスパの高い商品が多いので、スタンド花をはじめて注文する人でもおすすめです。

スタンド花には、季節の花々をたっぷり使用した二段スタンドや、かわいいバルーンスタンド、高級なイメージを与える赤バラコーンスタンドなど、豪華な雰囲気の商品が揃っています。

ボリュームたっぷりのスタンド花をリーズナブルに手に入れたい人は、ぜひ検討してみてください。

  • 店舗名:biotop(梅田本店)
  • 住所:大阪府大阪市北区兎我野町5-9
  • 電話番号;06-6313-8787
  • 営業時間:月~土  9:00〜翌1:00/日曜・祝日 9:00〜21:00
  • 公式HP

まとめ

華やかなデザインで存在感を発揮するスタンド花は、お店の開店祝いや周年祝いなどを彩る特別な贈り物です。近年は、知人やビジネス関係だけでなく、一般のファンがライブ公演にスタンド花を贈ることも増えてきました。

送り先の恥にならないよう、またはお祝いやお悔みの気持ちをしっかりと伝えられるよう、花や色の選び方、立札に記載する文言など、基本的なマナーを事前に確認しておくようにしましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気