スタンド花を舞台の公演祝いに贈ろう。喜ばれる選び方とマナーを解説

舞台やライブを見に行く目にすることの多い『スタンド花』ですが、さまざまなお祝いに贈ることができるのをご存知でしょうか?華やかな印象のあるスタンド花には、価格や種類によって選び方が異なってきます。そんなスタンド花の選び方について紹介します。

公演祝いのスタンド花の選び方

舞台やライブ、新店舗の店先などで実際に目にしたことはあることが多いスタンド花ですが、実際に贈るとなると「スタンド花を贈りたいが、どうやって選べばよいかわからない」そう思っている人も多いと思います。そんな公演祝いのスタンド花には、いろいろな選び方があります。

出演している俳優の好みや大きさなど、スタンド花の選び方について紹介します。

舞台俳優の好きな色や花で選ぶ

スタンド花を選ぶ際に喜ばれるのが、出演者や公演者の『好きな色や花』を贈る選び方です。

もし、具体的に好きな色や花がわからなかった場合でも、送り先の公演全体のイメージカラーや出演者のイメージカラーなど、抽象的なところから色や花を選んで贈ることもできます。

また、スタンド花をオーダーする業者によっては、イメージを細かく再現してくれるようなお店もあるので、困ったら相談してみるとよいでしょう。

価格や大きさで選ぶ

出演者の好み以外でも、スタンド花を選ぶ方法はあります。それが『スタンド花の価格や大きさ』で選ぶ方法です。

公演会場のエントランスを彩るスタンド花は、多くの人の目につきます。公演会場のサイズや自分の予算を考慮した上で、ふさわしいスタンド花を贈るとエントランスが華やぎます。

スタンド花を選ぶ際の大きさに関しても、おすすめのボリュームや一般的なサイズ感があります。どのくらいのサイズ感や値段が一般的なものなのか、詳しく紹介します。

おすすめのボリューム

一般的に、スタンド花の値段お相場は『1万5000円〜』とされています。値段と大きさが比例している訳ではありませんが、サイズに関しては『1.9〜2.3mくらい』が好まれているようです。

お花の種類によって値段は変わりますが、大きすぎても小さすぎても、会場によっては好まれない場合もあるため、サイズで迷った場合は上記のサイズのスタンド花を選ぶのが無難でしょう。

豪華で目立つ2段のデザイン

上記で紹介したサイズの範囲内でも、印象的なスタンド花を作ることができます。それが『2段のデザイン』のスタンド花です。

一般的な1段のデザインの場合、花を支える脚(スタンド)があり、その上に花がくるようなデザインです。

2段の場合には『脚の部分にも花を装飾する』ことができます。2段にすることで価格は上がりますが、1段に比べると豪華で印象的なスタンド花に仕上がります。

細かい部分に気を配ろう

華やかな印象が強いスタンド花だからと言って、何をしてもよいという訳ではありません。華やかである分、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

お花独特の注意すべき点や、装飾する素材に関する注意点など、細かい部分に気を使って、相手に喜ばれるスタンド花を贈りましょう。

ラメ加工は避ける

綺麗な印象のあるラメ加工ですが、スタンド花にラメで装飾することは避けましょう。その理由は、ラメ加工のされているスタンド花は『劇場を汚してしまう可能性がある』からです。

ラメ加工は剥がれやすい性質があるため、劇場を必要以上に汚してしまう危険性があります。劇場だけでなく周辺施設にまで苦情が入ってしまうというケースも起こっているので、ラメ加工のスタンド花を贈るのは避けましょう。

なるべく花粉が少ないお花を選ぶ

スタンド花を選ぶ際のもう1つの注意点が『花粉』に関する問題です。舞台の公演の際は、スタンド花がどこに設置されるかわかりません。

例えば、公演者が衣装を着た状態で出入りするところに花粉の多いスタンド花が置かれていて、花にぶつかった際に衣装を汚してしまうという危険性もあります。

以上のようなことから、公演先に贈るスタンド花は、花粉の少ない花を選ぶようにしましょう。

花粉の少ない花として、スタンド花によく用いられている『胡蝶蘭』がありますが、胡蝶蘭にもアレルギーは存在します。出演者にアレルギーを持った人がいないかも事前にチェックしておくとよいでしょう。

スタンド花が向かないケース

ここまでスタンド花の特徴や注意すべき点を紹介して着ましたが、届け先の会場によっては、スタンド花がお祝いとして向かないというケースもあります。

では実際、どのようなケースだとスタンド花が好まれないのでしょうか? せっかくの贈り物、喜んでもらえることに越したことはありません。スタンド花が好まれないケースもチェックして、相手に確実に喜んでもらえるようにしましょう。

会場の規模が小さいとき

スタンド花が好まれないケースの1つ目が『会場が小さい』場合です。前述したように、スタンド花は通常2.0mほどのサイズがあります。そのため、華やかな印象を与えることができると同時に『スペースが必要』という欠点もあるのです。

スタンド花を贈る際は、届け先の会場の規模もしっかり確認しておきましょう。

先方から指定があるとき

もう1つが『先方から指定がある場合』です。舞台の公演によっては事前に、公式HPなどで『スタンド花は受け付けていない』などのアナウンスが入る場合があります

そのような場合は先方の指示に従い、スタンド花を贈らないように注意しましょう。

スタンド花は大きくてかさばってしまうというケースもあります。せっかくの贈り物が相手にとって迷惑になってしまっては意味がありません。先方に関する情報の事前確認は非常に大切です。

楽屋花を検討しよう

「スタンド花は贈れないが、どうしてもお花を贈りたい」そんな人におすすめなのが『楽屋花』です。

楽屋花はスタンド花に比べて比較的小さく、楽屋に置くことを想定して作られた公演祝いです。出演者にどうしてもお花をプレゼントしたい人、先方がスタンド花を受け取れない場合など、楽屋花のプレゼントを検討するという手段もあります。

大規模な会場の場合

スタンド花が向かないケースとして、送り先の会場が小さい場合を紹介しましたが、ここからは逆に、送り先の会場が大規模だった場合のスタンド花の選び方を紹介します。

大規模な会場ならではの注意点もあるので、合わせてチェックしておきましょう。

小さめの花は埋もれてしまう

送り先の会場の規模が大きい時にも注意しなくてはいけないのが、スタンド花のサイズです。

小さめの花は、送り先の会場の規模が大きい場合、周りのスタンド花の大きさや会場の広さに埋もれてしまう場合があります。せっかくのお祝いで贈る花ですから、周りに埋もれてしまわないようにサイズ選びには注意しましょう。

目立つ色合いでオーダー

スタンド花のサイズ以外でも、周りに埋もれない方法はあります。

1つ目の方法が『目立つ色合いを使う』という方法です。周りのスタンド花とサイズが変わらなくても、目立つ色を使用することで印象的なスタンド花にすることができます。

使う色合いによって大きく印象が変わるのがスタンド花の特徴なので、どのような花を使えるのかお店と相談するとよいでしょう。

バルーンを追加してインパクトをプラス

サイズと色合い以外に、周りと差をつけられるのが『バルーンを追加する』という方法です。

バルーン付きのスタンド花は、通常のスタンド花に比べて印象的な仕上がりになります。全体的なサイズの印象が大きくなる以外にも、バルーンを装飾することで花本来のフレッシュさが際立つというメリットもあります。

バルーン付きのスタンド花には、基本的に屋外に置くことができないという注意点もあるので、オーダーする際は注意しましょう。

スムーズに届くよう宛名の記載は詳細に

会場が大きい際に注意したいのが『宛名を詳細に記載する』ということです。

会場の規模が大きい際には『同じ会場で複数の公演が行われている』というケースがあります。

複数の公演が同時に行われている際に、宛名が不鮮明な状態でスタンド花を送ってしまうと、届けるまでに時間がかかってしまうということがよくあるようです。

規模が大きい会場にスタンド花を贈るときは、住所だけでなく宛名も詳細に記載すると安心です。

スタンド花のオーダー前にチェック

ここまでスタンド花に関する注意点や会場によって気をつけることを紹介してきましたが、いざスタンド花をオーダーすることになった際の注意点を紹介していきます。

届けたい日に間に合うのか、公演後のスタンド花の処理についてなど、オーダーする前に事前にチェックして、しっかりスタンド花を送り先にプレゼントしましょう!

届けたい日に間に合うか

オーダー前にチェックするのが『届けたい日に間に合うか』という点です。スタンド花は、オーダーして翌日すぐに発送できるという訳ではありません。

お花の状態やスタンド花を作るのにかかる時間を考慮して、余裕を持ってオーダーするのが無難です。

使いたいお花がある場合は、1週間ほど余裕を持って依頼するようにしましょう。

また、お花の状態によっては、配送の時間帯に指定がある場合もあります。いつの公演に何時頃届けたいのか、日時をしっかり確認し、オーダー先と相談するようにしまましょう。

スタンドの回収サービスがあるか

スタンド花は、公演終了後やお花が枯れてしまった後の処分が大変だという難点があります。先方に処分の手間を取らせないよう、スタンドの回収サービスを行っている業者があります。

スタンド花をオーダーする際は、贈った後の処理のことも考慮して、オーダーする業者がスタンドの回収サービスを行っているかどうかを事前に確認しておきましょう。

回収の指定時間に間に合うか

スタンド花の回収サービスを行っている業者であっても、先方の会場が遠い場合は、回収に間に合わないというケースもあります。会場が遠方の場合は、会場周辺の業者にオーダーするなど、回収時間に間に合うように注意してオーダーしましょう。

また、業者によっては回収に迎える時間が指定されている業者もあるため、その点も考慮してオーダーすることをおすすめします。

立て札を添えるのがマナー

スタンド花を贈る際には、注意する点に加えて守るべきマナーもあります。一般的に言われているのが『立て札を添える』というマナーです。

立て札を添える際にも、ただ添えるだけではいけません。どのようなことを立て札に記載すればよいのかなど、ポイントがあるので紹介していきます。

記載する文言は?

立て札を添える際には、どのような文言を記載すればよいのでしょうか? 表書きの記載例には、いくつかの文言があります。

1つ目は、『祝』『御祝』という書き方で、どのような場合のお祝いでも使える文言です。2つ目は、『祝御公演』『楽屋御見舞』という書き方で、主に公演・楽屋御見舞の一般的なお祝いの文言として使われます。

3つ目が、『初日御祝』という書き方で、公演初日にお祝いを届ける場合の文言として一般的に使われています。

送り先の状況によって使う文言も変わってくるので、しっかりと使いこなせるとスタンド花の印象も締まります。

お届け先様名を記載することも

上記のような文言以外にも、『お届け先様名』を記載する場合があります。また、届け先だけでなく贈り主の氏名を記載することにより、誰から誰へ贈られたスタンド花なのかをアピールできます。

舞台の公演会場や、アーティストのライブ会場などでよく目にするスタンド花にはこのように届け先の氏名と贈り主の氏名が記載されたものが多く見受けられます。

自分の名前をしっかりと示したい場合には、立て札に贈り主の氏名を記載するとよいでしょう。

スタンド花を東京に配送できるお店

「スタンド花を東京に贈りたい」という場合に、東京に配送を行ってくれる業者がいくつかあります。お花の質にこだわったお店や24時間営業しているお店など、おすすめのお店をいくつか紹介するのでチェックしてみましょう。

上質なお花を贈れる グリーンロード

上質なお花を贈ることができることで人気を集めているのが『グリーンロード』です。

グリーンロードでは、豊富な種類のお花の中からスタンド花をオーダーできます。どの花も上質で、公式HPの画像もわかりやすく選びやすいため人気を集めています。

また、どのような目的で贈るかという『用途』からスタンド花を選ぶことも可能です。開業・移転・昇進・イベントなど、用途によって適したスタンド花をオーダーできるも魅力の1つです。

  • 店舗名:GREEN ROAD
  • 住所:東京都文京区根津1-26-5-104
  • 電話番号: 03-3824-5291
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:お正月を除き年中無休
  • 公式HP:https://www.green-road.net/

24時間営業が嬉しい Lynx

『Lynx』は、新宿歌舞伎町で24時間営業しているお花屋さんです。Lynxの魅力は24時間営業しているという点だけではありません。

Lynxが人気を集める理由の一つに、オリジナリティー溢れるバルーンスタンドを制作しているという点があります。

バルーンの種類も豊富で、いくつかある種類の中から選べるので、個性のある印象的なバルーン付きのスタンド花を送りたい場合におすすめです。

スタンド花以外の配送も行っており、送り先の会場が小さい場合に好まれる、楽屋に入るサイズのプリザーブドフラワーやフラワーアレジメントなど、用途に合わせて贈り物が選べます。

  • 会社名:Flower shop Lynx
  • 住所:東京都新宿区歌舞伎町2-11-4 新宿リー3ビル1F
  • 電話番号:03-3209-2027
  • 営業時間:月~土 24時間、日祝0:00~22:00 但し、休み明け営業は12:00~
  • 定休日:正月・盆
  • 公式HP:http://www.lynx878.com/

スタンド花を大阪に配送できるお店

ここからは、大阪にスタンド花を配送できるお店を紹介します。スタンド花をオーダーするお花屋さんは、お花の鮮度のことも考慮すると、できるだけ届け先の会場と近い方がよいとされています。

細かいイメージを実現してくれるお店やハイセンスなお店など、2店舗紹介していきますので、大阪方面の会場にスタンド花を贈りたい際はチェックしてみてください。

細かいイメージを相談できる 花花

『花花(はなか)』では、贈り主の細かいイメージを尊重してスタンド花を作成してもらえます。公式HPに紹介されているスタンド花以外にも、贈り主の要望に細かく答えてオリジナルのスタンド花を制作してくれるのが花花の魅力です。

花花ではそれ以外に、『大阪市内だと送料が無料』という嬉しい魅力もあります。さらに、大阪市内で尚且つ商品がすぐに用意できるものであれば、1時間以内に届け先に配達も可能なので、急ぎの際にも対応してくれます。

  • 会社名:Flower Studio 花花
  • 住所:大阪市中央区島之内1-5-10 SK島之内ビル
  • 電話番号:06-6241-8785
  • 配達可能時間:10:00~21:00
  • 定休日:日・祝
  • 公式HP:https://www.stand-hana.net/

ハイセンスなデザイン SAINT JORDI FLOWERS

SAINT JORDI FLOWERS(サンジョルディフラワーズ)は、『店頭に花がない花屋』として人気を集めているハイセンスなお花屋さんです。

店頭に花がない理由は、『商品全てを3日前までに注文する』というフルオーダーメイドの方式をとっていることに起因します。

届け先の文化・カラー・独自性・統一されたイメージやデザインをしっかりと考慮した上で、アイデンティティのあるお祝い花を制作してくれるため、法人向けのお祝い花としての人気を集めている、ワンランク上のフラワーショップです。

  • 会社名:SAINT JORDI FLOWERS 大阪店
  • 住所:大阪府大阪市中央区大阪城 3-1
  • 電話番号:06-6941-7757
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日;なし
  • 公式HP:https://www.saintjordiflowers.com/

まとめ

舞台の公演やアーティストのライブ会場などでよく見るスタンド花ですが、誰でも送れると同時に注意すべき点もあります。

注意点さえ把握してしまえば、こだわれるポイントがたくさんある、お祝いにぴったりの贈り物です。ぜひスタンド花を贈ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事

こちらの商品も人気