お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

生花の美しさを保つプリザーブドフラワー。特徴と人気の理由を紹介

お花はインテリアや贈り物など、幅広いシーンで活躍します。中でも、プリザーブドフラワーは大切な人へのプレゼントとして非常に高い人気を誇ります。本記事では、そんなプリザーブドフラワーの魅力がどのようなところにあるのかについて迫ってみましょう。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは英語表記で『Preserved flowers』ですが、直訳すると『保存された花』という意味です。

生花を特殊な技術で加工することで、枯れることがなく水やりも必要ないお花になっているのが特徴です。

フランスのヴェルモント社が1987年に世界初のプリザーブドフラワーを発表してから、あっという間にお花好きの間で人気になりました。

フラワーアレンジメントの可能性を大きく広げたプリザーブドフラワーは、現在でもインテリアや贈り物として多くの人に愛されています。

保存環境が良ければ長く楽しめる

プリザーブドフラワーは湿気が少ない環境のほうが長持ちします。そのためヨーロッパのような比較的湿気が少ないところでは5〜10年もつそうです。

日本は湿気が多い国ですが、保存環境に配慮すれば5年以上美しい状態を保たせることができます。湿気以外に直射日光を避け、お花を傷つけないようにすることが長持ちさせる秘訣です。

ドライフラワーとはなにが違う?

プリザーブドフラワーと同じく、生花を加工して作られるお花にドライフラワーがあります。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

1番の違いは製作方法

プリザーブドフラワーもドライフラワーも、生花を加工して作るという点は共通していますが、いくつかの違いがあります。その中でも1番の違いは製作方法です。

プリザーブドフラワーは、生花を脱水・脱色してから染料に浸して着色し、乾燥させるという手順で作られます。

お花が美しい状態でこの処理を施すことで、その美しさを保ったまま長期保存することが可能です。

ドライフラワーは、お花や草木を自然乾燥、もしくは乾燥剤などを使って乾燥させたものです。特別な材料は必要なく、日陰の風通しがよいところに吊るしておくだけで簡単に作れます。

色の鮮やかさと質感の違い

プリザーブドフラワーは特殊な工程によって、特有の鮮明な色合いと生花に近い質感をしています。初めて見る人は、生花と勘違いする人もいるでしょう。

着色によって、生花では表現できないような色合いに仕上げることもできます

ドライフラワーは生花から水分を抜いているのでカサカサと乾いており、硬い質感です。プリザーブドフラワーのような鮮やかさは無く、アンティークのようなナチュラルな風合いが特徴になります。

花の寿命の違い

プリザーブドフラワーは上手に保存すれば、5〜10年ほどの寿命を保ちます。湿気や直射日光に弱いので、長く楽しみたい場合は保存環境の工夫が必要です。

特にお手入れをする必要はないので、管理はドライフラワーに比べると楽に感じるでしょう。

ドライフラワーの寿命は2カ月〜半年ほどです。カビや害虫が発生することがあり、その都度お手入れをする必要があります。

両方とも、寿命を延ばすためには高温多湿や直射日光を避けて、こまめにホコリを取り除くことが大切です。

プリザーブドフラワーはプレゼントに最適

プリザーブドフラワーは大切な人へのプレゼントとしても適しています。見た目の美しさや可愛らしさはもちろんですが、それ以外にも理由があります。

水やりなどの手間がかからない

プレゼントとしてもらったものなので、相手は大切にしたいと感じてくれるはずです。しかし、それが生花のようにお手入れが大変なものだったら困ってしまう人もいるでしょう。

さらに、日々のお世話が面倒な人であればすぐに枯らしてしまいます。これではお互い悲しい気持ちになりますよね。

プリザーブドフラワーは水やりなどのお手入れが必要ありません。そのため、受け取る相手の負担を気にすることなくプレゼントすることができます。

細かい管理が苦手な人でも、長い間プリザーブドフラワーの美しさを楽しめるでしょう。

花粉がないのでアレルギーの心配がない

プリザーブドフラワーは加工の過程で花粉が取り除かれるため、完成後は花粉がありません。プレゼントを渡す相手が花粉アレルギーを持っていても、問題なく渡せるでしょう。

アレルギーのせいで時間をかけて選んだお花を受け取ってもらえなかったら、とても悲しいですよね。それは相手も同じ気持ちです。プリザーブドフラワーであれば、そのような心配は不要です。

花粉の侵入を防ぐために生花の持ち込みを禁止している病院などでも、プリザーブドフラワーであれば許可されていることが多いので、お見舞いの品としても適しています。

こんなシーンで使えるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーはあらゆるシーンで活躍します。その一部をご紹介します。

誕生日や出産祝いなどのお祝い事

お花が好きな女性は多いので、誕生日に色鮮やかなプリザーブドフラワーを渡すと喜ばれます。相手が好きなお花の種類を知っていれば、そのお花を入れてみましょう

また、相手の誕生花を選んだり、花言葉をふまえたりして送れば、想いがこもっている分、より嬉しさが増しますね。

出産祝いや卒業祝いなどのお祝い事にも最適です。お祝いの場を優しく彩り、美しい瞬間を演出してくれます。

プリザーブドフラワーは長持ちするので、数年経ったあとでも美しい見た目のままです。お花を見るたびに、お祝いされた日の出来事を思い出すでしょう。

記念日などの大切な日

恋人との交際記念日や、結婚記念日などの大切な節目にプレゼントをされて、嬉しくない女性はいないでしょう。

お互いにとって大切な日のお祝いのお花がすぐ枯れてしまったら切ないですが、プリザーブドフラワーは長持ちするのでおすすめです。

フラワーショップでは、記念日のイメージに合った華やかなプリザーブドフラワーが用意されています。相手の好みや年代にもよりますが、明るめの配色にするのがよいでしょう。

日頃の感謝の気持ちを伝える

お花は、日頃の感謝の気持ちを上品に伝える役割をもっています。長くお世話になっている人ほど、感謝の言葉を改めて口にするのが恥ずかしくなってしまうことがありますよね。

そんなときは、小ぶりな花束やフラワーアレンジメントをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。記念日やお祝い事などの機会でもよいですし、特に何もない日にさりげなく渡すのも素敵です。

口頭で感謝の言葉を告げるのが苦手な人でも、お花の中にメッセージカードを忍ばせておけば、想いは伝わるでしょう。

お悔やみ、お供えとして贈る人も多い

プリザーブドフラワーをお悔やみ、お供えとして贈る人が増えています。亡くなられた人の冥福を祈り、霊を慰めるために、お手入れのいらないプリザーブドフラワーを贈ってみましょう。

四十九日までは白を基調に選ぶ

お花は専門の業者が決まっていることが多いため、通夜や告別式には持参せず初七日〜四十九日の間に贈りましょう

この時期は法要の慌ただしさも落ち着き、遺族の人は急に寂しさが込みあげてきます。そのようなときに贈られるお花は、沈みきった心を癒してくれるでしょう。

お悔やみの花は白を基調としたものが一般的です。しかし、相手が白が嫌いであったり、白だけでは寂しいと感じたりする場合は、主張が控えめで淡い色のお花を入れてもよいでしょう。

お悔やみの贈り物で大切なのは、遺族の心が少しでも癒されるようにするということです。厳密なマナーにとらわれすぎず、気持ちを込めて贈りましょう。

プリザーブドフラワー付き台紙の弔電も

お通夜や葬儀などの訃報を聞いたうえで参列できない場合は、プリザーブドフラワー付き台紙の弔電を贈りましょう。おごそかで格調高くも優しい雰囲気があり、御霊前にお供えする贈り物として最適です。

弔電の台紙は5000〜1万円程度が一般的ですが、受け取った相手への負担を考量したい場合は3000〜5000円程度のものにしましょう。

プリザーブドフラワーはアレンジもいろいろ

プリザーブドフラワーはいろいろなアレンジがあり、好みやシチュエーションに合わせて選ぶのが楽しくなります。

ここでは、たくさんあるアレンジの中の一部をご紹介します。

花を敷き詰めたボックス

おしゃれなボックスに、お花を敷き詰めてアレンジしたものです。蓋があるボックスタイプであれば、開けるまで中身がわからないのでドキドキ感がありますね。

フラワーショップで購入するのもよいですが、初心者でも簡単に作ることができます。

雑貨屋に売られている箱やお菓子の空き箱などにスポンジをセットして、接着しながらプリザーブドフラワーを敷き詰めるだけです。まるでお花の宝石箱のようで、つい見惚れてしまう美しさです。

持ち運びしやすいミニブーケ

ミニブーケは持ち運びがしやすく、外出先でプレゼントするときも便利です。通常サイズのブーケだと大げさすぎると感じるシチュエーションにもおすすめですよ。

家で飾るときは、そのままインテリアとして飾ることもできますし、おしゃれなグラスや食器に添えてもよいでしょう。

定番のアレンジだからこそ、包装紙やリボンなどにこだわって、オリジナリティを光らせたいですね。

フレームのワンポイントとして

シンプルなフォトフレームにプリザーブドフラワーを飾るだけで、一気に華やかな印象になります。

思い出の写真とセットにして贈ると喜ばれるでしょう。また、簡単に作れるのでお子様の夏休みの工作にもぴったりです。

フレームの枠に沿ってプリザーブドフラワーを飾っても可愛らしいですし、ワンポイントのアクセントとして使っても上品で綺麗ですね。

プリザーブドフラワーの正しい保管方法

生花のように鮮やかなプリザーブドフラワーの美しさを、なるべく長く保っていたいですよね。ここでは、プリザーブドフラワーの正しい保管方法を解説します。

高温多湿の場所は避ける

高温多湿な場所はプリザーブドフラワーを傷めるだけでなく、変色の原因にもなります。

プリザーブドフラワーを染色するときに使用する着色料が湿度に弱く、一定の湿度になると染み込んだ着色料がにじみ出てきてしまうのです。

特に梅雨の時期は気をつけましょう。ドラッグストアに売っているような除湿剤や乾燥剤をうまく活用して、湿度を下げる工夫をします。

水に濡れるのも好ましくないので、雨の日に濡れた指で、うっかり触らないように注意しましょう。

また、湿度が低すぎるのも問題です。湿度20%以下の環境で放置すると、花びらが欠けるなどのトラブルが起きることがあります。湿度計を用いて湿度20〜50%以内に保つように管理すれば安心です。

直射日光や強いライトに当てない

プリザーブドフラワーは直射日光や強いライトの照明にも弱いので、避けたほうがよいでしょう。

窓際や、日当たりのよいリビングに飾りたいところですが、寿命を延ばしたいのであれば避けたほうが賢明です。

もし飾るのであれば、カーテンを利用して直射日光が当たらないようにしましょう。おすすめの設置場所は壁・廊下・本棚などです。また、物陰をうまく利用するのもよい方法ですね。

冷暖房の風が当たらないところに置く

プリザーブドフラワーは急激な温度の変化を嫌うので、冷暖房を頻繁に使う部屋に飾るのは、できればやめておきたいところです。

とはいっても、よく出入りする空間であれば、冷暖房の使用は避けられませんよね。そういった場合は、冷暖房の風が直接当たらない場所に飾りましょう。

プリザーブドフラワーの色合いを保つのに適切な温度は18〜22℃です。これを踏まえて、保存場所も工夫しましょう。

ホコリに注意する

ホコリはカビの原因にもなるので、定期的に掃除するのがおすすめです。ホコリを手ではらうと花びらに傷がついてしまうのでやめましょう。

『エアーブロワー』などがあればよいですが、無い場合はドライヤーや扇風機の風を遠くから当てて吹き飛ばします。

風を当てる時間はなるべく短くしてください。ホコリを取ったらすぐに使用をやめないと、花びらが脆くなってしまいます。

プリザーブドフラワーのトラブルとケア

プリザーブドフラワーに以下のような症状が見られたら、劣化のサインかもしれません。これらのトラブルをケアする方法を解説します。

症状を見落としてケアを怠ると、一般的な寿命よりもはるかに短い期間しか楽しめなくなってしまう可能性もあるので、注意しましょう。

色が抜け、花びらが透明になってきた

花びらが透明になってくるのは、湿気の影響の可能性があります。この場合は、プリザーブドフラワーを狭い空間に移して、乾燥剤などを置いた状態で数日間放置してください。

このようにして再び乾燥させれば、元の状態に戻ることもあります。できれば、定期的に湿度計を使って適切な湿度が保たれているかどうか確認しましょう。

花にひび割れが生じてしまった

プリザーブドフラワーは高温多湿や強風、摩擦による傷などでダメージを受け、花にひび割れが生じることがあります。

残念ながら、一度でも花にヒビが入ると元の状態には戻せません。この場合はそれ以上酷くならないように気をつけながら、アレンジを加えることで対応しましょう。

ハサミでひび割れが生じた花の周囲をカットしていきます。花びらが縦に割れている場合は、ハート型のようにカットすると自然な形に近くなるでしょう。

ホコリがついてしまった

風でもホコリが取りきれない場合は、柔らかい筆や乾いた布などで優しくなでるようにして取り除きましょう

こまめに掃除をしてもホコリがたまる場合、設置場所を変えたほうが賢明かもしれません。本棚や物陰など、ホコリがたまりにくい場所を選びましょう。

また、保管ケースに入れずにそのままアレンジを設置している人も多いですが、ホコリが気になる場合は保管ケースに入れたまま飾っておくことをおすすめします。

自宅で簡単、プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーはフラワーショップで購入できますが、材料さえあれば自宅で簡単に作ることができます。ここでは、その方法を解説していきます。

用意するもの

まずは以下のものを用意します。

  • 花用のハサミ
  • 蓋つきの容器(100円ショップに売られているものでOK)
  • ゴム手袋
  • 消毒用のエタノール
  • 精製グリセリン
  • プリンタや万年筆のインク(お花の着色に使う)
  • 乾燥剤(シリカゲルなど)

これらはすべて100円ショップやドラッグストアで揃えることができます

花の脱水、脱色

花の脱水・脱色はとても簡単にできます。蓋つきの容器にお花を入れ、消毒用のエタノールをゆっくりそそいで、約1日放置するだけで大丈夫です。

消毒用のエタノールに浸すことでお花から水分が抜かれていき、エタノールに色素が溶けだしていきます。

浸す時間は1日で十分ですが、念のため取りだす前に目視で確認し、脱色が足りないと感じたら浸す時間を延ばしてみてください。

花を着色

花を着色するには、最初に着色液を作ります。プリザーブドフラワーの着色液は、以下の手順で作ることができます。

  1. 精製グリセリン2:水1の割合で入れる
  2. 着色したい色のインクを数滴垂らして混ぜる
  3. 電子レンジなどを使って、35度程度に温める

このようにして着色液を作ったら、これに脱水・脱色を終えたお花の茎を浸して、液体を吸わせていきます。茎が長い場合は、花用のハサミを使って2〜3cmの長さにカットしましょう。

お花の着色も1日放置すれば十分ですが、確認したときに着色が不十分であれば、引き続き放置しましょう。

最後に花を乾燥させる

お花の着色が終わったら着色液から取り出して、キッチンペーパーなどで優しく液体をふきとります。

このまま蓋つきの容器にお花を移し、乾燥剤を入れて2日ほど日陰で放置して乾燥させたら、プリザーブドフラワーのできあがりです。

プリザーブドフラワーに適した花は?

プリザーブドフラワーには、向いているお花と向いていないお花があります。プリザーブドフラワーに向いているお花は、以下のような種類です。

バラ

バラは『花の女王』と呼ばれており、剣弁咲きやカップ咲きなど、たくさんの花の形があります。プリザーブドフラワーとして最初に生産されたのはバラでした。

カラーバリエーションも豊富で、女性へのプレゼントによく使われるお花です。誕生日や記念日だけでなく、告白やプロポーズなどの大切な日を、記憶に残る華やかなものにしてくれるでしょう。

脱色したバラを青く染めあげれば、定番の赤やピンクなどの可愛らしい色が苦手な男性へのプレゼントとしてもぴったりですね。

カーネーション

母の日のプレゼントといえば、誰もがまず連想するのがカーネーションでしょう。カーネーションは花びらの数が多いため、プリザーブドフラワー向きの花材です。

カーネーションに関する花言葉は『愛』に関するものが多く、大切なパートナーへのプレゼントとしても適しています。

フラワーショップでは、カーネーションを使った母の日用のフラワーギフトなどが非常に多く取り扱われているので、利用してみてはいかがでしょうか。

アジサイ

小さな花(ガク)が集まって丸い形をしていてとても可愛らしいお花です。プリザーブドフラワーの花材としてのアジサイは、バラなどのメインのアレンジに添えると引き立て役になります。

花びら1枚1枚をフラワーボックスなどに敷きつめて、アレンジの隙間を埋める使い方も素敵ですね。

色味も定番の紫色や水色に加え、プリザーブドフラワーならではの鮮やかな赤や、オレンジ色などもあります。白いアジサイ1色で作ったホワイトリースアレンジはウェディングの贈り物に人気です。

花びらが薄く、水分が多い種類は避けて

プリザーブドフラワーに加工しやすいのは花びらが多くて厚い、しっかりした素材です。逆に、花びらが薄くて散りやすい種類は避けるようにしましょう。

また、水分が多いお花だと乾燥がうまくいかず、綺麗なプリザーブドフラワーにならない場合があります。変色が激しい種類だと、乾燥させたときに茶色くなることもあるので気をつけましょう。

プリザーブドフラワーに使うお花を選ぶときは、鮮度が高く、満開の花よりも6〜7分咲きの、完全に花びらが開ききっていないお花を選ぶようにすれば、加工がしやすくなります。

作り方を学べる教室も多数、選び方は?

プリザーブドフラワーをより本格的に作りたいと感じたら、プリザーブドフラワー教室に通ってみましょう。

プリザーブドフラワー教室は全国にたくさんありますが、どのような基準で選べばよいのでしょうか。

目的に合わせてコースを選ぶ

プリザーブドフラワー教室を探す前に、目的を明確にしておきましょう。自分の目的が漠然としている人は、以下のようなことを自分に問いかけてみてください。

  • どのような分野を学びたいのか
  • 資格を取得して開業したいのか
  • 趣味で習いたいのか

ただなんとなくという理由で通い始めるのも悪くありませんが、通っている途中でほかの分野を学びたくなったり、自分に合わないと感じるようになったりする可能性もあります。

自分のやりたいことをまず明確にしてから、それができる教室を選びましょう。

受講料を確認

受講にかかる費用をあらかじめ調べておきましょう。最初から1つのプリザーブドフラワー教室に絞って調べるのではなく、複数のプリザーブドフラワー教室の受講料を調べて比較してみてください。

月額制なのか、コース単位の一括払いなのかなどを調べておくことも大切です。コース単位の一括払いの場合は、通う前に高額な受講料を支払う必要があります。通ってから後悔しても手遅れです。

プリザーブドフラワー教室の口コミや評判を事前によく調べて、適正な金額かどうかを判断しましょう。

まずは体験レッスンを受けてみよう

プリザーブドフラワー教室の中には、体験レッスンを開いているところも多くあります。

実際に現場に足を運ぶことで、教室の雰囲気や講師の教え方を把握する手助けになるでしょう。もしここで強引な勧誘があったり、講師の態度に不満を感じたりするなら候補からはずします

また、講師に聞いておきたいことがあれば、この機会に聞いておきましょう。事前に質問のリストなどを作成しておくとスムーズです。

東京にあるプリザーブドフラワー教室3選

東京で通えるプリザーブドフラワー教室の中で、おすすめの教室を3つご紹介します。

フラワーマリアージュ

『フラワーマリアージュ』は、100種類以上の花材やカラーバリエーションから選んでプリザーブドフラワーを作ることが可能です。これは関西最大級で、選べる花材が多ければ表現の幅も広がります。

未経験の人でも、たった1日でプリザーブドフラワーを使ったオリジナルブーケを作ることができます。プリザーブドフラワーをアレンジする楽しさをすぐに実感できるでしょう。

レッスンが土日祝も開講しているので、自分の生活スタイルに合わせて通えるのも魅力です。通っている生徒は未経験の人が多いので、初心者でも安心ですよ。

お子様連れでレッスンに通うことができるのも嬉しいポイントです。

  • 店舗名:東京恵比寿プリザーブドフラワー教室 フラワーマリアージュ
  • 住所:東京都渋谷区恵比寿南2-16-12 東ビル202
  • 電話番号:03-6303-1892
  • 公式HP

ハッピーレーベル

『ハッピーレーベル』のプリザーブドフラワーコースは、修了後にNFD(日本フラワーデザイナー協会)ディプロマの資格取得ができるものや、未経験者向けの入門コースなど多彩です。

受講料は一括払いですが、分割払いにも対応しています。体験レッスンや講座説明会を定期的に開いているので、気になる人は1度参加してみましょう。

NFD資格は最短2カ月で取得することが可能なので、花業界への転職や開業を考えている人にもおすすめです。

  • 店舗名:フラワースクール ハッピーレーベル
  • 住所:東京都新宿区新宿3-32-5 日原ビル6F
  • 電話番号:03-6411-1555
  • 公式HP

Bouquet Toss

『Bouquet Toss』(ブーケトス)は、趣味で学びたい人から、資格取得や教室開講を目指す人まで、さまざまな目的をもった人に向けたカリキュラムが用意されています。

短期資格取得コースもあるので、資格の取得を急いでいる人にもおすすめです。定期的に体験レッスンを開いているので、気になった人は予約してみましょう。

体験レッスンでは、実際にプリザーブドフラワーを使ってアレンジを作るので、楽しさをリアルに体感できます。

  • 店舗名:Bouquet Toss
  • 住所:東京都港区芝浦4-20-2
  • 電話番号:080-2291-1777
  • 公式HP

東京にある人気プリザーブドフラワー店3選

プリザーブドフラワーをフラワーショップで購入したいという人向けに、東京にある人気のプリザーブドフラワー店を3つご紹介します。

GREEN ROAD

『GREEN ROAD』(グリーンロード)は2000社以上の法人を相手にグリーンレンタルや花ギフトの実績を持ち、行き届いたサービスと高品質なお花を提供しているフラワーショップです。

オンラインでの購入にも対応しており、午後4時までに注文すれば翌日配達に対応してくれます。3000円以上の購入で送料が無料になりますよ。

無料で立て札やメッセージカードを用意してくれたり、届いた商品の画像を翌営業日までにメールで知らせてくれたりなど、きめ細やかなサービスを提供しています。

GREEN ROAD

Belles Fleurs Tokyo

『Belles Fleurs(ベル・フルール) Tokyo』では、お花に関する経験や知識が豊富なフラワーコンシェルジュが、こちらの要望に合わせてお花選びをサポートしてくれます。

ブライダルブーケやオリジナルデザインのオーダーメイドなど、幅広く対応可能です。店内はとてもおしゃれで、いつまでも居座ってしまいそうな居心地のよい空間で相談できるでしょう。

オンラインストアもあるので、遠方からでも気軽に注文できます。オンラインストアに掲載されている商品は、事前に問い合わせれば、花色の変更も可能です。

自宅への出張デザインサービスもあるので、プリザーブドフラワーで自宅を彩りたいと考えている人にも便利ですね。

クリアケースラッピングや立て札が無料で提供されるのも嬉しいポイントです。

Belles Fleurs Tokyo

SAINT JORDI FLOWERS THE DECORATOR

『SAINT JORDI FLOWERS THE DECORATOR』(サンジョルディフラワーズ・ザ・デコレーター)は、お花を使ったハイセンスなフラワーギフトやファッションアイテムが特徴です。

クールでスタイリッシュなデザインから、明るい華やかなアレンジまでさまざまな商品が揃っています。ネット通販も対応しており、3780円以上購入すると送料が無料です。

黒を基調とした大人な雰囲気が漂うラッピングにも注目です。お花は女性にプレゼントするイメージがありますが、男性がもらっても嬉しいクールなラッピングをしてくれます。

SAINT JORDI FLOWERS THE DECORATOR

まとめ

プリザーブドフラワーを使ったアレンジメントは、生花のような美しさを保ちながらお手入れが必要ないので、自分用にもプレゼント用にも向いています。

生花よりもアレンジのバリエーションが豊富で、選ぶのも楽しいですね。

プリザーブドフラワーはその場にあるだけで人の心を癒し、雰囲気を一変させる力があります。

自分で実際に作ってみたり、フラワーショップでお気に入りのアレンジを探したりなど、プリザーブドフラワーのある生活を楽しんでみてください。

関連する記事

こちらの商品も人気