胡蝶蘭の花言葉はどんな意味 ?色別の意味や適したシーンもご紹介

お祝いごとに贈られるイメージが強い胡蝶蘭。お花を贈るとき、お花をいただいたとき、誰もが気になるのは「この花にはどんな意味があるのか?」ということではないでしょうか。また、冠婚葬祭にはシーン特有のマナーが付き物ですから、「この花の持つ意味は贈るシーンに適しているのだろうか?マナー違反になっていないだろうか?」など贈る側の立場だとなおさら気になるものですよね。

この記事では胡蝶蘭が持つ花言葉や色別の意味、花言葉に適したシーンなどをまとめてご紹介します。

胡蝶蘭の名前の由来

白い輪の胡蝶蘭

胡蝶蘭という名前にはそもそもどのような由来があるのでしょうか?胡蝶とは昆虫のチョウのこと、蘭(ラン)はお花の種類のことであり、「花の形が白いチョウが舞っているかのように見える蘭」ということで「胡蝶蘭」と名付けられたと言われています。一般的にイメージされる白の胡蝶蘭は確かにチョウチョが舞っているように華やかで美しいですよね。

また、胡蝶蘭は英語で「Phalaenopsis(ファレノプレシス)」と呼ばれますが、ギリシャ語で「Phalaena(ファラエナ)」は昆虫の蛾(ガ)、「Opsis(オプシス)」は「〜に似た」という意味を持っており、日本語と同様の語源を持っています。

胡蝶蘭が持つ花言葉

白い胡蝶蘭一茎

花言葉とは

古来から人は、お花の見た目や特質をもとに象徴的な意味を持たせ、相手に向けたメッセージを込めて贈答品として用いました。この「お花それぞれの持つ象徴的な意味」のことを花言葉と言います。有名なものだと、赤いバラが「あなたを愛しています」、オリーブが「平和」といった花言葉を持っています。また同じお花でも色ごとに異なる花言葉を持っている場合もあります。

胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」という花言葉を持っています。名前の由来でもご紹介したように、その姿をチョウが舞っているかのように見えることから、幸せがひらひらと舞い込んでくることを連想させたのでしょう。また、これは胡蝶蘭全体に共通する花言葉で、色ごとには異なる意味も持っています。この先の章で色別の花言葉についてもご紹介しています。

英語の花言葉

西洋にも花言葉が存在するのをご存知でしょうか?花言葉は英語で「Language of flower」と呼ばれますが、胡蝶蘭には「Gaiety(陽気)」という花言葉があります。西洋では日本の花言葉とは少し異なった印象を持たれているようですね。

ちなみに、胡蝶蘭を含む蘭(Orchid/オーキッド)には「love(愛情)」「beauty(美)」「luxury(高級、豪華さ)」「refinement(上品、優雅)」といった花言葉があります。こちらの方が胡蝶蘭と近しい意味を持っているようです。

色別の花言葉

カラフルな胡蝶蘭

ここからは胡蝶蘭が色別に持つ花言葉をご紹介します。

白い胡蝶蘭には「清純」という花言葉があります。胡蝶蘭といえば白というほど定番の色。特に胡蝶蘭の白はまさに真っ白と言えるような、透き通る白ですよね。白といえば白無垢などが連想されることもあり、結婚式や結婚祝いのお花にぴったりです。

また白は定番の色であり、葬儀などお悔やみの気持ちを示す際にも適した色ですので、冠婚葬祭のあらゆるシーンに適した色と言えます。

ピンク

ピンクの胡蝶蘭には「あなたを愛します」という花言葉があります。花言葉からもその鮮やかなピンクからも、告白やプロポーズなどのシーンにぴったりな色です。また、恋人同士でなくても 家族やご友人への親愛を示すのにも向いていますので、母の日などで女性に向けた贈り物として贈ってみてはいかがでしょうか。

青の胡蝶蘭には「愛」「尊敬」という花言葉があります。青い胡蝶蘭は2012年に千葉大学と石原産業の共同研究によって開発された新しい品種です。胡蝶蘭としては珍しい色で特別感を演出できる色です。また、青は男女問わず好まれる色ですので、ご友人や家族への特別な贈り物として選んでみてはいかがでしょうか。

その他の色(紫、黄色、赤リップなど)

胡蝶蘭には、これまでに紹介した色以外にも、比較的メジャーな赤リップ(紅白)や紫、黄色など様々な珍しい色があります。ただ、白・ピンク・青以外の色にはまだ花言葉は存在しないようです。

色ごとの花言葉は存在しませんが、胡蝶蘭に共通する「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」という意味は持っていますので、お祝いごとなどの贈り物として贈っても全く問題ありません。黄色は幸福や平和を象徴する色ですし、紫は上品で高貴なイメージを持っています。お花を贈るシーンや相手との関係性を踏まえて、珍しく美しい色の胡蝶蘭を選んでみてはいかがでしょうか。

花言葉に適したシーンは?

ギフト

贈り物のシーンではマナーを押さえて、相手の気持ちに寄り添ったものを贈りたいもの。ここからは、お花を贈るシーンに合った花言葉の胡蝶蘭をご紹介します。

法人・ビジネスシーンのお祝いごと

胡蝶蘭が贈られる定番のシーンと言えば法人・ビジネスシーンのお祝いごと。胡蝶蘭の持つ「幸福が飛んでくる」という意味はお祝いのシーンにぴったりです。開業・開店祝い、移転・増床祝い、就任祝いなどお取引先のおめでたい出来事にはぜひお祝いの気持ちとともに胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

また、法人のお祝いごとには白の胡蝶蘭がよく選ばれます。最近だと、白以外にも紅白の取り合わせがお祝いごとを演出できる赤リップや、黄色・ピンクなどの珍しい色も出てきているので、お取引先やご担当者のことを思い浮かべて色を選んでみてはいかがでしょうか。

花言葉や華やかさとしては法人の贈り物にぴったりですが、贈り物としてのマナーを守って贈る必要があります。例えば、お贈りする先が小規模店舗の場合は、頻繁に贈られる3本立て大輪の胡蝶蘭だと場所を取ってしまい、贈られた後の管理が大変ですよね。その他にも細かいマナーがありますが、以下の記事では胡蝶蘭を贈る際のマナーをまとめていますんどえぜひ参考してください。

関連記事

2019.02.22

これだけは気をつけたい。胡蝶蘭を贈るときの「マナー」と「タブー」

個人のお祝いごと

胡蝶蘭が贈られるのはビジネスシーンばかりではありません。「幸福が飛んでくる」という花言葉から、個人の贈り物に胡蝶蘭を贈ることも増えてきています。個人の贈り物にはどのような胡蝶蘭が適しているでしょうか。

誕生日、長寿祝い、引越し祝いなどに広く贈られる

胡蝶蘭はお祝いごと全般に適したお花ですので、誕生日祝い、長寿祝い、母の日や父の日、引越し祝いなどあらゆるお祝いごとのシーンに向いています。お花の色は、お相手の好みや人柄に選んで色を選んでみましょう。ここでもやはり定番の白が贈られることが多いですが、恋人や女性喜ばれやすいピンク、ご年配の方のお誕生日や長寿祝いとしておめでたい紅白の赤リップなどを選ばれてもよいでしょう。また、黄色、紫、青などは珍しい色ですのでより特別感を演出することもできますね。

ご家庭に適したミディ胡蝶蘭やマイクロ胡蝶蘭

胡蝶蘭は花持ちが非常に良いことでも有名です。一般的には1カ月程度お花が持ちますし、お手入れや管理をきちんとすると2〜3カ月もお花が持つこともあります。つまり数カ月はお花をご家庭のどこかに置いておく必要があります。そのため、ご家庭に置きやすい小さなサイズの胡蝶蘭を贈るという一工夫をされると、管理の手間を減らし贈られた後も気持ちよくお花を楽しんでもらえます。

小さなサイズの胡蝶蘭には、お花のサイズが約3cm〜6cm程度のミディ胡蝶蘭や、テーブルの上におけるほどのマイクロ胡蝶蘭などがあります。

以下の記事ではお花のサイズについて紹介していますので参考になさってください。

関連記事

2019.02.20

胡蝶蘭にはどんな種類がある?大きさ・色・シーンをまとめて紹介

葬儀・お悔やみ

葬儀やお悔やみのシーンにも胡蝶蘭は適しています。白は弔いの色であり、葬儀というと「白い菊」をイメージする方も多いでしょう。胡蝶蘭もその透き通るような白さが印象的で、葬儀の際に枕花・供花として贈られます。ただし、お花を贈るタイミングによって選んではいけない色があるので注意しましょう。

葬儀・告別式には白を

四十九日前の、葬儀や告別式では弔いの色としての「白」を選ぶのが鉄則です。基本的には白であれば宗教の違いなどがあっても広く適した色ですので、問題なくお贈りいただけます。

四十九日以降は白以外も

四十九日以降は、白以外の色を贈っても問題ありません。淡い色合いのものや故人のイメージにあった色、好きだった色など、故人にあわせた色を選ぶとよいでしょう。

胡蝶蘭を贈る際のマナーとタブー

胡蝶蘭を贈る際には、ここまでにご紹介した以外にも細かいマナーがあります。また、お見舞いのシーンには「病気が根付く」という意味で好まれなかったり、赤一色の胡蝶蘭は赤字や火事を連想させるのでお祝いに向かない、など知識が無いとなかなか想像のつかないようなタブーも存在します

以下の記事では胡蝶蘭を贈る際のマナーとタブーについて詳しくご紹介していますので、胡蝶蘭を贈られる前にご一読いただくことをおすすめします。

[kanren postid='55']

悪い意味、怖い意味は無いの?

エプロンの女性

花言葉というと、悪い意味・怖い意味を見てびっくりしたことがある方も多いのではないでしょうか。誤った情報で「胡蝶蘭には怖い意味が在るらしい」と考えられている方もいるようです。でもご安心ください。胡蝶蘭には悪い意味や怖い意味はありません

実は胡蝶蘭ではなく、その他の蘭の一部に少し怖いと感じられるような意味を持っているものがあるのです。

その他の蘭の花言葉

一部にちょっとだけ怖い印象の花言葉がある、その他の蘭についていくつかご紹介しましょう。

カトレア
カトレアには「優美な貴婦人」「成熟した大人の魅力」「魔力」「魅惑的」といった花言葉があります。「魔力」というと少し怖い印象を持ちますよね。ですが他の意味を見て分かるように「魔力に思えるような魅力」というポジティブな意味合いが強いことがわかります。
紫蘭
紫蘭には「あなたを忘れない」「美しい姿」「変わらぬ愛」といった花言葉があります。「あなたを忘れない」から分かるように、遠く離れた人への愛情と不安が入り混じった気持ちが含まれていて、少しネガティブに取られることもありますが、本来は相手への一途で変わらない気持ちを示した素敵な意味です。

花言葉には実際に悪い意味や怖い意味があることもあります。しかし、多くの悪い意味と思われている花言葉には、その由来を知るとむしろポジティブな意味と取れるものも多くあります。先人のことを思いながら、お花に込めた意味に思いを馳せてみるのも素敵ですね。

まとめ:素敵な花言葉を持つ胡蝶蘭を贈り物に

この記事では、胡蝶蘭の持つ花言葉につい解説しながら、お花を贈るシーン別に適した胡蝶蘭、その他の蘭が持つちょっと怖い花言葉などもご紹介しました。

胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」といったおめでたい花言葉があります。ぜひお取引先のお祝いごと、ご家族やご友人への贈り物に、幸せを運んでくる素敵な胡蝶蘭を選んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

2019.02.23

絶対に喜ばれる胡蝶蘭の選び方!完全ガイド

胡蝶蘭を贈るなら、おすすめのフラワーショップはこちら

“胡蝶蘭を送るなら実績のグリーンロードへ“

法人ギフトを中心に、2,000社以上・21年の実績 胡蝶蘭を贈るならグリーンロード

株式会社グリーンロードなら、きめ細やかなサービスと高品質でボリュームのあるお花を、自信を持ってお届けします

お取引先の慶弔花に、最高級の胡蝶蘭を贈ってみてはいかがですか?

関連する記事

こちらの商品も人気