お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

観葉植物の植え替え・パキラ編。土の選び方や手順とは?

観葉植物のなかでもポピュラーな『パキラ』は、適切に植え替えをすると、長く楽しめる種類です。難しいイメージのある植え替えですが、ポイントを踏まえて行えば、初心者でも簡単にできます。今回は、植え替えについて詳しく見ていきましょう。

人気の観葉植物パキラの植え替え方

初心者にとって、植物の植え替えは、難しく感じる作業の1つのようです。パキラを育てている人のなかにも、植え替えをするのが難しそうだと感じて、挑戦できずにいる人もいるかもしれません。

しかし、植え替えを推奨するのには、理由があります。まずは、植え替えをする理由や時期から見ていきましょう。

植え替えをする理由とは

植え替えは、パキラを健やかに育てていくうえで、必要な作業です。鉢の大きさに対して株が大きくなり、根詰まりを起こしてしまうのを避けるために行います。

植え替えをしないままでいると根詰まりを起こし、土の中で呼吸がしづらくなります。また、土に含まれていた栄養分も、長い年月が経てば衰えていくのです。これらがパキラを弱らせる原因になります。

こういったことを避けるためにも、植え替えはした方が良いと言えるでしょう。

パキラはいつ植え替える?

パキラを購入してから2年以上経っていると、鉢底から根が出ている可能性が高いです。葉の色が悪くなっているときは、土の中で根が詰まっているケースも考えられます。こういった場合は、成長を促すためにも植え替えを行いましょう。

しかし、植え替えは、どの季節でしてもいいというわけではありません。パキラが成長する暖かい季節、春から夏にかけてにします。

一方、冬は植え替えに適しません。ほとんど成長しない季節なうえに、根を傷めてしまい、株を弱らせる原因になりかねません。パキラの植え替えは、タイミング・季節を見計らってするようにしましょう。

植え替え用品はしっかり選ぼう

パキラの植え替えをする際は、植え替え用品もしっかりと準備をしておく必要があります。以下では、パキラの植え替えに必要な用具を紹介しますので、参考にしてください。

パキラの特長に合った土

植え替えをするときは、パキラに合わせた新しい土を用意しましょう。パキラには、水はけの良い土を用います。

パキラに合わせた水はけの良い土を配合するのであれば、『赤玉土小粒7割にピートモス3割』で混ぜたものがおすすめです。『赤玉土小粒7割にピートモス2割・軽石1割』を混ぜたものは、水はけに優れています。

観葉植物の植え替えになれていない人は、観葉植物用培養土を使用すると良いでしょう。パキラに必要な栄養分が適切に配合されているので、初心者でも安心です。

パキラを植え替える新しい鉢

パキラを植え替える際は、新しい鉢も準備しておきましょう。パキラの鉢は、上薬を塗っていない素焼きのものが通気性に優れているためおすすめです。

大きく育てたい場合、新しい鉢は、今までよりも一回り大きなものを用意します。大きくしたくない場合は、根を軽く手で揉みほぐして土を1/3ほど落とし、同じ大きさの鉢に植え替えます。古い根や傷んでいる根もカットしてください。

その他用意するもの

植え替えの際には、土や植木鉢のほか、植木鉢に敷くネットや鉢底石、消毒済みのハサミ、土の汚れを防ぐ新聞紙やビニールシートがあると良いでしょう。ゴム手袋や軍手なども準備しておくと便利です。

高さ1m以上の大型パキラの場合は、幹を保護するように添え木や支柱で固定すると、育てやすいでしょう。

パキラの植え替え手順

パキラの植え替えは、土を使って育てている場合と、ハイドロカルチャーで育てている場合で、やり方が異なります。それぞれ、どのような手順なのかを確認していきましょう。

土の場合

土を使って植え替える場合、植え替えをするまで、パキラの水やりを控えておきます。土が乾燥したらパキラを鉢から出し、根についている余分な土を、1/3ほど手でほぐすようにして落としましょう。

古い根や、黒ずんで傷んでいる部分は、消毒したハサミを使って切り落とします。根の整理が終わったら、新しい鉢の底に鉢底ネットを敷き、排水をよくする鉢底石を入れましょう。

鉢の1/3ほどの高さまで土を入れ、中心にパキラを置きます。パキラを固定するように、鉢の縁から2~3cmほど下まで土を入れて、その後にたっぷり水をあげれば完了です。

ハイドロカルチャーの場合

ハイドロカルチャーの植え替えの場合は、まず、パキラの根を傷めないようにそっと器から取り出します。根についたハイドロボールを丁寧に取り除き、伸びすぎた根や古い部分を切り取りましょう

植え付ける器の中心にパキラを置き、根腐れ防止剤・ハイドロボールを敷き詰めてぐらつかないように高さを調節します。液体肥料を混ぜた水を、容器の1/5~1/4程度まで注ぎましょう。(肥料を使わない場合は、イオン交換樹脂材を与えます)

1~2週間ほど葉水を与えて、新しい根が出てくれば、その後も元気に育ちます。

植え替え後の注意点

植え替えた後のパキラは、枯らさないように養生することが大切です。風が当たらないように気を付け、直射日光は避け、明るい日陰に置くようにしてください。

1週間ほどはレースのカーテン越しなどに置き、その後は今まで置いていた場所に戻すと良いでしょう。植え替え直後は、根が水を吸えず根腐れしやすいため、水をあげすぎないよう注意する必要があります。

また、肥料をあげるのはNGです。『肥料焼け』を起こし、株を弱める可能性があります。刺激を与えず、静かに管理するのがポイントです。

まとめ

難しいイメージのある植え替え作業ですが、ポイントを押さえて正しい方法で行えば、決して難しいものではありません。必要な道具も特別なものではないため、気軽に用意できます。

植え替えは、パキラの健やかな成長に欠かかせません。お気に入りのパキラを長持ちさせるためにも、適切なタイミングで植え替えをしましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気