お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物の植え替え方法を解説。失敗しないためのポイントとは

観葉植物が大きくなってきて場所を取るようになってきたら、植え替えのタイミングです。しかし、どのように植え替えをすればいいのか、失敗したらどうなるのかと、不安に思う人も多いでしょう。そこでこの記事では、具体的な植え替え方法をご紹介します。

植え替えを行う意味とは

観観葉植物は生き物ですから、育てていると成長して大きくなります。はじめに植えてあった鉢とはバランスが合わなくなってくるかもしれません。サイズの合った新しい鉢に植え替えることで、見栄えも良くなります。

また、小さい鉢に入れたままにすると、根が詰まってしまい植物が弱ってしまうこともあります。このような場合も、一回り大きな鉢に植え替えれば、再び元気に成長してくれるでしょう。

根詰まりを防ぐ

鉢に植えられている観葉植物は、根や株が成長するにつれ、より多くの水分や養分を吸収しようと、鉢いっぱいに根が広がっていきます。

やがて鉢の中が根でいっぱいになり、新たに成長するスペースがなくなってきてしまうのです。そうなると、水分や養分をうまく吸収できずに、枯れてしまう原因となります。これが『根詰まり』です。

根詰まりを見極めるときは、鉢底をのぞいてチェックしてみます。底から見える土に、根が大量に絡まっているのが見えたり、根が飛び出してしまったりしている場合は、一回り大きな鉢に植え替えをするサインです。

大きな鉢に植え替えをすると、根が成長する新たなスペースが生まれますので、根が詰まることなく、観葉植物が生き返ることができます。

劣化した土を入れ替える

土の中の養分を吸収しながら観葉植物は育つので、当然、時間が経つと土の中の養分は少なくなります。植え替えには、養分が減って劣化した土を入れ替えるという目的もあるのです。

このときに入れ替える土選びも、観葉植物を長く元気に育てるための重要なポイントです。土を入れ替える際は、栄養のある、ふかふかの新しい土を使いましょう。

また、土選びは植物ごとに異なります。多肉植物やサボテンをはじめとする乾燥に強い観葉植物は、水はけの良い土がおすすめです。一方、乾燥に弱い観葉植物には、保水性の高い土を選びましょう。

元気がない様子の観葉植物を復活させる

観葉植物に元気がないときは、さまざまな原因が考えられます。適切な気温や日当たりの条件下に置き、水やりもしているのに元気がない場合は、土の環境が良くないのかもしれません。

水やりをしたときに吸収されづらい、いわゆる『水はけが悪い土』は、水や空気が通る隙間があまりないものです。鉢の中に長い間水がたまった状態を引き起こし、『根腐れ』の原因にもなります。

根腐れを起こすと根から栄養が吸収できません。元気に復活させるには、腐った根を切除し、新しい土に植え替える必要があるのです。

観葉植物の植え替え時期

いくら植え替えが必要な状態の観葉植物でも、いつでも植え替えていいというわけではありません。植え替えには、適した時期があります。植え替えの時期を間違えると植物に大きなダメージを負わせてしまうのです。

それでは、いつが植え替えに適した時期なのか、詳しく見ていきましょう。

9月ごろまでに行うのがベスト

観葉植物の植え替えにベストな時期は、観葉植物が最も成長する季節である、5~6月あたりです。天気が良い日中を選ぶと、観葉植物にとっても負担が少なく植え替え作業ができます。

植え替えすべき状況を発見したのがそれよりあとだった場合も、9月ごろまでであれば、気がついたタイミングで植え替えをしてあげると良いでしょう。

ただし、暑さが厳しい7〜8月の真夏の時期は避けてください。植え替え作業を屋外でしていると、長時間、観葉植物に直射日光が当たってしまう可能性があり、葉焼けなどのトラブルを引き起こしかねません。

真夏の植え替えは、観葉植物にとってかなりのダメージですので、できれば涼しくなる9月を待って行いましょう。

遅くとも10月ごろまでに

9月までに植え替え作業をするのが難しい場合でも、遅くとも10月ごろまでには作業をしたいところです。地域によっては、10月でも比較的温暖なところもあるでしょう。

しかし、10月を過ぎてしまうと、日中でもあまり気温が上がらなくなり、また空気も乾燥しやすくなります。植え替えは次の春まで待った方が良いと言えます。

11月からの寒い時期の植え替えリスクとは

11月以降の冬に植え替えをすると、成長が止まっている時期に観葉植物に負担を与えてしまいます。せっかく元気に成長していた株が弱ってしまい、最終的には枯れてしまうこともあるかもしれません。

1番のダメージは根です。ほかの季節でも、植え替えによって根はダメージを受けています。休眠期である冬は、ダメージがほかの季節よりも大きいのです。根が詰まっているのを発見しても植え替えは控え、次の春を待ちましょう。

植え替えに必要な物を揃えよう

いざ植え替えをするとなった場合に、どんなアイテムが必要になるのでしょうか。

植え替えに必要なアイテムは、園芸店など観葉植物を取り扱う販売店で買えることがほとんどです。どんなものが必要か、具体的に見ていきましょう。

観葉植物に適した土

まずは、観葉植物の品種に適した種類の土を用意します。土は自分でも配合できますので、育てている観葉植物にぴったりの土を作ることができます。

しかし土の配合は、初心者にはなかなかハードルが高いでしょう。土の特性を知るところからはじめる必要があるからです。

したがって、配合が難しいようであれば、園芸店などで販売している『観葉植物の土』を購入し、それを使うのがおすすめです。観葉植物に必要な栄養素が、最適なバランスで配合されています。

鉢底ネット、鉢底石

次に用意するのは、『鉢底ネット』と『鉢底石』です。鉢底ネットとは、鉢底石を入れる前に鉢の底に敷く、目の細かい鉢底専用ネットです。水やりをしたときに土が流れ出ることを防ぎ、害虫などが鉢の中に侵入するのを防止するという役割があります。

一方、鉢底石は、ネットの上に敷く軽い石です。ネットと共に鉢の中の通気性・排水性を良くしてくれるので、水やりの際に水はけが良くなる効果があります。根腐れの予防にも有効なアイテムです。

これらを準備することで、密閉されやすい鉢底に適度な隙間を生み出し、株が元気に育つ環境を整えられるのです。

消毒した剪定ばさみ、軍手など園芸用品

『剪定ばさみ』も用意したい道具の1つです。剪定ばさみは普通のはさみと異なる、園芸専用のはさみです。左右で刃の形が異なり、ハンドルの間にバネがついています。

植木ばさみとも違い、剪定ばさみは庭木や観葉植物の手入れなど、太い枝を切るのに適しています。軽くてバネが強すぎないものだと、長時間作業していても疲れにくく、女性でも剪定作業がしやすいでしょう。

剪定する際は、必ず消毒をしてから使用します。切り落としたときにウィルスが刃に付着し、はさみを媒体にしてほかの植物にウィルスを移す可能性があるからです。消毒の仕方は、煮沸、アルコール、消毒液などがあります。

また、放置するとサビが生じるので、使用後のケアも怠らないようにしてください。その他、枝や棘で手が傷つくのを防ぐために、軍手も用意しておくと便利です。

植え替えを行う新しい鉢の選び方

植え替えをする場合、新しい鉢を用意する必要があります。大きさや素材はどんなものを選べばいいのでしょうか。

ここでは、鉢選びのコツについて具体的に見ていきます。

サイズは一回り大きいものを

植え替えをするときに用意する新しい鉢は、現在のものよりも一回り大きなものにしましょう。たとえば、今使っている鉢が3号なら、4号を用意します。一回り大きめの鉢を用意することで、余裕をもって根が成長します。

そして、ここで忘れがちなのが、新しい受け皿です。一部の鉢は、受け皿と鉢がばらばらに販売されています。セットで販売されていないときは、忘れずに用意しましょう。

鉢が大きすぎると枯れる原因に

せっかく植え替えをするのだからと、植物の根に対してかなり大きなサイズの鉢を選ぼうとする人もいるかもしれません。

しかし、鉢が大きすぎると水やりをした際に土に水がたまりやすく、長時間じめじめした状態を引き起こしてしまいます。そうなると根腐れの原因となりますので、大きすぎる鉢はおすすめできません。

『大は小を兼ねる』という言葉は、植え替えには当てはまらないのです。大きさにあった鉢を選びましょう。

大きくしたくない場合は?

観葉植物が育ちすぎて、これ以上大きくしたくないという場合もあります。そんなときは、植え替えの際に幹や茎を切り、剪定をしてあげることで観葉植物のサイズを調整できます。

また、このとき、根の整理をしてあげるのも大切です。明らかに古い根や腐りかけている根などは、慎重に切除しましょう。根が整理されれば、今までの鉢でも元気に育ちます。

植物に合ったデザイン選びを楽しもう

せっかく植え替えをするのなら、鉢選びを楽しみたいものです。鉢の種類は豊富にありますので、部屋のイメージに合わせて選びましょう。インテリア性を高めるには、観葉植物の樹形に合った鉢を選ぶのがポイントです。

パキラやフィカス・ベンジャミンのような、葉のボリュームに対して幹がくびれているシルエットの植物を例に挙げてみます。この場合、幹を中心に上部と下部の安定を図る鉢を選ぶと失敗しづらいです。

葉のボリュームに対して鉢が小さいと、アンバランスに見えます。見ていて不安な気持ちになるかもしれません。葉に対して釣り合うような、どっしりとした『エッグ型』や『キューブ型』の鉢がぴったりでしょう。

植え替え方法

植え替えに必要なアイテムを揃えたら、実際に植え替えをしていきます。植え替えは、天気が良く暖かいといった、観葉植物にとって良い気候のときに行うのがおすすめです。

根をほぐす

まず、根を鉢からていねいに抜き取ります。このとき、根が抜けにくいからといって、無理やり力を入れて引っこ抜いてしまうと、根が傷ついてしまいます。

引き抜きにくい場合は、鉢の外側をスコップなどで軽く叩くと、鉢と土に隙間ができて引き抜きやすくなることが多いです。鉢底から根がはみ出している状態であれば、そこはていねいに切り取ります。

抜き取ったら、株の底から1/3程度まで根をほぐして枯れてしまった根や古土を取り除きます。もし簡単に根がほぐれる場合は、多めに落として根をきれいな状態にしましょう。

新しい鉢の植え替え準備を行う

株を抜いたら、新しい鉢に鉢底ネットを敷き、鉢底石を鉢底から2~3cm程敷き詰めます。そのあとで、用意した観葉植物用の土を敷きます。それから、抜いた株を新しい鉢に入れる作業に移りましょう。

少し難しい作業のように思いますが、大型の観葉植物などでない限りは、ていねいに作業を進めればあまり失敗することもありません。安心して行いましょう。

土と植物を入れる

新しい土の上から株を入れたら、周りにさらに新しい土をどんどん投入していきます。根の間に土が入りきれていない場合も考えられるので、鉢を軽く叩きながら隙間がないように土で埋めていきましょう。

土の高さは、鉢の縁より4cm程下のラインが目安です。植え替えが終わったら少しだけ水やりをしてください。さっと素早く水が引けば、きちんと植え替えできたと思って良いでしょう。

植え替え後はいつも通りで大丈夫?

観葉植物にとって、植え替えはダメージを受ける行為です。したがって、そのあとのお世話がとても大切と言えます。植え替え後のケアを間違えると、最悪のケースでは枯れてしまうこともあるのです。

せっかく植え替えをしたのに、それが原因で枯れてしまったのでは、元も子もありません。植え替え後のケアのポイントを確認していきましょう。

置く場所に気をつける

まず気をつけたいのは、置く場所です。植え替え後の弱っている状態の観葉植物は、直射日光や強い風の当たらない場所に置きましょう。レースのカーテン越しなどの、明るいけれど、ある程度遮光がされた場所が理想です。

直射日光や強風にさらされると、さらにダメージを受けることになります。葉焼けや、株が倒れたりするトラブルを引き起こしかねません。

水やりの仕方

植え替えしてすぐは、根が水を吸えない状態になっています。そのため根腐れしやすく、水をやると枯れてしまう場合があるのです。

水やりは、土が完全に乾いてある程度経ったらするようにしてください。しばらく水やりができない代わりに、こまめに葉水をしてあげると良いでしょう。

植え替えた直後は元気でも、少し時間が経つと、みずみずしさがなくなる場合があります。これは自然なことですので、ここで慌てないようにしてください。「水が足りないのかも」と過度に水を与えてしまうと、それが枯れる原因となってしまうのです。

植え替え直後に肥料を与えない

植え替え直後、観葉植物の根はダメージを受けています。このタイミングで肥料を与えるのは厳禁です。肥料を与えると『肥料焼け』と起こします。肥料焼けとは、肥料の栄養分を十分に吸い上げられず、濃度に負けて根が傷むことです。

こうなると、葉が落ちるなど、株が弱ってしまいます。元気に育てるためには、植え替え後の肥料は控えた方が良いでしょう。

ここまで、観葉植物の一般的な植え替え方法をご紹介しましたが、チャレンジできそうでしょうか。

以下の記事では人気の観葉植物『パキラ』の植え替え方法をご紹介しています。パキラを育てている方はぜひご覧ください。

関連記事

2019.05.27

観葉植物の植え替え・パキラ編。土の選び方や手順とは?

自分で植え替えるのが難しいとき

植え替えに必要なものや、その手順を説明しましたが、なかなか自分でするには、ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

特に、大きなサイズの観葉植物の場合は、自分1人で植え替えをするというのは、大変な作業です。そういった場合におすすめなのが、植え替えの代行サービスです。

ショップに依頼することも可能

実は、植え替えを代行してくれるサービスをしている販売店も多くあります。料金はショップによって異なりますが、鉢と土や石、ネットなどの資材代、その上で作業代がプラスされます。作業は1〜2時間で終わることが多いようです。

費用の目安としては、1時間 2,500円程度です。観葉植物の大きさがそこまで大きくない場合や、販売店から自宅が違い場合は、お店に持ち込んで植え替えしてもらいます。自宅に来てもらう場合は、出張費もプラスされる場合が多いようです。

プロによる植え替えですので、失敗をする心配がありません。安心して大切な観葉植物をお任せできるでしょう。

こちらの記事では、地域ごとのおすすめの植え替え代行サービスもご紹介しています。代行をお考えの方はぜひ読んでみてくださいね。

関連記事

2019.05.27

観葉植物の植え替え業者はある?プロが代行してくれるサービス内容

まとめ

観葉植物の成長にともない、植え替えは必要となってくる作業です。小さなサイズや中くらいのサイズなら、手順さえ守ってていねいに行えば、あまり失敗することはありません。

失敗すると言えば、植え替え後のケアです。植え替え後に過度な水やりをしたり、肥料を与えたりすることで枯れてしまうことも多いため、そこは注意しましょう。

また、大きな観葉植物であればそれだけ植え替え作業も大変です。自分1人で植え替えをするには、かなり手間がかかると考えられます。初心者であれば、業者に依頼するという手もあるので、利用するのも良いかもしれません。

関連する記事

こちらの商品も人気