お知らせグリーンロードオンラインショップは8月19日より「with Hana」(ウィズハナ)としてリニューアルOPENいたしました

フラワーアレンジメントの意味とは?人気の理由と基本の作り方を紹介

お花が好きな人であれば『フラワーアレンジメント』に興味がある人もいるでしょう。フラワーアレンジメントの基礎的な知識や作り方、生け花との違いについて紹介します。フラワーアレンジメントの魅力について詳しくなりましょう。

フラワーアレンジメントの意味とは

『フラワーアレンジメント』という言葉は聞いたことがあるけど、詳しくは知らないという人も多いでしょう。

ここでは、フラワーアレンジメントの意味や生花との違いについて解説します。

花を整える・組み合わせる・飾りつける

フラワーアレンジメントとは、『花を整える・組み合わせる・飾りつける』という意味です。お花をカゴや器に飾りつけたり、ブーケにしたりして美しい形に作りあげます。

フラワーアレンジメントに使う器やお花の飾り方には、作り手のセンスが反映されます。フラワーアレンジメントではある程度のルールのようなものは存在しますが、個人でやる場合は自由に楽しめば大丈夫です。

より本格的にセンスを磨きたい場合は、専門書で勉強したり、フラワーアレンジメント教室に通ったりするとよいでしょう。

海外で古くから使用されていた

フラワーアレンジメントには長い歴史があり、古代ギリシャやエジプトでは宗教的な意味合いで使われてきました。

イタリアンルネッサンスの時代では、フラワーアレンジメントがヨーロッパ中に広まり、貴族や庶民の間で好まれました。

また、貴族に仕える庭師が、インテリアとしてアレンジ部屋に飾っていたともいわれています。

生け花とは何が違うの?

フラワーアレンジメントと生け花は共通している部分が多く、非常に似ています。しかし、この2つには明確な違いがあります。

わかりやすい違いとしては、使用する道具にあります。フラワーアレンジメントは器となるものに吸水スポンジを入れて、お花を挿していきます。生け花では、基本的に剣山と呼ばれるものを使います。

そのほかには、作る上で重視している点も違います。フラワーアレンジメントは、装飾の華やかさを重視しており、生け花は芸術性を重視しています。

こちらの記事ではフラワーアレンジメントと花束の違いも解説しています。知識を深めたい方はぜひご一読ください。

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントとはどんなもの?花束との違いや選び方を紹介

フラワーアレンジメントが人気の理由

フラワーアレンジメントは女性を中心にたくさんの人から愛されています。なぜここまで人気なのでしょうか。

植物に癒される

植物にはリラックス効果があり、見ていると心が癒されます。特に、緑色には癒し効果があるため、オフィスや店舗に観葉植物などを置いていることが多いのです。

また、植物の緑を見るとモチベーションや生産性の向上にもつながるので、在宅ワーカーのような自宅での作業が多い人にもおすすめです。花の香りや外観に癒されることも、人気の理由の一つです。

飾りやすく、贈り物としても喜ばれる

フラワーアレンジメントは、花の種類や色を自由に選べるので、贈る相手のイメージやシーンに合わせたデザインで作成できます。そのため、贈り物としても喜ばれます。

花束だと、もらったあとで生け直す必要がありますが、フラワーアレンジメントはもらったらすぐに飾れる点も魅力です。

誕生日や記念日などに、相手のことを想ってフラワーアレンジメントを贈ってみてはいかがでしょうか。花言葉にも考慮して花を選ぶと、より喜ばれるでしょう。

仕事にできる

フラワーアレンジメントが好きな人であれば、以下のようなお仕事が適しているかもしれません。

  • フローリスト・フラワーデザイナー
  • ウェディングフラワーコーディネーター
  • フラワーレッスンプロ

『フローリスト・フラワーデザイナー』は、お客さまの要望に沿って、アレンジやラッピングをする仕事です。冠婚葬祭で使用するお花をアドバイスしたり、イメージに合った配色を提案したりするので、豊富な技術と知識が求められます。

『ウェディングフラワーコーディネーター』は、結婚式会場の装花や、新郎のブートニアなどを提案する仕事です。ドレスや会場の雰囲気に合ったお花をアドバイスしたり、その人に似合う色・パーソナルカラーを提案したりします。

『フラワーレッスンプロ』は、フラワーアレンジメントを教える職業です。専門学校や大学で講義をしたり、自宅でレッスンを開いたりします。受講生に指導する立場なので、基礎的な知識から応用的な技術まで身につけておく必要があります。

さらにお仕事の幅を広げるために、英語と一緒にフラワーアレンジメントを学ぶという方法もあります。こちらの記事で紹介していますので、英語も一緒に勉強したい、という方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントを英語で表現。お花と英語を一緒に学ぶには?

フラワーアレンジメントの作り方

フラワーアレンジメントの一般的な作り方を紹介します。

吸水スポンジに花を挿していくのが一般的

フラワーアレンジメントでは器となるものに、吸水スポンジを入れて、そこに花を挿していくのが一般的です。

吸水スポンジや器は、通販でも購入できます。

TPOやイメージに合わせてデザインする

フラワーアレンジメントをする際は、TPOや相手のイメージ、季節のイメージなどをコンセプトにしてデザインを決めていきます。

お花以外にも、飾る器やラッピングに使用する和紙・リボンなどの配色にも考慮して、全体をデザインしましょう。

まとめ

フラワーアレンジメントは、自分自身が癒されながら、プレゼントとしても喜ばれます。お花が好きな人は、趣味の一環としてはじめてみると、花のもつ魅力を存分に楽しめるかもしれませんね。

関連する記事

こちらの商品も人気