観葉植物がかかる病気を知ろう。風通しや害虫が原因のときの対策は?

空間を緑で彩る人気の観葉植物ですが、風通しが悪い環境や、間違った水やりによって、病気にかかることがあります。観葉植物がかかりやすい病気や害虫と、それぞれどのような対処をすればよいのかを、正しいお世話の仕方と合わせて紹介します。

観葉植物に異常が現れたら要チェック

観葉植物の葉が変色したり、弱ったりしていると感じたら、早めの処置が必要です。症状によって原因も対処方法も異なるため、植物の症状を正確に判断することが重要といえます。

水やりや日光への当て方など、普段の育て方が誤っていることが原因であるケースや、菌や害虫が繁殖していることでダメージを受けているケースがあるため、まずはどんな症状が出ているかをチェックしましょう。

茶色などに変色している

葉が黄色や茶色などに変色していたら、植物に異常が生じているサインです。水不足や日光不足、逆に強い日光に当てすぎることで、葉がダメージを受けていることがあります。

また、黒ずみが点々と現れる症状があれば、カビや『褐斑病』という病気にかかっているケースも考えられるでしょう。

水やりの仕方や葉やけが原因の場合

葉が茶色く変色するのは、水分不足のほか『葉やけ』が原因として考えられます。葉やけは、強い日差しにさらされ続けることで、葉がやけどしたように変色してしまう症状です。

逆に、日差しが足りない場合は色素が薄くなり、黄色っぽい弱々しい葉になってしまいます。水のやりすぎでも、葉が黄色く変色する場合があるため、水分も日光も適切な量が必要といえるでしょう。

適切な水分量は、植物の種類や季節によっても変わりますが、基本的には土が乾いたら、植木鉢の底から染み出るまでたっぷり水分を与えるのが適切です。

日光については、窓辺の日の当たる場所に観葉植物を置くようにします。真夏のように強い日差しが注ぐ際には、すりガラスやレースカーテンなどで植物を守るようにしましょう。

褐斑病が原因の場合

褐斑病とは、植物にとりつく『糸状菌』というカビ菌により、褐色もしくは黒色の斑点が生じる病気です。斑点部分が増えてくると、葉は光合成を妨げられるため、弱って枯れていきます。

一度褐斑病にかかった葉は復活しないため、症状が現れた葉は除去しましょう。また、褐斑病にかかった植物が生えていた土にも、原因菌が残っている場合があるので、入れ替えることをおすすめします。

糸状菌は、通常のカビと同様高温多湿の環境で活発になるため、水はけと風通しをよくするなどの対策ができます。梅雨の時期には注意しましょう。

葉が変形し、落ちている

葉が変形していたり、ちょっと触っただけで簡単に落ちてしまったりする場合は、根詰まりや土に繁殖したカビが原因で、根腐れしていることが考えられます。

観葉植物を一度植木鉢から出し、土の交換と腐ってしまった根の除去を行いましょう。あわせて、水はけをよくしてやることで、植物にとってよりよい環境にすることができます。土が常にじめじめしていると、根腐れが起きやすいのです。

根腐れは初期の段階で食い止めよう

根腐れは、その名の通り植物の根が腐った状態のことをいいます。植物は根から酸素と水分、栄養素を吸い上げるため、根腐れを起こせば植物全体が衰えてしまいます。

根腐れの初期段階であれば対処できるため、できるだけ早く根腐れの症状に気づくことが重要といえます。

水やりをした際、土への浸透が遅かったり、幹や茎の感触が、堅くしっかりしたものから柔らかく変わっていたり、根や葉が変色していて植物全体の元気が無かったりした場合は、根腐れを疑いましょう。

初期の場合は腐った部分切り、土を替える

根腐れの初期であれば、正しい対処を行うことで植物を復活させることができます。変色したり腐ったりしている根の部分は切り落としましょう。このとき、葉や茎も、根とのバランスを見ながら切りそろえていく必要があります。

その後、土を交換し、株ごと植え替えを行いましょう。この時点では、根は根腐れと切除されたダメージで弱っているため、肥料を与えることは逆効果です。多すぎる栄養は肥料焼けを起こします。

根腐れはなぜ起きる?

根腐れは、酸素不足によって起こります。水やりは、酸素を含んだ水を土に流し込む働きと、古い空気を流して新しい空気に入れ替える働きを持っているのです。

水はけが悪いと、土の中に含まれる空気量が不十分となり、根腐れが起こりやすい環境になるのです。

室内に置くことが多い観葉植物は、鉢カバーを使用することが多いですが、通気性が悪く水が溜まりがちになり、根腐れしやすい環境を作りやすいことに注意しましょう。

ほか、肥料のやりすぎによる『肥料焼け』や、酸素不足により菌の増殖で、根が侵食されることでも根腐れが起こります。

根腐れ防止材を活用しよう

根腐れ防止剤を土に混ぜ、土の環境をよくすることも効果的です。

不良ガスや不純イオンを吸収し、ミネラルも豊富に含む『珪酸塩白土』や、イオンを交換し、窒素やガスを吸収する働きをもつ『ゼオライト』を主原料にしたものが一般的です。

ハイフレッシュやミリオンといった名で販売されているため、気になる人はチェックしてみてくださいね。

白い綿が付いてベタベタしている場合は?

観葉植物に、白い綿のようなものがついていたり、葉の表面がベタベタしていたら『コナカイガラムシ』が寄生している可能性があります。

コナカイガラムシは、植物の栄養を吸って弱らせるだけではありません。繁殖しやすいので、室内にあるほかの観葉植物にも広がりやすく、早めに対策を取ることが肝心です。

コナカイガラムシが原因

コナカイガラムシの幼虫は、一見綿のような白いふわふわとした毛をまとっています。葉の表面だけではなく、裏側や茎と茎のわかれ目など、見つけにくいところに身を潜めている個体もいるため、注意が必要です。

部屋の窓を開けて換気をしているときに侵入したり、人が外出した際に服に付着させて部屋に入れてしまったりすることがあります。

コナカイガラムシの排泄物はベタベタと粘性を帯びており、さまざまな病原菌が付着しやすくなるため、さらなる病気に発展するケースもあるのです。

すす病に発展することも

すす病は『すす病菌』というカビが増殖することで、葉が黒くまだらに変色する病気です。光合成や葉の蒸散ができなくなるため、植物が弱る原因となります。

コナカイガラムシに寄生されていると、ベタベタした排泄物がすす病菌を集めやすい環境を作ってしまい、すす病に発展してしまうのです。

コナカイガラムシの駆除方法

コナカイガラムシの数が少ない場合は、目視で駆除が可能です。布や竹串など、植物を傷つけない方法で取り除きましょう。

コナカイガラムシの幼虫には、殺虫剤がよく効くため、数が多ければ土に薬剤を散布するのがおすすめです。

しかし、成虫になってしまうと、虫体被覆物という殻状のものを身にまとうため、薬が効きにくくなります。歯ブラシでこそぎ落とすか、ティッシュでふき取るようにするとよいでしょう。さほど力を入れなくても軽く落とせるので心配いりません。

このとき、葉に付着したベタベタした排泄物も、忘れずにふき取りましょう。

コナカイガラムシについてはこちらの記事でも対策を紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

2019.02.01

観葉植物の病気で葉がベタベタ?害虫による原因と対策方法

炭疽病

葉に黒や灰色の斑点が出たり、穴があいたりする症状があれば『炭疽病』を疑いましょう。炭措疽病菌というカビが原因菌です。

炭疽病は広がりやすく、一度症状の出た部分は回復できません。できるだけ早く発見し、対策をする必要があります。

黒い斑点ができる

初期症状としては、葉や茎に灰色や黒ずんだ円形のまだら模様が生じます。進行していくと、症状の範囲が広がるとともに、穴があき枯れてしまうのです。光合成を阻害し、植物を弱らせて、やがて枯らしてしまいます。

ほぼすべての植物に感染し、株から株へと広がっていくため、他の観葉植物にも被害が及ぶ可能性がある病気です。

病気の部分を全て取り、処分する

見つけ次第、症状が出ている部分をすべて切り取りましょう。発生初期であれば、薬剤の散布もおすすめです。予防薬として使われるのが『オーソサイド』、治療薬が『ベンレート』という名で流通しています。

植物全体に症状が出ている場合は株ごと処分するほかありません。それを避けるためにも、普段から異変がないかチェックしましょう。

うどん粉病

葉にうっすらと白いカビが発生するのが『うどん粉病』と呼ばれる病気です。まるでうどんの粉をかけたように見えるこの病は、どんな植物でも1年通してかかる可能性があります。

気温が高く、ほかのカビとは異なり乾燥した環境で活発に繁殖するのが特徴です。植物の葉にとりつき、養分を吸い取るため、植物が弱る原因となります。

白い粉のようなカビが生える

うどん粉病の原因は、糸状菌と呼ばれるカビです。進行すると葉全体が真っ白になり、光合成が妨げられて成長が鈍ります。花や果実ができなくなったり、葉や茎の形がいびつになったりするだけではなく、最悪の場合は枯死してしまう病気です。

土の水はけをよくし、適切な湿度に保つことと、日当たりをよくすることで、うどん粉病になりにくい環境をつくることができます。窒素やカリウムの不足も、うどん粉病になりやすくなるので、肥料で補充してやるとよいでしょう。

重曹やお酢のスプレーで対策

実は、うどん粉病に効く散布用殺虫剤として、重曹やお酢が農薬取締法で指定されています。

病気の初期段階であれば、重曹やお酢を水で希釈しスプレーすることで、うどん粉病に効果が期待できます。酢と重曹は、それぞれ病原菌の弱点である、酸性とアルカリ性を持っているのです。

病気が進行してしまうと、スプレーだけでは菌の繁殖が止められなくなるため、より強い殺菌剤の使用が必要となります。

殺菌剤を使用する

うどん粉病の原因菌はいくつかの種類があり、感染する植物も異なります。そのため、感染した植物の名前を確認し、それに見合った薬剤の使用がポイントです。

薬をまくときは、白く症状が出ている葉の部分のみにかけたくなりますが、地面に近い部分の葉や茎、葉の裏にもかけるようにすることで、より効果を期待できます。

発病してから時間が経過しすぎていると、殺菌剤を使っても症状が改善しない場合もあります。病気にかかった部分の葉を切り取り、処分しましょう。

青枯病

青枯病は、細菌が原因の伝染病です。菌の侵入経路は根であり、茎を通り上へ上へと進み、やがて植物全体に広がります。

青いまま枯れてしまうことから『青枯病』という名で呼ばれており、夏の高温時に発生しやすくなります。進行が速いため、気が付いたら病気にかかっていたということも、珍しくありません。

急激に株全体が枯れる

青枯病は今まで元気で青々としていた植物が、急に元気を失い、緑色のまましおれてしまい、やがて枯れてしまうという困った病気です。

とにかく急激に進行が進み、数日のうちには株全体がだめになってしまい、根まで腐ってしまうという特徴があります。

治すことができない

青枯病は、残念ながら薬剤での対処ができません。株全体に症状が急速に広がるという特徴から、一部を切り取って進行をおさえることも不可能です。

病気になってしまった株はあきらめ、早めに処分することで他の植物への感染を防ぎましょう。青枯病の原因菌は土に潜んでいるため、土壌を消毒する必要があります。植木鉢で育てていた場合は、消毒後に新しい土に入れ替えましょう。

観葉植物を健康に保つために

観葉植物を健康に保ち、できるだけ長生きさせるためには、水やりや日光、栄養状態など、育て方の基本を守ることが大切です。

水やりの量を誤ると、根腐れのほかにも、湿度が高くなることで病気を引き起こすさまざまな菌や害虫を呼び寄せてしまいます。

日光量も重要です。日光に当たる時間が少なくても、逆に直射日光に当てすぎても植物を弱らせる原因となります。室内で育てる観葉植物だからこそ、日光量の調節には気をつけましょう。

観葉植物の種類によって育て方は異なるため、自分の育てている植物の種類をきちんと把握しておくことが大切です。

それぞれの植物が好む環境を知る

観葉植物によって最適な環境はさまざまです。

乾燥に強いタイプの植物は、土の表面が乾燥したら水やりを行いますが、弱いタイプは、土の表面が完全に乾く前に水を与えるのがよいでしょう。

夏は乾燥しやすく、植物もたくさんの水分を必要としますが、逆に冬はあまり頻繁に水やりする必要はありません。

観葉植物は高温多湿を好むものが多いため、病気や害虫を防ぐためにもスプレーで葉水を与えることをおすすめします。

季節によって頻度が変わるのは、日光の当て方も同様です。春や秋、冬の季節には日当たりのよい場所で育てますが、真夏は葉焼けを防止するため、カーテン越しの優しい日光を浴びせるようにしましょう。

栄養量も、時期によって変化させます。観葉植物の成長時期である春と秋には肥料を与えるようにし、逆に夏や冬は控えましょう。

こまめに換気を行う

水やり後、土がずっとじめじめした状態では根腐れの原因となってしまいます。

気温が高くなる季節や、普段外出が多くて家を締め切ることが多い人は、部屋が暑くなるため、水やりだけに気を取られてしまうかもしれませんが、高温の密室で土が湿っている状態が続くと、カビや菌を繁殖させやすくなってしまいます。

こまめに換気をすることで風通しを良くし、土を適度な状態に乾かしましょう

土だけではなく、空気全体も新鮮に保つようにすることで、より植物を元気にできます。

外出が多くて部屋を閉め切ったままが多い人は、サーキュレーターなどを利用して部屋全体の空気を循環させることが効果的です。

定期的に剪定する

こまめに剪定を行うことも、観葉植物にとっては大切なことです。せっかく成長している観葉植物を剪定することは、気が引けるという人も多いかもしれません。

しかし、余分な葉や枝を除去することで風通しがよくなり、病気の原因となる菌がつきにくく、病気予防に効果があります

剪定するときに大切なのは、切除した葉や枝を掃除することです。土の上に放置すると、せっかく風通しをよくしても、湿度が高くなり、病原菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

観葉植物の鉢は常に清潔な状態を保ちましょう。

まとめ

観葉植物を育てることで、住まいやオフィスなどの空間に緑をさし、そこで過ごす人の気持ちを和ませることができます。

だからこそ、青々とした葉がまだら模様に黒ずんだり、虫がついてしまったり、さらには元気を失って枯れてしまっては、せっかくの観葉植物も台無しになってしまいます。

部屋の中で育てる観葉植物だからこそ、水やりや日光、換気などに気を配る必要がありますが、正しい育て方をすれば長く健康に育てることが可能です。

できるだけ毎日の生活の中で、観葉植物をこまめにチェックし、異変があればすぐに対処できるようにしましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気

with Hana 公式Facebook

with Hana 公式Instagram

@withhana.jp