移転祝いに喜ばれる観葉植物5選 マナーや贈るタイミングは?

移転祝いといえば胡蝶蘭が定番ですが、オフィスインテリアとしてもオシャレで、リラックス・空気清浄効果もある観葉植物を贈ってみませんか?移転祝いを贈るマナーやタイミングをしっかり押さえて、相手に喜ばれる観葉植物をご紹介します。

移転祝いの贈り物に喜ばれる観葉植物

窓際にある植物

観葉植物は置くだけでリラックスできますし、空気清浄効果もある人気のギフトです。 移転祝いでは、鉢植えを贈ることで「根付く」、つまり「長く繁栄しますように」というこれからの発展を願う気持ちを表せるでしょう。

移転祝いには定番の胡蝶蘭に加えて観葉植物もオススメ

移転祝いといえば胡蝶蘭の鉢植えが定番です。お花が長持ちする胡蝶蘭はもらって嬉しいですが、他の方からもたくさんもらうかもしれませんよね!そんな時は、他の方とかぶらない観葉植物がオススメです。 観葉植物は基本的に1年中、緑が楽しめるので年間を通してインテリアのポイントとして活躍してくれます。丈夫で育てやすいものを選ぶと喜ばれるでしょう

関連記事

2019.06.06

育て方がかんたんなオススメ観葉植物5選!選ぶポイントは?

縁起が良い観葉植物は移転祝いにピッタリ

観葉植物にも花言葉があるのをご存知でしょうか?移転祝いに縁起がよい観葉植物を選べば、お祝いの気持ちもより一層伝わります。 花言葉以外にも「MoneyTree」という別名を持つパキラや、「多幸の木」と呼ばれるガジュマルなど、縁起の良い言い伝えを持つ植物を選ぶのもよさそうですね。

殺風景な移転後のオフィスに彩りと癒しをもたらす

緑という色自体に気持ちを安定させる効果があります。観葉植物はマイナスイオンを発するものもありますから、オフィスに癒しの効果をもたらしてくれるでしょう。 パソコンで疲れた目をリフレッシュさせてくれる効果もうれしいですよね。

移転祝いに観葉植物を贈る時のマナー

花を持った男性

お祝いを贈る際は、どんなものを贈るかも大切ですがマナーを守ることも重要です。せっかくのお祝いが、マナーが間違っていたために不快な思いをさせてしまった、ということにならないように、基本のマナーを覚えておきましょう。

相場

あまりに高価すぎる贈り物はお相手に気を遣わせてしまいます。逆にあまり安すぎても、お相手が不愉快に思うでしょう。

企業間での一般的な移転祝いの相場は10,000~30,000円といわれています。お相手との関係が深い場合や、特に大切なお取引先の場合は30,000~50,000円程のものを贈る場合もあるようです。

プライベートで移転祝いを贈る際は、身内で20,000~30,000円、親戚へは10,000~20,000円程が相場のようです。 どの場合でも、お相手との関係性を考慮して予算を決めましょう。

タイミング

移転前の住所に贈ってしまうと、移転先へ移動させなくてはなりません。移転先の住所に贈るようにしましょう。 設営の作業などが行われていると思われる移転日前日に届くように手配しましょう

移転日がわからないときはどうすれば良い?

移転日が決まっていなくても、移転のお知らせを出すこともあります。この場合でもおおよその移転日は決まっているはずですので、お贈り先の方に確認しましょう。 観葉植物など贈るものは急に用意することが難しい場合がありますので、「移転日はおおよそしか決まっていないが、贈ることは決まっているので確保しておいてほしい。」と連絡ができればベターです。

遅くなってしまったときはどうする?

うっかり移転祝いを贈るのを忘れていた!という場合は、移転日から2週間以内に贈るようにしましょう。 「一刻も早く移転祝いを贈らなくては!」というお気持ちになると思いますが、この場合は大安や友引など縁起の良いお日にちを選んで贈るとよいでしょう。配慮を感じていただけたなら、きっと喜んでもらえるはずです。

関連記事

2019.05.27

おしゃれな観葉植物をギフトで贈ろう。植物選びのポイントもご紹介

贈ることを事前に確認する?

移転祝いを贈ってはいけない場合もあります。 一つ目はお相手が贈り物を辞退している場合です。こうした際には、基本的に贈り物は不要ですが、お相手との関係性に問題がないか担当者や社長に確認しましょう。

もう一つは、縮小移転の場合です。喜ばしいことではありませんので、贈り物はタブーです。

贈り先の確認

移転祝いでよくある間違いとして、以前の住所に贈ってしまう、ということがあるようです。 失礼に当たりますし、移転先へ移動させる手間もかけさせてしまいますので、贈り先はちゃんと確認しましょう

移転祝いの観葉植物には立札やメッセージを

メッセージカード

お祝いごとなどで観葉植物を贈る際には立札を立てます。移転したオフィスやレストランなどのエントランスで、お花や観葉植物に熨斗のような立札を見たことがあるかたも多いでしょう。 立て札とは別にメッセージカードにお祝いの気持ちを添えて贈るのも丁寧な印象をもっていただけるでしょう。

立札には何を書けば良い?

立札には送り主が誰なのかわかりやすくするという目的があり、ビジネスで移転祝いを贈る際にはつけることがマナーとされています。 書くことは3つです。

「祝・移転御祝」などの表書き贈り先の会社名、代表者名送り主の会社名、代表者名

縦書きが一般的ですが、親しい間柄の方には横書きで書かれる方もいるそうです。 記載する内容についても、贈り主の名前のみ記載する場合もありますので、観葉植物を注文する際にお花屋さんに相談するとよいでしょう。

心を込めたメッセージを加えると◎

立札は来客で訪問された方なども見られるものですが、メッセージカードはお贈り先の方のみが読まれるものです。 普段の感謝の気持ちや、これからの発展を願う気持ち、なぜこの観葉植物を選んだか、といったことを心を込めて書きましょう。

関連記事

2019.05.27

観葉植物が持つ風水的意味とは?ギフトに素敵な花言葉もご紹介

移転祝いにオススメの観葉植物5選

小さな観葉植物

それでは移転祝いにオススメの観葉植物をご紹介していきます。どれも比較的育てやすいものですので、観葉植物をあまり育てたことがないという方にも安心してお世話していただけるでしょう。 お贈り先のオフィスやレストランがどんな雰囲気なのかイメージしながら選んでみましょう。

財運がアップする「パキラ」

1年中フレッシュグリーンの葉が楽しめるパキラは財運アップの効果があるといわれています。 別名「MoneyTree・発財樹」とも呼ばれ、その昔、貧しい方がパキラを売って大金持ちになったのが由来といわれています。ビジネス面では財運アップはうれしい効果ですよね! パキラは上に向かって伸びていきますので、風水的に活発な気を発生させ仕事運をアップさせるといわれています。植物の緑が持つリラックス効果と、風水的な仕事運アップの効果で新たな門出をお祝いしましょう。

パキラは初心者向けの観葉植物として知られるほど、お世話がかんたんです。新芽がどんどん出るので、育てる楽しみも感じられるでしょう。日影にも強いパキラですが、光は必要ですので、直射日光を避け、レースのカーテン越しに光が届くような場所に置くのが理想的です。 水やりは表面の土が乾いたらたっぷりとお水をあげましょう。受け皿に水がたまるほどたっぷりです。受け皿のお水はそのままにすると根腐れの原因になりますので、すぐに捨てましょう。

縁起が良い幸福の木「ドラセナ」

幸福の木とも呼ばれるドラセナは、その縁起の良さから移転に祝いにぴったりです。花言葉は「隠しきれない幸せ・幸福」。移転後の新たなスタートにたくさんの幸せがありますように、という気持ちを伝えられるでしょう。

ドラセナは150cmほどの背の高いものもありますので、並べて飾ることでパーティションの代わりにもなります。緑と黄緑のストライプの葉が、上に向かって伸びていく姿はすがすがしく、エントランスにアクセントとして置くのもよいでしょう。

ドラセナも、パキラ同様に育てやすい観葉植物です。日影でも育ちますが、元気に育つためには光が必要です。直射日光を避け、できるだけ光が当たる場所に置いてあげましょう。

成長や発展を意味する「ユッカ」

青年の木とも呼ばれるユッカは成長や発展を意味するといわれています。垂直に尖った細い葉がピンと伸びる姿が雄々しいことや、生長が早いことから青年の木と呼ばれるようになったそうです。 風水的には上に伸びる葉は運気をアップさせてくれる効果があるといわれています。このことからユッカは成長や発展の意味合いがあるとされています。

ユッカはメキシコ南東部や北米南部を原産地とした観葉植物です。昼間と夜の寒暖差の強い地域ですので、乾燥や暑さ・寒さに強いといった特徴があります。観葉植物には珍しく、日本で庭植にしても冬を越すことができます。 室内でのお世話もかんたんで、水をあげすぎないように注意しましょう。基本的には日当たりの良い場所を好みますが、50種類ほどあるといわれているユッカの中でもユッカ・エレファンティペスは日影でも育てることができるようです。

強い成長力の「ガジュマル」

ガジュマルは多幸の木とも呼ばれる植物です。沖縄では「キジムナー」と呼ばれる精霊が住む木ともいわれています。 東南アジアなどの比較的暖かいところが原産地で、乾燥や寒さにも強いのが特長です。自生しているものはガジュマルの実を食べた鳥が、フンと一緒に種を岩や植物の上に残しても、そこから発芽するほどの生命力です。

ガジュマルは湿潤な気候を好みますので、葉水を毎日行って、自生している環境に近づけてあげましょう。葉水は葉の乾燥を防ぐだけでなく、ダニなどの害虫予防にもなります。表面だけでなく、裏面も忘れずに葉水を行いましょう。

良い取引相手を運んでくる「オーガスタ」

大きな葉っぱが印象的なオーガスタは「輝かしい未来」という、移転祝いにぴったりの花言葉を持つ観葉植物です。バナナの葉に似た丸みのある大きな葉は、風水的に人間関係を円滑にしてくれる効果があるといわれています。 新たなビジネスを立ち上げたばかりで、周囲の援助が欲しい時は、北西にオーガスタを飾るとよいとされています。こうすることで後援運が高まるのだそうです。

オーガスタは乾燥に強いので水のあげすぎに注意してお世話しましょう。少しお水を忘れたくらいでは枯れてしまうことはなく、かえってお水をあげすぎて枯れてしまうことが多いそうです。表面の土が乾いたらたっぷりとお水をあげてください。

移転祝いの観葉植物、東京ではどこで買うのがオススメ?

PCを使う女性

移転祝いの観葉植物はお花屋さんの店頭やネットショップで買うことができます。 店頭では実際に目で見て植物を選ぶことができますが、種類が限られるというデメリットもあります。たくさんの種類から選びたいという方にはネットショップでの購入がおすすめです。

移転祝いの観葉植物はビジネスユースに強い「グリーンロード」がオススメ

そこでおすすめしたいのが「グリーンロード」です。観葉植物のレンタルや法人間のお花のギフトなどを中心に2,000社以上の実績があります。 3,000円以上は送料無料、納品された商品が画像で送られてくるサービスなどが好評です

グリーンロード公式HP

月末締めの請求にも対応してくれますし、マイページで購入履歴や立札の内容も確認できるので、安心して利用することができるでしょう。 ラッピングなどで迷うことがあればぜひ相談してみましょう。

関連記事

2019.05.28

観葉植物の購入時期や購入後のケア。初心者も安心の買い方ガイド

まとめ

観葉植物にはスタイリッシュなシルエットのものから、丸い葉の優しい印象のものまで、様々な種類があります。お贈り先のイメージにぴったりの一鉢を探す楽しみもありそうですね!

立札や贈るタイミングは最低限のマナーとして押さえておきましょう。ラッピングやメッセージカードをコーポレートカラーにすると、より喜んでいただけそうです。

観葉植物は長く楽しんでいただけるギフトです。いつもお祝いで胡蝶蘭を送っているな、と思ったときには観葉植物を選んでみてはいかがでしょうか?

関連する記事

こちらの商品も人気