お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

プリザーブドフラワーの定番は赤?おすすめのシーンやデザイン

プリザーブドフラワーとはどのようなものなのか、加工法や特徴、お手入れの方法をまとめました。プリザーブドフラワーで人気の高い色である赤色の花材の種類や、そのなかでも特に人気が高い赤バラのアレンジ例、デザイン例についても紹介しています。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは、花から水分を抜きグリセリンなどが含まれている溶液につけて作られたものです。生花と同じような柔らかさを保ち、鮮やかな色に着色しています。

生花とはお手入れの方法が異なり、こまめなお世話なく長期間保存できることが特徴です。

色や鮮度を残す技術や加工

ヨーロッパで生まれたプリザーブドフラワーは、加工方法も特徴的です。鮮度のよい状態で花を摘み、いったん水分を抜いてから、脱色します。

その後、保存液につけこみ、着色すればプリザーブドフラワーの完成です。

1度脱色と脱水をしているものの、溶液につけた後は再びいきいきとした花びらに変わり、鮮やかに発色します。

ドライフラワーとは異なり、ほとんど生花と同じ雰囲気ですが、水や光は不要です。鮮度の高い花と同様の姿で、数年間保存ができるでしょう。

手間がかからず、美しいプリザーブドフラワーは近年、プレゼントやインテリアなど、さまざまな目的で利用されています。

お手入れの方法

プリザーブドフラワーは、水を与える必要がありません。生花と違い光も必要ないため、定期的にホコリや汚れを取る程度で、特別な世話がいらないことが特徴です。

しかし湿気に弱く、間違って水分を与えてしまうと劣化の恐れがあります。カラーによっては、光も好みません。

暖色系のプリザーブドフラワーは光を浴びても劣化しにくいですが、白や青の花は紫外線に弱く、すぐに色落ちしてしまいます。

暖色系の花もまったく色落ちしないわけではないため、直射日光に当てることは避けましょう。スポットライトのような強い光やエアコンの風も色があせる原因です。

また花びらが柔らかいため、触ると摩擦によって傷んでしまいます。直接触れないように気をつけましょう。

ホコリがついた場合は、ブラシなどの毛先の柔らかいもので払うか、扇風機などの弱い風を送って優しく飛ばすのがおすすめです。

赤のプリザーブドフラワーの種類

赤のプリザーブドフラワーの主な花材は、『バラ』『ガーベラ』『カーネーション』です。

真紅の美しいバラや、元気なイメージのガーベラ、繊細な花びらを持つカーネーションは、本来の花の色と同じく赤に着色されることも多くなっています。

バラ

バラは、プリザーブドフラワーに加工しやすい花として有名です。赤いバラは華やかな見た目から多くの人に好まれ、プレゼントにも多用されています。

真紅のバラに白い小花をあしらったデザインや、あじさいとのコラボレーションも人気です。赤いバラは白や緑のプリザーブドフラワーとよく合い、さまざまなアレンジが施されています。

赤いバラは『あなたを愛しています』というロマンチックな花言葉を持っているため、恋人へのプレゼントや、プロポーズなどにおすすめです。

ガーベラ

花びらが大きく、元気な印象を与えるガーベラも、赤のカラーが人気です。『冒険心』や『神秘』など魅力的な意味の花言葉を持っています。

新しい1歩を踏み出す友人へエールを送りたいときに、冒険心の花言葉を持つ赤いガーベラをプレゼントするのはいかがでしょうか。

大ぶりなガーベラは、バラと組み合わせてブーケにするのもおすすめです。クローバーや緑の葉っぱとの組み合わせも、ガーベラの赤がよく映えます。

カーネーション

母の日のプレゼントに選ばれることが多いカーネーションも、赤が定番です。プリザーブドフラワーを母の日に贈れば、長い間美しい花を愛でることができます。

カーネーションとバラを組み合わせた豪華なブーケや、リボンと真珠をあしらったアレンジメントまで、多様な商品が販売されています。

手間のかからないプリザーブドフラワーのカーネーションであれば、お花のお世話が苦手なお母さんへも安心して渡せますね。赤いカーネーションを贈って、普段の感謝を伝えてみましょう。

赤のプリザーブドフラワーが人気の理由

プリザーブドフラワーは後から着色しているため、花本来のカラーとは違う色に染めることもできます。

自由なカラーを選べるにもかかわらず、定番の赤が人気の理由は、色の持つイメージが影響しているといえるでしょう。

情熱や活力を表す

熱い火や光をイメージさせる赤は、情熱や活力をイメージさせる色です。

前向きな印象を与えるカラーでもあり、家のインテリアや人へのプレゼントに選ばれることもよくあります。おめでたいイベントのときや、恋人や奥さんへのプレゼントには人気のカラーです。

明るいイメージを持つ赤のプリザーブドフラワーですが、一方で火や血の色をイメージさせるため、新築祝いや開店祝い、病院へのお見舞いでは避けた方がよいこともあります。

そのようなシーンでも、赤メインのアレンジではなく、ワンポイントのアクセントとして使う程度なら問題ないでしょう。

開運や厄除けなどの意味も

神社の鳥居も赤で塗られているように、赤は『魔除け』や『厄除け』として使われます。開運グッズにも赤が使われることが多く、昔からよいイメージの強い色です。

プリザーブドフラワーでも、開運や厄除けの意味を込めて赤い花を選ぶケースがあります。

赤のプリザーブドフラワーがおすすめのシーン

赤のプリザーブドフラワーは、親しい人や恋人へのプレゼントはもちろん、記念日のお祝いにも適しています。

また、還暦になると赤いものを身につける風習があることから、還暦を迎える人へのプレゼントにも最適です。

プレゼント

赤いバラは、プロポーズや恋人の誕生日プレゼントなどに最適な花です。情熱的なイメージの赤いプリザーブドフラワーは、指輪を飾れるアレンジメントや、豪華なブーケ状のものも多くあります。

プレゼントする相手が欲しがっていたアイテムと一緒にプレゼントすれば、印象に残るプロポーズや誕生日プレゼントになるでしょう。

プリザーブドフラワーは1輪だけでなく、ブーケとして自由にアレンジもできるので、豪華な花束を作ることもできます。

記念日のお祝い

赤いカーネーションは、プロポーズや記念日のお祝いにも人気です。美しいアクリルケースにカーネーションを入れた、おしゃれなアレンジメントも販売されています。

また、花びらを重ねて大輪のバラを演出する『メリア』も、プリザーブドフラワーならではの手法です。本来の花では難しい、ボリュームのある真紅のバラは、結婚記念日のお祝いにも適しています。

小さなバラをブーケにして、親しい人への誕生日を祝うのもよいでしょう。赤いバラが好きな女性なら、きっと喜んでもらえますよ。

還暦のお祝い

還暦祝い向けのプリザーブドフラワーも、多数販売されています。昔は赤いちゃんちゃんこなどをプレゼントするのが習わしでしたが、おしゃれな還暦祝いを贈りたいなら、赤のプリザーブドフラワーがおすすめです。

花を育てられない人でも、プリザーブドフラワーは長く飾っておけます。還暦祝いのメッセージとともに、赤い花をプレゼントしてみましょう。

記念写真を飾れるフォトフレームがついたものや、豪華なブーケなどもおすすめです。

赤いバラの人気デザイン例

赤いプリザーブドフラワーの中でも人気の高い、赤バラの人気デザインを紹介します。

そのまま飾れるボックスタイプや、おしゃれなフレームがついたものは、プレゼントや記念日のお祝いに最適です。またドーム型も、インテリアとして人気があります。

ボックス

ボックスタイプのデザインは、フタを開けてそのまま飾っておけるのが魅力です。プリザーブドフラワーにホコリがつくことが気になる場合や、劣化を防ぎたいときはフタを閉めておくこともできます。

透明なアクリルのフタがセットになっているものも多く、ギフトボックスを立てて飾ればおしゃれなインテリアにもなります。

ギフトボックスに入ったプリザーブドフラワーには、キラキラ輝く宝石が付属しているなど、アレンジも多彩です。メッセージカードつきのものは、記念日のお祝いによく利用されます。

贈るまでは中身が見えないため、ちょっとしたサプライズにも使えるでしょう。

メモリアルフレーム

花を愛でるだけでなく、他の用途としても使いたいなら、写真などを飾っておけるメモリアルフレームがぴったりです。プレゼントするときは、メッセージなどを入れることもできます。

片側には美しいバラが一面に敷き詰められ、写真やメッセージと一緒に花を鑑賞できます。特別な記念日や誕生日など、使い方のバリエーションも豊富です。

プリザーブドフラワーが入っている側には、ガラスやアクリルでフタがされているため、劣化を防ぐこともできます。

はがきサイズ程度の小さいフレームも販売されているため、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

ドーム

丸いドーム型の透明アクリルケースに、赤いバラを閉じ込めたデザインのアレンジも人気の高いアイテムです。ホコリや接触による劣化を防ぎつつ、インテリアとして飾っても華やかなアレンジになっています。

プリザーブドフラワーのお手入れが面倒に感じる人でも、ドームタイプなら定期的にアクリルのドームを拭く程度で、長期間鮮やかな赤いバラが楽しめますね。

プリザーブドフラワーを飾ってみたいけれど、そのまま飾っておくと劣化しそうで心配という人も、安心して選べるのではないでしょうか。

おしゃれにリボンをあしらったタイプもあり、親しい人へのプレゼントにも使えます。

まとめ

赤いプリザーブドフラワーは、多くの人から支持を集めています。ロマンチックな花言葉を持つ赤いバラは、プロポーズや誕生日プレゼントにもぴったりです。

赤のカーネーションは母の日のプレゼントに使われることが多く、定番のアイテムといえるでしょう。最近では、還暦祝いに赤いプリザーブドフラワーを贈る人も増えています。

アレンジの種類も多く、ギフトボックスにプリザーブドフラワーを敷き詰めたタイプや、インテリアとして人気のドーム型も選べます。

親しい人の記念日やお祝いに、赤のプリザーブドフラワーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

こちらの商品も人気