彼女の誕生日プレゼントに!長く美しく咲くプリザーブドフラワー

生花のような美しさを長くキープできる、今注目のプリザーブドフラワー。手間がかからず環境が良ければ美しく咲き続けるので、大切な彼女の誕生日プレゼントとしてもぴったりです。 誕生日プレゼントとしてプリザーブドフラワーを贈るメリットや選び方、相場などについてご紹介します。

彼女の誕生日プレゼントにはプリザーブドフラワーを

木箱のギフトボックスに詰められている花

彼女の誕生日に何をプレゼントしようか迷っている方にはプリザーブドフラワーがおすすめです。 生花の花束もロマンチックですが、美しさが長続きするプリザーブドフラワーもきっと気に入ってもらえますよ!

長く咲くプリザーブドフラワーは続く愛の象徴

プリザーブドフラワーは生花を特殊な染料で加工した「枯れないお花」です。美しく咲く姿が続く、ということから「ずっときれいでいてほしい」、「ずっと一緒にいてほしい」という気持ちを表現できるお花でもあります。 お誕生日のお祝いだけでなく、ずっと一緒にいたいという気持ちも伝えてもらったら、彼女もきっと喜んでくれるのではないでしょうか?

もらって嬉しい花のNo.1は「長持ちする花」

もらって嬉しい花ランキングNo.1が「長持ちするお花」という調査もありました。 出典:http://chosa.nifty.com/hobby/chosa_report_A20150529/4/?theme=A20150529&report=4&theme=A20150529&report=4&theme=A20150529&report=4&theme=A20150529&report=4

確かに、もらってすぐにお花が枯れてしまうと悲しい気持ちになりますし、贈ってくれた方にもなんだか申し訳ない気持ちになりますよね。 その点、プリザーブドフラワーは環境が良ければ2~3年、美しいままの姿を楽しむことができるので安心ですね!

プリザーブドフラワーは持ち運びがしやすい

プリザーブドフラワーは持ち運びがしやすいのことも、誕生日プレゼントとしておすすめのポイントです。 男性の中にはプレゼントの花束を持ち歩くのが恥ずかしい、という方もいらっしゃいますよね?プリザーブドフラワーはボックスタイプもありますので、かさばらずスマートに持ち運びができます。持ち運びがしやすいのはもらった彼女もきっと嬉しいポイントですね! ボックスタイプは一見、お菓子のようにも見えますので、サプライズプレゼントとしても喜ばれそうです。

プリザーブドフラワーは飾りやすい

プリザーブドフラワーはもらってすぐに飾れるタイプが多く、花瓶などを用意する手間がかかりません。普段お花をあまり飾らない方だと、お家に花瓶がないこともありますので、飾りやすいというのは嬉しいポイントです。 彼女のお部屋のインテリアに合わせたアレンジを選ぶとよいでしょう

関連記事

2019.05.29

プリザーブドフラワーギフトを活用しよう。種類やケース別の例を紹介

大切な彼女の誕生日、プリザーブドフラワーの選び方は?

風船とギフトボックス一年に一度の誕生日ですから、プレゼントもばっちり決めたいですよね!どんなタイプのプリザーブドフラワーがあるか見ていきましょう。

王道の花束タイプ

一見生花に見間違うほどのみずみずしさがあるので、花束なのに実はプリザーブドフラワーというのはサプライズの演出にもなりそうです。 生花を特殊な染料で加工するため自然界に無い色も作れたり、生花だと高価になる青いバラも作ることができます。彼女の好みをイメージしながらオリジナルの花束を作ってみてはいかがでしょうか?

持ち運びやインテリアとして飾りやすいギフトタイプ

プリザーブドフラワーだけだとちょっと寂しいかも、と思う方にはテディベアなどの人形とセットになったものや、ガラスの靴をモチーフにしたプリザーブドフラワーがおすすめです。お花と一緒にお部屋にも飾ることができますよ。 フォトフレームとセットになっているものを選べば、二人の思い出の写真とともにお部屋に飾ることができます。壁掛けタイプを選べば、場所を取らずに飾ることができます。

関連記事

2019.05.29

プリザーブドフラワーでギフトをおしゃれに。人気の理由もご紹介

彼女の誕生日プレゼントに贈るプリザーブドフラワー、予算はどれくらい?

花を持った男性

少し高いイメージのあるプリザーブドフラワーですが、誕生日プレゼントとして贈るのにはいくらくらいかかるのでしょうか?

プリザーブドフラワーを主役として贈るときは5,000円〜

プリザーブドフラワーを主役として贈るときには5,000円~を目安にしましょう。長く飾ってもらうことを考えると、あまり大きなサイズではなく飾りやすいサイズを選ぶのもいいかもしれませんね! 10,000円前後になるとボリュームたっぷりのものを選ぶことができそうです。

ピンクのバラのプリザーブドフラワー 5,500円(税込)

人気のBOX型プリザーブドフラワー 9,900円(税込)

プリザーブドフラワーをサブプレゼントとして贈るときには3,000円〜

ジュエリーなどのプレゼントに添える形でプリザーブドフラワーを贈るときは、3,000円程が相場のようです。先ほどご紹介したようなテディベア付きのものや、一輪タイプのものですと、3,000円前後で購入できそうです。

まとめ

生花と見間違うほど美しいプリザーブドフラワーは、普段お花をよくプレゼントする方に対してもよいサプライズになりそうですね! サイズも様々ですので、プリザーブドフラワーをメインにするのか、サブプレゼントとして贈るのかによって、たくさんの種類から選ぶことができそうです。 長く咲くプリザーブドフラワーは彼女にずっと一緒にいてほしい、という気持ちを伝えるのにもぴったり。 ぜひ彼女の雰囲気にぴったりのプリザーブドフラワーを見つけてみましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気