お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

もらった胡蝶蘭、どうやって育てるの?胡蝶蘭管理マニュアル

「お祝いで胡蝶蘭をいただいたのはいいけれど、どうやってお世話したらいいの?」とお困りの方も多いのではないでしょうか?胡蝶蘭は長ければ50年も生きることのできるお花です。この記事では、どんなことに気をつけて管理していけばよいかまとめました。ぜひ、きれいな胡蝶蘭を咲かせる手助けにしてくださいね。

お祝いで胡蝶蘭をいただいたら、まず行うこと

ブルーの大輪胡蝶蘭5本立て

移転お祝いや、開店お祝いなど、お祝いごとで定番の胡蝶蘭。いただいたままにしていませんか?せっかくいただいたきれいなお花ですから、花持ちをよくするための方法を確認しましょう。

鉢植えの場合

ラッピングをはずす

きれいなラッピングを外してしまうのはもったいない気がしますが、まずはラッピングを外してしまいましょう。そのままにすると、鉢の中が蒸れてカビが生えたり、根腐れを起こしてしまいます。湿気を逃がすようにするためにラッピングを取るので、鉢の周りに飾られているリボンなどはそのままでも大丈夫です!

風通しがよく、明るい場所に置く

胡蝶蘭は熱帯雨林が原産のお花です。室内に飾ることが多いと思いますが、風通しがよく、適度に日が当たるところに置きましょう。しかし、直射日光は苦手で、葉の色が抜けて白くなってしまったり、焦げたように黒くなってしまう「葉焼け」を起こしてしまう可能性があります。また、エアコンや扇風機の風も苦手ですので、直接当たらないところに置きましょう。

切花の場合

水の中で花茎を切る「水切り」

いただいたばかりの胡蝶蘭なのに、なんだかお花の持ちが悪いな、と思ったことはありませんか?原因はいくつか考えられます。

  • 水の中の細菌が増えてしまった
  • 花茎を切った際に細菌が入ってしまった
  • 花茎を切った際に、胡蝶蘭が水を吸うための管をつぶしてしまった

これらを防ぐために、水の中で花茎を切る「水切り」という方法をご紹介します。

  1. 胡蝶蘭はなるべく涼しいところに飾る
  2. 水は毎日変える
  3. 水を変えるタイミングで、水の中で切り口を5㎜~1㎝くらい切る

こうすることで、胡蝶蘭が水を吸うための管に空気が入ってしまうことや、乾燥を防ぐことができます。

しおれた胡蝶蘭を復活させる「湯上げ」

「お花にお湯を使うの?」と驚かれた方も多いと思います。しかし、「湯上げ」は「水切り」をしても、水を吸い上げられなかった胡蝶蘭を復活させるのにぴったりの方法です!

  1. 器に熱湯を注ぐ
  2. 花茎を5mm~1cmくらい切ったものを5~10分程つける ※花に湯気が当たらないよう、新聞紙で包んだり、花を傾けながら作業してください
  3. 冷たい水に半日から1日挿す ※ お湯につけた部分の花茎が変色している場合は切り落としましょう

こうすることで、水を吸うための管から空気を外に出し、ちゃんと水を吸い上げられるようになります!胡蝶蘭がしおれて捨ててしまおうと思っている方は、ぜひ試してみてください。

ポイントは3つ!基本的な胡蝶蘭の管理法

白の大輪胡蝶蘭5本立て

ここまで、いただいたばかりの胡蝶蘭のお管理方法をご紹介しました。ここからは、寿命が50年ともいわれている胡蝶蘭の基本的な育て方をご紹介していきます。次のシーズンも大きなお花を咲かせてくれるよう、お世話していきましょう。

1.直射日光のあたらない、風通しのよいところに置く

鉢植えのところでも触れましたが、胡蝶蘭は直射日光の当たらない、風通しのよいところを好みます。熱帯雨林が原産と聞くと、太陽が大好きと思われる方もいると思いますが、胡蝶蘭は「明るい日かげ」に咲くお花です。お部屋の中でも「明るい日かげ」を意識して、胡蝶蘭を置いてください。

2.寒すぎず、暑すぎない15〜25℃くらいが適温

胡蝶蘭は熱帯雨林原産ということからも想像できるように、寒いところが苦手です。また、暑すぎるところも苦手です。クーラーの冷たい風や暖房の温かい風も胡蝶蘭は苦手ですので、直接風が当たらないところを選んでください。

3.水やり「潤す」と「乾かす」がキーワード

胡蝶蘭が枯れてしまう原因は水をあげすぎて根腐れしてしまった、ということが多くあります。胡蝶蘭は水をあげすぎると枯れてしまいますので、植え込みの上の部分が乾いてからお水をあげるようにしましょう。乾いてきたら潤す、というイメージです。 日本には四季があり、季節ごとに胡蝶蘭の水やりなどで気をつけることが変わってきますので、そちらについてはこれから詳しくご紹介します。

季節ごとの胡蝶蘭の管理法

胡蝶蘭の置き場所

それでは、季節別の気をつけることをご紹介していきます。今回は四季と、特に湿度が高くなる梅雨を加えた5つの季節に分けてご紹介します。胡蝶蘭は年中温かい東南アジアが原産、ということを覚えておいてもらうと、季節別の管理法がわかりやすいはずです。

春(3~5月)

朝晩の冷え込みに注意

胡蝶蘭は寒さが苦手です。特に3月ごろの冷え込みに気をつけましょう。床に置くのではなく、少し高いところに胡蝶蘭を置くと温度を高く保つことができます。

水やりは1週間~10日に1回程度であげすぎない

まだ暑くない時期ですから、水のあげすぎは禁物です。植え込み材の表面が乾いてきたかな、と思ってから2~3日ほどしてからコップ1~2杯ほどのお水をあげましょう。

肥料は必要なし!

この時期は胡蝶蘭の育成期ではありませんので、肥料はあげなくてよいでしょう。

梅雨(6~7月)

加湿状態に注意

湿気が好きな胡蝶蘭ですが、湿度が高すぎると花にシミができてしまいます。

水やりは10日に1回、たっぷりと

この時期は胡蝶蘭の育成期ですので、株が乾きすぎないように気をつけましょう。春先と同じくらいか、少し多いイメージです。

月に1回、肥料をあげましょう

胡蝶蘭を成長させるために、月に1度肥料をあげます。肥料はホームセンターや園芸店に置いてある欄専用のものを選びます。あげる量や肥料の薄め方は、肥料の説明書きを参考にしてください。

夏(8月)

強い日差し、強い冷房の風はNG

夏の直射日光は胡蝶蘭には強すぎます。陽の当たるカーテン越しに置き、エアコンの風が当たらないよう工夫してください。この時期は西日にも気をつけましょう。日焼けしてつぼみが黄色になってしまったり、株が弱ってしまいます。

水やりはたっぷり、肥料もあげましょう

梅雨同様、胡蝶蘭の育成期です。乾きすぎないようにお水をあげて、肥料も引き続きあげましょう。

秋(9~11月)

夜の冷え込みに注意

10月ごろになると、お昼と夜での気温差が大きくなってきます。この時期も室温を15℃以上に保てると、胡蝶蘭にとってよいでしょう。

空気が乾燥し始めたら、葉っぱへの霧吹きを

10月中旬ごろから乾燥が始まります。胡蝶蘭は湿気を好みますので、霧吹きで葉っぱにお水をあげましょう。

肥料はあげなくて大丈夫

秋は胡蝶蘭が休眠に入る時期です。肥料はあげなくて大丈夫です。

冬(12~2月)

寒さに要注意!室温は20℃くらいに保ちましょう

胡蝶蘭の管理で一番難しい季節です。胡蝶蘭は15℃以下で休眠状態になり、10℃以下で枯れてしまうともいわれています。日中は20℃ほど、冷え込む夜でも10℃以上の室温を保ちたいところです。夜になったら胡蝶蘭の場所を移動させたり、鉢を新聞紙でくるむと室温を保ちやすいでしょう。

水やりは20日に1回、室温かぬるま湯のお水を

冬場はお水はごく少量で大丈夫です。水を多く上げてしまうと根腐れを起こしてしまいます。日数は目安なので、水をあげる前に植え込み材が乾燥していることをちゃんと確認しましょう。植え込み材がまだ湿っていたらお水はあげなくて大丈夫です。

葉っぱへの霧吹きは毎日でもOK、肥料はあげなくて大丈夫

引き続き乾燥する時期ですので、葉っぱへの霧吹きは毎日行っても問題ありません。秋同様、育成期ではありませんので、肥料はあげなくて大丈夫です。

花が咲きおわった後の胡蝶蘭はどうする?

胡蝶蘭の手入れ

お花が咲きおわったら胡蝶蘭は終わりだと思っていませんか?実は胡蝶蘭は、ちゃんとお世話すれば何度でも花茎が伸びてお花を咲かすことのできる、強いお花です。ここでは、来年以降にまたお花を咲かせるための方法と、すぐにお花を咲かせる二度咲きの方法をご紹介します。

次のお花への準備、花芽を出させましょう

お花が咲きおわったら、花茎を根元から切ってください。こうすることで、株が栄養を蓄えられる状態になり、株が強くなります。はさみは園芸用の消毒剤を使うか、刃を火であぶることで消毒してから使うとよいでしょう。

花茎が伸びる前に、葉の間から少し出た芽のことを「花芽」と呼びます。うまくいけば、次の春にお花を楽しめるようになりますが、環境によっては次のお花まで2~3年かかる場合もあるようです。寿命の長い胡蝶蘭ですから、気長に待ってあげましょう。

すぐにお花を咲かせたい方は、二度咲きにチャレンジ

花茎の節を下から4~5節ほど残して切ってください。切った花茎の節から花芽が伸びてきます。

早ければ数か月で二度目のお花(二番花)を咲かすことができますが、株が弱ってしまうため、次の年にお花が咲かない場合があります。胡蝶蘭を長く楽しみたい!という方は、先に紹介した根元から切る方がよいでしょう。

胡蝶蘭は植え替えが必要?

胡蝶蘭の植え替え

胡蝶蘭というと、毎年植え替えが必要と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、どのような場合に植え替えが必要か、確認していきましょう。

植え替えが必要な胡蝶蘭の条件、植え替え方法

植え替えが必要な条件は次の2つです。

  • 3本立て・5本立ての寄せ植えで、花が咲き終わっていること

一つの鉢に寄せ植えされていると、根っこが伸びて鉢の中がきつくなってしまいます。 一株ずつ分けてあげると、胡蝶蘭も過ごしやすくなります。

2年以上、植え替えをしていないこと

毎年植え替えを行うと、根っこを傷つけてしまう可能性があります。かといって植え替えをしないと植え込み材が腐ってしまうことがあるので、2年を目安に植え替えを行いましょう。

植え替えの詳しい方法については、こちらの記事をご覧ください。下準備から実作業まで、詳しくお伝えしています!

関連記事

2019.02.21

胡蝶蘭が喜ぶ植え替えとは!はじめてでもかんたん。

胡蝶蘭がこんな姿になったら気をつけて!

花が落ちた胡蝶蘭

ここまで、胡蝶蘭の基本的な管理方法をご紹介してきました。最後に、胡蝶蘭の葉っぱが落ちてしまった、変色してしまった、などのトラブルへの対処方法をご紹介します。お水をあげるときなどに、このような姿になっていないかチェックしてみてください。

  • 葉っぱが黄色くなってしまった!

黄色くなるのは生理現象による葉落ちです。病気ではありませんので、安心してくださいね。黄色くなったら役割がおわったというサインですから、ちぎり取ってください。後ろから前にちぎると、株にかかる負担が少なくなります。

  • 葉っぱが白または黒っぽくなってしまった!

残念ながら、強い光があたったことによる「葉焼け」の状態です。色が抜けたように白くなるか、焦げたように黒くなります。この状態になってしまったらもとには戻りませんので、日かげに移動させてください。

  • 葉っぱにしわがはいってしまった!

葉っぱには水分を蓄えているので、しわがはいっている状態というのは水分が足りていない状態です。水やりをちゃんとしていたのに、しわがはいってしまったという場合は、根腐れを起こして、ちゃんと水を吸い上げられなくなってしまったからだと思われます。残念ながらしわはなかなか元には戻りませんので、これからの水やりは気をつけましょう。

  • 根っこが黒くなってしまった!

根腐れの状態です。そのままにすると悪化してしまいますので、腐った根っこを切って、植え替えを行いましょう。基本的には水のあげすぎが原因です。何度も繰り返しになりますが、水は乾いたらあげる、を守ってくださいね。

まとめ

胡蝶蘭は育てるのが難しいと思われる方も多いと思いますが、大切なことは、風通しのよい温かい場所に置き、水やりは植え込み材が乾いてから行う、ということが基本の管理方法です。

何か迷ったときは「胡蝶蘭は熱帯雨林が原産」ということを思い出して、それに近い環境を整えてあげましょう。

また、胡蝶蘭が枯れてしまうのは水のあげすぎが原因のことが多いといわれています。大切に育てたい気持ちはわかりますが、乾燥には強いから少しお水をあげなくても大丈夫、くらいの気持ちでいると、ちょうどいいのかもしれませんね。

胡蝶蘭を贈るなら、おすすめのフラワーショップはこちら

胡蝶蘭を送るなら実績のグリーンロードへ

法人ギフトを中心に、2,000社以上・21年の実績 胡蝶蘭を贈るならグリーンロード

株式会社グリーンロードなら、きめ細やかなサービスと高品質でボリュームのあるお花を、自信を持ってお届けします

お取引先の慶弔花に、最高級の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがですか?

関連する記事

こちらの商品も人気