お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

グリーンの観葉植物にはピンクを差し色に。インテリア映えする植物

飾るだけで部屋の雰囲気を変えてくれる観葉植物ですが、ピンクの葉が差し色になっている観葉植物は、インテリアのアクセントにぴったりです。今回は、インテリアコーディネートに映えるピンクの観葉植物のなかでも、特に人気が高い種類をご紹介します。

個性的でおしゃれ、ピンクの葉の観葉植物

グリーン一色のイメージが強い観葉植物ですが、ピンク色の葉が差し色になっている種類があるのをご存知でしょうか?

グリーンとピンクのコントラストが美しい種類や、ピンクの花を咲かせる種類など、さまざまなピンク色の入った観葉植物が人気です。

個性的な色合いがおしゃれなピンクの観葉植物は、インテリアとして飾れば部屋のアクセントにもなります。他の植物とのアレンジもおしゃれなので、ぜひお気に入りの種類を見つけて部屋に飾ってみましょう。

色々な表情が楽しめておすすめ

ピンクの葉っぱがきれいな観葉植物はカラーリーフと呼ばれ、グリーン一色の観葉植物とは一味違った魅力があります。普通の観葉植物に飽きてしまった人や、おしゃれなピンク色の植物を飾りたい人におすすめです。

カラーリーフの観葉植物は、成長のタイミングや季節によって多彩な表情を見せてくれます。成長するにつれて葉の色が変わるものなど、時期によって色合いが変わる種類は、飽きずに楽しめるでしょう。

また、ピンク色が差し色になっている植物のなかには、花が咲くものもあります。かわいい印象を与える種類が多いので、女性らしいインテリアにぴったりです。

ピンクの葉がかわいい観葉植物

葉っぱがピンクの観葉植物は、そのかわいらしさから人気を集めています。ピンクの色味も豊富ですので、シックなものから鮮やかな色まで、インテリアのイメージに合わせて選べるところも嬉しいポイントです。

ピンク色の葉っぱの観葉植物は、グリーン一色の観葉植物に比べて、華やかさが感じられます。これから紹介するピンクの葉の観葉植物には、それぞれに魅力的な特徴がありますので、自分好みの種類を探してみてください。

ピンクの斑点が素敵 ヒポエステス

『ヒポエステス』は、葉にそばかす模様のような斑点があるのが特徴的な観葉植物です。その印象的な模様の見た目から、『ソバカスソウ』や『水玉草』と呼ばれることもあります。

ホワイトやレッドの斑点のもありますが、特にかわいらしいのがピンク色の斑点が入った『ピンクスポット』という種類です。

ピンク斑点の葉っぱが印象的なヒポエステスは、そのまま観葉植物として飾るのはもちろん、他の植物との寄せ植えやアレンジでも活躍してくれます。

大人シックなピンク シンゴニュウム

『シンゴニュウム』には、葉が白っぽいものや、白と緑のマーブル模様など、さまざまな種類があります。なかでも、ピンク色のシンゴニュウムは、『ピンクバタフライ』や『ピンクジュエル』などあり、大人っぽいシックな印象で人気です。

シンゴニュウムは丈夫で育てやすい観葉植物ですので、園芸初心者にも安心して育てられます。耐陰性があるため室内でも管理でき、インテリアのアクセントにぴったりです。

寒くなるとピンクに トラディスカンチア

『トラディスカンチア』はムラサキツユクサの仲間で、美しい観葉植物として知られています。トラディスカンチアのなかでも、『胡蝶の舞』はピンクの斑が人気の種類です。

しかし胡蝶の舞は、1年中ピンク色の発色を保っているわけはありません。通常は緑色をしており、春の新芽の頃と、秋の気温が低下する頃に葉先がピンク色に色付きます。季節によって違った表情を見せてくれるところも、胡蝶の舞の魅力です。

夜になると葉っぱが閉じる カラテア

独特の模様が特徴的な『カラテア』は、夜になると葉を閉じて『休眠運動』をする観葉植物として知られています。

まるで造花のようにも見える魅力的な葉っぱが見事なカラテアですが、特にピンク色が美しい『ピンクスター』は、インテリアとして飾るのに最適な存在感です。

カラテア・ピンクスターは、光沢のある黒がかった深緑の葉に差し色のようなピンク色の模様が特徴で、思わず見惚れてしまう美しさがあります。

ピンクのコントラストが目を惹く珍しい種類なので、部屋に飾るだけでインテリアを格上げしてくれる観葉植物と言えるでしょう。

ピンクの葉っぱがおしゃれなつる性観葉植物

海外では『クライミングプランツ』と呼ばれているつる性植物は、他の植物に巻き付いたり、這うように伸びたりする植物です。ハンギングアレンジで上から垂らすように飾ったり、他の植物と組み合わせてアレンジしたりする飾り方も人気があります。

つる性植物のなかでも、ピンクの葉の種類は、特に女性に好評です。シンプルなインテリアやガーリーテイスト、ナチュラルテイストのインテリアと相性が良く、おしゃれでかわいらしい雰囲気を楽しめます。

下垂する多肉植物 エスキナンサス

エスキナンサスは、ぷっくりとした肉厚な葉がかわいらしい、半つる性の多肉植物です。楕円形のふっくらとした葉っぱが連なり、茎が垂れ下がって育つので、ハンギングバスケットなどで吊るして飾ると良いでしょう。

エスキナンサスのなかでも『タイピンク』は、愛らしいピンクの花を咲かせる珍しい種類です。春から夏にかけて小さなピンク色の花を咲かせる姿がキュートで、室内で育てやすい種類と言われています。

インテリアに映える、丈夫で育てやすい種類ですので、気軽につる性観葉植物を楽しみたい人にぴったりです。

恋が実る? ハートカズラ

ハート型の葉が愛らしい『ハートカズラ』は、常緑つる性多年草の多肉植物です。小さなハート型に見える葉っぱが連なったハートカズラは、海外では『ラブチェーン』と呼ばれ、恋が実るという言い伝えから女性に人気があります。

ハートカズラには『レディ・ハート』というピンクと白の斑入りの種類があり、グリーンとのコントラストが大変魅力的です。

単体で飾っても、他の植物と合わせてアレンジしても魅力を存分に味わえます。ブーケに入れる葉としても向いている観葉植物です。

ピンクの花を咲かせる観葉植物

観葉植物というとグリーンの葉を茂らせるイメージが強いですが、なかには花の咲く種類も存在します。

かわいらしいピンクの花が咲く種類は、観葉植物の葉と花を両方楽しみたい人におすすめです。

ピンクのハートが目じるし アンスリウム

『アンスリウム』は、和洋どちらのテイストにも似合う観葉植物としてポピュラーな種類です。500以上も種類があるため、さまざまな色や姿が楽しめます。

そんなアンスリウムのなかでも、ピンク色の花が咲く珍しい種類があるのです。一見、花弁に見える『仏炎苞』もピンク、そして花の部分である『肉穂花序』もピンクの種類が存在します。

上品なピンクが美しく、華やかさもありますので、贈り物にも最適な観葉植物でしょう。飾るだけで、優雅さを演出できます。

桜色の小さい花をつける サクララン

『サクララン』は、その名の通り桜色の愛らしい花が咲く観葉植物です。ピンクの小さな花が集まって咲く姿はとても華やかで、サクラランを飾るだけで部屋が明るくなります。

サクラランには『ラン』とついていますが、蘭の花とは別物です。葉が蘭に似ていることから名前がつけられました。夏になると咲くピンクの小さな花には光沢があり、ビーズや飴細工のようにかわいらしい見た目が大変魅力的です。

花が咲くのは1回 シマサンゴ・アナナス

『シマサンゴ・アナナス』は、別名『エクメア・ファッシアータ』といい、葉の中心からピンクの花のような苞が伸びる個性的な観葉植物です。緑の葉から伸びるピンクの苞、紫の花が咲き、大変見栄えのする姿が目を惹きます。

鮮やかなピンクの苞は3カ月ほど楽しめますが、花は数日の寿命で、1度花が咲くと2度と花をつけることはありません。花が終わると子株が育つので、植え替えて育てると良いでしょう。

甘い香りが魅力 ハゴロモジャスミン

『ハゴロモジャスミン』は、花に強い香りがある半常緑のつる植物です。内側が白く、外側が薄いピンク色をした小さな花が咲きます。たくさんの花が、まるで天女が羽衣をまとっているような美しさの観葉植物です。

ハゴロモジャスミンは甘い香りが特徴ですが、やや香りが強いため、ベランダや玄関先に置くのをおすすめします。

ピンクと緑の葉の植物をおしゃれに飾ろう

ピンク色の差し色が素敵な観葉植物は、おしゃれな観葉植物をインテリアとして飾りたい人にうってつけです。ピンクの観葉植物は、グリーン一色の観葉植物よりも華やかな印象を与える品種が多くあります。

しかし、ただ飾るのではなく、飾り方もおしゃれにしたいものです。どのような飾り方があるのか見ていきましょう。

下垂する植物はハンギングや高い位置に

下垂するつる性植物などは、部屋の高い位置に飾ったり、ハンギングアレンジで飾ったりするのがおしゃれです。ハンギングバスケットなどで吊るして飾れば、下に垂れ下がるように育つので、部屋の印象をナチュラルに見せてくれます。

ご紹介したハートカズラやエキスナンサス・タイピンクはつる性なので、この飾り方が一際映えるでしょう。

鉢カバーもインテリアの一部

観葉植物を飾るとき使う鉢にこだわるのも大切です。観葉植物の鉢を入れて使う鉢カバーは、さまざまな素材やデザインのものがありますので、インテリアに合わせて選ぶと良いでしょう。

プラスチックや樹脂製のものの他に、陶器製やナチュラルなラタンで作られた鉢カバーなどがあります。ピンク色の葉を活かせるような色合いや素材のものを探してみましょう。

シャビーシックな白い陶器製の鉢カバーなら、クラシカルなインテリアやガーリーなインテリアに似合います。ブリキの鉢カバーを使えば流行のインダストリアル風になりますし、ラタンならナチュラルな雰囲気を演出できます。

まとめ

ピンクの観葉植物は、花のような美しさを持っています。また、時期によって表情を変えるところも大変魅力的です。インテリアとして飾れば、部屋の中に華やぎが生まれるでしょう。

飾るときにも、鉢カバーや飾り方に工夫をすれば、よりおしゃれ感を演出できます。ぜひ、ピンクの葉が映えて、部屋の雰囲気に合うような飾り方を探してみてください。

関連する記事

こちらの商品も人気