還暦はフラワーアレンジメントでお祝い!還暦祝いにオススメの花は?

60歳になったことをお祝いする還暦祝い。現代社会で60歳と言えばまだまだ若い世代、長寿のお祝いと言うよりは人生の節目としてお祝いをすることが多いようです。そんな還暦祝いのプレゼントには、きれいなフラワーアレンジメントを贈ってみませんか?美しいものは、見る人に幸福感をもたらしてくれます。今回は還暦祝いにおすすめの花、贈るマナーなどについて見ていきましょう。

そもそも還暦祝いとはどんなお祝い?

生花のラッピング

還暦祝いは長寿のお祝いといわれますが、冒頭で紹介した通り、現代社会では長寿のお祝いというのはちょっと違和感がありますよね。 どんなことが由来となってお祝いするようになったのか、見ていきましょう。

もともと長寿のお祝い

長寿を祝う風習は中国から伝わったとされ、日本では室町時代頃に定着したといわれています。確かに、室町時代だと60歳は長生きになりそうですね! なぜ60歳で祝うかというと、十干十二支が一回りするのが60歳だからです。十二支以外にも十干というものがあるんですね。 12と10の最小公倍数が60なので、60歳で暦が一周した、という風に考えるようです。

赤いちゃんちゃんこを着る理由

赤には魔よけの力があるとされ、生まれたばかりの赤ちゃんの産着は赤いものを着せていたそうです。 暦が一周するという事は、赤ちゃんに戻る、ということから、赤いちゃんちゃんこを贈るようになりました。地域によっては赤い頭巾や赤い座布団を贈るところもあるそうです。

還暦祝いの内容は?どんなことをするの?

還暦祝いに決まりはありませんが、一般的には赤いものをプレゼントとして贈ったり、親戚などが集まって食事会を行うことが多いようです。 最近では60歳で高齢者扱いされたくない、という方もいらっしゃいますので、長寿のお祝いというよりは節目のお祝いとして旅行などに一緒に行く、というお祝いの仕方もあるようです。 赤いちゃんちゃんこだけでなく、赤い小物を贈ることも多そうですね!

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントでプレゼントを!特別な日を盛り上げよう

還暦祝いに喜ばれるフラワーアレンジメント

赤いバラ

赤いちゃんちゃんこはちょっと…とお考えの方にはフラワーアレンジメントはいかがでしょうか?

きれいなもので五感を研ぎ澄まし、健康に

フラワーアレンジメントは見た目にもきれいですし、いい香りもします。男性にはお花を贈らないことが多いかもしれませんが、還暦祝いという特別なお祝いなら、サプライズ的にフラワーアレンジメントを贈ってもきっと喜んでくれるはずです

還暦祝いの花の定番、赤いバラ

還暦祝いのお花としては真っ赤なバラが定番です。ゴージャスですし、特別なお祝いという感じが演出できます。バラの花だけで花束にすると、結構な金額がかかってしまう場合があります。アレンジメントでは赤いバラを中心に、他のお花を組み合わせることで比較的リーズナブルな予算でバラの花をプレゼントすることができますよ!

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントで赤色の印象は?華やかなデザインがおすすめ

そのまま飾れるフラワーアレンジメントがおすすめ

アレンジメントのよいところは、もらってそのまま飾れるところです。花束もきれいなのですが、花瓶を持っていない場合はちょっと困ってしまいますよね。花束に合わせた花瓶を選ぶのもなかなか難しいものです。また、毎日のお水の取り換えもちょっとした手間をかけてしまうことになります。 一方アレンジメントは、すぐに飾れてお手入れも、吸水スポンジに水を足すだけです。枯れた部分は抜いて処分するだけですのでお手間がかかりません。 普段あまりお花を飾らないという方にも、フラワーアレンジメントはおすすめです。

フラワーアレンジメントに入れたい還暦祝いにおすすめの花は?

ガーベラ

たくさんのお花の種類がありますので迷ってしまうと思うのですが、おすすめのお花をご紹介します。お相手のことをイメージしながら選んでみましょう。

赤いお花

やはり還暦祝いということで赤いお花は入れたいですよね。バラやサルビア、黄色とのコントラストが美しいグロリオサもおすすめです。 「柔らかな気配り・幸福」といった花言葉を持つアルストロメリアも、ご両親に贈る場合にぴったりです。 白やピンクのお花のイメージが強いガーベラも、赤い花はシックな印象で素敵ですよ。

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントで赤色の印象は?華やかなデザインがおすすめ

花言葉が素敵な胡蝶蘭やダリアなど

見た目だけでなく、花言葉で普段の感謝やこれからの健康を願う気持ちを表現できるのも、フラワーアレンジメントならではです。赤いお花と組み合わせるのも素敵です。 胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という素敵な花言葉を持ちます。これからの人生も明るく楽しいものになりますように、と願う気持ちを贈ることができます。 存在感のあるダリアは「華麗・気品」といった花言葉があり、尊敬している方やお母さんに贈るのによさそうですね。

還暦祝いのフラワーアレンジメント、相場はどれくらい?

バラのアレンジメント

還暦祝いは予算が難しいのですが、両親や義理の両親へは30,000~50,000円、祖父母へは10,000~30,000円、親戚は5,000~50,000円が相場のようです。職場などの方は5,000~10,000円に予算を設定する方が多そうです。

難しいというのは、相手が気を遣ってしまうような予算にしてしまうと、かえって素直に喜んでもらえない可能性があるからです。あくまで相場ですので、贈る方との関係性と懐事情を勘案して予算を決めましょう。 小ぶりのフラワーアレンジメントでしたら3,000円程から作ることができますので、プレゼントとしても選びやすそうですね。

まとめ

アレンジメントは好きなお花を選んだり、伝えたい気持ちを花言葉に託して贈ることができるギフトです。何か他のギフトと合わせて贈るのも素敵ですね。 予算は少し迷うところかと思いますが、無理のない範囲を予算にしましょう。きっと気持ちは伝わるはずです。 赤いお花をメインに、お祝いムードを高めてくれるボリューム感のあるアレンジに仕上げましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気