観葉植物が枯れた原因とは?よくある5つのケースの対策をご紹介

植物が枯れた原因は1つではありません。日照不足や乾燥、害虫などさまざまな要因が考えられるため、安易に肥料を与えるのは禁物です。よくある5つの原因とその対策法について解説します。肥料の与え方や枯れた植物の処分法も確認しておきましょう。

観葉植物が枯れたときはどうする?

観葉植物が枯れたときは、まず原因を突き止め、早めに対処することが必要です。一方で、植物には『休眠期』があるため、枯れたと勘違いする人も少なくありません。

植物が枯れる主な原因と、休眠期の見分け方をチェックしましょう。

原因を知ろう

根・葉・茎・土の状態をチェックして、植物が枯れた原因を明らかにさせましょう。病気や害虫の場合、他の鉢植えにも被害が広がってしまうため、原因解明は早ければ早いほどベターです。

  • 水不足による水切れ
  • エアコンの風などによる乾燥
  • 直射日光による葉焼け
  • 日照不足
  • 不適切な温度環境(高温・低温)
  • 根詰まり・根腐れ
  • 害虫・病気・カビ

このように、植物が枯れる原因は1つではありません。その多くが、管理不足、または知識不足によるものといえます。

植物は自生地や原産国によって最適な環境が異なります。特性を知り、正しい育て方・管理方法を学ぶところからはじめましょう。

枯れたまま放置は風水的に良くない

枯れた植物は、迅速に処理しなければなりません。衛生上の理由もありますが、風水における『運気ダウン』に繋がるためです。特に、健康運が低下し、怪我や病気が増えるといわれています。

また、玄関に枯れた鉢植えがあると、良い気が入ってくるのを妨げてしまうとも言われています。空間の中に『よどみ』を作らないためにも、早めの処理を心がけましょう。

休眠で枯れたように見えている可能性も

観葉植物には、成長スピードが速くなり、養分や水をたっぷり必要とする『生育期』と、成長が緩慢になり、水をほとんど必要としない『休眠期』があるのを知っていますか?

気温が低くなる冬は成長がストップし、植物によっては枯れたように見えるケースもあります。

たとえば、『アロカシア』は、熱帯アジアからオーストラリアに自生するサトイモ科クワズイモ属の観葉植物です。その中でも褐色の葉を持つ『ロカシア・クプレア』は、地下に塊茎ができ、冬の休眠期は地上部が枯れた状態になります。

暖かくなると息を吹き返したように成長をはじめるので、肥料を与えたり、処分したりする必要はありません。

根の様子や植物の特徴で判断

休眠期か、枯れているのかを見分ける方法は2つあります。

1つは植物を鉢植えから抜き、根の様子を見ることです。休眠期の根は健康なのでみずみずしさがありますが、枯れた植物の根は、カラカラに乾いていたり、黒ずんでいたり、悪臭を放っていたりします

もう1つは、植物の枝を折り、中の乾燥具合を確かめる方法です。生きていればしなやかな弾力がありますが、枯れた枝は乾いた音を立てて、ポキッと折れてしまいます

木の幹に少し傷をつけ、樹皮の内側の色を確認するのもよいでしょう。生きている木は樹皮の中が薄い緑色をしています。

日照不足や葉焼けの場合

植物の多くは日当たりの良い環境を好みます。耐陰性のある種類でも、玄関やトイレなどの日が当たらない場所に置いておくと、日照不足で株が弱くなるでしょう。

日照不足や葉焼けなどで枯れた植物への対処法を説明します。

枯れた葉、枯れた枝をカット

直射日光による葉焼けや日照不足で黄色く枯れた葉は、いくら水を与えても、元の青々とした葉には戻りません。そのままにしておくと見栄えが悪いので、枯れた葉や枝は元からカットしてしまいましょう。

特に、アジアンタムなどの繊細なシダ植物は、直射日光に与ると葉も茎もチリチリになってしまいます。枯れた部分は根元を数cm残して切り落とし、新しい芽が生えてくるのを待ちましょう。

育てる環境を見直す

枯れた部分をいくらカットしても、育てる環境を見直さなければ問題は繰り返されます。葉のトラブルは『置き場所』が間違っている可能性が大です。

葉が黄色くしぼみ、だらりと垂れ下がってくるのは『日照不足』のサインです。観葉植物の多くは、室内でも生育できる耐陰性を備えていますが、日光が不十分だと光合成ができず株が貧弱になります。

直射日光の当たらないレースカーテンごしの明るい日陰に置くか、1日に数時間の日光浴を行ってください。

また、育てる環境を大きく変えるときは、急に移動させず、徐々に慣らしていくのが基本です。

根詰まりの場合

『根詰まり』は観葉植物に多いトラブルの1つです。鉢の中が根でパンパンになり、これ以上、余分なスペースがない状態を指します。

根の状態は外側からは見えないですが、必ず兆候があらわれるので、見逃さないようにしましょう。

鉢の裏側をチェック

観葉植物は、1~2年に1回の植え替えが基本ですが、品種によって、成長速度は大きく異なります。

まずは、鉢の裏側をチェックしてみましょう。鉢穴から根が伸びていたら根が張っている証拠です。以下のサインも見逃さないようにしましょう。

  • 鉢植えが小さく、よく倒れる
  • 土に水が浸透しにくい・乾燥しやすい
  • 葉色が悪い・元気がない
  • 鉢の土が盛り上がってきた

土の中が根でぎゅうぎゅうになっていると、酸素や水の通り道となる空間がなくなっていきます。与えた水が土に浸透しないだけでなく、根が呼吸困難に陥ってしまうでしょう。

今より大きめの鉢に植え替える

根詰まりを解消する方法は、鉢の植え替えです。今より一回り大きな鉢と、新しい土を用意しましょう。

植え替えをする時期は、植物の生育期にあたる5~9月頃が理想です。気温が15℃以上の温かい日を選び、根を傷つけないように慎重に行います。

土質は時間が経つごとに劣化し、水はけが悪くなります。植え替え時は土を一新するか、『土壌改良材』を使って質を改善させましょう。

根腐れの場合

根は植物の生命線です。根が腐ってしまうと、全体に栄養が行き渡らなくなり、すぐに枯れてしまうでしょう。根腐れは、土が常に湿った状態であることに起因しています。

植え替える

根腐れが見つかったら、腐った根をカットして腐食の進行を食い止めます。根が全滅していたら、根全体をカットし、挿し木にするのもよいでしょう。(挿し木ができる品種に限る)

根腐れする土は、土本来が持つ『排水性』や『通気性』が失われている証拠です。加えて、土全体に嫌気性菌が繁殖している可能性が高いので、元の土を使わずに植え替えをしましょう。

水はけの良い土を使う

根腐れを防ぐには、『水はけ』の良い土を使うことが1番です。土の粒子と粒子の間から余分な水分が流れ出ると、そこに隙間ができ新たな空気(酸素)が入りこみます。

土が古くなると、土の粒子の隙間が狭くなり、水も空気も通りにくくなるため、定期的に植え替えをして、フワフワの新しい土に替えましょう。

水はけを良くするポイントとしては、土に赤玉土などを多めに混ぜ込むことです。植物に合わせて配合量を変えてみましょう。

水やりの仕方を見直す

土を変えても根腐れしやすいという人は、水やりの仕方を見直してみましょう。観葉植物の水やりの基本は『土が完全に乾いてからたっぷりと与える』です。

表面は白っぽく乾いているように見えても、土の中はジメジメしている場合があるので、割りばしを挿して中の湿り具合をチェックしてみましょう。

また、休眠期になると、植物は水や栄養をほとんど必要としなくなります。土が乾いてから、さらに1~4日の間隔を空けるのが理想でしょう。

水不足や乾燥の場合

水が不足すると、葉や茎が変色し、しなってくるのが分かります。カラカラになってしまう前に、水をたっぷり与えれば、回復する可能性は高いです。

水をたっぷり与える

完全に枯れてしまった植物に水を与えても回復しませんが、しおれて元気がない状態であれば、たっぷりの水を与えて下さい。

水を浸透させる方法に『腰水』があります。鉢より大きなバケツに水を溜め、鉢ごとどっぷりと浸けると、鉢穴からも水が供給され、葉や茎にハリが出てくるでしょう。

エアコンの風に注意する

エアコンの熱が葉に直接当たると、水分がどんどん蒸発していきます。水やりをしていても枯れる場合は、部屋の湿度が低く、空気が乾燥しているからかもしれません。

直射日光、エアコンの風が当たらない場所に移動させ、こまめに葉水をしましょう。また、電磁波や熱を発するテレビや電子機器の横や上に置くのもNGです。

害虫により葉が変色した場合

害虫が発生すると他の鉢植えまでやられてしまうので、迅速な対応が必要です。観葉植物に付きやすい害虫とその駆除方法を確認しておきましょう。

アブラムシの駆除方法と予防

アブラムシは伸び盛りの新芽や葉に付着して汁を吸う『吸汁性害虫』です。中には羽を持った種類もいて、ベランダにある観葉植物などにも被害を及ぼします。

汁を吸うだけでなく、他の植物が持っているウイルスや病気も媒介するので、徹底的に駆除しなければなりません。

水をかけて窒息死させる方法もありますが、殺虫剤を使うと楽です。駆除後は、予防のために浸透移行性殺虫剤を散布しておきましょう。

殺菌能力の高い『木酢液』を、葉に吹きかけておくのもおすすめです。

ハダニの駆除方法と予防

ハダニはクモの仲間で、風に乗って室内に侵入し、葉裏に寄生します。肉眼で見ることが難しいくらい極小ですが、葉の汁が吸われると葉緑素がなくなり、白い斑点ができます。

高温乾燥の環境を好み、梅雨明けから秋にかけて大発生する傾向がありますが、水には弱いので、定期的な葉水をすれば防げるでしょう。

付着したハダニは水で洗い流すか、殺虫剤で駆除しましょう。

肥料や栄養剤、活力剤で蘇る?

元気がない植物に肥料や栄養剤を与えるときは、量やタイミングを考える必要があります。誤った与え方は逆効果で、『肥料焼け』などのトラブルを引き起こすでしょう。

肥料は元気がない植物に欠かせない

植物を植え付ける前は、数種類の土に肥料を混ぜて、植物に適した用土を作ります。この土を『元肥(もとごえ)』といい、しばらくの間は肥料を与える必要はありません。

しかし、時間が経つにつれ、土中の肥料分は減少するので、品種によっては元気がなくなることもあります。適切な肥料を適切なタイミングで与えれば、植物が活力を取り戻す可能性は高いでしょう。

肥料には植物が必要とする三大栄養素が含まれています。

  • 窒素(N):葉や茎を育てる
  • リン(P):花や実がつきやすくする
  • カリウム(K):茎や根を丈夫にする

たとえば、葉色が悪いときは窒素が多めの肥料を、根を太く丈夫にしたいときはカリウムが多めの肥料を選びます。

根の状態によっては逆効果に

ぐったりと弱っている観葉植物は、生命線の根に問題がある可能性が高いです。

弱った根は吸収力が弱く、肥料を与えても土に残留するだけなので、まずは根の状態をチェックし、どこに問題があるのかをはっきりさせましょう。

肥料を与えるときは、規定量より薄めた液体肥料を葉や茎に散布し、様子を見るところからはじめてください。

タイミングや量を守ろう

観葉植物に肥料を与えることを『追肥(ついひ)』といいます。追肥のタイミングは植物が最も成長する5~9月にかけての『生育期』です。

栄養を必要としない『休眠期』に与えると、根の機能を害する恐れがあるでしょう。これを『肥料焼け』といいます。

肥料は形状によって効き目の速さが異なります。たとえば、固形肥料は、ゆっくり・長く効く『緩効性』で、『液体肥料』は効果が短いが速く効く『速効性』です。

液体肥料は、植物の成長が特に活発になる時期(夏頃)に与え、それ以外は固形肥料を数カ月に1回のペースで与えます。パッケージの記載を確認し、頻度や希釈量を間違えないようにしましょう。

活力剤は補助的役割

肥料が植物を成長させる主要な栄養素だとしたら、活力剤はサプリメントのような役割です。

活力剤は、国が認めた肥料成分の含有量を満たしていないため、植物を健全に育てるには不十分ですが、ちょっと元気がないときの栄養補給になるでしょう。

活力剤は主に以下の2タイプに大別でき、目的に合わせて使い分けられます。

  • 低濃度の肥料成分(N・P・K)を配合したタイプ
  • 肥料成分(N・P・K)以外の微量要素を配合したタイプ

枯れた観葉植物の処分方法

水や肥料を与えて対処しても回復しなかった植物は元には戻らないでしょう。枯れた観葉植物は、適切な方法で処分しなければなりません。処分の方法と必ず守るべき注意点をお伝えします。

公園などに土や植物を捨てるのはNG

「自宅で育てた観葉植物も自然の一部」と考え、公園や山、空き地などに植物を捨てる人や、「自然に返せば息を吹き返すのでは」と考える人がいます。

しかし、公共の場所や山に植物を捨てることは『不法投棄』と見なされるので、やめましょう。植物の不法投棄で懸念されるのは、『生態系の破壊』です。

捨てた植物が何かのきっかけでどんどん繁殖し、もともとあった貴重な植物や動物の生態系を壊滅させてしまうケースもあります。

また、枯れた植物やその土が病気や害虫に汚染されていた場合、他の植物にも被害が広がっていくでしょう。

地域のルールに従い処分する

植物を捨てるのは名残惜しいですが、ゴミとして地域のルールに従い処分するのが決まりです。

まずは、大きなビニールシートの上などで、鉢から植物を抜き、根から綺麗に土を払い落としましょう。

植物が大きければ適当な大きさにカットし、紐でくくります。鉢は、付着した泥を洗い流し、乾かしておきましょう。

植物は『可燃ゴミ』、陶器の植木鉢は『不燃ゴミ』に分別されます。プラスチックの鉢は、自治体によって『可燃・不燃・プラスチックゴミ』のどれかに分別されるので、あらかじめ確認が必要です。

土は、回収可能な自治体とできない自治体があります。土の回収をしているホームセンターや専門業者に相談してみましょう。

業者に依頼する

一切の処分を自分で行わず、専門業者に依頼する方法もあります。自宅に訪問し、観葉植物を鉢に入ったまま回収してくれるので、手がかからないのがメリットです。

枯れてしまっていたら処分されますが、まだ息を吹き返しそうなものであれば、専門業者によってリサイクルセンターに運ばれ、適切な処置がほどこされます。

必要な人の場所に販売され、再利用される仕組みは、命を無駄にしないという意味でも良いアイディアでしょう。

かかる料金は住んでいる地域や鉢の大きさによっても異なりますが、リサイクルを視野に入れた処分依頼は、1鉢2,000円~が相場で、リサイクル不要であれば、料金はもう少し安くなります。

まとめ

植物に元気がなくなると、すぐに肥料や活力剤を与えたくなりますが、まずは原因をはっきりさせることが大切です。

根腐れや乾燥は、正しい育て方が分かっていない証拠といえるでしょう。この機会に、もう一度、植物の特性や管理方法を見直してみてはいかがでしょうか。

また、肥料を与えるときは、使用量・タイミングをしっかりと守りましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気