敬老の日はフラワーアレンジメントで心に残る贈り物を

9月の第3日曜日は敬老の日。リサーチ会社の調査によると、特別何もしないという方が多いようですが、お祝いをしてもらって嬉しくないはずはありません。今年の敬老の日には、毎年プレゼントをあげているという人もそうでない人も、フラワーアレンジメントで「きれいなサプライズギフト」を贈ってみませんか?

「敬老の日」とはどんな日?

還暦祝い

お年寄りを敬う日、という何となくのイメージはあるけど、どんな日なのかわからないというかたも多いのではないでしょうか? まずは敬老の日がどんな日なのか、確認してみましょう!

敬老の日の由来

敬老の日は兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)という村の行事が始まりとされています。お年寄りを大切にし、お年寄りの知恵を借りてむらづくりをしていこう、というのが趣旨で、農作業がひと段落する9月15日を「としよりの日」として敬老会を開いていたものが全国に広まったといわれています。 一つの村がきっかけになったというのはなんだか意外ですね! その後、全国に広まって「老人の日」など名称を変更しながら1965年に「敬老の日」として制定されました。2003年以降はハッピーマンデー法に則る形で9月の第3月曜日が敬老の日とされています。

敬老の日は何歳から?

厳密な決まりはありませんが、60歳か65歳のどちらかをきっかけに敬老の日でお祝いすることが多いようです。 日本では還暦もあることから60歳以上を老人とする考えが多かったのですが、最近では平均寿命が延びたことや、60歳でもまだ元気に働いている方も多いこと、老人福祉法では65歳以上を老人と定めていることから、65歳以上というように考える方も多いようです。

敬老の日は何をするの?

お祝いの方法に決まりごとはありませんが、プレゼントをあげたり、普段は伝えられない感謝の気持ちやこれからの健康を願う気持ちをお手紙にして渡す方が多いようです。60歳、65歳の方でも元気な方はたくさんいらっしゃいますので、一緒に食事に行く、旅行に行くといったことをプレゼントとする場合もあるようです

敬老の日にはプレゼントは必要?

ギフトカード(Gift CARD)

プレゼントは絶対に必要というわけではありませんが、もらったら嬉しいものでもありますよね。実際にはどれくらいの方がプレゼントをあげているのでしょうか?

約半数の人が敬老の日にプレゼントをあげている

ある調査では半数近くの方が敬老の日にプレゼントをあげている、という結果が出たそうです。もっとたくさんの方がプレゼントをあげているように予想した方も多いのではないでしょうか? 60歳で還暦のお祝いの際にプレゼントをあげて、毎年の敬老の日は一緒に食事をする、というパターンの方も多いのかもしれませんね。

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントでプレゼントを!特別な日を盛り上げよう

プレゼントとして人気が高いお花

もらって嬉しいプレゼントとしてはお花があげられました。目で美しさを楽しみ、香りも楽しめるお花はやはり喜ばれるようです。 植物は育てていても、お花を自分のためには買わないのでこうしたときにギフトでもらうと嬉しい、という方もいるかもしれませんね。

食事やお菓子など食べ物も人気

お食事やお菓子といった食べ物も人気です。おいしかった、という記憶だけでなく、一緒にどこかに出かけて食事をしたという思い出を嬉しく思っている方も多いでしょう。食事の際にお花などのプレゼントをあげると、より喜んでいただけそうですね

敬老の日のプレゼントの相場はどれくらい?

相場は3,000~5,000円と考えている方が多いようです。気持ちの問題ですので、金額にはあまりこだわらなくていいでしょう。 高すぎるとかえって気を遣わせてしまうかもしれませんので、お相手との関係性を考慮して予算を決めましょう。

敬老の日のお花はフラワーアレンジメントが人気

赤白のアレンジメント

プレゼントとして人気のお花ですが、切り花や鉢植えなどたくさんの種類があります。中でもおすすめなのがフラワーアレンジメントです。

フラワーアレンジメントが人気の理由

フラワーアレンジメントはもらってそのまま飾れますので、花瓶に移す手間がありません。普段お花を飾らない方だと、花瓶がお家に無いということもありますよね。 また、お手入れもかんたんで吸水スポンジに水を足すだけです。毎日の水替えも必要ありませんので、気軽に楽しむことができます。 小ぶりなサイズのものは持ち運びしやすいものも多いので、お食事会のときに渡すプレゼントとしてもちょうどよい大きさといえるでしょう。

フラワーアレンジメント、敬老の日にふさわしい花は?

せっかくアレンジメントを作るのであれば、敬老の日にふさわしいものにしたいですよね!3つほどアレンジの例をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

和室派にもぴったり、「和」を意識したフラワーアレジメント

プレゼントを贈る方が和風テイストがお好きであれば、かごや和紙を使ったラッピングで「和」をイメージさせるアレンジメントにしてみましょう。 お花は紫や落ち着いたピンク、黄色のピンポンマムをお月さまに見立てたアレンジなどがおすすめです。 青を差し色に使うとシックな印象に仕上がりますので、男性へのプレゼントにぴったりです。

高貴な色「紫」、りんどうを入れたフラワーアレンジメント

高貴な色とされる紫色のりんどうは、イメージのとおり「高貴」という花言葉や、「正義」といった花言葉をもちます。しっとりとした美しい見た目だけでなく、意味合いも素敵で敬老の日のアレンジメントの花材としておすすめです。 夏の終わりと秋を感じさせるお花ですので、9月の敬老の日に季節感がぴったりですね

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントに上品な紫色を。ギフトやインテリアに最適

元気が出る色「オレンジ」のフラワーアレンジメント

これからも元気でいてほしい!という気持ちを込めて、オレンジのアレンジメントはいかがでしょうか?ビタミンカラーのオレンジは前向きな気持ちにさせてくれる効果があります。食欲を増進させる効果もありますので、食卓に飾ってもらえるサイズのアレンジメントもおすすめです。

関連記事

2019.05.28

フラワーアレンジメントに華やかなオレンジを。印象別デザインを紹介

まとめ

敬老の日となると、何を贈ればいいか迷ってしまいますが、お世話に手間がかからないアレンジメントはきっと喜んでいただけるギフトになるでしょう。 小ぶりなサイズであれば持ち運びしやすいですし、3,000円程から作ることができますので予算の範囲内に収まりそうです。 色合いはシックな紫から元気が出るオレンジまでどんなものでも大丈夫そうです。お相手のことをイメージしながらお花を選んでみましょう。

関連する記事

こちらの商品も人気