お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物で白い葉や花をつける種類は?名前と特徴を知ろう

グリーンに映える白い葉や花をつける観葉植物は、どのような部屋のインテリアにもしっくり馴染みます。この記事では、白い葉や葉脈、白い花を咲かせる観葉植物を9種類ご紹介します。また、葉が白くなる病気についてもあわせて説明していきます。

白い観葉植物の名前は?

部屋に置くだけで、空間を素敵に演出してくれるのが観葉植物の魅力です。観葉植物といえば、グリーンの葉が生えている印象が強いですが、なかには白い葉をつける種類のものもあります。

観葉植物は種類がたくさん

日本国内で流通している観葉植物の種類は、大変多いといってもいいでしょう。1つの品種のなかでも、大きさ、葉の色、斑入りなど、バリエーションが豊富です。

また、観葉植物は、同じ品種でも和名や英名、通称など、色々な呼ばれ方をするケースがあります。つまり、同じ種類でも、店によっては違う名前で売られていることもあるのです。

そのため、観葉植物の呼ばれ方を知っておくと、購入時に比較できるため便利でしょう。

特長や画像でも調べられる

お祝いなどでいただいた観葉植物の名前を知りたい場合もあるでしょう。そういった場合は、観葉植物の種類を検索するサイトで、見た目の特長などを参考に名前を検索できます。

また、これから観葉植物を部屋に置きたいという場合に気になるのが、室内で育てるのにお世話がしやすいかどうかなど、観葉植物の特長です。フラワーショップでじっくり質問する時間がない場合などは、観葉植物検索サイトを活用できます。

観葉植物の検索サイトを参考にすると、乾燥に強いのか日陰に強いのかなどの特徴から、欲しい種類を見つけ出すという使い方も可能です。

白い葉をつける観葉植物をご紹介

部屋に観葉植物を置きたい場合に、白い葉をつける種類を選んでみてはいかがでしょうか。一般的なグリーンの葉をもつものとはまた違った存在感を放ち、空間をおしゃれな雰囲気に演出してくれます。

白い葉をつける観葉植物の種類について、具体的に見ていきましょう。

ホワイトクリスマス

ハートのような形の葉が印象的な『カラジウム』は、グリーンをはじめ、赤やピンク、そして白の葉など、さまざまな色の種類があります。白い葉をもつのは、『ホワイトクリスマス』と呼ばれる種類です。

ホワイトクリスマスは、白い葉に緑の葉脈が走っています。珍しく、さわやかな見た目で人気です。その名の通り、ホワイトクリスマスを連想させるでしょう。

葉焼けしにくいので、日差しが少しくらい強くても、みずみずしい葉色をキープできます。しかし、乾燥には少し弱く、水が不足すると葉のみずみずしさが失われて、しおれかけてしまう場合があるのです。水はたっぷり与えると良いでしょう。

花壇に植えるスタイルやハンギングプランツとして吊るす方法、小さな鉢に植えるなど、色々な楽しみ方ができます。飾る場所を選ばないのも魅力の1つです。

ベンジャミン・スターライト

細い枝にたくさんの小さな葉をつける『ベンジャミン』は、存在感がありながらも涼しげな見た目で、高い人気を誇る観葉植物です。枝がツイスト状にねじれているものも多く、個体によってさまざまな見た目で楽しませてくれます。

なかでも、葉に大きな白い班が入った種類が、『ベンジャミン・スターライト』です。深いグリーンと白のコントラストがとてもおしゃれな印象を与えます。

ベンジャミンのなかでも、葉に斑が入る品種は、特に直射日光に弱い傾向があります。色素の抜けた斑の部分は、葉焼けがしやすいのです。窓際であればレースのカーテン越しなどに置いて、ある程度遮光すると良いでしょう。

モンステラ・アダンソニー・バリエガタ

大きくな葉に深い切れ込みが入った、トロピカルでエキゾチックな印象の『モンステラ』には、斑入りの品種も多くあります。なかでも人気なのは、白い斑の入った『モンステラ・アダンソニー・バリエガタ』です。

聞きなれない『バリエガタ』という言葉は、『斑入り』という意味をもちます。斑は、交配の際の突然変異により葉の色素が抜けて、白や黄色の斑が入ることで起こります。一方、育つ環境により、その斑模様が消えてしまう場合もあるようです。

斑入りは葉の色素が薄いため、オリジナルのモンステラに比べると、直射日光に弱く葉焼けを起こしやすいので、置き場所には少し注意が必要です。珍しい品種で希少価値が高く、そのために金額も高い傾向があります。

仙女盃

『仙女盃』は、メキシコが原産の多肉植物です。『せんにょはい』と読みます。肉厚で白い粉を吹いた葉が放射線状に開いている姿は、とても個性的です。冬には紅葉することもあり、葉の先がほんのりピンクに色づきます。

多肉植物ということもあり乾燥には強い品種です。多湿にさえ気をつければ、美しい姿をキープできるでしょう。レアな種類のため、手に入れるのは少々難しいかもしれません。

白い葉脈が特徴の観葉植物

緑の葉に白い葉脈が走っているユニークな観葉植物には、どのような品種があるのでしょうか。ここでは、白い葉脈をもつ観葉植物の品種をご紹介します。

アフェランドラ・ダニア

『アフェランドラ・ダニア』は、みずみずしいグリーンの葉に、太めの白い葉脈が印象的な観葉植物です。遠目でもはっきり分かる白い葉脈とグリーンのコントラストは、目の覚めるようなインパクトがあります。

個性的な葉だけでなく、春に花を咲かせる黄色の花苞の美しさも特徴です。花をつけるためには日光に十分当てる必要があります。しかし、日光に当てすぎると葉色が悪くなることもあるため、両立させるのは難しいかもしれません。

アロカシア・グリーンベルベット

『アロカシア・グリーンベルベット』は、1本の茎に対して1つだけ大きなハートの形の葉をつける品種です。サトイモ科の植物の独特なスタイルでしょう。

グリーンベルベットの名の通り、深いグリーンの葉のベルベットのような起毛感が特徴です。そこに白い太めの葉脈がくっきりと走っています。白と緑のコントラストで、葉脈が蛍光グリーンのように見えることもあります。

アカロシアは寒さに弱い品種ですが、グリーンベルベットは比較的寒さに強いため、丈夫で育てやすい品種です。

白い花が咲く観葉植物

観葉植物のなかには、葉だけでなく花を楽しめる品種のものもあります。なかでも、白く可憐な花を咲かせる品種には、どのようなものがあるのでしょうか。

スパティフィラム

熱帯アメリカが原産のスパティフィラムは、濃く鮮やかなグリーンの葉のなかに、ミズバショウのような真っ白な花を咲かせます

実はこの白い花に見えるのは、花ではありません。『仏炎苞』というもので、中央の花部分『肉穂花序』を守るように、葉が変形したものなのです。

スパティフィラムの花は、5〜10月くらいに咲きます。仏炎苞が茶色に変化すると、中から種を取り出せるので、種から育ててみたい人はチャレンジしてはいかがでしょうか。花を咲かせたい場合は、3年程度の期間が必要になるようです。

コーヒーの木

コーヒー豆が収穫できるコーヒーの木は、観葉植物としても栽培されています。みずみずしい深い葉が生い茂る姿とは対照的に、日陰でも育てやすい品種です。

何年か育てて1mくらいの背の高さになると、5〜6月ごろに1cmほどの白い小さな花を咲かせるでしょう。その花びらは、とても繊細でかわいらしい姿です。開花期間は2日ほどでしぼんでしまいますが、甘い香りと美しい姿を観賞できます。

花が咲き終わると、赤い実をつけます。花も実も楽しめる魅力的な観葉植物なのです。

シルクジャスミン

『シルクジャスミン』はその名の通り、ジャスミンのような香りの花を咲かせることから、その名がつけられました。本当の名前は『ゲッキツ』です。寒さにも強く育てやすいことでも知られています。

6~9月にジャスミンに似た、かわいらしい白い花を咲かせます。そのあとには赤い果実もつけ、色々な変化を楽しめのも人気の理由です。

葉が白いのは害虫や病気の可能性も

観葉植物を育てていると、もともとグリーンだった葉が突然白くなることがあります。そのような異常は、害虫が住み着いてしまったり病気にかかっていたりする可能性があるのです。

どんな病気や害虫の可能性があるのか、詳しく見ていきましょう。

白い斑点はハダニによるもの?

白い斑点状に葉の表面の葉緑素が抜け落ちていることがあります。その原因は、葉の裏側に住み着いた『ハダニ』という害虫によるものです。

ハダニはクモの一種で、ハダニがつくとまず白く細かい斑点ができます。そのあと全体的に葉が白くなっていき、最後には枯れてしまうのです。

見つけたら、ピンセットなどを使って、ハダニを駆除しましょう。ハダニは水に弱いという性質をもつので、葉裏に勢いよく水を吹きかけるのも効果的な方法です。

ハダニは、葉が密集して風通しが悪くなると発生しやすくなります。剪定をして風通しを良くすると予防になるでしょう。

粉がついている場合はうどんこ病?

葉が急に白くなった場合は、害虫ではなく病気にかかっている可能性が考えられます。『うどんこ病』はその名前の通り、うどんの粉が葉にかかってしまったような見た目が特徴の病気です。

うどんこ病にかかると、葉全体がうっすらと白くなり、次第にどんどん白さが濃くなってきます。そうすると光合成ができなくなり、しまいには枯れてしまうのです。

この白い粉の正体は『カビ』です。一般的に、乾燥して気温が高いと発生しやすくなります。

また、カビは胞子を飛ばすので、1枚の葉に寄生すると、すぐに別の場所にカビが飛んで大繁殖します。発見したら、被害が広がらないうちに切除をしましょう。念のため、発症した鉢からほかの観葉植物を遠ざけてください。

白い粉がついてしまうのはコナカイガラムシが原因かもしれません。以下の記事ではコナカイガラムシの対策についてもご紹介しています。

関連記事

2019.05.27

観葉植物に白い粉がつく原因とは?早めの対処で手遅れを防ごう

まとめ

白い葉や花をつける観葉植物は、白とグリーンのコントラストを鑑賞できるものや、花の香りを楽しめるもの、種をとれるものなどさまざまです。比較的育てやすい種類も多いので、初心者でもチャレンジできます。

一方、緑の葉が突然白くなった場合は、害虫や病気に冒されていることも考えられます。ハダニによる被害やうどんこ病の可能性もあるので、見つけたら早めに対処をすることが大切です。

関連する記事

こちらの商品も人気